« スクリーンリーダーではわかりにくい記載 | トップページ | キーの位置を説明する場合 »

2009年12月 8日 (火)

Windows Vistaの起動音について

普段は、流れに任せてWindows Vistaを起動させているのですが、ふとあることに気がつきました。

Windows Vistaは、デスクトップが表示されるまでに2回、音が鳴るのです。

これは、Windows XPに慣れてしまっているスクリーンリーダーユーザーさんがたには、かなり混乱の元となることでしょう。

どんな具合に変わったのかを紹介いたしましょう。

Windows XPは、デスクトップが表示されるまでに音楽が1回だけなります。ユーザーアカウントを複数登録している場合、「ようこそ」画面が開き、Windows 起動の作業が止まります。「ようこそ」画面でログインの作業をしなければなりません。しかし、この「ようこそ」画面が表示されても何の音も鳴りません。何の音もならないので、「ようこそ」画面が開いていてもスクリーンリーダーユーザーさんは、気づけないわけです。これは、非常に不便なことです。

Windows XPで複数のアカウントを登録しているパソコンにスクリーンリーダーユーザーさんがログインする場合、「そろそろ開いただろう」という勘だけでログイン作業をされているかたも大勢いることでしょう。

さて、Windows Vistaでは、このログイン画面が開く前にWindows Vista のオープニング音楽がなります。実際に音を聞いてみたいかたは、下記へアクセスして音データをダウンロードしてみてください。
Vista Opening

このオープニング音楽が流れても、まだデスクトップは、開いていません。しかし、ログイン画面が開いたという合図音であると認識できたら、非常にわかりやすくなったと感じられることでしょう。

その後、ログインすると、今度は、Windows Vistaの起動音が鳴ります。
Windows Logon Sound

この音は、軽い音なので、私もうっかりしていました。
このWindows Vistaの起動音が鳴ったら、デスクトップが表示されるのです。

晴眼者サポータさんは、Windows Vistaの起動音のタイミングがWindows XPと違っていることをよく覚えておいてください。この違いは、Windows XPからWindows Vistaへ乗り換えたスクリーンリーダー ユーザーさんにとって、ものすごく大きな変化です。

スクリーンリーダーをインストールしようとWindows Vistaを起動させてみた。Vistaのオープニング音楽が鳴ったから、てっきりデスクトップが開いたと思ったのでスクリーンリーダーのインストールDVDを入れてみた。しかし、インストール作業が始まらない。自動的にインストール作業が始まるはずなのに。どうして?実際には、ログイン画面で止まっていた。

ということがあるからです。

Windows Vistaへ乗り換えた際は、どうぞ、お気をつけください。

« スクリーンリーダーではわかりにくい記載 | トップページ | キーの位置を説明する場合 »

IT支援」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaの起動音について:

« スクリーンリーダーではわかりにくい記載 | トップページ | キーの位置を説明する場合 »

Translator


2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

スポンサード リンク


Twitter


最近のコメント

無料ブログはココログ