Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows 10 のサインイン画面に「PIN」しか表示されない【Ver.2004】 | トップページ | Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た »

2020年6月11日

SSL化(https://)したのに「セキュリティ保護なし」と表示される

Windows 10 を使っています。この度、新しい Microsoft Edge を使い始めました。そうしたところ、私のサイトのアドレスバーのところに「セキュリティ保護なし」と表示されているのに気がつきました。調べてみたところ、サイトのURLが「http://」だとそういう風に表示されるとのこと。しかし、私のサイトはSSL化にして「https://」です。これは、どういうことなのでしょう?

新しい Microsoft Edge で開くと、「セキュリティ保護なし」と表示されたのかと思います。

https なのに新しい Microsoft Edge で開くと「セキュリティ保護なし」と表示

Microsoft Edge Legacy だと小さい警告マークだったので、あまり気になりません。

https なのに Microsoft Edge Legacy  で開くと「セキュリティ保護なし」と表示されるが小さい
※このブログは修正したので、もう「セキュリティ保護なし」は表示されません。

しかし、新しい Microsoft Edge だとドーンと表示されるので、びっくりします。

SSL とは、Secure Sockets Layer の略で、インターネット上のウェブブラウザとウェブサーバ間でデータの通信を暗号化して送受信させる仕組みのことです。

参考:SSLとは?httpsとは?簡単説明|GMOグローバルサイン【公式】

SSL化していないサイトの URL は、先頭が「http://」です。Edge でアクセスするとアドレスバーに「http://」の部分は表示されず、警告マークが表示ます。

URLの先頭が「http://」で警告マーク

参考:Windows 10:Microsoft Edgeのアドレスバーで http:// が省略される

しかし、SSL化してあるサイトは、URLの先頭が「https://」と表示され鍵のマークがつきます。

URLの先頭が「https://」で鍵のマーク

ところが、URLの先頭が「https://」になっているのに、警告マークが付くサイトがあります。実は、このサイトにも警告マークが表示されていました。調べてみたところ、Web ページ内に「http://」のリンクが含まれていると「混在したコンテンツ」となりアドレスバーに警告マークが表示されます。

Microsoft Edge と混在したコンテンツのダウンロード | Microsoft Docs

このブログでは、リスト内にかなり古くからリンクしていた Web サイトがあり、そこへのURLが「http://」だったので警告マークが表示されてしまいました。リストのリンク先を見直し「http://」から「https://」に書き直してみたところ、警告マークから鍵マークの表示にできました。

なお、ココログで SSL化したい場合は、下記ページを参考にしてみてください。

参考:【ココログ】ユーザーブログのHTTPS化に対応しました: お知らせココログ:@nifty

« Windows 10 のサインイン画面に「PIN」しか表示されない【Ver.2004】 | トップページ | Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た »

Microsoft Edge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 のサインイン画面に「PIN」しか表示されない【Ver.2004】 | トップページ | Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ