« AOKメニューでパソコンを操作する | トップページ | PC-Talkerの文字の読み方について »

2009年12月 2日 (水)

キーボードでの確定・実行について

PC-Talker Vistaを搭載した Windows Vistaの設定方法をいろいろ考えていて、操作手順を確認しているうちにあることに気がつきました。設定でエンターキーでは、確定できない項目があるのです。

そこの確定は、スペースキーで、できました。
あれ?バグかな?と思いったのですが・・・

キーボードで何かを確定する、実行すると言う場合、何キーを押しますか?

私は、今まで、エンターキーを押すよう、サポートしていました。スタートメニュー内の項目実行やプログラムのメニューバー内のコマンド実行もエンターキーでしたからね。

ところが、時々、エンターで実行できない場合があるのに気がつきました。

例えば、Microsoft でもインターネットエクスプローラーの情報バーが表示された場合。

この時は、エンターキーではなく、スペースキーを使います。これは、そういう仕様なのだろうと思っていました。

さて、Windows Vistaになりまして、かなり操作画面がかわってしまっているところがあります。Windows XPでは、タブ構成でシートが何枚も重なっているかのように作られていた設定画面が、Windows Vistaではフレーム構成のような一枚画面のタイプが増えました。切り替えるには、メニュー内で項目を選択して確定するわけです。マウスでする分には、あまり問題がありません。マウスの左側のボタンでクリックしてあげればいいのです。

私の認識では、左側のボタンでクリックは、エンターキーです。当然、メニュー項目を選択してエンターしてみるわけです。しかし、画面は切り替わりませんでした。あれ?っと思って、色々キーを押してみると、切り替わったのはスペースキーで、でした。

この件をMicrosoftへ報告してみたところ、これからは、エンターキーだけでなく、スペースキーも実行キーとして使ってみて欲しいとアドバイスされました。

実行キーとして割り当てられているキーは、エンターキーとスペースキーの両方の場合もあるのだそうです。そして、エンターキーだけの場合もあるし、スペースキーだけの場合もあるのだそうです。

今まで、実行キーはエンターキーだと思っていた皆さん。エンターキーで実行できない場合があるかもしれません。そんなときは、スペースキーも試してみてください。

確認してみたところ、Windows Vistaだけではなく、Windows XPでもそうでした。例えば、コントロールパネルで Windows関連の設定画面を何か開いてみてください。Tabキーで「OK」や「キャンセル」へ移動してスペースキーを押してみましょう。エンターだけじゃなく、スペースキーでも実行できてしまうのでした。

« AOKメニューでパソコンを操作する | トップページ | PC-Talkerの文字の読み方について »

IT支援」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボードでの確定・実行について:

« AOKメニューでパソコンを操作する | トップページ | PC-Talkerの文字の読み方について »

お知らせ

Translator


2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


Twitter


最近のコメント

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ