Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Word や Excel などの「スプラッシュ スクリーン」が「Microsoft 365」に! | トップページ | Office 非搭載機で「Word」や「Excel」などのタイルを再表示したい »

2020年5月 5日

Microsoft ファミリ グループの「メンバー」と「オーガナイザー」

Windows 10 PC を購入しました。家族皆で1台のPCを使うので、アカウントを追加しようと思い、「設定」-「アカウント」-「家族とその他のユーザー」で「家族」あった「家族のメンバーを追加」を押してみました。そうしたところ、「メンバー」と「オーガナイズ」と表示されました。これは、どう違うのでしょう?

Windows 10 Ver.1903/1909 で確認してみました。「設定」-「アカウント」-「家族とその他のユーザー」で「家族」あった「家族のメンバーを追加」を押すと、こんな風に「メンバーまたはオーガナイザーを追加しますか?」と表示されました。

「設定」-「アカウント」-「家族とその他のユーザー」で「家族」あった「家族のメンバーを追加」を押したところ

以前のような、「子ども」と「大人」を選択できる画面ではなくなっています。

「メンバーまたはオーガナイザーを追加しますか?」で「メンバーの追加」にチェックをつけると、「メンバーには、お子様または大人を指定できます。お子様が自分のアカウントを持つと、より安全に使用できます。」と表示されます。

「メンバーの追加」にチェック

「オーガナイザーの追加」にチェックをつけると、「オーガナイザーは、ファミリー グループとその安全性の設定を編集する大人です」と表示されます。

「オーガナイザーの追加」にチェック

メンバーとオーガナイザーの違いがよくわかりません。そこで、Windows 10 を英語版にすると、「Add a member or an organizer?」と表示されました。

Add a member or an organizer?

オーガナイザーとは、Organizer という英単語で「主催者」 という意味です。

Microsoft アカウントで「ファミリ グループ」が作成できるようになりました。アクセスしてサインインすると、こんな感じです。

ファミリ グループ Web ページ

まず、家族の中の代表者が「ファミリ グループを作成する」を押します。すると、Web ページでは、「家族のメンバーを追加」画面が表示されます。

「家族のメンバーを追加」画面

これも英語表記にしてみると、こんな風。日本語での「代表者」は、英語版だと「Organizer」です。

Add a family member

Microsoft としては、「オーガナイザー」を「家族の代表者」という意味に捉えて欲しいもようです。しかし、Windows 10 では、そのままカタカナ表記にしただけなので、翻訳していないことになります。これは、わかりづらいですね。

Web ページからメールアドレスを入力して、「画像認証」もしくは「音声認証」を入力すると、「招待メールを送信」ボタンが押せるようになります。

「メンバー」を選択した場合は、そのメールアドレスに下記のような招待状が送られてきました。

「メンバー」の招待メール

「代表者」を選択した場合は、そのメールアドレスに下記のような招待状が送られてきました。

「代表者」の招待メール

Microsoft ファミリの「メンバー」は「代表者」に管理されるユーザーで、「代表者」は「メンバー」を管理できるユーザーです。また、「メンバー」は、代表者に Microsoft Store で購入依頼ができます。このほか、海外では、日本にない Microsoft 365 Family というサブスクリプション製品があり家族5名までがサブスクリプション特典を共有できます。

Microsoft ファミリでは、家族を「子ども」「大人」で区別するのではなく、家族の一員として、管理される側なのか管理する側なのか、お金を出してもらう側なのかお金を出す側なのかという感じの区別のようです。

参考:Microsoft ファミリ グループ

Microsoft 365 Family サブスクリプションを共有する - Office サポート

さて、Windows 10 の「設定」-「アカウント」-「家族とその他のユーザー」で「家族のメンバーを追加」から「メンバー」もしくは「オーガナイザー」を選択して、Microsoft アカウントを入力して「次へ」を押すと、「このユーザーを追加しますか?」の確認画面が表示されます。

「このユーザーを追加しますか?」の確認画面

「確認」ボタンを押すと、「招待が送信されました」画面が表示されます。

招待が送信されました

これで、PC にユーザー アカウントが追加されました。Microsoft アカウントで追加した場合は、インターネットに接続されていると追加したアカウントでサインインできます。

そして、「相手は、メールの招待を受け入れるまでの間、保護者による設定がアカウントに適用されない状態でこのデバイスにログインできます」とあるように、同時に入力したメールアドレスに「Microsoft Family」から「invited you to join family」という件名で下記のような英文の招待メールが届きます。

「Microsoft Family」からの「invited you to join family」メール

これは、英語の読めない家族が受けとっても何のことやら、わからないでしょう。受け取った家族がメール本文の「Accept invitation」つまり「招待を受諾する」を押せば、設定登録した人の「Microsoft ファミリ」に追加され、PCの使い方などを管理されるようになるという仕組みです。

なお、「メンバーまたはオーガナイザーを追加しますか?」の「メンバーの追加」には、「メンバーには、お子様または大人を指定できます。」とありますが、メンバーに「子ども」と「大人」を区別する設定はありません。大人でも「メンバー」で登録すると、管理される側になります。

また、いったん招待した「メンバー」と「オーガナイザー」の変更はできません。設定登録したアカウントで「Microsoft ファミリ」にサインインすると「保留中のメンバー」として表示されることでしょう。「招待のキャンセル」を押すと、Web 上と「設定」-「アカウント」-「家族とその他のユーザー」の「家族」内ともに削除できます。削除されたのを確認したら、改めて設定登録し直します。

2020年5月6日 追記:
Microsoft ファミリ グループに参加してからの削除方法は、Microsoft ファミリ グループに参加したが取り消したい でどうぞ。

« Word や Excel などの「スプラッシュ スクリーン」が「Microsoft 365」に! | トップページ | Office 非搭載機で「Word」や「Excel」などのタイルを再表示したい »

セキュリティ」カテゴリの記事

Microsoftアカウント」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Word や Excel などの「スプラッシュ スクリーン」が「Microsoft 365」に! | トップページ | Office 非搭載機で「Word」や「Excel」などのタイルを再表示したい »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ