Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月26日

Windows 10 で「バックアップの設定」と通知される 【Ver.2004】

Windows 10 Ver.2004 を使っています。突然「バックアップの設定」という通知が表示されました。「大事な画像とドキュメントを保護します」とあります。これは、何なのでしょう?

Windows 10 Ver.2004 にしたPCで表示されました。

「バックアップの設定」という通知

大事な画像とドキュメントを保護します
お客様の情報は大事です。最適なバックアップ オプションを選択して情報を保護してください。

通知内のメッセージには、上記のようにあります。そこで、「オプションの表示」を押してみました。アクションセンターから表示が消えるだけで何も起こりません。また、「リマインダーを無効にする」を押すと、アクションセンターから一時的に消えます。しかし、再度アクションセンターを開いた際に表示されています。

「設定」-「システム」-「通地とアクション」の「送信元ごとの通知と受信設定」に「バックアップの設定」が追加されています。

「設定」-「システム」-「通地とアクション」の「送信元ごとの通知と受信設定」

「大事な画像とドキュメントを保護します」ということから、「OneDrive」の「バックアップ」かと思われるのですが、このPCでは、既にバックアップ済みです。

OneDrive ではバックアップ済み

何の通知なのかよくわかりません。表示が気になるのでしたら、「設定」-「システム」-「通地とアクション」の「送信元ごとの通知と受信設定」の「バックアップの設定」を「オフ」にすると非表示にできます。

2020年6月27日 追記:
日本語版 Windows 10を英語表記にしてみたのですが、この通知は、日本語表示のままでした。そこで、英語版 Windows 10 Ver.2004 で待機していたところ、英語表記での通知が表示されました。

Protect your cherished pictures and documents

Protect your cherished pictures and documents
Your stuff matters⁠—keep it protected by choosing a backup option that works for you.

Backup settings からの通知です。「オプションの表示」にあたる「View backup options」を押してみたのですが、なにも表示されませんでした。

2020年7月11日 追記:
この続きは、Windows 10 「バックアップ オプションを選択する準備ができましたか?」と通知 をどうぞ。

2020年6月14日

Teams にサインインした社員から管理者へ問い合わせが来た

社内の IT 管理をしている部署にいます。社員から「Teams にサインインしたら”管理者に連絡するように”と表示された」という問い合わせがくるようになりました。こんな場合、社員にどう対応すればいいのでしょう?

企業専用のカスタムドメイン(@マーク右側 ○○○○.comの部分)のメールアドレスを持っているのでしょう。会社からもらったメールアドレスで Microsoft Teams に「サインイン」してみたのだと思われます。

「管理者に連絡するように」と表示される Teams のメッセージには、2020年6月14日現在、次のようなものがあります。

  • この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください
  • 誰かが既に組織に Teams をセットアップしています
  • 組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。
  • 組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

これに対して、どうするといいのかは、それぞれ違います。

この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約している場合は、「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されます。

image

この場合は、管理者が Microsoft 365 管理センターへ管理者権限でサインインし、次のことを確認します。

  • 組織内で Microsoft Teams の利用が有効になっているかどうか
    「設定」-「組織設定」で「Microsoft Teams」を選択し、「次のライセンスが割り当てられたユーザーに対して Teams を有効にする」でチェックが外れているユーザーだった場合はチェックをつけます。
    image
  • Teams にサインインする際に使ったユーザーアカウントであるメールアドレスに Microsoft Teams のライセンスが割り当てられているかどうか
    「ユーザー」-「アクティブなユーザー」で確認します。新規に作ったばかりのユーザーアカウントだと Teams のライセンスが割り当てられるまで時間がかかることがあります。しばらく待ってもらっても、上記メッセージが表示されるという場合は、そのユーザーの「アプリ」でいったん「Microsoft Teams」のライセンスの「オン/オフ」を切り替えて「変更の保存」を押し、どうなるか確認してもらいます。

なお、過去に法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)の契約をしていたが、サブスクリプションの契約が切れてしまっている場合も「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、<ドメイン> でMicrosoft Teams を有効にしてもらってください」と表示されることがあります。しかし、ライセンスが切れているので、有料版 Microsoft Teams のライセンスもありません。この場合は、Microsoft 365 管理センターにサインインすると「管理者になりますか?」と表示されるとのことです。管理者になる設定をすると、カスタムドメインで無料版 Teams が利用できるとのことでした。ただし、「プライマリネームサーバーの登録が必要」と表示がされるとのことです。ドメインを取得したプロバイダに依頼して、メールサーバーにプライマリネームサーバーの登録をすると、Teamsのサインアップができるようになるとのことでした。

参考:Office 365 のサブスクリプション有効期限が過ぎていても、無料版 Teams を使用することは出来ませんか。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

企業のカスタムドメインで法人用 Microsoft 365 の Microsoft Teams が利用できるプランと契約していない場合、Microsoft Teams にサインインすると「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」と表示されます。

誰かが既に組織に Teams をセットアップしています

この場合は、企業のカスタムドメインのメールアドレスを使って無料版 Microsoft Teams のセットアップを誰かがしています。このメッセージ内には、「管理者に Teams を開始するよう依頼する」とありますが、無料版 Teams の管理者は、企業のドメインやIT部門の管理者とは限りません。また、社内のドメイン管理者や IT 管理者には、誰が無料版 Teams をセットアップしたのかわかりません。しかも、セットアップしているのが一人だけとも限りません。無料版 Teams は、セットアップをしたユーザーアカウントが「管理者」になれます。

過去に法人用の Microsoft 365 (旧 Office 365)と契約したことのない、法人用ドメインであれば、無料版 Teams の「セットアップ」ができます。「誰かが既に組織に Teams をセットアップしています」画面の右上にある「サインアウト」を押してサインアウトしてから Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア で「無料でサインアップ」を押してセットアップを開始してください。

参考:無料版の Teams を使いたい 【2020年5月14日版】

社内の IT 管理部門では、Teams に関して問い合わせがあった場合、企業のカスタムドメインを使って Teams をセットアップしてもいいかどうか社内ルールを決めておくといいでしょう。

よく、「無料版 Teams をセットアップしてしまった社員が退職してしまった場合は、どうするといいのか?と」質問されます。社内の IT 管理部門は、その社員のメールアドレスを削除する以外は何もする必要ありません。無料版 Teams では、管理者の変更ができません。管理者がいなくなってしまった組織のメンバーやゲストが利用をやめればいいだけです。

なお、後から企業のカスタムドメインで Microsoft Teams が利用できる法人用 Microsoft 365と契約しても、無料版 Teams の組織は、削除されません。企業のドメインでサインインすると、「このメールは Microsoft の複数のアカウントで使用されています。どのアカウントを使用しますか?」と表示され「職場または学校アカウント」と「個人用アカウント」の選択ができます。「職場または学校アカウント」を選択すれば有料版 Teamsの組織でサインインできます。「個人用アカウント」を選択すれば、無料版 Teams の組織にサインインできます。

参考:Microsoft アカウントでサインインしようとすると「もう少し情報が必要です」と表示された

組織のディレクトリに追加されていません。管理者に問い合わせるか、別のメールアドレスで試してみてください。

職場や学校などからもらったメールアドレスで無料版 Teams をセットアップしようとすると表示されます。現在、法人用 Microsoft 365(旧 Office 365)を契約しているか、過去に使っていたのでしょう。このように表示されるメールアドレスの場合は、無料版 Teams のセットアップができません。Microsoft の Web メール(@outlook.com や @outlook.jp、@hotmail.com)を新規に取得してセットアップを開始してください。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください

無料版 Teams から他の組織のゲストに招待された場合、Teams にサインインすると「Teams へようこそ!」の画面に「Teams の組織を選択」が表示されます。しかし、Teams アプリだと組織の切り替えがうまくできず「組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください」と表示される場合があります。

組織へのアクセス権がありません。別の組織を選択するか、管理者に詳細をお問い合わせください
※実際には表示できなかったので、似たような感じで作ってみました。

この場合は、Windows デスクトップ版 Teams アプリからではなく、ブラウザでの Web 版やモバイルアプリ、もしくは、他のPCのでづくトップ版 Teams アプリからだと正しくアクセスできます。

解消方法は、次のように作業します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Teams アプリをアンインストールします。
  3. PC を再起動
  4. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

アプリのアンインストールと再インストールで解消しない場合は、次のようにしてキャッシュを削除します。

  1. Teams アプリを終了します。
    通知領域にある「Teams」アイコンを右クリックして「終了」を押してください。
  2. Win+Rキーで表示される「ファイル名を指定して実行」に「%AppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  3. 「ファイル名を指定して実行」で「%LocalAppData%\Microsoft」と入力して「Teams」フォルダーを削除。
  4. PC を再起動
  5. デスクトップ版 Teams アプリを「ダウンロードページ」からダウンロードし再インストールします。

それでも、解消しなかった場合は、しばらく、正しくアクセスできる Web 版 Teams を利用します。

2020年6月11日

SSL化(https://)したのに「セキュリティ保護なし」と表示される

Windows 10 を使っています。この度、新しい Microsoft Edge を使い始めました。そうしたところ、私のサイトのアドレスバーのところに「セキュリティ保護なし」と表示されているのに気がつきました。調べてみたところ、サイトのURLが「http://」だとそういう風に表示されるとのこと。しかし、私のサイトはSSL化にして「https://」です。これは、どういうことなのでしょう?

新しい Microsoft Edge で開くと、「セキュリティ保護なし」と表示されたのかと思います。

https なのに新しい Microsoft Edge で開くと「セキュリティ保護なし」と表示

Microsoft Edge Legacy だと小さい警告マークだったので、あまり気になりません。

https なのに Microsoft Edge Legacy  で開くと「セキュリティ保護なし」と表示されるが小さい
※このブログは修正したので、もう「セキュリティ保護なし」は表示されません。

しかし、新しい Microsoft Edge だとドーンと表示されるので、びっくりします。

SSL とは、Secure Sockets Layer の略で、インターネット上のウェブブラウザとウェブサーバ間でデータの通信を暗号化して送受信させる仕組みのことです。

参考:SSLとは?httpsとは?簡単説明|GMOグローバルサイン【公式】

SSL化していないサイトの URL は、先頭が「http://」です。Edge でアクセスするとアドレスバーに「http://」の部分は表示されず、警告マークが表示ます。

URLの先頭が「http://」で警告マーク

参考:Windows 10:Microsoft Edgeのアドレスバーで http:// が省略される

しかし、SSL化してあるサイトは、URLの先頭が「https://」と表示され鍵のマークがつきます。

URLの先頭が「https://」で鍵のマーク

ところが、URLの先頭が「https://」になっているのに、警告マークが付くサイトがあります。実は、このサイトにも警告マークが表示されていました。調べてみたところ、Web ページ内に「http://」のリンクが含まれていると「混在したコンテンツ」となりアドレスバーに警告マークが表示されます。

Microsoft Edge と混在したコンテンツのダウンロード | Microsoft Docs

このブログでは、リスト内にかなり古くからリンクしていた Web サイトがあり、そこへのURLが「http://」だったので警告マークが表示されてしまいました。リストのリンク先を見直し「http://」から「https://」に書き直してみたところ、警告マークから鍵マークの表示にできました。

なお、ココログで SSL化したい場合は、下記ページを参考にしてみてください。

参考:【ココログ】ユーザーブログのHTTPS化に対応しました: お知らせココログ:@nifty

2020年6月10日

Windows 10 のサインイン画面に「PIN」しか表示されない【Ver.2004】

Windows 10 Ver.2004 を使っています。Windows にサインインする際に「PIN」しか表示できません。パスワードに切り替えたかったのですが、「サインイン オプション」が表示されていません。どうするとPINだけでなくパスワードも表示できるようになるのでしょう?

サインイン画面がこんな感じかと思います。

PINしか表示されていないサインイン画面

PINしか表示されていないサインイン画面(拡大)

Windows 10 Ver.2004 からは、「設定」-「アカウント」-「サインイン オプション」の「Microsoft アカウントに Windows Hello サインインを要求する」の「セキュリティ向上のため、このデバイスでは Microsoft アカウント用に Windows Hello サインインのみを許可する(推奨)」が「オン」になっているとサインイン画面に「サインイン オプション」が表示されません。

Ver.2004 の「設定」-「アカウント」-「サインイン オプション」

この設定は、2019年9月1日に紹介した Windows 10 Insider Preview でパスワード不要にしてみた では、「デバイスをパスワード不要にする」という設定でした。これが「Microsoft アカウントに Windows Hello サインインを要求する」に変わりました。

「オフ」にすると Ver.2004 でもサインイン時に「サインイン オプション」が表示されます。

サインイン画面に「サインイン オプション」が表示

「サインイン オプション」を選択すると「PIN」以外のサインインが表示できます。

サインイン オプションからPIN以外の方式が表示

また、「セキュリティ向上のため、このデバイスでは Microsoft アカウント用に Windows Hello サインインのみを許可する(推奨)」がオンになっていると、「ユーザー」ダイアログボックスで「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目が非表示になります。

「セキュリティ向上のため・・・」をオンにした場合の「ユーザー」ダイアログボックス「ユーザー」タブ

「セキュリティ向上のため、このデバイスでは Microsoft アカウント用に Windows Hello サインインのみを許可する(推奨)」をオフに切り替えてから「ユーザー」ダイアログボックスを再表示すると「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目が表示されるようになります。

「セキュリティ向上のため・・・」をオフにした場合の「ユーザー」ダイアログボックス「ユーザー」タブ

Windows 10 では、サインイン時にパスワードをスキップする設定をお勧めできません。Windows Hello の生体認証を使って自動的にサインインできるのが理想です。せめて、PIN でのサインインを使うようにしてください。

2020年6月 8日

無料版 Teams で「今すぐ会議」が利用可能!

無料版 Microsoft Teams を使っています。先日から突然、「???????」と表記されている画面が開くようになりました。画像は、ビデオ会議をしているような感じです。この画面のために、いろいろ隠れてしまいます。どうやら、「OK」を押さないと消せないようです。しかし、「OK」を押してもいいのかどうかわかりません。これは、何なのでしょう?

日本語環境の無料版 Teams を起動させると、こんな画面が表示されます。

日本語環境の無料版 Teams

どうやら、文字化けしてしまっているようです。そこで、米国語環境に切り替えてみました。すると、下記のように表示されました。

米国語環境の Teams

Introducing online meetings
Stay connected with your team. Start a meeting now, or schedule one for later.
訳:
オンライン会議の紹介
チームとのつながりを保つ。今すぐ会議を開始するか、後で会議をスケジュールします。

無料版 Teams でもオンライン会議ができるようになったというメッセージでした。この機能、2020年6月2日から使えるようになったとのことです。

そういえば、左側のバーに「会議」が追加されています。選択してみると「今すぐ会議」と「会議をスケジュールする」が使えるようになっていました。

image

この通知は、バーの「会議」を選択して、Teams を再起動すると、メッセージは残っているのですが、非表示にできました。

今まで、無料版 Teams で会議を開きたい場合は、「チーム」を作成後、そのチームのチャット入力欄にある「今すぐ会議」を使う必要がありました。しかし、「会議」を使えば簡単になりますね。

参考:Teams の会議の概要 (無料) - Office サポート

2020年6月 7日

Word や Excel などの「バージョン情報」にあるチャネル名が変更

Microsoft 365 の Word や Excel などの「アカウント」を開くと表示される「バージョン情報」のチャネル名が変更されました。

バージョン 2004までは、「月次チャネル」と表示されていました。

バージョン情報 バージョン 2004 ビルド 12730.20236

これが、バージョン 2005 では、最新チャネルと表示されます。

バージョン 2005 ビルド 12827.20268

法人向けの場合は、「月次チャネル」としての「最新チャネル」と6ヶ月ごとの「半期チャネル」だけでなく、「月次エンタープライズ チャネル」が新しく設定できるようになりました。「月次エンタープライズ チャネル」は、「最新チャネル」よりも更新回数を減らし、月に1回だけ配信されるようにできるとのことです。

設定は、Microsoft 365のシステム管理者アカウントで、Microsoft 365 管理センターにサインインし、「設定」の「組織設定」にある「Office ソフトウェアのダウンロード設定」を選択します。

法人向けの Office ソフトウェアのダウンロード設定

参考:Microsoft 365 アプリの更新プログラムチャネルの変更

なお、Office Insider Programに参加している場合は、「Insider」が「ベータ チャネル」、「月次チャンネル(対象限定)」が「最新チャネル(プレビュー版)」という表示になりました。

Office Insider の場合のバージョン情報(ベータ チャネル)

Office Insider に参加(ベータ チャネル)

Office Insider に参加(最新チャネル プレビュー版)

2020年6月 6日

Teams にサインインしても利用できない

Microsoft Teams の会議に参加しました。その際に、アプリをダウンロードしました。自分でも Teams を使ってみようと思い、Teams アプリを起動し、サインインしてみました。しかし、「まだTeamsに登録していませんが、組織でセットアップできます。」と表示されてしまい利用できません。どうすると、Teams を利用できるのでしょう?

Teams の会議に参加する際、会議参加用の URL が送られてきたことでしょう。そこへアクセスすると、ブラウザが起動して「会議に参加」ページが開きます。
デスクトップ アプリで最高の Teams 会議を体験してください

もしくは、下記のように「まだ、Teams アプリがないようです。」と表示される場合もあります。

image

これらのページの「Windows アプリをダウンロード」や「Windows アプリをダウンロードする」を利用して、Microsoft Teams アプリをダウンロードしてインストールしたことでしょう。その後、「会議中」の画面が起動し、「名前を入力」欄に自分の名前を入力して、会議に参加したことでしょう。

image

「会議」に参加した際は、名前だけを入力したはずです。サインインは、しなかったことでしょう。

さて、自分でも Microsoft Teams を使ってみようと思い、アプリを起動します。すると「職場、学校または Microsoft アカウントを入力します。」と表示されます。 

「職場、学校または Microsoft アカウントを入力します。」

サインインに使えるアカウントは、Teams が利用できるプランの法人用アカウントと、無料版 Teams のセットアップが完了している Microsoft アカウントです。

Microsoft Teams のセットアップが済んでいない Microsoft アカウントでサインインした場合、Microsoft の Web メールだと「まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。」と表示されます。

まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。

会議に参加する際に Microsoft Teams アプリを入手した場合、利用できるのは招待された会議に参加することだけです。「まだ Teams に登録していませんが、組織でセットアップできます。」の右上にある「サインアウト」を押して、サインアウトしてください。

Microsoft Teams をサインインして使いたい場合は、下記の3通りの方法があります。

  • 既に Teams を使っている組織から法人用アカウントをもらう
  • 既に Teams を使っている組織からゲストとして招待してもらう
  • 自分が管理者になって 無料版 Teams のセットアップをする

Microsoft Teams は、企業や学校、NPO といった法人で複数の人で使うためのものです。個人で会議を開きたいという場合は、Microsoft Teams ではなく Skype を使った方が簡単です。

参考:Skype で会議を開催する

2020年6月 1日

iRobot ブラーバ ジェット m6 との別れ【モニター終了】

iRobot ブラーバ ジェット m6 のモニターが終了しました。ということで、「アイロボット ファンプログラム」運営事務局へ返却しなければなりません。

※アイロボット ファンプログラムのアイロボット30周年企画でブラーバのモニターに参加しています。

2020年4月26日から使って、5週間。よく働いてくれました。家族からの感想です。

  • 静かだね
  • 小さいのによく働く
  • 階段は落ちないのかな?心配で見てたけど、ぎりぎりまで拭いてちゃんと戻ってた

今回、ブラーバをモニターさせてもらおうと思ったのは、我が家にはルンバ i7+ がいるので、ブラーバは購入しないであろうと思ったからでした。うちはルンバがいれば大丈夫だよね、と思って。

ところが、実際に、ブラーバを使ってみて驚きました。全然働きが違うのです。やっぱり、拭き掃除は、ブラーバがいい!我が家は、小さい子供がいませんが、きっと、ハイハイ期のお子さんがいる家庭には、あればすごくいいと思います。

また、iRobot たちがいるおかげで、家族も協力的になりました。私が「掃除するから!」と言っても家族は片づけてくれません。しかし、iRobot たちが一生懸命働いている姿を見ると、「邪魔したらいけない」と思うのか、床に物を置かなくなりました。そして、物が置いてあるところは、自分で片づけてくれるようになりました。これは、すごいことです!おかげで、部屋がすっきりしてきました。

さて、返却の準備をしていると、家族から「返しちゃうの?寂しくなるねぇ」と言われました。すっかり家族の一員だったようです。

ブラーバ ジェット m6 梱包中

梱包後、久々に廊下をダスキンのモップで拭いていて、ふと気がつきました。集めたゴミをちり取りで取って捨てないといけない!ブラーバ ジェット m6 は、パッドに埃も髪の毛も吸着しているので、ちり取りを使う必要がなかったのでした。このひと手間の差は、なかなか大きい。

楽しいモニターをありがとうございました。> 「アイロボット ファンプログラム」運営事務局さん

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ