Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Skype for Business がインストールできない | トップページ | Skype のビデオ通話で背景の画像を指定 »

2020年4月22日

Office 365 が Microsoft 365 へ 【Office Premium ユーザーは要注意】

2020年4月22日になりました。下記記事でお知らせしたように、Office 365 は、Microsoft 365 と新しい名称に変わりました。

Office 365 Solo は2020年4月22日から Microsoft 365 Personal に名称変更

私も利用している Office 365 Solo も、サービスとサブスクリプションにアクセスして確認してみると、「Office 365 Personal」と表示されるようになりました。

Office 365 Solo は Microsoft 365 Personal に

さて、Office Premium の Office 365 サービスが、どうなったかも確認してみました。既に Office 365 の更新を切ってしまったアカウントでは、「Office 365 は Microsoft 365 になりました」と案内が表示されています。

Office 365 は Microsoft 365 になりました

しかし、いったん切ってしまった Office Premium 用の Office 365 は、「Office 365 サービス」のままで「キャンセルしたサブスクリプション」に見つかります。

キャンセルしたサブスクリプション

更新を押すと「Microsoft 365 Personal」のページが開きました。

Microsoft 365 Personal

「更新する」を押すと、新規で Microsoft 365 Personal を購入できるページへ案内されました。

Office Premium で Office 365 サービスを更新し続けている場合は、「Office 365 サービス」が「Microsoft 365 Personal」に変わっていました。

Office Premium で Office 365 サービスを更新し続けている場合

しかし、ちょっと変なことに気がつきました。「Microsoft 365 Personal」と「Office ○○○○○○ Premium 2013」の両方に Office アプリの「インストールする」が表示されています。

「インストール」タブを確認すると、Microsoft 365 Personal がインストールできるかのような案内です。

Microsoft 365 Personal のインストール

しかし、これは、間違えです。プレインストール版 Office Premium 搭載機には、Microsoft 365 Personal をインストールできません。Microsoft 365 Personal をうっかりインストールしてしまわないように注意してください。Office Premium 搭載機には、必ず「Office ○○○○○○ Premium 2013」の方に表示されている「インストールする」を使ってください。

Office Premium 搭載機に Microsoft 365 Personal をインストールしてしまった場合は、追加インストールしてしまった Microsoft 365 Personal のプロダクトキーを削除する必要があります。やり方は、下記ページを参考にしてみてください。

参考:プレインストール版 Office 2016 なのに Office 365 と表示される

« Skype for Business がインストールできない | トップページ | Skype のビデオ通話で背景の画像を指定 »

Office Premium」カテゴリの記事

Office 365 Solo」カテゴリの記事

Microsoft 365 Personal」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Skype for Business がインストールできない | トップページ | Skype のビデオ通話で背景の画像を指定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ