Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

カテゴリー「Windows 10」の記事

2020年5月31日

Windows 10 Pro Ver.2004 で「更新プログラムをいつインストールするかを選択」がなくなります

Windows 10 Pro を Ver.2004 にして使っています。「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」で「詳細オプション」を開きました。Ver.1909 までは、「更新の一時停止」の下にあった、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」の項目が2つとも非表示になっています。これは、どうなっているのでしょうか?

Windows 10 Ver.1909 で「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」の「詳細オプション」を開くと、「更新の一時停止」の下に「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」の項目が2つ表示されます。

Windows 10 Ver.1909 「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」の「詳細オプション」

これが、Windows 10 Pro Ver.2004 では、こんな感じです。「更新の一時停止」の下にあった、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」の項目がまるまるありません。

Windows 10 Ver.2004 「詳細オプション」

これは、2019年6月29日に紹介した Windows 10 Pro Ver.1903 で「更新プログラムをいつインストールするかを選択」がなくなった! とは違い、不具合ではありません。Microsoft が仕様を変更しました。

Windows 10 Ver.1809 では、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」で「半期チャネル(対象指定)」から「半期チャネル」へ変更することができました。

image

Windows 10 Pro Ver.1903 からは「半期チャネル(対象指定)」から「半期チャネル」への変更ができなくなり、Windows 10 のリリースチャネルは、下記2つになりました。

参考:サービスとしての Windows の概要 (Windows 10) - Windows Deployment | Microsoft Docs

  • 半期チャネル:機能更新プログラムを年2回受け取る
  • 長期サービス チャネル:新しい機能リリースを 2 ~ 3 年ごとに受け取る(Office 非搭載の医療装置や ATM 機器などを制御する特殊デバイスでのみ使用可能)

そして、Ver.2004 からは、機能更新プログラムを数カ月以上先延ばしにすることができなくなりました。

参考:Windows Update:よくあるご質問 - Windows Help :「更新プログラムのダウンロードやインストールを停止するにはどうすればよいですか?更新をスキップできますか?」より

image

できるのは、「更新の一時停止」で最長35日間までです。

2020年5月30日

Windows 10 「Windows へようこそ」画面を出したくない

Windows 10 でサインイン後、時々、「Windows へようこそ」という画面が表示される場合があります。

「Windows へようこそ」画面

この画面の後、どういう感じで進むのかは、下記記事でどうぞ。

Windows 10 「Windows へようこそ」画面

Windows 10 「Windows をよりいっそう活用できるようになります」

画面内に「これは正式な方法であり、Microsoft サービスを使用してデバイス間で作業を容易に行い、Microsoft を最大限に活用するための最も簡単な方法です」とあるように Microsoft からの正式なものです。そして、この画面は、すべての環境で一斉に開くわけではなく、たまに一部の環境で開きます。

参考:Windows 10 Ver.1809 の新機能 |アップグレード後のセットアップ

さて、この画面をもう表示したくない場合は、次のようにします。

  1. 「設定」-「システム」-「通知とアクション」を開きます。
  2. 「新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時にときどき、[Windows へようこそ] の情報を表示する」のチェックを外します。
    Ver.1909 「設定」-「システム」-「通知とアクション」

「設定」-「システム」-「通知とアクション」の「通知」の部分は、Windows 10 のバージョンによって、だんだん追加されているのに気がつきました。Ver.1909 は、5項目ありますが、1つ前の Ver.1903 は下記のように4項目。

Ver.1903 「設定」-「システム」-「通知とアクション」

May 2020 Update の Ver.2004 では、6項目ありました。

Ver.2004  「設定」-「システム」-「通知とアクション」

「新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時にときどき、[Windows へようこそ] の情報を表示する」のほかに、「Windows を最大限に活用するためのデバイス設定の完了方法を提案する」という画面は???

わかりしだい、また、お知らせします。

2020年5月28日

Windows 10 「Windows へようこそ」画面

Ver.2004 への機能更新プログラムが来ている Windows 10 がないか探しているうちに、「Windows へようこそ」画面が開いたので再紹介します。

「Windows へようこそ」画面

2020年5月 8日に Windows 10 「Windows をよりいっそう活用できるようになります」で紹介しましたが、表示画面が変わりました。

この画面は、Windows へサインイン後に表示されます。「これは正式な方法であり、Microsoft サービスを使用してデバイス間で作業を容易に行い、Microsoft を最大限に活用するための最も簡単な方法です」とあります。ただ、これがなおさら「本物!?」と疑いの目を向けられるようです。この画面は、すべての環境で一斉に開く画面ではなく、たまに一部の環境で開きます。Windows 10 Ver.1809 の新機能 |アップグレード後のセットアップ でも紹介されている Microsoft からのものです。

興味がある場合は、右下の「続行」ボタンを押します。確認する必要がない場合は、左下の「今はスキップ」を押します。

「続行」ボタンを押すと、「アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う」画面が表示されました。「タスクビュー」でタイムラインを同じ Microsoft アカウントでサインインしている別の Windows 10 PC でも利用したい場合は「はい」を、利用したくない場合は「いいえ」を押します。

「アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う」画面

「Android または iPhone をこの PC にリンクする」という Windows 10 とスマホを連携できる画面が開きました。必要に応じて、自分の Android や iPhone の電話番号を入力します。下記の説明に「お客様の電話番号を送信すると、Microsoft からこの携帯電話番号に送られる 1回限りの自動メッセージを受信すること同意したものと見なされます」と書いてあるのを確認しましょう。これで、スマホにSMS でメッセージが届き、スマホで利用できるアプリがインストールできます。電話番号の送信は、してもしなくても構いません。

「Android または iPhone をこの PC にリンクする」画面

割と「うっかり電話番号を送ってしまった!乗っ取られたりしないか?」という質問が来ます。下部に説明が書いてあるのですから、しっかり読んでから送信しましょう!

私は、iPhone なのですが、試しに送ってみました。すると、「SMS メッセージを送りました。スマートフォンをチェックしてください」と表示されます。

SMS メッセージを送りました。スマートフォンをチェックしてください

iPhone の SMS を確認すると Microsoft から下記のようなメッセージが届いていました。

アプリの準備ができました。アプリをインストールし、サインインしてスマートフォンと PC をリンクしてください: https://aka.ms/ay?s=9&a=m&i=

アプリの準備ができました。アプリをインストールし、サインインしてスマートフォンと PC をリンクしてください: https://aka.ms/ay?s=9&a=m&i=

指示された URL をタップすると、「App Store」で「Microsoft Edge」のインストール画面が表示されます。(現在、インストールされているのは古いもよう。。。

「App Store」の「Microsoft Edge」のインストール画面

なお、Androidの場合は、スマホ同期管理アプリ - Google Play のアプリがインストールできるはずです。

「次へ」で進むと、「365 を最大限に活用しましょう」画面が表示されました。ここには、「Microsoft 365 を使用する最初の 1 年間は 50% 節約できます」とあります。

「365 を最大限に活用しましょう」画面

Microsoft 365 Personal は、1年間利用できる権利が日本だと12,984円で販売されています。これが、初回6,492円で購入できるとのこと。「次へ」ボタンを押すと、「クレジット カードの追加」画面が表示されて、購入できます。ただし、既にクレジットカードを登録済みの場合は、購入が完了してしまうとのことです。

クレジットカードの追加

「購入しない」を押してみたところ、「すべて完了しました」と表示されました。「閉じる」ボタンを押すと Windows 10 が通常通りに起動しました。

すべて完了しました

後から、半額で Microsoft 365 Personal を購入できるのでしょうか?サインインに使っている Microsoft アカウントで「サービスとサブスクリプション」にアクセスしてみました。1カ月無料で試せるリンクはあるのですが、半額で購入できるリンクは見当たりません。ただ、2020年6月30日までに Office 搭載機を新規購入すると、6,000円(税別)引いてくれるキャンペーンはやっています。

Office 搭載パソコンと Microsoft 365 Personal 同時購入がお得! - 楽しもう Office

2020年5月30日 追記:
この画面をもう表示させたくない場合は、Windows 10 「Windows へようこそ」画面を出したくない をどうぞ。

Windows 10 Ver.2004 の Microsoft IME

Windows 10 Ver.2004 では、日本語入力する際に利用する Microsoft IME がかなり変わりましたので紹介します。

日本語入力のオン/オフは、キーボードの「半角/全角」キーや通知領域の「A」や「あ」を押して切り替えます。通知領域の「A」や「あ」を右クリックすると表示されるメニューは、こんな感じに変わりました。

通知領域の「あ」を右クリック

「単語の追加」や「IMEパッド」、「誤変換レポート」は従来通りです。「ユーザー辞書ツール」は、「単語の登録」の左下のボタンから開けます。

「単語の追加」

「IMEパッド」

「誤変換レポート」

「アドオン辞書」は、従来「追加辞書サービス」の「オープン拡張辞書を追加」です。Microsoft日本語IMEの使い方・設定方法 の「システム辞書を追加するには?」が開きます。

「かな入力」は、キーボードの「かな」で入力するのか、ローマ字で入力するのかの切り替え。

IMEの「かな入力」

プライベートモードのオン/オフも、通知領域に錠前マークが付いてわかります。

IME のプライベートモード (オン)

従来の「プロパティ」はなくなりました。「設定」を押すと、「設定」内の 「Microsoft IME」が開きます。

「設定」内の 「Microsoft IME」

各項目を開くとこんな感じ。

全般

キーとタッチのカスタマイズ

学習と辞書

デザイン

使用状況データの収集

「IME ツールバー」が表示できるようになりました。

IME ツールバー

なお、従来の言語バーは、利用できません。無理やり表示させてもこんな感じ。機能は利用できません。

Windows 10 Ver.2004 で従来の言語バー

なお、設定で「全般」の「互換性」のところにある「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」をオンにすると従来の Microsoft IME が利用可能になります。

2020年5月28日現在、従来の「Microsoft IME の詳細設定」-「変換」タブの「詳細設定」ボタンで開く「変換」にあった「句読点変換」が設定できません。スペースキーでの変換ではなく、予測入力の候補欄から選択が主になっているからのもよう。

予測入力も機能が追加されています。予測入力を表示。

日本語入力開始

Tab キーや下矢印キーなどで1つ選択します。これで、予測入力候補に番号が表示されます。以降は、Tab キーや矢印キーでたどらなくても番号で選択可能です。

予測入力候補に番号

参考:Windows 10 Insider Preview Build 18922 の Microsoft IME

Windows Insider Preview (20H1)で環境依存文字を表示する

Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す

Windows 10 May 2020 Update 公開

2020年5月28日(日本時間)、2020年春の Windows 10 大型アップグレードが配信されました。

How to get the Windows 10 May 2020 Update | Windows Experience Blog

アップデートしたい場合は、「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」で「更新プログラムのチェック」ボタンを押します。「バージョン 2004 の機能更新プログラム」が見つかったら「ダウンロードしてインストール」を押します。

我が家の環境で、探してみたのですが、配信されているのがなく・・・。キャプチャーは、確認でき次第、紹介します。

なお、段階的に配信されるとのことなので、チェックしても表示されない場合があります。また、自動的にはインストールされないので、ユーザーが「ダウンロードしてインストール」を押す必要があります。

新機能に関しては、下記記事を参考にしてみてください。

What’s new in the Windows 10 May 2020 Update | Windows Experience Blog

2020年5月28日 11:50 追記:
Windows 10 Ver.2004 では、日本語入力する際の Microsoft IME がかなり変わります。下記ページも参考にしてみてください。

Windows Insider Preview (20H1)で環境依存文字を表示する

Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す

2020年5月28日 15:35 追記:
Windows 10 Ver.2004 の Microsoft IME もどうぞ。

2020年5月29日 追記:
アップデート後に不具合が発生するという情報が入りました。ツールを使って強制的に Ver.2004 にすることも可能ですが、Windows Update に機能更新プログラムが来るまで待った方がいいでしょう。
参考:「Windows 10 May 2020 Update」でブルースクリーン発生やBluetooth未接続、一部アプリでIME不具合 - PC Watch

2020年5月31日 追記:
メイン機で「まもなく、Windows 10 May Update がリリースされます。」という案内がでました。

まもなく、Windows 10 May Update がリリースされます。この更新プログラムは互換性のあるデバイス用に提供されます。お使いのデバイスでは、まだ準備が完了していません。お使いのデバイスで準備が整うと、このページに更新プログラムが表示されます。現時点でお客様による操作は必要ありません。

手動で Ver.2004 にアップデートすることも可能ですが、不具合が発生する恐れもあります。よくわからない場合は、自動的に更新プログラムが表示されるまで、待ちましょう。

2020年5月 9日

Windows 10 の「設定」画面が変わってしまった

Windows 10 を使っています。最近、気がついたのですが、「設定」画面がいつの間にか変わっています。上部に自分の名前やアカウント、そして OneDrive や Windows Update、リワードが表示されています。これは、どうなっているのでしょう?元に戻せますか?

こんな感じの「設定」画面かと思います。

新しい「設定」画面

私の場合は、Windows 10 Ver.1903 の環境で起きました。しかし、同じアカウントでも以前の「設定」のままのもありますし、バージョン違いで「設定」画面を開いても、変わっていません。

通常の「設定」画面 Ver.1909

Release Preview の Ver.2004 でも、下記の「設定」でした。

通常の「設定」画面 Ver.2004

ただし、Insider Preview Build 19624 では、少しデザインが変わり、「リワード」が非表示でしたが、新しい「設定」画面でした。

Insider Preview Build 19624 の「設定」画面

Windows 10 製品版で新しい「設定」画面が表示されるのは、Microsoft の実験対象に選ばれたからのようです。

新しい「設定」画面は、どこかの設定変更で元の「設定」画面に戻すことはできません。

何か当たりを引いたのね!という感じで、どうぞ。新しい「設定」画面に対しての要望は、フィードバックHubを使ってみてください。

2020年5月 8日

Windows 10 「Windows をよりいっそう活用できるようになります」

Windows 10 で Ver.2004 にしたPCで、Microsoft アカウントでサインイン後、「Windows をよりいっそう活用できるようになります」という画面が開きました。Windows 10 を初期セットアップする際の画面に似ています。なお、環境によっては、「Windows へようこそ」と表示される場合もあるとのことです。

※キャプチャーを撮り損ねたので、英語版を貼っておきます。

Let's make Windows even better
Windows 10 Ver.1809 の新機能 |アップグレード後のセットアップ より

2020年5月11日 追記:
日本語版でやっとキャプチャがとれました。Ver.2004 だからか、Office と OneDrive のアイコンのデザインが違います。

Windows をよりいっそうかつようできるようになります

Ver.1909 から Ver.2004にアップグレードしたのに、セットアップ画面が表示された、これは、何かトラブった??と思ったのですが、Ver.1809 からの新機能でした。これは、Windows 10 のアップグレード後にお使いのパソコンの構成が最適になるようセットアップ項目の再確認のためのものでした。しかし、必ず表示されるわけでもなく、何か表示されるタイミングがあるのでしょう。

興味がある場合は、右下の「始めましょう」ボタンを押します。確認する必要がない場合は、左下の「今はスキップ」を押します。

「始めましょう」で進むと、「アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う」画面が表示されました。「タスクビュー」でタイムラインを同じ Microsoft アカウントでサインインしている別の Windows 10 PC でも利用したい場合は「はい」を、利用したくない場合は「いいえ」を押します。

アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う

「Android または iPhone をこの PC にリンクする」という Windows 10 とスマホを連携できる画面が開きました。必要に応じて、Android や iPhone の電話番号を入力します。これで、スマホにSMS でメッセージが届き、スマホで利用できるアプリがインストールできます。電話番号の送信は、してもしなくても構いません。「次へ」ボタンを押します。

Android または iPhone をこの PC にリンクする

「Microsoft 365 を利用するとデバイスがさらに便利になります」画面が表示されました。ここには、「最初の 1 年間は 50% 節約できます」とあります。
「Microsoft 365 を利用するとデバイスがさらに便利になります」
この画面は、Office 2013 や Office 2016、Office 2019 搭載機で表示されるようです。既に Microsoft 365 が搭載されている Windows 10 や Office 非搭載機では、表示されませんでした。

Microsoft 365 Personal は、1年間利用できる権利が日本だと12,984円で販売されています。これが、初回6,492円で購入できるとのこと。「Microsoft 365 を購入」ボタンを押すと、「クレジット カードの追加」画面が表示されて、購入できるようです。

クレジット カードの追加

「クレジット カードの追加」画面で左上にある左向き矢印キーで一つ前に戻って、「購入しない」を押してみたところ、「すべて完了しました」と表示されました。「閉じる」ボタンを押すと Windows 10 が通常通りに起動しました。

すべて完了しました

さて、後から、半額で Microsoft 365 Personal を購入できるのでしょうか?サインインに使っている Microsoft アカウントで「サービスとサブスクリプション」にアクセスしてみました。1カ月無料で試せるリンクはあるのですが、半額で購入できるリンクは見当たりません。ただ、2020年6月30日までに Office 搭載機を新規購入すると、6,000円(税別)引いてくれるキャンペーンはやっています。

Office 搭載パソコンと Microsoft 365 Personal 同時購入がお得! - 楽しもう Office

製品版 Windows 10 を Ver.2004 にアップデートする際に表示されたら、Office 2016 や Office 2019 を使っている場合は、試しに1年間利用してみるといいかもしれません。

2020年5月28日 追記:
画面変更があったもようです。Windows 10 「Windows へようこそ」画面 でどうぞ。

Cortana に声を覚えさせ、呼んでもらう名前を変更したい

Windows 10 を使っています。Cortana に自分の声を覚えさせ、私のことを呼ぶ際の名前を変更したいのです。Web 上で紹介されているページを確認してみたのですが、私の使っているPCと画面が違っています。どうすると、設定登録できるのでしょうか?

Windows 10 の Cortana は、バージョンによって設定画面がどんどん変わっています。過去のバージョンで確認してみました。

Windows 10 Ver.1809 では、「設定」-「Cortana」-「Cortana に話しかける」で「「コルタナさん」と言ったら Cortana が応答するようにする」を「オン」にすると Cortana に自分だけの発音を覚えさせることができました。

Ver. 1809 コルタナさん

ところが、Windows 10 Ver.1903 や Ver.1909 でも、「コルタナさん」をオンにしても、発音を覚えさせる項目がなくなっています。

Ver.1903 や Ver.1909 「コルタナさん」

また、Windows 10 Ver.1809 では、「設定」-「Cortana」-「Cortana に話しかける」で「名前の変更」がありました。

Ver.1809  「設定」-「Cortana」
※Cortana の「ノートブック」-「ユーザー情報」で登録できたのは、もっと前のバージョンです。

「Cortana で使う名前、またはその発音を変更します。」で「名前の変更」ボタンを押すと、Cortana から「どのようにお呼びすればよろしいですか?」と聞かれ、呼んでもらいたい自分の名前を登録することができました。

Ver.1809  Cortana 「どのようにお呼びすればよろしいですか?」

ところが、Windows 10 Ver.1903 になりまして、「設定」-「Cortana」-「Cortana に話しかける」に「名前の変更」がなくなっています。

Ver.1903 「設定」-「Cortana」-「Cortana に話しかける」

この仕様は、Windows 10 Ver.1909 でも変わりありません。

Ver.1909 「設定」-「Cortana」-「Cortana に話しかける」

Cortana にユーザーの名前を好みの呼び方にしてもらうことは、できなくなりました。また、Cortana もユーザーの名前を呼びかけなくなったようです。

なお、2020年春の大型アップデート(Ver.2004)で、また Cortana の仕様が変わります。しかし、まだ、日本語版 Cortana が私の環境では利用できないので、どんな風になるのかは、不明です。

Ver.2004 Cortana 2020年5月8日 現在

2020年5月 6日

Microsoft ファミリ グループに参加したが取り消したい

「あなたは招待されています」というメールが Microsoft から届きました。家族が Microsoft ファミリ グループに招待してくれたようです。「参加」を押すと「ファミリ グループに参加する」と表示されたので、そのまま「ファミリに参加」を押してみました。後から参加を取り消すことはできますか?

「Microsoft ファミリ グループ」については、2020年5月 5日に下記ページで紹介しました。

Microsoft ファミリ グループの「メンバー」と「オーガナイザー」

こんな感じの招待メールが届いたのでしょう。

「Microsoft ファミリ グループ」の招待メール

メール本文中の「参加」を押すと、ブラウザが起動し、Microsoft アカウントでサインイン中のアカウントで「Microsoft ファミリ グループ」の説明ページが開きます。「ファミリに参加」ボタンを押すと、招待してくれた人のファミリ グループに入れます。

自分のファミリ グループを確認したい場合は、ブラウザで Microsoft ファミリ グループにサインインするとわかります。

招待した人や「オーガナイザー(代表者)」で招待された人は、こんな感じです。

あなたのファミリ(代表者)

メンバーとして招待された場合は、こんな感じです。

あなたのファミリ(メンバー)

メンバーや代表者として招待された場合は、自分のアカウントの「ファミリ グループをやめる」を押します。

「メンバー」が辞めたい場合

「代表」がやめたい場合

「代表者」が別の代表者を削除したい場合は、「ファミリ グループから削除」を押します。

「代表者」が別の代表者を削除

「代表者」がメンバーを削除したい場合は、「その他のオプション」を開くと表示されるメニューの「ファミリ グループから削除」を押します。

「代表者」がメンバーを削除

確認のメッセージが表示されますので、「削除」を押すと削除できます。

2020年5月 5日

Office 非搭載機で「Word」や「Excel」などのタイルを再表示したい

Windows 10 を使っています。スタートメニューの「仕事効率化」にあった「Word」タイルを「スタートからピン留めを外す」を押して削除してしまいました。再表示しようと思ったのですが、すべてのアプリの「W」の項目に「Word」がありません。こんな場合は、どうするといいのでしょう?

スタートメニューを開くと、こんな感じの表示かと思います。

image

「仕事効率化」内の Word や Excel などは、フォルダー化されているので、押すと開きます。

スタートメニューの「フォルダー」を展開

「すべてのアプリ」の中に、Word や Excel などが見当たらない場合、お使いの Windows 10 に Microsoft Office 製品が搭載されていないのでしょう。この場合、スタートメニューの Word や Excel などのタイルを押すと、Office Online のページで開きます。

Word Online

削除してしまった Word タイルは、次のようにすると似たような感じで、スタートメニューにピン留めできます。

  1. Microsoft Edge Legacy を起動します。
  2. Word Online にアクセスします。
    ※Excel や PowerPoint など別の Onlone ページを開きたい場合は、左上の点が9つあるボタンを押すと選択できます。
    左上の点が9つあるボタンを押したところ
  3. Edge 右上にある「・・・」を押します。
  4. 「その他のツール」-「このページをスタートにピン留めする」を選択
    Edge の「・・・」-「その他のツール」
  5. 「このタイルをスタートにピン留めしますか?」と表示されたら「はい」を押します。
  6. 「Word」のタイルがスタートメニューに追加されたのを確認します。
    「Word」のタイルがスタートメニューに追加
  7. ドラッグして、好きな位置に移動させます。

さて、旧タイプの Edge Legacy では、このような感じでできます。しかし、既に新しい Edge にしてしまった場合は、「その他のツール」に「このページをスタートにピン留めする」がありません。

新しい Edge の「その他のツール」

「・・・」-「アプリ」で「このサイトをアプリとしてインストール」を使うのですが、新しい Edge では「Office」アプリで登録されているようです。

新しい Edge の「・・・」-「アプリ」

「Office」アプリがイントールされると表示します。

「アプリのインストール」確認画面

すべてのアプリ内に「Office」アプリが追加されてしまいました。

「Office」アプリが追加

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ