お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の記事

2020年1月18日

「世の中は不思議なことだらけ」のイメージキャラクター変更

Microsoft からの Windows 7 の延長サポートが2020年1月14日で終了しました。

「お使いの Windows 7 PC はサポート対象外になっています」と表示

このブログのイメージキャラクターは「まどの ななみ」と申します。Windows を勝手に応援しているこのブログの Windows 7 のイメージキャラクターです。

まどの ななみ

我が家の Windows のイメージキャラクターは、Vista の頃からあります。中には、私のプロフィールアイコンに使っているものもあります。

歴代のまどのファミリー

本家の窓辺ななみさんも卒業されました。

まどのななみ も卒業いたします。長い間、かわいがってくださいまして、ありがとうございました。

とはいえ、何のイメージキャラクターもいないもの寂しいので、今後は、Windows 10 のイメージキャラクター「まどの てん」に引き継がせます。「まどの てん」は、ホンドテンをモチーフに作成しました。

まどの てん

ファビコンは、ココログの公式がまだ利用できないので、管理ページの記事投稿ページから「ファイルの挿入」を使ってアップロードし直せばいいことがわかりました。まだ、従来のななみが表示されるかもしれませんが、徐々に切り替わることでしょう。

ファビコンが「まどの てん」

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年1月12日

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その6)

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その5)の続き。2019年3月19日にココログがリニューアルされてから、まだ、Open Live Writer での不具合は続いています。私が気になっている不具合は、下記の通り。

  • Open Live Writer で「カテゴリ」を設定しても、投稿するとカテゴリは、反映されていない
  • 投稿後のページで、コメントが付けられるようになっていない
  • 投稿後、画像再編集して再投稿すると、画像が非表示になる

Open Live Writer を使わずに管理ページから投稿すれば、これらの不具合は発生しません。そこで、管理ページで編集できないものかと開いてみるのですが、Open Live Writer で投稿した記事を管理ページ上から開いてみると、本文が見えません。

記事管理画面(リッチテキスト)

しかし、「リッチテキスト」から「通常エディタ」に切り替えると、ちゃんとタグが見えて、記事が書き込まれていることを確認できます。

「通常エディタ」に切り替え

これが何とかならないものかと思い、いろいろ見てみました。管理ページ上の記事投稿ページをスクロールさせると「記事の詳細設定」というのがあります。

記事の詳細設定

「コメント」は、ここで「受け付けない」に設定されていました。これを「受け付ける」に変更。

コミュニケーションの「コメント」

そして、もう一つ!Open Live Writer で投稿したページでは、「編集機能」の「改行HTMLタグ変換」に何も設定されていませんでした。管理ページから投稿した場合は、「変換する」になっています。そこで、Open Live Writer で投稿したページでも「変換する」にしてみました。

「編集機能」の「改行HTMLタグ変換」

これで、「通常エディタ」から「リッチテキスト」に変更してみると・・・

本文が見えるようになりました!

リッチテキストで本文表示

これで、カテゴリの設定後、保存もできます。

なお、画像は、「画像の挿入」を押すと表示される画面の「画像を削除したい方はこちら」を押して、表示されたページから該当画像を削除します。

「画像の挿入」を押すと表示される画面

その後、再度画像を掲載し直すといいようです。

ちょっと面倒ですが、しばらく、こんな感じで対応してみます。

2019年4月26日

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その5)

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その4)の続き。あれから、情報が入りました。Windows 10 ストアアプリ版 Open Live Writer では、不具合が発生するとのこと。ココログのカテゴリが表示されない問題もデスクトップ版では大丈夫とのことです。

すっかり忘れていましたが、私は、ストアアプリ版 Open Live Writer を使っていました。そこで、ストアアプリ版をアンインストール。デスクトップ版 Open Live Writer をダウンロードしてインストール。セットアップして確認してみると・・・

「Set categories」を押してみると、ココログに設定してあったカテゴリが一覧表示されました!

「Set categories」を押してみた

カテゴリが設定できます。さて、このまま投稿すると、記事にカテゴリが設定されているでしょうか?!

残念ながら、カテゴリは表示されませんでした。関連カテゴリページにも追加表示されません。

image

ただし、ココログのアカウントによっては、Open Live Writer のセットアップ中に「Select blog type」が表示される場合があります。この「Select blog type」が表示されてしまうと、カテゴリがやはり拾えませんでした。

やはり、いろいろまだですね。

2019年5月2日 追記:
Open Live Writer のセットアップ中に「Select blog type」が表示された場合は、「Type of blog that you are using:」欄を「Movable Type API」にてみてください。これだと、カテゴリを拾います。この部分、公式からはどう設定するといいのか情報がまだありません。最初「Metaweblog API」としていましたが、これだと「カテゴリ」を拾いませんとはいえ、Open Live Writerでカテゴリを設定してもWeb上には反映されませんが。

2020年1月12日 追記:
Open Live Writer から投稿したページにカテゴリを設定する方法がわかりました。詳細は、ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その6)でどうぞ。

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その4)

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その3)の続き。Open Live Writer で画像を挿入しての投稿ができるようになりました。しかし、カテゴリが設定できません。Open Live Writer でカテゴリを設定しようとすると下記のようにエラーになります。

Blog Post Web Address Not Found

そこで、管理ページからカテゴリを設定できるようにならないか確認してみました。Web 上から該当記事を開いてみるとこんな感じ。「本文」は、まったく何も見えません。

記事管理画面(リッチテキスト)

しかし、「リッチテキスト」から「通常エディタ」に切り替えると、ちゃんと記事が書き込まれていることを確認できます。

「通常エディタ」に切り替え

タグやカテゴリを追加して、「保存」ボタンを押してみます。しかし、「エラー」と表示され、保存できませんでした。

「保存」ボタンを押したらエラーになった

まだまだですね。

2019年4月26日 13:18 追記:

この続きは、ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その5)でどうぞ。

2019年5月2日 追記:
Open Live Writer のセットアップ中に「Select blog type」が表示された場合は、「Type of blog that you are using:」欄を「Movable Type API」にてみてください。これだと、カテゴリを拾います。この部分、公式からはどう設定するといいのか情報がまだありません。最初「Metaweblog API」としていましたが、これだと「カテゴリ」を拾いませんとはいえ、Open Live Writerでカテゴリを設定してもWeb上には反映されませんが。

2019年4月25日

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その3)

2019年4月16日の ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿(その2)の続き。

ココログ公式サポートより下記の情報が出ました。

(復旧)Open Live Writerを利用するとブログの画像が表示されない より

Open Live Writerを利用した場合にブログの画像が表示されない不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。

Open Live Writer を使って確認してみました。公式ページのコメント部分を画像化して貼り付けてみます。

(復旧)Open Live Writerを利用するとブログの画像が表示されない

画像がちゃんと表示されますね!

後は、Open Live Writer でカテゴリが設定できるといいのですけど。

2019年4月26日 追記:
この続きは、ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その4)でどうぞ。

2019年5月2日 追記:
Open Live Writer のセットアップ中に「Select blog type」が表示された場合は、「Type of blog that you are using:」欄を「Movable Type API」にてみてください。これだと、カテゴリを拾います。この部分、公式からはどう設定するといいのか情報がまだありません。最初「Metaweblog API」としていましたが、これだと「カテゴリ」を拾いませんとはいえ、Open Live Writerでカテゴリを設定してもWeb上には反映されませんが。

2019年4月16日

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿(その2)

2019年3月20日の ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 の続き。

Open Live Writer からでも画像を挿入して投稿できるようになりました!しかし、まだ、カテゴリが設定できません。カテゴリを設定しようと更新マークを押すと下記のようなエラーメッセージが表示されます。

Blog Post Web Address Not Found

画像が投稿できませんでした。もう一つのココログのブログ「ブログ版 視覚障碍者へのIT支援方法」の方では画像を入れての投稿ができたのですけどねぇ。Test02

このエラーメッセージには次のように書いてあります。

Blog Post Web Address Not Found
The post web address for the blog was not found:http://app.cocolog-nifty.com/t/api The remote server returned an error:(404) Not Found.
訳:ブログ投稿 Web アドレスが見つかりません
ブログの投稿 web アドレスが見つかりませんでした: http://app.cocolog-nifty.com/t/api リモートサーバーからエラー:(404) が返されました。

カテゴリのリンク先が間違っているのでしょう。そこで、記事をOpen Live Writerで投稿後、Web 上の管理画面にサインインして、記事にカテゴリを設定し、「保存」ボタンを押してみました。

すると、「エラー」と表示されて保存できませんでした。その前に「リッチテキスト」だと、真っ白で何も表示されません。「通常エディタ」に切り替えるとタグが見えるわけですが、何だか妙な感じになっています。

Open Live Writer では、まだ無理ですね。

2019年4月25日 追記:
この続きは、ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿 (その3)でどうぞ。

2019年3月20日

ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿

ココログがリニューアルしました。管理ページへのアクセスは、リニュアル前 https://app.cocolog-nifty.com/t/app でした。しかし、下記URLに変更されています。

https://www.cocolog-nifty.com/t/sso/start

ブラウザの「お気に入り」に登録してある場合は、修正しておきましょう。

さて、管理ページもいろいろ変わってしまいました。私は、ココログに記事を投稿するのに、Web ページは使わず、Windows 10 のストアアプリである Open Live Writer を使っています。コマンドは、すべて英語表記なのですが、ワープロ感覚で操作できるので、便利に使っています。しかし、ココログリニューアル後は、Open Live Writer から全く投稿できなくなっていました。

そこで、ココログの管理画面を丹念に見ていくと、「XML-RPC設定」というのが見つかりました。「XML-RPC設定」には、「外部ツールを使用した投稿の設定を行うことができます」と書いてありました。

リニューアル前は、自分のブログのURLとココログにログインする ID、パスワードで Open Live Writer のセットアップができました。しかし、リニューアル後は、「XML-RPC設定」にある情報が必要であることがわかりました。

まず、「XML-RPC設定」は、次のようにしてアクセスします。

  1. ココログ管理ページにログインします。
  2. ページ右上にある「コントロールパネル」を選択
  3. 「コントロールパネルメニュー」が開くので「サイトアクセス」にある「XML-RPC設定」を選択

「XML-RPC設定」には、次の項目が表示されています。

XML-RPCエンドポイントURL https://app.cocolog-nifty.com/t/api
XML-RPC用ID ご自身のID
XML-RPCパスワード発行 「発行する」ボタンを押すと表示されます

※2019年9月、管理画面がhttpsに対応しました。

Open Live Writer には、これらの情報が必要です。なお、「XML-RPCエンドポイントURL」は、ココログのユーザー共通ですが、XML-RPC用IDとパスワードは固有の物です。よそ様に知られてしまわないようご注意ください。

「XML-RPC設定」を確認できたら、Open Live Writer でセットアップします。なお、Windows Live Writer も似たような感じでしょう。

  1. Open Live Writer を起動
  2. 「ファイル」-「Options」と進みます。
  3. 左側から「Accounts」を選択
  4. 既に登録してあるココログのアカウントを選択し、「Remove...」ボタンを押して削除します。
  5. 「Add」ボタンを押します。
  6. 「What blog service do you use?」で、「Other service」にチェックをつけ、「Next」ボタンを押します。
  7. 「Web address of your blog:」欄にご自身のココログのURLを入力。
  8. 「User name」に「XML-RPC用ID」を入力
  9. 「Password:」に「XML-RPCパスワード」を入力
  10. 「Remember my password」にチェックをつけて、「Next」ボタンを押します。
  11. 「Select blog type」が表示されます。「Type of blog that you are using:」欄を「Movable Type API」にします。
    ※2019年5月2日修正:この部分、公式からはどう設定するといいのか情報がまだありません。最初「Metaweblog API」としていましたが、これだと「カテゴリ」を拾いません。「Movable Type API」にしてみたところカテゴリが表示されるようになりました。とはいえ、Open Live Writerでカテゴリを設定してもWeb上には反映されませんが。
  12. 「Remote posting web address for your blog:」に「XML-RPCエンドポイントURL」である「https://app.cocolog-nifty.com/t/api」と入力し、「Next」ボタンを押します。
  13. セットアップが始まります。
  14. 途中、テーマを反映するかどうか聞かれますので、「Yes」か「No」を押します。
  15. 「Your blog has been set up」と表示されたら完了です。「Blog nickname」がご自身のブログ名であることを確認し「Finish」ボタンを押します。
  16. 「Options」を「OK」ボタンで閉じます。

以上で、セットアップ完了です。記事を書いたら「Home」タブにある「Publish」を押せば、投稿できます。しかし、Open Live Writer からでは、「カテゴリ」を設定できませんでした。

2019年3月23日 追記:
ココログに記事を投稿して確認してみています。Open Live Writer からは、記事をアップできても画像が全く表示されません。Web 上で書いた記事であれば、画像が表示できます。Open Live Writer で記事を書いてアップロードし、画像だけを Web 上から編集で挿入してみました。しかし、エラーになり保存ができませんでした。

そこで、Open Live Writer で書式を設定して記事を書くだけにします。アップロードは、Web 上でOpen Live Writer に書いた本文をコピペで貼り付けます。画像もWeb上からアップロードし挿入しました。これならば、Web 上で保存可能でした。「カテゴリ」も設定可能です。

2019年4月5日 追記:
記事中にタグを挿入したい場合、Web 上からだと「通常エディタ」に切り替えて挿入します。ただし、「保存する」を押した後、再編集するために再度「通常エディタ」を開くとタグが壊れます。タグの部分は、編集するたびに貼り付け直さなければなりません。タグの挿入に関しては、Open Live Writer からだと壊れないので楽です。しかし、Open Live Writer だと画像を挿入できませんし、カテゴリの設定もまだできませんので、困っています。

2019年4月16日 追記:
再度、Open Live Writer での投稿に挑戦してみました。ココログのリニューアル後に Open Live Writer で投稿(その2)でどうぞ。

2018年1月18日

「ブログ版 視覚障碍者へのIT支援方法」を引っ越しました

長らく、http://simple-lifes.cocolog-nifty.com/lowvisions/ で運営していた「ブログ版 視覚障碍者へのIT支援方法」を引っ越ししました。新しい URL は下記の通りです。

https://snow-white.cocolog-nifty.com/itsupp/

お気づきかと思いますが、ここ「世の中は不思議なことだらけ」のサブフォルダーで運営してみています。

先のブログは、1996年ぐらいに取得した Nifty が「NIFTY-Serve」と呼ばれていた時代に取得したアカウントで始めたブログでした。どうも、古いタイプのアカウントでは、利用するサーバーも古いらしく、ここのようにうまく記事を編集できないのです。特に、Open Live Writer では、初期設定時の登録が複雑だったり、カテゴリが選択できなかったりと面倒でした。

そこで、「世の中は不思議なことだらけ」のプランを1つしか利用できない「ベーシック」から3つまでブログを運営できる「プラス」に変更して、引っ越しさせてみました。

やり方は、こんな感じです。

  1. ココログプラン変更ページで、プランを変更
  2. ココログ引っ越しツールページへアクセス
  3. 既に利用中なので、「今すぐ引っ越しの申請をする」ボタンを押す
  4. 引っ越し元と、引っ越し先の情報を入力して、「引っ越しの申請をする」ボタンを押す
  5. ココログのどのフォルダーに引っ越しさせるのか聞かれるので選択し、申請する。

以上で、ココログへ引っ越しの申請が申し込まれ、「ココログへの引っ越しの申請を受け付けました」というメールが届きます。しばらくすると、引っ越しが始まります。そして、引っ越しが完了すると「ココログへの引っ越し処理が完了しました」というメールが届きます。

引っ越し先で記事内に不備や不都合がないかどうか確認します。後は、引っ越したことを引っ越し元に記事を書いて公開します。

Open Live Writer では、ココログの Website address のドメインが同じになりますので、ちゃんと最後のフォルダー名まで記載して登録すると、別々のブログとして記事が投稿可能になります。

まだ、少々至らない部分があるので、編集作業をしないといけないようです。落ち着いたら、また、徐々に更新していきます。

2017年3月 7日

Word でブログの投稿のブログアカウント設定 【修正】

2016年12月11日に Word でブログの投稿のブログアカウント設定ができない を紹介しました。

Word 2016で、「ファイル」-「共有」-「ブログに投稿」から「ブログに投稿」ボタンを押して、「ブログアカウントの登録」画面を表示します。「新しいブログ アカウント」で「今すぐ登録」ボタンを押します。「新しいブログ アカウント」画面が表示されます。「ブログ プロバイダーの選択」を「その他」にして「次へ」ボタンを押します。すると、次の画面は、下記画像のようにグレー表示になっていて入力できませんでした。

「ブログ プロバイダーの選択」を「その他」

さて、先日、Office に更新プログラムが配信されまして、2017年3月7日現在、バージョン 1701 (ビルド 7766.2060)になりました。

「製品情報」より バージョン 1701 (ビルド 7766.2060)

この環境で確認してみたところ、入力が可能になりました。

入力が可能になった「新しいアカウント」

試しに、ココログで設定してみました。登録方法は、次の通りです。

API Metaweblog
ブログ投稿先のURL https://app.cocolog-nifty.com/t/api
ユーザー名 @nifty ID
パスワード @nifty IDのパスワード

ちゃんと、投稿用の画面に切り替わりました。

image

試しに「発行」ボタンを押して、投稿してみます。ちゃんと、投稿できました。

image

よかった、よかった。

2017年2月16日

Bing 翻訳 ウィジェットの仕様変更

自分のブログやWebサイトを翻訳してくれるツールとして Bing 翻訳 ウィジェット があります。

ここ最近、古いタイプの翻訳 ウィジェットを使っていると、自動的に「Translate this page?」(このページを翻訳する?)と、上部に表示されるようになりました。

Bimg Translator のバー

これは、こんなタイプのBing 翻訳 ウィジェットを使っている Web ページです。

旧タイプの Bing 翻訳 ウィジェット

2017年2月現在は、このタイプのBing 翻訳 ウィジェットの配信は終わっています。現在は、Bing 翻訳 ウィジェット で下記のようなタイプのコードが入手可能です。

2017年2月現在の Bing 翻訳 ウィジェット

このブログでも、2017年2月現在のタイプで設置してあります。

次のようにしてコードを入手します。

  1. Bing 翻訳 ウィジェット へアクセス
  2. 「カスタマイズ」で設置する「Webサイトの言語」を選択。
    「自動検出」で大丈夫でしょう。
  3. 「翻訳するタイミング」を選択。「手動」と「自動」があります。
    このページでは、「手動」にしてあります。
    Bing 翻訳 ウィジェット 「翻訳の設定」
  4. 「続行」ボタンを押します。
  5. 「色の選択」が表示されます。「濃色」と「明色」があります。
    このページでは、「濃色」を使っています。
    Bing 翻訳 ウィジェット 「色を選択」
  6. 上部に表示されているコードをコピーして、Web ページのHTML編集で任意の場所に貼り付けます。

表示されている「TRANSLATE」ボタンを押すと翻訳してくれます。

Bing 翻訳 ウィジェット で翻訳中

翻訳言語は、下向きの三角ボタンで変更できるようになっています。

さて、こうやっていったん翻訳してもらいます。そして、次に同じ Web ページを開くと、自動的に翻訳されてしまうのに気がつきました。この現象が起きるのが、Internet Explorer。Microsoft Edge や Firefox、Google Chromeでは自動翻訳されません。どうも、IEのキャッシュを保存するのか、同じページを開くと「翻訳する必要あり」とみなし、自動的に翻訳してしまう模様です。

うっかり翻訳してしまって、毎回翻訳されるのがうっとうしい場合は、IEの「ツール」(歯車マーク)-「セーフティ」-「閲覧履歴の削除」を使って、「インターネット一時ファイルおよび Web サイトのファイル」と「クッキーと Web サイト データ」を削除してみてください。

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ