Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« iRobot ブラーバ ジェット m6 を稼働【モニター中】 | トップページ | iRobot ブラーバ ジェット m6 を使ってみて【モニター中】 »

2020年4月28日

法人用 Microsoft 365の Word や Excel などが最新になりません

法人用 Microsoft 365 で、Office 365 ProPlus を使っています。Word や Excel でバージョン情報を確認すると「1908 半期チャネル」と表示されています。「サブスクリプションタイプであれば、最新バージョンにすると新機能が使える」とのこと。しかし、私の環境では、「最新バージョンの Office がコンピューターにインストールされています。」と表示されるのに、新機能が使えるバージョンになりません。これは、どうなっているのでしょう?

この件は、2017年12月に法人用 Office 365の Word や Excel などが最新になりませんで紹介しました。しかし、名称変更や管理者画面の変更がありましたので、改めて紹介します。

最新の Office は、Office 製品が自動的に更新プログラムを検知して、インストールするようになりました。毎月、Office の更新プログラムは、配信されていますが、公開日は公表されなくなりました。ただ、検知するのが遅れる場合があります。そんなときは、Word や Excel などを起動して、「ファイル」ー「アカウント」と開きます。
Office 365 ProPlus Word の「アカウント」

右側に表示される「製品情報」にある「更新オプション」のボタンを押します。メニュー内の「今すぐ更新」を押します。

「更新オプション」のボタンを押したところ

機能更新プログラムの配信状況は、「Office Insider Program 参加者」と「一般ユーザー」、そして、「職場または学校の法人」の場合で違いがあります。

まず、Office Insider にサインアップした Insider が、最も早いプレビュー ビルドを先行して受信します。次に、Office Insider 月次チャネルに参加している Insider が、プレビュー ビルドを入手します。Office Insider に配信されてから 1 ~ 3 週間後に一般ユーザーが受信します。ただし、少し遅れる場合もあります。まずは、ごく一部のユーザーに送信され、その後、ユーザー数を徐々に増やしていき、最終的にすべての Office サブスクライバーに更新が配信されます。

「職場または学校の法人」が利用できる Office 365 ProPlus は、システム管理者が一部の Office 更新プログラムを制限している場合があります。Office 365 ProPlus が「月次チャネル」に設定されていると一般ユーザーと同じく毎月、機能更新プログラムを受信できます。「半期チャネル (対象指定)」には、機能更新プログラムが年に 2 回、3 月と 9 月に配信されます。これは、Windows 10 の機能更新プログラムの配信時期と合わせるためです。そして、「半期チャネル」では、この機能更新プログラムが3月と9月の4ヶ月後である7月と1月に使用可能になります。

2020年4月28日現在、Office 365 ProPlus の「半期チャネル」では、バージョン 1908 でインストールされます。

Office 365 ProPlus のバージョン情報「半期チャネル」

しかし、2020年4月28日現在、Office 365 ProPlus の「月次チャネル」では、バージョン 2003 でインストールできます。

Office 365 ProPlus のバージョン情報「月次チャネル」

質問者さんは、「半期チャネル」のため、一般ユーザーが利用できる新機能が使えるようになるのは、かなり遅れることになります。そして、新機能の中には、「半期チャネル」だと利用できないものもあります。

Office 製品更新チャネルの切り替えは、法人用 Microsoft 365の管理者アカウントを持っている人だけができます。次のようにして、確認し、切り替えます。

  1. Microsoft 365のシステム管理者アカウントで、Microsoft 365 管理センターにサインインします。
  2. 左側の「設定」を開き「設定」を選択。
    Microsoft 365 管理センターの左側     
    ※左側一覧の「設定」が非表示になっている場合は、「…すべてを表示」を押します。
  3. 右側の一覧から「Office ソフトウェアのダウンロード設定」を選択
  4. 「Office (Skype for Business を含む)」が「オン」になっているのを確認します。
    ※ご契約中のプランによっては、「Skype For Business」がない場合もあります。
  5. 「ユーザーが Office のアプリの機能の更新を取得する頻度を指定してください。」が「毎月(月次チャンネル)」になっているか確認します。「6か月ごと(半期チャネル)」になっていたら「毎月(月次チャネル)」に切り替えます。
    「Office ソフトウェアのダウンロード設定」画面
  6. 設定を変更したら下部の「変更の保存」ボタンを押します。

参考:
Microsoft 365 アプリの更新プログラム チャネルの概要

組織内のデバイスの Office 365 ProPlus 更新チャネルを変更する

2020年5月3日 追記:
Word や Excel などの「スプラッシュ スクリーン」が「Microsoft 365」と表示されるようになり、「アカウント」の製品情報に「Office 365 ProPlus」と表示されていたのが、「Microsoft 365」と表示されるのを確認しました。Word や Excel などの「スプラッシュ スクリーン」が「Microsoft 365」に!でどうぞ。

2020年6月7日 追記:
チャネル名に変更があります。詳細は、Word や Excel などの「バージョン情報」にあるチャネル名が変更 でどうぞ。

« iRobot ブラーバ ジェット m6 を稼働【モニター中】 | トップページ | iRobot ブラーバ ジェット m6 を使ってみて【モニター中】 »

ITPro」カテゴリの記事

Microsoft 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iRobot ブラーバ ジェット m6 を稼働【モニター中】 | トップページ | iRobot ブラーバ ジェット m6 を使ってみて【モニター中】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ