Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows 10 Ver.2004 が配信されてこない | トップページ | Surface Go2 を購入 »

2020年9月23日

Office 2016 で「Microsoft 365 を試す」が表示される

Office 2016 搭載機を使っています。Word や Excel などを起動させると、上部に「Microsoft 365 を試す」という黄色いバーが表示されるようになりました。無料試用できるようですが、最終的には、購入するのですよね。どうして、こんな表示がでるのでしょうか?表示されないようにできますか?

Microsoft の製品には、サポート期限があります。Office 2016 の「メインストリーム サポート」と言われる主要サポートが2020年10月13日で終了します。

参考:製品のライフサイクルの検索

そのため、そろそろ、最新の Office 製品に乗り換えを勧める通知です。

例えば、2020年10月13日から、Office 365 (および Microsoft 365) サービスへの接続は、Office 2016 以上のバージョンのみがサポートされます。既にメインストリームサポートが終了している Office 2013 以下の古い Office クライアントはサポートされません。

参考:Office のバージョンと Office 365 サービスへの接続 - Deploy Office | Microsoft Docs

黄色いバーの表示自体は、[ファイル] > [オプション] > [トラストセンター] > [トラストセンターの設定] > [メッセージバー] > [ポリシーヒントをメッセージバーに表示します。これをオフにすると、組織で必要とされる場合を除いて、ポリシーヒントはすべて無効になります。] のチェックを外すと表示されないようにできるとのことです。

参考:エクセル 「MICROSOFT 365を試す」を出ないようにしたい - マイクロソフト コミュニティ

Office 2016 の延長サポートは、2025年10月14日まであります。それまで、使い続けることはできます。しかし、徐々に不具合や不都合が発生しやすくもなります。

« Windows 10 Ver.2004 が配信されてこない | トップページ | Surface Go2 を購入 »

MS Office」カテゴリの記事

Word」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

PowerPoint」カテゴリの記事

Office Outlook」カテゴリの記事

Microsoft 365 Personal」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 Ver.2004 が配信されてこない | トップページ | Surface Go2 を購入 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ