Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« SSL化(https://)したのに「セキュリティ保護なし」と表示される | トップページ | Windows 10 で「バックアップの設定」と通知される 【Ver.2004】 »

2020年6月14日

Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た

社内の IT 管理をしている部署にいます。社員から「Teams にサインインしたら”管理者に連絡するように”と表示された」という問い合わせがくるようになりました。こんな場合、社員にどう対応すればいいのでしょう?

企業専用のカスタムドメイン(@マーク右側 ○○○○.comの部分)のメールアドレスを持っているのでしょう。会社からもらったメールアドレスで Microsoft Teams に「サインイン」してみたのだと思われます。

「管理者に連絡するように」と表示される Teams のメッセージには、2020年6月14日現在、次のようなものがあります。

  • この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください
  • 誰かが既に組織に Teams をセットアップしています
  • 組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。
  • 組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

これに対して、どうするといいのかは、それぞれ違います。

この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約している場合は、「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されます。

image

この場合は、管理者が Microsoft 365 管理センターへ管理者権限でサインインし、次のことを確認します。

  • 組織内で Microsoft Teams の利用が有効になっているかどうか
    「設定」-「組織設定」で「Microsoft Teams」を選択し、「次のライセンスが割り当てられたユーザーに対して Teams を有効にする」でチェックが外れているユーザーだった場合はチェックをつけます。
    image
  • Teams にサインインする際に使ったユーザーアカウントであるメールアドレスに Microsoft Teams のライセンスが割り当てられているかどうか
    「ユーザー」-「アクティブなユーザー」で確認します。新規に作ったばかりのユーザーアカウントだと Teams のライセンスが割り当てられるまで時間がかかることがあります。しばらく待ってもらっても、上記メッセージが表示されるという場合は、そのユーザーの「アプリ」でいったん「Microsoft Teams」のライセンスの「オン/オフ」を切り替えて「変更の保存」を押し、どうなるか確認してもらいます。

なお、過去に法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)の契約をしていたが、サブスクリプションの契約が切れてしまっている場合も「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されることがあります。しかし、ライセンスが切れているので、有料版 Microsoft Teams のライセンスもありません。この場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインすると「管理者になりますか?」と表示されるとのことです。管理者になる設定をすると、カスタムドメインで無料版 Teams が利用できるとのことでした。ただし、「プライマリネームサーバーの登録が必要」と表示がされるとのことです。ドメインを取得したプロバイダに依頼して、メールサーバーにプライマリネームサーバーの登録をすると、Teamsのサインアップができるようになるとのことでした。

参考:Office 365 のサブスクリプション有効期限が過ぎていても、無料版 Teams を使用することは出来ませんか。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約していない場合、Microsoft Teams にサインインすると「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示されます。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

この場合は、企業のカスタムドメインのメールアドレスを使って無料版 Microsoft Teams のセットアップを誰かがしています。このメッセージ内には、「管理者に Teams を開始するよう依頼する」とありますが、無料版 Teams の管理者は、企業のドメインやIT部門の管理者とは限りません。また、社内のドメイン管理者や IT 管理者には、誰が無料版 Teams をセットアップしたのかわかりません。しかも、セットアップしているのが一人だけとも限りません。無料版 Teams は、セットアップをしたユーザーアカウントが「管理者」になれます。

過去に法人用の Microsoft 365 (旧 Office 365)と契約したことのない、法人用ドメインであれば、無料版 Teams の「セットアップ」ができます。「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」画面の右上にある「サインアウト」を押してサインアウトしてから Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア で「無料でサインアップ」を押してセットアップを開始してください。

参考:無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

社内の IT 管理部門では、Teams に関して問い合わせがあった場合、企業のカスタムドメインを使って Teams をセットアップしてもいいかどうか社内ルールを決めておくといいでしょう。

よく、「無料版 Teams をセットアップしてしまった社員が退職してしまった場合は、どうするといいのか?と」質問されます。社内の IT 管理部門は、その社員のメールアドレスを削除する以外は何もする必要ありません。無料版 Teams では、管理者の変更ができません。管理者がいなくなってしまった組織のメンバーやゲストが利用をやめればいいだけです。

なお、後から企業のカスタムドメインで Microsoft Teams が利用できる法人用 Microsoft 365と契約しても、無料版 Teams の組織は、削除されません。企業のドメインでサインインすると、「このメールは Microsoft の複数のアカウントで使用されています。どのアカウントを使用しますか?」と表示され「職場または学校アカウント」と「個人用アカウント」の選択ができます。「職場または学校アカウント」を選択すれば有料版 Teamsの組織でサインインできます。「個人用アカウント」を選択すれば、無料版 Teams の組織にサインインできます。

参考:Microsoft アカウントでサインインしようとすると「もう少し情報が必要です」と表示された

組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。

職場や学校などからもらったメールアドレスで無料版 Teams をセットアップしようとすると表示されます。現在、法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)を契約しているか、過去に使っていたのでしょう。このように表示されるメールアドレスの場合は、無料版 Teams のセットアップができません。Microsoft の Web メール(@outlook.com や @outlook.jp、@hotmail.com)を新規に取得してセットアップを開始してください。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

無料版 Teams から他の組織のゲストに招待された場合、Teams にサインインすると「Teams へようこそ!」の画面に「Teams の組織を選択」が表示されます。しかし、Teams アプリだと組織の切り替えがうまくできず「組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください」と表示される場合があります。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください
※実際には表示できなかったので、似たような感じで作ってみました。

この場合は、Windows デスクトップ版 Teams アプリからではなく、ブラウザでの Web 版やモバイルアプリ、もしくは、他のPCのでづくトップ版 Teams アプリからだと正しくアクセスできます。

解消方法は、次のように作業します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Teams アプリをアンインストールします。
  3. PC を再起動
  4. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

アプリのアンインストールと再インストールで解消しない場合は、次のようにしてキャッシュを削除します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Win+Rキーで表示される「ファイル名を指定して実行」に「%AppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  3. 「ファイル名を指定して実行」で「%LocalAppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  4. PC を再起動
  5. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

それでも、解消しなかった場合は、しばらく、正しくアクセスできる Web 版 Teams を利用します。

« SSL化(https://)したのに「セキュリティ保護なし」と表示される | トップページ | Windows 10 で「バックアップの設定」と通知される 【Ver.2004】 »

Teams」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SSL化(https://)したのに「セキュリティ保護なし」と表示される | トップページ | Windows 10 で「バックアップの設定」と通知される 【Ver.2004】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ