« テキストファイルをマイエディットで開く | トップページ | マイファイルでWindows共通のキー操作を使う »

2009年12月 3日 (木)

Windows Vistaを使いやすくする

Windows Vistaをスクリーンリーダー搭載機で使うには、どんな設定なら都合がよいか考えてみました。

まず、PC-Talker使用ユーザーのログインアカウントですが、「管理者」にしてください。

Windows Vistaでは、ログインアカウントを複数作って、家族で1台のパソコンを使うことも可能になりました。ログイン画面でちょっと待っていると「ログインのフレーム」と音声ガイドされるからです。後は、左右矢印キーでログインしたいアカウントを探してみてください。アカウント名も音声ガイドしてくれることでしょう。

ただ、アカウントを作る際に「標準ユーザー」のアカウントでも使えないことはないのですが、「管理者」じゃないと設定変更できない箇所がいくつかありました。特に、Microsoft Office製品を搭載される場合は、「管理者」でご使用になることをお薦めします。

複数のログインアカウントを作りたい場合は、私のサイト「複数のログイン アカウントを作りたい」をご確認ください。

さて、Windows関係の設定で変更すると良いのではないか、と思われる箇所は、以下の6つです。

1.「ウエルカムセンター」が起動時に立ち上がらないようにする
2.デスクトップにサイドバーが表示されている場合は、表示しないようにする
3.スタートメニューをVista版から「クラシック」へ変更する
4.デスクトップの壁紙が写真の場合は、単色にする
5.スクリーンセーバーが起動しないようにする
6.「コントロールパネル」の項目を探しやすくする

なお、この中で4の「デスクトップの壁紙が写真の場合は、単色にする」は、純色にすることは選べても、それ以後の何色までは、音声ガイドされませんでした。4の設定変更は、スクリーンリーダーユーザーさんの見え方を考慮しながら、晴眼者サポータが主体となって設定されるとよいでしょう。

なお、実際の設定変更方法は、私のサイト「Windows Vistaを使いやすくする」 でご確認ください。

また、この他にも スクリーンリーダー搭載機でのWindows Vistaに関する情報は「視覚障碍者へのIT支援方法」の 「Windows Vistaのよくある質問」に掲載していますので、どうぞ、ご確認ください。

« テキストファイルをマイエディットで開く | トップページ | マイファイルでWindows共通のキー操作を使う »

IT支援」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaを使いやすくする:

« テキストファイルをマイエディットで開く | トップページ | マイファイルでWindows共通のキー操作を使う »

お知らせ

Translator


2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


Twitter


最近のコメント

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ