« Gmail だとメーリングリストに投稿した自分のメールが受信できません | トップページ | IEのメールアドレスリンクからマイメール2を開きたい »

2010年2月 3日 (水)

コンテキストメニューとは

今回の質問は、晴眼者サポータさんからです。

コンテキストメニューとは何のことでしょうか?

PC-Talker Vista では音声ガイドでコンテキストという言葉が出てくるのです。そう言えば、PC-Talker XPでは出てきませんね。

コンテキストは、英語で context と書きます。「文脈」という意味の英語です。

パソコンの画面上で何かを選択後、アプリケーションキーやShift+F10キーを押すと、現在利用可能な操作の一覧が表示されます。その一覧のことをコンテキストメニューと言います。Windows パソコンのマウス操作では、右クリックで表示されるメニューとして知られています。

ただ、一般的には、右クリックで表示されるメニューのことを「ショートカットメニュー」と言います。

では、この「コンテキストメニュー」という名称は、どこでよく使われるのでしょう?

ちょっと私の周りで聞いてみましたところ、パソコンのプログラムを書いている人たちがよく使うそうです。パソコンの開発ツールを使う際、Microsoftで公開されている説明書等に、「コンテキストメニュー」という表現が書かれていることが多いことに起因しているようです。

さて、Windows Vista の PC-Talker Vistaでは、アプリケーションキーやShift+F10キーを押すと「メニューオープン コンテキスト」と音声ガイドしてくれます。しかし、Windows XP のPC-Talker XP Ver.2 では、「メニューオープン」とだけしか音声ガイドしません。

ところで、[スタート]メニューを開いて、アプリケーションキーやShift+F10キーを押すとXPでは、「メニューオープン」と音声ガイドされるわけですが、何だか、[スタート]メニューを開いていて、またメニューが開いたような感じがしませんか?

それが、Vista では、「メニューオープン コンテキスト」と音声ガイドされます。Vista では、普通のメニューとコンテキストメニューが音声ガイドで
区別できますから、少しわかりやすいかもしれませんね。

マウス操作での右クリックやアプリケーションキー、そして、Shift+F10キーを押すと表示される一覧の名称は「ショートカットメニュー」と一緒に「コンテキストメニュー」も覚えておいてください。

最近のパソコンは、使いやすいようにと工夫されているためか、返ってシステムが複雑になっているようです。ちょっと前まで、右クリックで表示される一覧は、そこで利用可能な操作のショートカットが表示されたものです。
しかし、Windows Vista になって、ショートカットだけではなく、そこからまたメニューが開いて、選択できる項目があるタイプのメニューが増えています。

ショートカットだけではなく、そこから、たくさんの選択項目があって、迷路のようになっているメニューだと、それをショートカットメニューというのは、どうなんでしょうね。

参考サイト

コンテキストとは 【context】 - 意味・解説 : IT用語辞典

コンテキストメニューとは 【contextual menu】 - 意味・解説 : IT用語辞典

« Gmail だとメーリングリストに投稿した自分のメールが受信できません | トップページ | IEのメールアドレスリンクからマイメール2を開きたい »

IT支援」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンテキストメニューとは:

« Gmail だとメーリングリストに投稿した自分のメールが受信できません | トップページ | IEのメールアドレスリンクからマイメール2を開きたい »

お知らせ

Translator


2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


Twitter


最近のコメント

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ