Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Skype に Google アカウントでサインインできない | トップページ | 無料版の Teams を使いたい »

2020年3月26日

AI を使った入力支援「入力インサイト」

Windows 10 を使っています。「設定」-「デバイス」-「入力」のところにある「AIによる支援」の「入力インサイト」を開いてみました。「オン」になっているのですが、どのくらい AI の支援を使ったのかの各分析情報の項目は「0」になっています。Microsoft IME で予測候補をよく使っているのですが、これは、どういうことなのでしょうか?

「入力インサイト」は、Windows Insider Preview Build 17704 から追加されました。製品版 Windows 10 では、Ver.1809 から表示されます。

日本語版 Windows 10 で「設定」-「デバイス」-「入力」のところにある「AIによる支援」の「入力インサイト」を開いてみると、こんな感じでしょう。

「入力インサイト」

各項目は、「0」で、AI を使った入力支援を全く使っていないことになっています。よく Microsoft IME の予測候補から選択して入力している場合でも、そうです。

Microsoft IME の予測候補から選択

AIによる入力支援は、2020年3月現在、日本語版では未対応です。よって、「入力インサイト」の各分析情報は、「0」なのです。

英語版では、対応しています。AIによる入力支援を実感したい場合は、次のようにします。

  1. 「設定」-「時刻と言語」-「言語」で「優先する言語」に「English (United States)」が追加されていることを確認
  2. Win+Space キーを押して、入力言語を「日本語」から「英語(米国)」へ切り替え
    ※Win キーがないキーボードの場合は、Alt を押しながら、Shift キーを叩いてみてください。
  3. 「設定」-「デバイス」-「入力」の「ハードウェア キーボード」の下にある2つの項目を「オン」
    「設定」-「デバイス」-「入力」

これで、英文の入力を開始すると、ヒントが表示されるようになります。

英文を打ったらヒントが表示される

表示されたヒントをマウスポインターやタッチ操作で選択します。どんどんヒントが表示されるので、勝手な英文が出来上がっていきました。

どんどんヒントが表示される

こうやって入力していくと、「入力インサイト」に分析情報が表示されます。

「入力インサイト」に分析情報が表示

英文をよく入力する場合は、ぜひ使ってみてください。

« Skype に Google アカウントでサインインできない | トップページ | 無料版の Teams を使いたい »

Windows 英語版」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Skype に Google アカウントでサインインできない | トップページ | 無料版の Teams を使いたい »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ