Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« iRobot ルンバのいる生活(その4) | トップページ | Skype for Business がインストールできない »

2020年4月20日

Windows Insider Preview (20H1)の Microsoft IME を従来のタイプに戻す

2020年春の Windows 10 大型アップグレード(Windows 10 Ver.2004)では、日本語の Microsoft IME が大きく変わります。

Build 19608 現在、通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニューは、こんな感じ。

通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニュー

「Microsoft IME の設定」が開く「プロパティ」は、見当たりません。代わりに「設定」を押します。これで、「設定」の「Microsoft IME」が直接開きます。

「設定」アプリの「Microsoft IME」

「設定」の「Microsoft IME」は、とても深いところにあります。「設定」-「時刻と言語」-「言語」の「優先する言語」で「日本語」を選択すると表示される「オプション」ボタンを押し、「キーボード」にある「Microsoft IME」を選択すると表示される「オプション」ボタンを押すことでたどり着けます。

この設定変更により、従来の「Microsoft IME の詳細設定」画面は、表示されなくなります。設定変更は、「設定」内の「Microsoft IME」で行います。

しかし、どうしても新しい Microsoft IME だと不都合であるとか、不具合があると感じる場合は、旧 Microsoft IME へ戻すこともできます。例えば、新しい Microsoft IME では、従来「変換」タブの「詳細設定」で開くと「句読点変換」が使えるよう設定できました。しかし、新しい Microsoft IME には、この機能が見つかりません。

「変換」タブの「詳細設定」で開く「変換」

次のようにして、旧 Microsoft IME へに戻します。

  1. 「設定」の「Microsoft IME」で「全般」を選択
  2. 「互換性」のところに「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」が見つかります。
    「Microsoft IME」で「全般」
  3. これを「オン」にすると、「IME バージョンの変更」画面が表示されるので、「OK」ボタンを押します。
    「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」を「オン」にすると、「IME バージョンの変更」画面が表示

以上で、従来の Microsoft IME に戻ります。

従来の Microsoft IME に戻った

従来の Microsoft IME に戻しても不都合が発生するかもしれません。今のうちに、十分 Windows Insider Preview  で確認し、不都合が発生する場合は、フィードバックHub で報告しておいてください。

« iRobot ルンバのいる生活(その4) | トップページ | Skype for Business がインストールできない »

MS-IME」カテゴリの記事

InsiderPreview」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iRobot ルンバのいる生活(その4) | トップページ | Skype for Business がインストールできない »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ