Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

カテゴリー「MS Office」の記事

2020年3月11日

スマホ用 Office アプリ公開

スマートフォン用の Office アプリが公開されました。

The new Office app now generally available for Android and iOS - Microsoft 365 Blog

iOS、iPhone、iPad のための Office モバイル アプリ | Microsoft Office

Android スマートフォンとタブレットのための Office アプリ | Microsoft Office

Android と iPhone  や iPad をお持ちなら、どなたでも利用可能です。

Microsoft Office - Google Play

‎Microsoft Office on the App Store

試しに、私の iPhone にインストールしてみました。Microsoft アカウントでサインインして使います。すると、この「Office」アプリだけで、OneDrive 上に保存されている Word や Excel、そして、PowerPoint が閲覧だけでなく、編集も可能でした。付箋も「メモ」として表示されます。

image

「操作」をタップすると、Mobile アプリ専用の機能が表示されました。

image

ただし、Excel での「画像から表へ」は、まだ日本語に未対応なのでしょう。やってみたら、日本語が文字化けしてしまいました。

参考:画像からデータを挿入する - Office サポート

従来は、Mobile用の Word や Excel、PowerPoint アプリを追加インストールしないと編集できませんでした。これは、便利!

2020年2月22日

Excel や Word がいつもと違う表示になり「読み取り専用」で開く

Windows 10 を使っています。Excel のファイルを開いたら、いつもと違う表示になっているのに気がつきました。しかも、「読み取り専用」と表示され、編集できません。「編集と保存を行うには、Office サブスクリプションが必要です。」と出ていて、「Office 365 の購入」と表示されています。どうすれば、以前のように使えるのでしょう?

Excel がこんな感じの表示になったのかと思います。

Excel Mobile

なお、Word だとこんな感じ。

Word Mobile

これは、Office Mobile と呼ばれるアプリで、画面サイズが10.1インチ以下のモバイルデバイス(タブレットやスマートフォン)で利用できるタイプです。Excel や Word の他、PowerPoint にもあります。Windows 10 でも「Microsoft Store」アプリからインストールできるのですが、新規作成や編集をしたい場合は、有償の Office 365 Solo や Office Premium に付属する Office 365 サービスを更新している必要があります。

Windows 10 モバイル用 Office アプリ | Microsoft Office 

なお、有償の Office 365 Solo や Office Premium に付属する Office 365 サービスを更新しているにも関わらず、Office 365 を購入するよう表示された場合は、自分の表示名を押していったんサインアウトしてから、再度サインインしてみてください。

さて、Office 2019 や Office 2016 だと、下記のような感じです。Office Mobile とはかなり見た目も違うので、驚くことでしょう。

Excel 2019

Word 2019

まずは、Windows 10 の「スタート」メニューを開いて、「すべてのアプリ」から「E」の項目を確認してみてください。こんな風に Excel が2種類並んでいる場合があります。

「すべてのアプリ」の「E」の項目

Word も「W」の項目で似たような感じです。

エクスプローラーから Officeファイルで開いた際に、どういう弾みか Office Mobile で起動してしまったのでしょう。Excel ファイルを右クリックして「プログラムから開く」を選択、「Mobile」がついていない「Excel」を選択すれば、見慣れた Excel で起動することでしょう。もしくは、右クリックして「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」と進みます。「このファイルを開く方法を選んでください」画面が開きます。「Mobile」が付いていない「Excel」を選択し、「常にこのアプリを使って .xlsx ファイルを開く」にチェックをつけてから「OK」ボタンを押します。

「このファイルを開く方法を選んでください」画面

「Mobile」が付いていない Excel で正しく起動するかどうか確認したら、Excel Mobile で右クリックして「アンインストール」をしてしまうといいでしょう。

Excel Mobile で右クリック

なお、「すべてのアプリ」に「Mobile」の付いた Office 製品しか表示されない場合は、Microsoft Office 製品がインストールされていないことになります。Office 製品を再インストールしてみてください。

Office Premium の「Office」アプリで「Office のインストール」ができない

Windows 10 で Office Premium 搭載機を使っています。「Office」アプリを起動すると、右上に「Office のインストール」ボタンが表示されます。これを押せば、Office Premium のインストールができるのかな?と思い、押してみました。すると、「プレミアムに移行」と表示されました。既に、Office Premium なのですが、これは、どういうことなのでしょう?それとも、Office 365 サービスが必要なのでしょうか?

「Office」アプリとは、こういうタイルのアプリです。

「Office」アプリ

起動すると、こんな感じです。Microsoft アカウントでサインインして使います。

Office 365 Solo や Office 2016/2019 での「Office」アプリ

Office 365 Solo や、Office 2016/2019 が利用できる Microsoft アカウントでは、上記のような感じです。上部の「マイアカウント」を押すと、ブラウザが起動してMicrosoft アカウント | ホームが開きます。「Office のインストール」ボタンを押すと、個人用 Office 製品がインストールできる「サービスとサブスクリプション」ページにアクセスできます。

ところが、「Office」アプリに Office Premium が利用可能な Microsoft アカウントでサインインすると、右上のボタンの表示が変わります。

Office Premium

「Office のインストール」ボタンを押すと「Office 365 プレミアムに移行して、最新のアプリを PC または Mac にインストールしましょう」と表示されます。

Office 365 プレミアムに移行して、最新のアプリを PC または Mac にインストールしましょう

「Office 365 を購入」を押してみると、Microsoft 公式 - 家庭向けおよび一般法人向け Office 製品の比較のページに飛びます。Office Premium の Office 365 サービスが利用できる Microsoft アカウントでもこのように表示されます。

こんな場合は、右上にある自分のアイコンを押して、表示されるメニューの「サインアウト」を選択します。

右上にある自分のアイコンを押してみた

「Office へようこそ」画面が表示されますので、「サインイン」を押して、サインインします。

「Office へようこそ」画面

「Office 365を購入」のボタンが消えて、「Office のインストール」ボタンを押すと、インストールできるページが開くようになったのを確認します。

「Office 365を購入」のボタンが消えた

ただ、「Office」アプリを再起動すると、また、「Office 365を購入」のボタンが表示されてしまい、「Office のインストール」ボタンを押すとOffice 365 Premiumに移行するよう促されます。どうやら、「Office」アプリが正しく機能していないようです。Office Premium のインストールページは、「サービスとサブスクリプション」で可能です。「Office」アプリからうまくインストールページが開かない場合は、直接アクセスしてみてください。

2020年2月20日

プレインストール版 Office の「Office を最大限に活用しませんか?」

この度、Office 2019 搭載機 Windows 10 を購入しました。Office Home and Business 2019 で1台の Windows PC用です。プロダクトキーを入力してセットアップを開始しました。途中「Office を最大限に活用しませんか?」という画面が出てきました。この画面は、何なのでしょう?何か購入する必要があるのでしょうか?どうするといいのか、よくわかりません。教えてください。

プレインストール版 Office 2019 のセットアップ完了間近のところで「Office を最大限に活用しませんか?」と表示され、「Office 365」を購入するよう勧められたのでしょう。

Office を最大限に活用しませんか?

Office 365 Solo は、最新の Word や Excel などど共に Office 365 サービスが利用できる製品です。

Office 365 Solo を購入 - Microsoft Store ja-JP

一人のユーザーだけで利用可能なのですが、Windows PC だけでなく Mac にもインストール可能で、複数台にインストールできます(同時サインインは、5台まで)。また、付属する Office 365 サービスは、OneDrive の容量が1TBまで利用可能になります。ただし、年間使用料がかかります。しかし、一人で Windows や Mac を複数台持っている人には、とてもお得な製品です。また、一人だけで使うPCにインストールします。家族で共有して使うPCや家族、知人のPCにインストールして使わせてあげることはライセンス違反です。

さて、「Office を最大限に活用しませんか?」画面の押せる部分としては、右上の「×」ボタン、「Office 365 を購入」「詳細情報」、そして、「後で通知する」です。

この「Office を最大限に活用しませんか?」画面は、2019年6月4日に紹介した時は、下記のような感じでした。

2019年6月の「Office を最大限に活用しませんか?」画面

この画面に対する公式の解説ページは、下記です。

新しいデバイスで Office 2019 または Office 2016 を設定する - Office サポート

上記解説ページには、下記のように紹介されています。

image

Office を最大限に活用しませんか?」画面が表示されます。

Office 365 Solo 製品版を購入する場合は [Office 365 を購入] をクリックし、 Office 365 Solo 試用版を使用したい場合は [試用版サブスクリプション] をクリックすることで手続きできます。 利用せずにそのまま Office アプリケーションを使用する場合は、[後で通知する] もしくは 右上の [×] をクリックします。

ところが一緒に表示されている画像には、「試用版サブスクリプション」が見当たらず、「詳細情報」になっています。また、「後で通知する」を押すと、後々混乱します。

ということで、最近の「Office を最大限に活用しませんか?」画面では、次のように読み替えてみてください。

Office 365 Solo 製品版を購入する場合は [Office 365 を購入] をクリックし、 Office 365 Solo 試用版を使用したい場合は [詳細情報] をクリックすることで手続きできます。 利用せずにそのまま Office アプリケーションを使用する場合は、右上の [×] をクリックします。

[後で通知する] を押した場合は、 下記の画像のように Word や Excel 起動後、上部に「Office 365 SOLO 特別な Office 365 サービスの対象となっています」という通知メッセージが表示されます。Office 365 Solo が必要ない場合は、右端にある「×」ボタンを押します。

「Office 365 SOLO 特別な Office 365 サービスの対象となっています」という通知メッセージ

なお、Office 365 Solo 試用版は、1ヶ月間利用可能です。試用期間が切れる際には、更新するよう促されます。しかし、サービスとサブスクリプション の「Office 365 Solo」管理画面で「定期請求」や「支払い方法」が「なし」と表示されている場合、自動的に継続されることがないとのことです。試用期限が切れると、Office 365 Solo の利用が終了し、Office 2019 に戻るとのことでした。

参考:Office 365 Solo の無料試用版をキャンセルする

Office 365 Solo の使用期限が切れたら Word や Excel などが利用できなくなった場合は、Office 製品をアンインストール後、プレインストール版 Office を再インストールしてみてください。

2019年11月19日

Office 製品の「言語設定」画面が変更

Office 製品で表示されている言語を変更する場合は、Word や Excel などを起動し、「ファイル」-「オプション」-「言語」で行います。

Office バージョン 1910 ビルド 12130.20184 で確認してみたところ、表示が変わっているのに気がつきました。 これは、Office Premium、Office 365 Solo、Office 2019、そして、Office 2016 でも同様でした。

以前は、こんな感じでした。

言語パックが必要なタイプ
※2019年10月頃、Office の言語パックがインストールできない より

2019年11月現在、クイック実行のタイプは、こんな感じです。上部に「Office 製品の表示言語」、下部に「Office の編集言語と校正言語」が配置されています。以前、「表示言語の選択」にあった「ヘルプ言語」欄がなくなっています。

クイック実行のタイプの言語オプション Office Premium

ただし、Office 2016 だけ、上部のアイコンが韓国語ではなく日本語でした。

クイック実行のタイプの言語オプション Office 2016

いずれも Office の表示言語を変更したい場合は、真ん中あたりにある「Office.com から追加の表示言語をインストール」を押して、Office 言語アクセサリ パック - Office サポートへ移動し、言語を追加して行います。

言語を追加できたら、選択して、「優先として設定」ボタンを押します。

20191119_c01

「OK」ボタンを押すと、Office の再起動を促されますので、指示に従います。再起動後は、優先にした言語で表示されます。

20191119_c02

そして、Microsoft Store タイプの場合は、こんな感じです。こちらも、上部に「Office 製品の表示言語」、下部に「Office の編集言語と校正言語」が配置されています。

Microsoft Store タイプの言語オプション

Microsoft Store タイプの表示言語の変更は、言語アクセサリーパックを追加しません。「Windows の設定言語はここで変更します。」を押して、「設定」-「時刻と言語」-「言語」で Windows の表示言語を「優先する言語」で変更すると、Office 製品も自動的に変わるようになっています。

2019年10月27日

ストアアプリ版の Word で「はがき印刷」ができる!

2018年12月27日に Word で「はがき印刷」が使えない を紹介しました。

久しぶりに再確認してみました。2019年10月27日現在 Word のバージョンは、Ver.1909 Build 12026.20344 Microsoft Store です。

2019年10月27日現在 Word のバージョン

「差し込み文書」タブで「はがき印刷」を押して、表示されたメニューから「宛名面の作成」や「文面の作成」を押してみました。

「差し込み文書」タブの「はがき印刷」

すると、ちゃんとウィザードが表示されるようになりました。

はがき宛名面印刷ウィザード

はがき文面印刷ウィザード

今年の年賀状作りは大丈夫そうですね。

年賀状はがき作成完了

2019年10月23日

Office の言語パックがインストールできない

この度、Office 2019 プレインストール版の Windows 10 を購入しました。Office の表示言語を日本語から変更したかったので、Office の言語アクセサリ パック - Office サポートからダウンロードし、インストールしてみました。ところが、エラーメッセージ(Error Code: 30053-1011 (0))が表示されてインストールできません。システムが違っているのかと思い、32bit 版だけでなく64bit版でもインストールしてみましたが、同様のエラーメッセージが表示されます。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Office の言語アクセサリ パック - Office サポート から「必要な言語」をダウンロードしてインストールすると、下記のようなエラーメッセージが表示されたのかと思います。

Error Code: 30053-1011 (0)

最近のプレインストール版 Office 2019 や Office 2016 製品は、ストアアプリ版です。ストアアプリ版 Office の場合は、Office の言語パックを使いません。Windows の言語を変更すれば、ストアアプリ版もその言語になります。

次のようにして確認してみてください。

  1. Word や Excel などを起動し、「ファイル」-「オプション」と進みます。
  2. 左側から「言語」を選択してください。
  3. 右側の「表示言語の選択」を確認します。

下部に「Office.com からインターフェイスおよびヘルプの言語を取得」とあったら、言語パックをインストールする必要があります。

言語パックが必要なタイプ

しかし、「Windows の設定言語はここで変更します」となっていたら、ストアアプリ版です。「Office のユーザー インターフェイス言語は、Windows の設定言語に従います。」とあるように、Windows の言語を変更すれば、ストアアプリ版の言語も自動的に変わるようになっています。

言語パックがインストールできないタイプ

Windows の言語変更は、次のようにします。

「設定」-「時刻と言語」-「言語」で「優先する言語」で「+」ボタンを押して、変更したい言語を追加ます。

「設定」-「時刻と言語」-「言語」

あとは上部の「Windows の表示言語」を表示したい言語にし、PCからサインアウトします。

2019年11月19日 追記:
オプションの「言語」の表示が変わりました。詳細は、Office 製品の「言語設定」画面が変更 でどうぞ。

2019年8月29日

Office 2016/2019 のタブ表示が元に戻った

2019年7月7日 に紹介した Office のタブ表示が変わりました!の続き。

Excel や Word で、画像を挿入した際、タブの表示が「図の形式」と表示される件。あれから、再情報が入りました。

 

早速、我が家の環境でも確認してみたのですが、その時点ではまだでした。

2019年8月29日、再度確認してみたところ、Office 2016 や Office 2019 では、表示が戻っていました。画像を挿入すると「図の形式」ではなく、「図ツール」-「書式」に戻りました。

20190829_a01

バージョンは、1907 Build 11901.20218 です。(この後、Ver.1908 Build 11929.20254 にもできましたが、変わりありません)

Office Premium の「Office 365」では、画像を挿入すると「図の形式」タブのままでした。

20190829_a02

2019年8月 5日

Office 2016 のバージョン情報に「Office 365」と表示される現象が修正

Office 2016 のバージョン情報に「Office 365」と表示される (その2)の続き。

やっとこの問題が修正されました。製品情報の「ライセンス認証された製品」でエディションとしては、Office 2016 と表示されている製品。

20190805_a01

Office 2016 のバージョン 1907 (ビルド 11901.20176) バージョン情報を確認すると、「for Office 365」ではなく「2016」と表示されるようになりました。

20190805_a02

やっぱり、何か間違っていたようですね。

2019年7月31日

プレインストール版 Office が家族のアカウントだと使えない

Windows 10 パソコンを購入しました。これには、Office 2019 がついています。私の Microsoft アカウントで設定して Word や Excel などが利用できるようになりました。ところが、同じ PC に家族のアカウントを追加したのですが、家族のアカウントでは、Office が利用できるようになっていません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

2018年11月以降から Windows 10 にプレインストールされいている Office 製品は、ストアアプリ版になっています。確認は、WordやExcelを起動し「ファイル」-「アカウント」と進みます。 右側のバージョン情報のところのビルド番号の後に「クイック実行」とあったらデスクトップ版ですが、「Microsoft Store」と書いてあったらストアアプリ版です。

20190731_a01

ストアアプリ版の場合は、各アカウントでアプリをインストールしないといけないタイプがあります。 不都合な場合は、ストアプリ版からデスクトップ版に切り替えてみるといいでしょう。デスクトップ版は、管理者のアカウントで1回インストール作業をすれば、すべてのアカウントで利用可能です。次のようにします。

※Office 2019 で説明していますが、Office 2016 でもストアアプリ版の場合は、同様です。

※Outlook を利用している場合は、必要に応じてバックアップ作業をしておきましょう。 特に、ストアアプリ版からデスクトップ版に切り替えた際は、システムが違うため Outlook のデータを引き継いでくれません。 Microsoft の Web メール1つだけを使っていた場合は、同期されるので問題ありませんが、複数セットアップしてあった場合によく問題となります。
参考:
Outlook の .pst ファイルを使用したメールなどのデータ移行
Outlook .pst ファイルからのデータ移行バックアップ インポート

  1. ストアアプリ版 Office を次のようにしてアンインストールします。
    「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「Microsoft Office Desktop Apps」を選択し、表示される「アンインストール」ボタンを押します。
    20190731_a02
  2. 確認のメッセージがポップアップされますので、「アンインストール」ボタンを押します。
  3. 「Microsoft Office Desktop Apps」の表示が消えたら、アンインストール完了です。続いてデスクトップ版をインストールします。
  4. サービスとサブスクリプション」に初回セットアップで使った Microsoft アカウントでサインインします。
  5. 「Office 2019」 の「インストールする」を押します。
  6. 「ダウンロードとインストール」の画面がポップアップされますので、「インストールする」ボタンを押します。
  7. 下部にブラウザーの通知バーが表示されたら「実行」を押します。
    ※利用している回線が不安定な場合は、「保存」を押してから「実行」を押してみるといいでしょう。
  8. インストール作業が始まるので、しばらく待ちます。
  9. 「インストールされました」と表示されたら、「閉じる」ボタンを押して完了です。

なお、デスクトップ版ではなく、ストアアプリ版でどうしても使いたい場合、家族の各アカウントで Office 製品をインストールする必要があります。ただし、デスクトップ版に切り替えたい場合は、インストール済みのストアアプリ版 Office を各アカウントからアンインストールする必要がありますので、ご留意ください。ストアアプリ版は、いろいろ不都合なことが多いのであまりお勧めできませんが、どうしても、という場合は次のようにしてみてください。

  1. Windows にインストールしたい家族のアカウントでサインインします。
  2. 「Microsoft Store」アプリを起動します。
  3. 画面右上の「人型」のアイコンを押して、初回セットアップに使った Microsoft アカウントでサインインします。
    20190731_a03
    既に家族の Microsoft アカウントでサインイン済みの場合は、選択して表示されるメニューから「サインアウト」を押します。その後、初回セットアップに使った Microsoft アカウントでサインインします。
  4. 画面右上の「もっと見る」(…)を押し、表示されるメニューから「マイ ライブラリ」を選択します。
    20190731_a04
  5. 「アプリ」の一覧に「Office Home & Business 2019」が見つかることでしょう。選択します。
  6. インストール画面が開きますので、「インストール」ボタンを押します。

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ