Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年7月

2020年7月27日

Microsoft Teams(無料版)を新しく立ち上げたい

とある組織で Teams のメンバーとして参加しています。自分も Teams の管理者として新しい組織を立ち上げようと思っています。アカウントは、先に参加している Teams と同じメールアドレスを使いたいのです。この場合は、どうするといいのでしょう?

下記ページから「無料でサインアップ」を使って、セットアップを開始してください。

※サインインすると、元から参加している組織になってしまいます。元の組織へサインインしてしまう場合は、Edge などで「InPrivate」ウインドウで開いてから作業するといいでしょう。

Microsoft Teams | リモート ワークのためのコラボレーション ツール

メールアドレスを入力すると、「Teams をどのように使用しますか?」と表示されますので、「仕事と組織向け」を選択して「次に」進みます。

Teams をどのように使用しますか?

ただし、独自ドメインでの無料版 Teams の利用は、不具合が起こりやすいので、あまりお勧めできません。できれば、新規 Microsoft アカウントを取得する際に 「新しいメール アドレスを取得」を選択して、@outlook.jp や @outlook.com といったドメインのメールアドレスを新規取得してから無料版 Teams をセットアップすることをお勧めします。

参考:無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

セットアップが完了してから、改めて Teams アプリやブラウザからサインインすると、「Teams へようこそ」画面が表示されます。

「Teams へようこそ」画面

ここの「Teams 組織を選択」で、利用したい Teams の組織が選択できるようになります。これで、元から参加している組織やゲストとして参加している組織、そして、今回追加した自分の管理している組織と切り替えが可能です。

「Teams 組織を選択」を開いてみた

サインイン中の場合は、右上に表示されている自分のアイコンの左側に現在サインイン中の組織が表示されていることでしょう。下向きのボタンを押すことで、組織を切り替えることができます。

Teams 右上の下向きボタンを押したところ

2020年7月24日

Surface のモニターをマルチディスプレイ化したい

Surface Pro (2017)を持っています。最新の Surface を買ってみようと思っています。そこで、どちらかのモニター画面をマルチディスプレイのように使えたらいいな、と思っています。こんな場合、どうするといいのでしょうか?

Surface に搭載されているモニター用のポートは、出力専用です。外部モニターとして利用できません。しかし、Windows 10 であれば、無線LANを使って「ワイヤレス ディスプレイ」として接続すると、マルチディスプレイ化できます。

この機能は、2016年8月の「Anniversary Update」で追加されていますので、無線LANが利用できる最新の Windows 10 PCであれば、大丈夫でしょう。

サブモニターにしたい PC

「設定」-「システム」-「この PC へのプロジェクション」を開きます。

「設定」-「システム」-「この PC へのプロジェクション」

「この PC へのプロジェクション」で「一部の Windows と Android デバイスは、[OK] といった場合にこの PC に映すことができます」を「どこでも使える」に変更します。

一部の Windows と Android デバイスは、[OK] といった場合にこの PC に映すことができます

※「この PC へのプロジェクション」がグレー表示になっている PC は、未対応です。ワイヤレス ディスプレイとして、利用できません。

メインモニターにしたい PC

Win+P キー押し、表示されたメニューの 「ワイヤレス ディスプレイに接続する」を押します。

Win+P キーを押すと表示されるメニュー

サブモニターにしたい PC のデバイス名を選択。

ワイヤレス ディスプレイのメニュー画面

サブモニターにしたいPCに通知が表示されるので承諾すると、別の PC がサブモニターとして使えるようになります。

Win+P で「拡張」を選択すれば、マルチディスプレイとして利用可能です。また、マウスポインターは「ワイヤレス ディスプレイ」のメニューで「このデバイスからのマウス、キーボード、タッチ、ペン入力を許可する」にチェックが付いていると利用可能です。

接続中のワイヤレス ディスプレイのメニュー画面

我が家の Windows 10 Pro Ver2019 の Surface Pro3 と Surface Pro 間で設定してみたところ、利用できました。昔は、割と遅延があったのですが、今は、スムーズです。

接続中の「ワイヤレス ディスプレイ」のメニュー画面で「切断」を押すと、解除できます。

2020年8月29日 追記:
Windows 10 Ver.2004 からは、「接続」アプリが非搭載のため、「この PC へのプロジェクション」が利用できません。そこで「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「オプション機能」を押します。開いた「オプション機能」の画面で「昨日の追加」を押して、「ワイヤレス ディスプレイ」機能を追加してみてください。
参考:Windows 10 - 削除された機能 - Windows Deployment | Microsoft Docs

2020年7月11日

Windows 10 「バックアップ オプションを選択する準備ができましたか?」と通知

2020年6月26日に Windows 10 で「バックアップの設定」と通知される 【Ver.2004】を紹介しました。

Windows 10 Ver.2004 に今度は、「バックアップ オプションを選択する準備ができましたか?」という通知が表示されました。

バックアップ オプションを選択する準備ができましたか?

バックアップ オプションを選択する準備ができましたか?
バックアップを作成して、画像やドキュメントを保護します。お使いのデバイスには、ファイルを安全に保つための組み込みの方法が用意されています。

今回は、通知自体を押してみたところ、「設定」-「更新とセキュリティ」-「バックアップ」が表示されました。

「設定」-「更新とセキュリティ」-「バックアップ」

確かに、この Windows 10 では、OneDrive で「デスクトップ」と「ドキュメント」、そして「ピクチャ」フォルダーの同期をしてありますが、Windows 標準の「バックアップ」を使っていません。

「この通知は不要」と感じる場合は、「設定」-「システム」-「通地とアクション」の「送信元ごとの通知と受信設定」にある「バックアップの設定」を「オフ」にしておくといいでしょう。

「設定」-「システム」-「通地とアクション」

2020年7月 1日

Windows 10 の「新たに開始」は?

Windows 10 を使っています。「Windows セキュリティ」の「デバイスのパフォーマンスと正常性」にある「新たに開始」の「追加情報」を押してみました。Ver1909 までは、「新たに開始」画面が開いてWindows 10のクリーンインストールができました。 ところは、Ver.2004 では、ブラウザが起動して「Windows セキュリティでデバイスとパフォーマンスの正常性を追跡する」ページが開きます。  Ver.2004 以降は、「Windows セキュリティ」からクリーンインストールできなくなったのでしょうか?

「Windows セキュリティ」の「デバイスのパフォーマンスと正常性」の画面。「新たに開始」という項目があります。

「Windows セキュリティ」の「デバイスのパフォーマンスと正常性」

Ver.1909 までは、「新たに開始」の「追加情報」を押すと「新たに開始」画面に切り替わり、クリーンインストールできました。

「新たに開始」画面

ところが、Ver.2004 で「新たに開始」の「追加情報」を押すとブラウザが起動して「Windows セキュリティでデバイスとパフォーマンスの正常性を追跡する」ページが開きます。

さて、このページが2020年6月15日に更新され、「[新たに開始] を使用して Windows 10 のクリーン インストールを行う (バージョン 1909 以前)」のところに Ver.2004 向けの「注意」が追加されています。

[新たに開始] を使用して Windows 10 のクリーン インストールを行う (バージョン 1909 以前)

[新たに開始] を使用して Windows 10 のクリーン インストールを行う (バージョン 1909 以前)

注意
[新たに開始] は、2004 より前のバージョンの Windows 10 で利用できます。2004 以降のバージョンでは、[新たに開始] の機能は、[この PC を初期状態に戻す] に移行されています。PC を初期状態に戻すには、[スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [回復] > [この PC を初期状態に戻す] > [開始する] の順に選択します。次に、[個人用ファイルを保持する] を選択し、クラウドかローカルかを選択して、設定を変更してから、[Restore preinstalled apps?] (プレインストールされているアプリを復元しますか?)[いいえ] に設定します。

ということで、Windows 10 Ver.2004 以降から「Windows セキュリティ」の「デバイスのパフォーマンスと正常性」の「新たに開始」は、「設定」-「更新とセキュリティ」-「回復」にある「この PC を初期状態に戻す」の「開始する」ボタンを押してください。

Windows 10 Ver.2004 設定」-「更新とセキュリティ」-「回復」

「オプションを選択します」と表示されたら「個人用ファイルを保持する」を選択。

オプションを選択します

「Windows を再インストールする方法を選択します」で「クラウドからダウンロード」か「ローカル再インストール」のいずれかを選択。

Windows を再インストールする方法を選択します

「追加の設定」で「設定の変更」を押します。

image

ここで「プレインストールされているアプリを復元しますか?」があった場合は、 [いいえ] に設定します。 見当たらない場合は、「確認」ボタンを押すと元の画面に戻りますので「次へ」ボタンを押します。

「この PC をリセットする準備ができました」で「リセット」ボタンを押すとくりクリーンインストールできます。

「この PC をリセットする準備ができました」

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ