Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


カテゴリー「Teams」の記事

2020年7月27日

Microsoft Teams(無料版)を新しく立ち上げたい

とある組織で Teams のメンバーとして参加しています。自分も Teams の管理者として新しい組織を立ち上げようと思っています。アカウントは、先に参加している Teams と同じメールアドレスを使いたいのです。この場合は、どうするといいのでしょう?

下記ページから「無料でサインアップ」を使って、セットアップを開始してください。

※サインインすると、元から参加している組織になってしまいます。元の組織へサインインしてしまう場合は、Edge などで「InPrivate」ウインドウで開いてから作業するといいでしょう。

Microsoft Teams | リモート ワークのためのコラボレーション ツール

メールアドレスを入力すると、「Teams をどのように使用しますか?」と表示されますので、「仕事と組織向け」を選択して「次に」進みます。

Teams をどのように使用しますか?

ただし、独自ドメインでの無料版 Teams の利用は、不具合が起こりやすいので、あまりお勧めできません。できれば、新規 Microsoft アカウントを取得する際に 「新しいメール アドレスを取得」を選択して、@outlook.jp や @outlook.com といったドメインのメールアドレスを新規取得してから無料版 Teams をセットアップすることをお勧めします。

参考:無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

セットアップが完了してから、改めて Teams アプリやブラウザからサインインすると、「Teams へようこそ」画面が表示されます。

「Teams へようこそ」画面

ここの「Teams 組織を選択」で、利用したい Teams の組織が選択できるようになります。これで、元から参加している組織やゲストとして参加している組織、そして、今回追加した自分の管理している組織と切り替えが可能です。

「Teams 組織を選択」を開いてみた

サインイン中の場合は、右上に表示されている自分のアイコンの左側に現在サインイン中の組織が表示されていることでしょう。下向きのボタンを押すことで、組織を切り替えることができます。

Teams 右上の下向きボタンを押したところ

2020年6月14日

Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た

社内の IT 管理をしている部署にいます。社員から「Teams にサインインしたら”管理者に連絡するように”と表示された」という問い合わせがくるようになりました。こんな場合、社員にどう対応すればいいのでしょう?

企業専用のカスタムドメイン(@マーク右側 ○○○○.comの部分)のメールアドレスを持っているのでしょう。会社からもらったメールアドレスで Microsoft Teams に「サインイン」してみたのだと思われます。

「管理者に連絡するように」と表示される Teams のメッセージには、2020年6月14日現在、次のようなものがあります。

  • この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください
  • 誰かが既に組織に Teams をセットアップしています
  • 組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。
  • 組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

これに対して、どうするといいのかは、それぞれ違います。

この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約している場合は、「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されます。

image

この場合は、管理者が Microsoft 365 管理センターへ管理者権限でサインインし、次のことを確認します。

  • 組織内で Microsoft Teams の利用が有効になっているかどうか
    「設定」-「組織設定」で「Microsoft Teams」を選択し、「次のライセンスが割り当てられたユーザーに対して Teams を有効にする」でチェックが外れているユーザーだった場合はチェックをつけます。
    image
  • Teams にサインインする際に使ったユーザーアカウントであるメールアドレスに Microsoft Teams のライセンスが割り当てられているかどうか
    「ユーザー」-「アクティブなユーザー」で確認します。新規に作ったばかりのユーザーアカウントだと Teams のライセンスが割り当てられるまで時間がかかることがあります。しばらく待ってもらっても、上記メッセージが表示されるという場合は、そのユーザーの「アプリ」でいったん「Microsoft Teams」のライセンスの「オン/オフ」を切り替えて「変更の保存」を押し、どうなるか確認してもらいます。

なお、過去に法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)の契約をしていたが、サブスクリプションの契約が切れてしまっている場合も「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されることがあります。しかし、ライセンスが切れているので、有料版 Microsoft Teams のライセンスもありません。この場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインすると「管理者になりますか?」と表示されるとのことです。管理者になる設定をすると、カスタムドメインで無料版 Teams が利用できるとのことでした。ただし、「プライマリネームサーバーの登録が必要」と表示がされるとのことです。ドメインを取得したプロバイダに依頼して、メールサーバーにプライマリネームサーバーの登録をすると、Teamsのサインアップができるようになるとのことでした。

参考:Office 365 のサブスクリプション有効期限が過ぎていても、無料版 Teams を使用することは出来ませんか。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約していない場合、Microsoft Teams にサインインすると「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示されます。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

この場合は、企業のカスタムドメインのメールアドレスを使って無料版 Microsoft Teams のセットアップを誰かがしています。このメッセージ内には、「管理者に Teams を開始するよう依頼する」とありますが、無料版 Teams の管理者は、企業のドメインやIT部門の管理者とは限りません。また、社内のドメイン管理者や IT 管理者には、誰が無料版 Teams をセットアップしたのかわかりません。しかも、セットアップしているのが一人だけとも限りません。無料版 Teams は、セットアップをしたユーザーアカウントが「管理者」になれます。

過去に法人用の Microsoft 365 (旧 Office 365)と契約したことのない、法人用ドメインであれば、無料版 Teams の「セットアップ」ができます。「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」画面の右上にある「サインアウト」を押してサインアウトしてから Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア で「無料でサインアップ」を押してセットアップを開始してください。

参考:無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

社内の IT 管理部門では、Teams に関して問い合わせがあった場合、企業のカスタムドメインを使って Teams をセットアップしてもいいかどうか社内ルールを決めておくといいでしょう。

よく、「無料版 Teams をセットアップしてしまった社員が退職してしまった場合は、どうするといいのか?と」質問されます。社内の IT 管理部門は、その社員のメールアドレスを削除する以外は何もする必要ありません。無料版 Teams では、管理者の変更ができません。管理者がいなくなってしまった組織のメンバーやゲストが利用をやめればいいだけです。

なお、後から企業のカスタムドメインで Microsoft Teams が利用できる法人用 Microsoft 365と契約しても、無料版 Teams の組織は、削除されません。企業のドメインでサインインすると、「このメールは Microsoft の複数のアカウントで使用されています。どのアカウントを使用しますか?」と表示され「職場または学校アカウント」と「個人用アカウント」の選択ができます。「職場または学校アカウント」を選択すれば有料版 Teamsの組織でサインインできます。「個人用アカウント」を選択すれば、無料版 Teams の組織にサインインできます。

参考:Microsoft アカウントでサインインしようとすると「もう少し情報が必要です」と表示された

組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。

職場や学校などからもらったメールアドレスで無料版 Teams をセットアップしようとすると表示されます。現在、法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)を契約しているか、過去に使っていたのでしょう。このように表示されるメールアドレスの場合は、無料版 Teams のセットアップができません。Microsoft の Web メール(@outlook.com や @outlook.jp、@hotmail.com)を新規に取得してセットアップを開始してください。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

無料版 Teams から他の組織のゲストに招待された場合、Teams にサインインすると「Teams へようこそ!」の画面に「Teams の組織を選択」が表示されます。しかし、Teams アプリだと組織の切り替えがうまくできず「組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください」と表示される場合があります。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください
※実際には表示できなかったので、似たような感じで作ってみました。

この場合は、Windows デスクトップ版 Teams アプリからではなく、ブラウザでの Web 版やモバイルアプリ、もしくは、他のPCのでづくトップ版 Teams アプリからだと正しくアクセスできます。

解消方法は、次のように作業します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Teams アプリをアンインストールします。
  3. PC を再起動
  4. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

アプリのアンインストールと再インストールで解消しない場合は、次のようにしてキャッシュを削除します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Win+Rキーで表示される「ファイル名を指定して実行」に「%AppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  3. 「ファイル名を指定して実行」で「%LocalAppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  4. PC を再起動
  5. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

それでも、解消しなかった場合は、しばらく、正しくアクセスできる Web 版 Teams を利用します。

2020年6月 8日

無料版 Teams で「今すぐ会議」が利用可能!

無料版 Microsoft Teams を使っています。先日から突然、「???????」と表記されている画面が開くようになりました。画像は、ビデオ会議をしているような感じです。この画面のために、いろいろ隠れてしまいます。どうやら、「OK」を押さないと消せないようです。しかし、「OK」を押してもいいのかどうかわかりません。これは、何なのでしょう?

日本語環境の無料版 Teams を起動させると、こんな画面が表示されます。

日本語環境の無料版 Teams

どうやら、文字化けしてしまっているようです。そこで、米国語環境に切り替えてみました。すると、下記のように表示されました。

米国語環境の Teams

Introducing online meetings
Stay connected with your team. Start a meeting now, or schedule one for later.
訳:
オンライン会議の紹介
チームとのつながりを保つ。今すぐ会議を開始するか、後で会議をスケジュールします。

無料版 Teams でもオンライン会議ができるようになったというメッセージでした。この機能、2020年6月2日から使えるようになったとのことです。

そういえば、左側のバーに「会議」が追加されています。選択してみると「今すぐ会議」と「会議をスケジュールする」が使えるようになっていました。

image

この通知は、バーの「会議」を選択して、Teams を再起動すると、メッセージは残っているのですが、非表示にできました。

今まで、無料版 Teams で会議を開きたい場合は、「チーム」を作成後、そのチームのチャット入力欄にある「今すぐ会議」を使う必要がありました。しかし、「会議」を使えば簡単になりますね。

参考:Teams の会議の概要 (無料) - Office サポート

2020年7月24日 追記:
やっと、文字化けが解消しました。

オンライン会議の導入

オンライン会議の導入
チームとつながりましょう。今すぐ会議を始めることもできますし、今後の会議のスケジュールを設定することもできます。

2020年6月 6日

Teams にサインインしても利用できない

Microsoft Teams の会議に参加しました。その際に、アプリをダウンロードしました。自分でも Teams を使ってみようと思い、Teams アプリを起動し、サインインしてみました。しかし、「まだTeamsに登録していませんが、組織でセットアップできます。」と表示されてしまい利用できません。どうすると、Teams を利用できるのでしょう?

Teams の会議に参加する際、会議参加用の URL が送られてきたことでしょう。そこへアクセスすると、ブラウザが起動して「会議に参加」ページが開きます。
デスクトップ アプリで最高の Teams 会議を体験してください

もしくは、下記のように「まだ、Teams アプリがないようです。」と表示される場合もあります。

image

これらのページの「Windows アプリをダウンロード」や「Windows アプリをダウンロードする」を利用して、Microsoft Teams アプリをダウンロードしてインストールしたことでしょう。その後、「会議中」の画面が起動し、「名前を入力」欄に自分の名前を入力して、会議に参加したことでしょう。

image

「会議」に参加した際は、名前だけを入力したはずです。サインインは、しなかったことでしょう。

さて、自分でも Microsoft Teams を使ってみようと思い、アプリを起動します。すると「職場、学校または Microsoft アカウントを入力します。」と表示されます。 

「職場、学校または Microsoft アカウントを入力します。」

サインインに使えるアカウントは、Teams が利用できるプランの法人用アカウントと、無料版 Teams のセットアップが完了している Microsoft アカウントです。

Microsoft Teams のセットアップが済んでいない Microsoft アカウントでサインインした場合、Microsoft の Web メールだと「まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。」と表示されます。

まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。

会議に参加する際に Microsoft Teams アプリを入手した場合、利用できるのは招待された会議に参加することだけです。「まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。」の右上にある「サインアウト」を押して、サインアウトしてください。

Microsoft Teams をサインインして使いたい場合は、下記の3通りの方法があります。

  • 既に Teams を使っている組織から法人用アカウントをもらう
  • 既に Teams を使っている組織からゲストとして招待してもらう
  • 自分が管理者になって 無料版 Teams のセットアップをする

Microsoft Teams は、企業や学校、NPO といった法人で複数の人で使うためのものです。個人で会議を開きたいという場合は、Microsoft Teams ではなく Skype を使った方が簡単です。

参考:Skype で会議を開催する

2020年5月14日

Teams アプリにサインインしたら「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示された

無料版の Microsoft Teams を使おうと思っています。Teams アプリをダウンロードし、インストールしました。アプリを起動してサインインしてみたところ、「誰かが既に組織にTeams をセットアップしています」と表示されました。「管理者に Teams を開始するよう依頼するか、別のメールアドレスを使用して、Teams で別の組織をセットアップしてください」と書いてあります。しかし、管理者が誰のことなのかわかりません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Microsoft Teams は、Skype とは違い、企業や学校、NPO といった法人で複数の人で使うためのものですが、Microsoft Teams アプリ自体は、Office の Word や Excel のデスクトップアプリとは違い、無料なので、誰でもダウンロードしてインストールできます。

Teams アプリを起動すると「職場、学校、または Microsoft アカウントを入力してください」と表示されます。

職場、学校、または Microsoft アカウントを入力してください

そこで、Microsoft アカウントを入力して「次へ」ボタンを押し、パスワードを入力してサインインします。

Teams のアプリをインストールして Microsoft アカウントでサインインしてもすぐに使えるようになっていません。セットアップする必要があります。

Microsoft Teams のセットアップが済んでいない Microsoft アカウントでサインインした場合、Microsoft の Web メールだと「まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。」と表示されます。

まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。

そこで、「Teams に新規登録」を押して、起動したブラウザーの Microsoft Teams Web ページから「無料でサインアップ」を押して、セットアップします。

Microsoft Teams Web ページ

ただし、日本でよく使っているプロバイダー(So-net や Nifty など)のメールアドレスを Microsoft アカウントにしている場合、「このメールは Microsoft の複数のアカウントで使用されています。どのアカウントを使用しますか?」画面が表示されます。

このメールは Microsoft の複数のアカウントで使用されています。どのアカウントを使用しますか?

参考:Microsoft アカウントでサインインしようとすると「もう少し情報が必要です」と表示された

「個人用アカウント」を選択し、パスワードを入力してサインインします。

すると、「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示されます。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

質問者の現象です。メッセージにあるように「管理者に Teams を開始するよう依頼する」と言われても、プロバイダーからもらったメールアドレスですから「管理者」と言われても困ります。

これも、Microsoft Teams のセットアップをせずにサインインしたための現象なのですが、Teams を使うアカウントとして、日本でよく使っているプロバイダーのメールアドレスを使うことをお勧めしません。Google アカウントの Gamil を使う方も多いのですが、割と不具合発生の元になります。

そこで、「別のメールアドレスを使用」を押してください。これも、ブラウザーが起動し、Microsoft Teams Web ページに行けます。

Microsoft Teams Web ページ

Microsoft Teams をセットアップする際は、Microsoft の Web メール(ドメインが@outlook.jpとか@outlook.com、@hotmail.com)を取得してからサインアップしてみてください。

Microsoft Teams は、会社や学校、仲間同士といった組織で、複数の人を招待してから使うコミュニケーションツールです。無料版 Teams では、最初にサインアップした人が自動的に「管理者」になります。管理者が一緒に使うメンバーを招待して複数の人で利用するものです。管理者となる人がセットアップする必要があります。セットアップの方法は、下記ページを参考にしてみてください。

無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

一人で Teams を使うのは難しいです。もし、個人で Teams を使ってみようと思っている場合は、Skype を使ってください。

2020年6月14日 追記:
社内の IT 管理者向け記事を書いてみました。Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た もどうぞ。

無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

無料版の Microsoft Teams を使おうと思っています。どういう風にするといいのでしょう?

この件は、2020年3月28日に 無料版の Teams を使いたい で紹介しました。しかし、当初、無料版 Teams のセットアップページにいろいろ不備があり、とても分かりづらいものでした。それがやっと修正されています。そこで、修正されたページのもので紹介し直します。

Microsoft Teams を利用したい場合は、下記ページにアクセスします。

Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア

Microsoft Teams Web ページ

Microsoft Teams とは、会社や学校、仲間同士といった組織で、複数の人を招待してから使うコミュニケーションツールです。無料版 Teams では、最初にサインアップした人が自動的に「管理者」になります。管理者が一緒に使うメンバーを招待して複数の人で利用するものです。

Teams の仕組み

Teams アプリ自体は、Word や Excel といった Office 製品とは違い、無料で入手可能です。しかし、インストールしてサインインすればすぐ使えるわけではありません。Teams を利用するために初期セットアップする必要があります。
参考:Teams アプリにサインインしたら「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示された

また、Microsoft Teams のシステムには、有料版と無料版があります。

参考:Microsoft Teams のオプションの比較

有料版は、下記のプランがあり、いずれも年間契約で必要なユーザー数を購入します。

  • Microsoft 365 Business Basic(2020年6月30日まで、年間契約すると最初の6ヶ月は無料)
  • Microsoft 365 Business Standard
  • Office 365 E3

無料版 Teams は、Skype とは違い、サインアップすればすぐに誰とでも連絡が取れるようになるわけではありません。サインアップ直後は、一人ぼっちの Teams で、誰とも連絡取れません。イメージとしては、社内電話でチャットや音声通話、ビデオ通話、そして、ファイル共有ができるというシステムです。社内電話ですので社外の人との連絡はできません。

セットアップした Teams に一緒に使いたい人をメンバーもしくはゲストとして招待します。

Teams 組織外のイメージ

いろんな人とチャットや音声通話、ビデオ通話での会議だけがしたい場合は、Skype で会議を開催する を参考にしてみてください。

さて、Teams を使うには、自分たちの会社や団体、学校として、セットアップする必要があります。まずは、「無料でサインアップ」を押してください。

image

「Microsoft Teams セットアップ」画面が開きます。

「Microsoft Teams セットアップ」画面

メールアドレスを入力します。「次へ」で進み、指示に従います。

※企業や学校、NPOなどで既に法人用 Office 365 を契約している場合、そのアカウントで無料版 Teams をサインアップすることはできません。「お客様の組織は、このバージョンの Teams ではサポートされていないようです。」と表示された場合、そのメールアドレスでは、無料版 Teams をサインアップできません。別のメールアドレスがない場合は、新規 Microsoft アカウントを取得する際に 「新しいメール アドレスを取得」を選択して、@outlook.jp や @outlook.com といったドメインのメールアドレスを新規取得してください。
参考:無料版の Teams にサインアップしたいのですが、できません。 理由を教えてください。

※Gmail を入力すると、「これは、学校アカウントのようです。」と表示されるようになりました。Gmail でサインアップしないでください。Microsoft アカウントを Microsoft の Web メール(ドメインが@outlook.jpとか@outlook.com、@hotmail.com)で取得してからサインアップしてみてください。
Gmail を入力すると、「これは、学校アカウントのようです。」と表示

「Teams をどのように使用しますか?」が表示されます。仕事で使いたいので「仕事向け」を選択してサインインします。なお、「学校向け」を選択すると「Office 365 Education」のサインアップページへ誘導されます。また、「友人や家族向け」を選択すると、「Skype」へ誘導されます。

「Teams をどのように使用しますか?」

「その他の詳細事項」が表示されますので、「姓」「名」「会社名」「国または地域」を入力して「Teams のセットアップ」ボタンを押します。

「その他の詳細事項」

以上で、Microsoft Teams のセットアップが始まります。セットアップ完了後には、サインインに使ったメールアドレス宛にメールが届きます。このメール内に、Teams を利用するためのリンクが表記されています。これを利用して、Teams へアクセスします。

参考:無料版の Teams へのサインアップを行う - Office サポート

後は、チームを作成して、仲間を招待します。

無料版 Teams でチャットをしたい

使い方は、下記公式サイトを参考にしてみてください。

無料版の Microsoft Team にようこそ

PCで使う場合は、ブラウザから使える Web 版 Teams も利用可能です。しかし、一部、機能が限定されています。デスクトップ版 Teams アプリをダウンロードして使うといいでしょう。

なお、無料版の Teams では、一部機能が制限されています。Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア ページを一番下までスクロールさせると「Microsoft Teams の導入について」があります。

Microsoft Teams の導入について

そこの「プランと価格を見る」を押して、Teams が使える Microsoft 365 のプランを検討ください。

2020年4月25日

Teams の会議で PowerPoint の「発表者ツール」を使いたい

Microsoft Teams で会議中に PowerPoint のスライドを使います。その際、発表者が「発表者ツール」を使うことはできますか?

PowerPoint の発表者ツールは、Office 2013 以降、PC をプロジェクターに接続して、スライドショーを開始すれば、自動的に利用できるようになっています。

PC をプロジェクターに接続して、スライドショーを開始

上記画像の場合、左側がプロジェクターに映っている画面、そして、右側が発表者ツールです

発表者ツールの画面

「発表者ツール」には、PowerPoint の「ノート」に書き込んだメモが表示されます。

PowerPoint 2016でメモを見ながら発表したい

また、ツールも用意されています。Office 365 だと字幕も表示できます。

発表者ツールで使えるツール

PowerPoint のリアルタイム字幕機能

Teams での会議で PowerPoint のスライドを使いたい場合、一般的には、会議中に表示されるバーの「共有」ボタンを押します。

Teams で会議中

これで、「共有トレイ」が開きます。「共有トレイ」内には、「デスクトップ画面」と現在表示されているウインドウ、そして、「PowerPoint」にSharePoint や OneDrive for Business 内に保存されている PowerPoint のファイル、Whiteboard が表示されます。

通常は、「PowerPoint」内に表示されるファイルを選択します。

「共有トレイ」内
※利用したい PowerPoint ファイルが表示されていない場合は、「参照」から見つけます。

これで、Teams にPowerPoint のスライドが表示されます。しかし、「発表者ツール」は、表示されません。Teams でできるのは、スライドを進めると戻すだけです。

一般的なスライド表示

そうしたところ、Teams で発表者ツールを使う方法を @hrfmjp さんが見つけてくださいました。(ありがとうございます!

Microsoft Teams の Web 会議でプレゼンするときでも PowerPoint の発表者ツールを使いたい | idea.toString();

使いたい PowerPoint ファイルを起動し、そのウィンドウを共有します。次のようにしてみてください。

  1. PowerPoint ファイルを起動
  2. Teams の会議中に表示されるバーの「共有」ボタンを押します。
  3. 「ウインドウ」内にあるPowerPointを選択
  4. PowerPoint のウィンドウが共有されます。
    Teams で PowerPoint ウインドウを共有したところ
  5. スライドショーを開始します。
  6. スライドショーが始まったら、画面左下に薄っすらツールが表示されます。この中の「・・・」を押します。
    スライドショーを開始すると表示されるツール
    ※右下にツールボタンが表示されない場合は、スライドショーの画面を右クリックしてみてください。
  7. 表示されたメニューから「発表者ツールを表示」を選択
    「・・・」を押したところ
  8. 「発表者ツール」が表示されます。
    「発表者ツール」
  9. 発表者ツールを使って、会議を進めます。レーザーポインターや「すべてのスライドを表示」なども使えます。

さて、会議の参加者側は、どう見えているか?です。発表者ツールではなく、ちゃんとスライドの方で共有されています。

Teams 会議の参加者側

発表者が「すべてのスライド」を表示させていても、参加者側には見えません。ただし、発表者は、発表者ツールとTeams の画面の両方を見ることができません。発表者ツールから Teams の画面に切り替える必要があります。特にチャットでコメントを寄せられても、確認しづらいので、「質問は後から受ける」としておいた方がいいでしょう。

発表者ツールを使い慣れてしまっていると、発表者ツールを使わずにプレゼンテーションするのは、難しい・・・と思っていたのでした。

2020年4月15日

Teams の「メンバー」と「ゲスト」の違い

会社で無料版の Teams を使い始めました。私が管理者です。一つ「チーム」を作成し、「ユーザーを追加」を押して、相手のメールアドレスを入力しました。そうしたところ、「メンバーとして追加する」と「ゲストとして追加する」を選択するよう促されました。メンバーとゲストは、どう違うのでしょう?

次のように作業したのだと思います。

  1. Microsoft Teams で「チーム」を作成します。
    「チーム」の作成方法は、無料の Teams でのオンライン会議開催と招待方法を参考にしてください。
  2. 「チーム」を作成した人が「ユーザーの追加」を押します。
    「チーム」
    画面に「メンバーの追加」が見当たらない場合は、「・・・」を押して、表示されたメニューから「メンバーを追加」を選択します。
    「チーム」で「メンバーを追加」
  3. 「メンバーを追加」画面が表示されるので、「チーム」に加えたい人のメールアドレス(Gmail は避けた方が無難)を入力します。
    「メンバーを追加」画面

通常版(有料版) Teams の場合、同じドメイン(@マークの右側)の人のメールアドレスを入力すると、自動的に「メンバー」としてチームに加われます。違うドメイン(@マークの右側)が違うメールアドレスを入力すると、ゲストとして「チーム」に加われます。

無料版の Teams の場合、参加者のドメイン(@マークの右側)は、統一されていません。このため、まだ、ご自身の Teams に参加していない人のメールアドレスを入力するとその人をあなたの作った Teams の「メンバー」として迎えるのか、個別に作った「チーム」での「ゲスト」として迎えるのか選択できます。

「メンバーを追加」でメールアドレスを入力

「メンバー」と「ゲスト」では、Teams で利用できる機能に違いがあります。

参考:ゲストのエクスペリエンスについて - Microsoft Teams | Microsoft Docs

また、「メンバー」や「ゲスト」として招待する際、招待者は、自分のメールアドレスでサインインするわけですが、必ず Microsoft の Web メール(@outlook.jpや@outlook.com、@hotmail.comなど)や既に Microsoft Teams が使えている法人用 Office 365 のメールアドレスにしてください。Microsoft 以外のサービスが使える Web メール(Google の Gmail や Yahoo メール、Apple の iCloudメール)やプロバイダからもらったメールアドレス(@Nifty や So-net、OCNなど)は、Microsoft アカウントにしてあっても、Teams でサインインする際は、エラーが発生することがあります。Microsoft の Web メールを持っていない場合は、新たに取得してから、招待してもらってください。

無料版 Teams でチャットをしたい

無料版の Teams の設定ができました。とある人と1対1のビデオ会議をしようと思っています。相手は、既に Teams を導入しているとのことです。そこで、ビデオ会議を開始しようと思い、チャットを開いて相手の名前やメールアドレスを入力してみました。しかし、「一致するものが見つかりません」と表示され相手がみつかりません。こんな場合、どうすると相手がみつかるのでしょう?

無料版 Teams のセットアップ方法は、下記ページで紹介しました。

無料版の Teams を使いたい

チャットをしようと、「人、キーワードの検索、またはコマンドの入力」とある検索バーに、既に Teams を使っている相手の名前やメールアドレスなどを入力してみます。

Teams 上部の検索バー

しかし、「一致するものが見つかりませんでした。」と表示されます。

メールアドレスで検索してみた

それは、よその Teams のメンバーだからです。

Microsoft Teams は、Skype と違い、セットアップが完了してもすぐにいろいろな人と連絡できるわけではありません。Microsoft Teams は、会社や学校、仲間同士といった組織で、複数の人を招待してから使うコミュニケーションツールです。よって、無料版 Teams をセットアップ完了後は、自分しかメンバーがいません。そこで、同じ所属のメンバーを集めないと適切に使えません。

自分の Teams 内でチャットをしたい場合、まず、その人を自分の Teams のメンバーもしくはゲストになってもらう必要があります。

イメージとしては下記画像のような感じです。「総務」と「企画」そして「営業」で別 Teams を利用しています。「企画」のメンバーが「総務」のメンバーにチャットや通話はできません。しかし、「営業」のメンバーを「企画」のメンバーやゲストに迎えれば、チャットや通話ができるようになります。

Teams のイメージ

「Microsoft Teams」がいろいろな所で紹介されています。よって、「会議を開くには、Teams が必要!」と思い込んでいる人が多いようです。会社や学校など、相手が Teams を使っていて、Teams でのコミュニケーションを望んでいる場合は、Teams が有効です。しかし、一緒に活動できるメンバーがいないのに、一人で Teams を始めるのはあまりよいものではありません。既にできるいる Teams のメンバーに入れてもらえるのでしたら、頼んでみましょう。

また、友人知人など、Microsoft アカウントを持っている方とチャットや音声通話、ビデオ通話をしたいという場合は、Skype で会議を開催した方が簡単です。Skype の「Meet Now」なら、Microsoft アカウントを持っていなくても、ワンクリックで会議が開催できます。相手には、会議参加用 URLを知らせるだけです。

さて、自分の Teams への招待は、次のようにします。

「チャット」や「チーム」を開くと、下部に「ユーザーを招待」が見つかります。

Teams で「チャット」を開いた

自分の Teams へ招待する方法が表示されます。相手に適した方法を選択して、招待状を送信します。

「組織への参加にユーザーを招待する」画面

相手に送信した Teams の招待状は、こんな感じで届きます。

Teams の招待状メール

管理者名 (管理者のメールアドレス) has invited you to join the 管理者の組織名 org in Microsoft Teams! Join now and start collaborating with your teammates.
訳:管理者名は、Microsoft Teams で 管理者の組織名 に参加するようあなたを招待しました!今すぐ参加して、チームメイトとのコラボレーションを開始しましょう。

招待状内の「Join Teams」を押すと、ブラウザが起動して、Teams に参加できるようになっています。

招待した相手が自分の Teams の参加を認証すると、チャットができるようになります。

Teams に招待した相手とチャット中

2020年4月13日

Teams の会議参加前にデバイスの設定をしたい

Teams の利用を始めました。会議の参加前にマイクをオフにすることや背景をぼかすには、どうするといいのでしょう?Skype での会議では、できるのですが・・・

Skype の会議(Meet Now)を開催する際は、こんな感じの画面です。

Skype の「会議」開始画面

画面上にカメラとマイクの「オン/オフ」スイッチがあり、カメラがオンになっていれば「背景をぼかす」も「オン/オフ」可能です。

image

Microsoft Teams アプリも会議参加前にこんな感じで表示できます。

Temas の「今すぐ会議」

なお、2020年4月14日より「背景をぼかす」を選択すると、背景をぼかすだけでなく、自由な画像に変更できるようになりました。

「背景をぼかす」を有効にすると「背景の設定」が表示

※2020年4月23日 追記:Skype の会議(Meet Now)のでもデスクトップ版でならできるようになりました。Skype のビデオ通話で背景の画像を指定

さて、Teams で上記の画面をだせるのは、会議を時間指定で予約した場合や「今すぐ会議」のボタンを押した場合です。

Teams の「予定表」

もしくは、会議に参加するよう招待された場合です。なお、「背景をぼかす」は、表示されない場合もあります。Web からや無料版 Teams、ゲストで 参加した場合は、下記画面のように表示されませんでした。

カメラとマイクの「オン/オフ」しかない

そこで、会議に参加すると表示されるバーで、マイクやカメラの「オン/オフ」を切り替えられるよういになっています。「背景をぼかす」は、「・・・(その他の操作)」を押すと表示されるメニューの「背景効果を表示する」がそうです。

image
※画像は、無料版 Teams アカウントで会議に参加した場合です。有料版 Teams アカウントでは、表示される項目が違います。

会議で複数の人が喋る場合、スピーカーから音声をながすのではなく、イヤフォンを使いましょう。スピーカーから音声が流れるとマイクが他の人の声を拾ってしまい、声が回って聞こえてしまいます。

なお、「・・・(その他の操作)」内に「背景効果を表示する」が表示されない場合は、できません。

参考:Teams 会議中に背景をぼかす - Office サポート

2020年7月3日 追記:
2020年6月中旬ごろから、「背景の設定」に「+新規追加」が表示されるようになりました。これにより、自分の好みの背景画像を追加して、選択できるようになりました。

Teams 「背景の設定」

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ