Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す | トップページ | Office 365 が Microsoft 365 へ 【Office Premium ユーザーは要注意】 »

2020年4月20日

Skype for Business がインストールできない

会社で Skype For Business を使っています。この度、自宅でも Skype For Business を使う必要が出てきました。自宅の PC は、Windows 10 で Office も搭載されています。Skype For Business のダウンロードページを見つけたので、そこからダウンロードしてインストールしてみました。そうしたところ、セットアップエラーが表示され、インストールできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Skype For Business をインストールした際に、「問題が見つかりました」とエラーが発生したのかと思います。このエラーには、「コンピューターにクイック実行インストーラー版の Office プログラムがインストールされているため、Microsoft Office インストーラーで問題が発生しました。」と表示されたかと思います。

問題がみつかりました

この現象は、クイック実行(C2R)の Microsoft Office 製品がインストールされている PC に、Windows インストーラー テクノロジ(MSI)の Office 製品を追加インストールしようとすると起こります。

参考:同一コンピューターでクイック実行および Window インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない - Office サポート

Office 2013 以降、Office 製品を追加インストールしたい場合は、既にインストールされている同じインストール テクノロジを使用する必要があります。

画像のように表示されている場合は、既にインストールされている Office 製品がC2Rなのに、MSI の Skype For Business をインストールしたためです。そこで、Skype For Business も C2R でインストールします。

以前は、下記ページの「Skype for Business Basic をダウンロードしてインストールする」から C2R の Skype For Business がダウンロードできました。

Skype for Business をインストールする - Office サポート

ところが、2020年4月20日現在確認すると、「Download Microsoft Skype for Business Basic from Official Microsoft Download Center」に飛びます。ダウンロード センターの Skype For Business Basic は、MSI です。これは、使えません。

以前は、Skype For Business が含まれていない 法人用 Office 製品があったようです。しかし、現在は、Skype for Business が500 シート未満の新規 Office 365 顧客のテナントに含まれなくなっています。このプランでは、大企業向け Microsoft 365 をインストールすれば一緒に Skype For Business もインストールされます。

Skype For Business もインストールされる 大企業向け Microsoft 365

そのためか、Skype For Business が利用できるアカウントを持っていないとインストールができなくなっているようです。

会社内で Skype For Business をまだ使っているのでしたら、Skype For Business が使える法人用 Office 365 のアカウントをお持ちのことでしょう。法人用の Office 365 サイトから Skype For Business をダウンロードしてみてください。公式の情報は、古いのでわかりにくいことえしょう。次のようにしてみてください。

インストールされている Office 製品のインストール形式の確認

  1. Word や Excel などを起動
  2. 「ファイル」-「アカウント」を開く
  3. 左側の「製品情報」を確認

「Office 更新プログラム」がない:MSI

「Office 更新プログラム」がある:C2R
「製品情報」に「Office 更新プログラム」があるタイプ

インストールされている Office 製品が C2R だったら、次の項目も確認します。

  1. 「○○○ のバージョン情報」のところにある「ビルド」番号の右に「クイック実行」と書いて書いてあることを確認したら、バージョン情報のボタンを押す
    Word のバージョン情報
    ※「ビルド」番号の右に「Microsoft Store」と表記されているタイプは、ストアアプリ版 Office です。
    ストアアプリ版 Office
    Skype For Business でストアアプリ版はありません。このため、エラーになっていると考えられます。ストアアプリ版 Office をアンインストール後、デスクトップ版 Office でインストールします。
  2. 「バージョン情報」の詳細が表示されます。上部に製品のバージョンとビットが表示されます。64ビットか32ビットかを確認します。

Skype For Business ダウンロード

  1. Office 365 サインインページへアクセスし、Skype For Business が使える法人用 Office 365 アカウントでサインインします。
  2. 「Office のインストール」ボタンを押して、表示されるメニューから「その他のインストール オプション」を選択
    「Office のインストール」ボタンを押したところ
  3. 「マイ アカウント」ページが開きます。「Office アプリとデバイス」にある「アプリとデバイスを表示」ボタンのボタンか、左側の「アプリとデバイス」を押します。
    「マイ アカウント」ページ
  4. 「アプリとデバイス」が開きます。Skype For Business が利用できる場合は「Skype For Business」が見つかります。
    「アプリとデバイス」
  5. 「言語」を「日本語」にします。「バージョン」は、既にインストールされいる Office 製品のシステム(ビット)に合わせます。エディションは、IT管理者に確認してください。
    Skype For Business のインストール
  6. 「Skype のインストール」ボタンを押すと、C2R でのダウンロードおよび、インストールが始まります。

Skype For Business がインストールされたら、起動して、サインインできるかどうか確認してみてください。

参考:クイック実行として利用可能な Office 2019 の永続ボリュームライセンス製品 - Office 365 | Microsoft Docs

« Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す | トップページ | Office 365 が Microsoft 365 へ 【Office Premium ユーザーは要注意】 »

Skype For Business」カテゴリの記事

Microsoft 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す | トップページ | Office 365 が Microsoft 365 へ 【Office Premium ユーザーは要注意】 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ