Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« OneDrive の「個人用 Vault」で自動ロックされるまでの時間が変更可能に! | トップページ | Windows 10 の「メール」アプリで Gmail が文字化け »

2020年2月12日

Windows 10 Pro の Hyper-V でスムーズなネット環境を構築

Windows 10 Pro には、Hyper-V という仮想環境があります。私は普段、Surface Pro(2017)をドッキングステーションに設置して、有線LANで使っています。たまに無線LANでも使うのですが、Hyper-Vでネットが使えなくなってしまいます。確か、その昔に、設定変更を教えてもらったと思い、探してみました。

Windows 8.1 Pro の Hyper-V でスムーズなネット環境を構築

Windows 8.1 の頃でしたか!これを Windows 10 にして、忘備録で残しておきます。

Windows 10 Pro の Hyper-V でスムーズなネット環境を構築する方法

  1. Hyper-V マネージャーを起動
  2. 左側の一覧より「仮想スイッチ マネージャー」を選択
  3. 「外部」を選択しているのを確認して、「仮想スイッチの作成」ボタンを押す
  4. 「仮想スイッチのプロパティ」で「名前」欄に任意の名前を入力。
    「仮想スイッチ マネージャー」
  5. 我が家の環境では、「接続の種類」に「外部ネットワーク」として「Surface Ethernet Adapter」と「Marvell AVASTAR Wireless-AC Network Controller」の2つが選択できます。有線LANの場合は、「Surface Ethernet Adapter」を選択し、無線LANの場合は「Marvell AVASTAR Wireless-AC Network Controller」を選択します。
    「接続の種類」
  6. 「適用」ボタンを押す。
  7. 「ネットワークの変更を適用」で「はい」を押し、しばらく待つ
  8. 「OK」ボタンを押して、「仮想スイッチ マネージャー」を閉じる
  9. 任意の「仮想マシン」を選択して、「設定」を押す
  10. 左側から「ネットワーク アダプター」を選択
  11. 「仮想スイッチ」欄で、作成した仮想スイッチを選択
  12. 「帯域幅管理を有効にする」にチェックがついていたら外す
    「仮想マシン」の「設定」
  13. 「適用」を押して「OK」を押す
  14. ゲストOSを起動

これで、ホストOSもゲストOSもネットが利用できるようになりました。

ホストOSもゲストOSもネットが利用可能

« OneDrive の「個人用 Vault」で自動ロックされるまでの時間が変更可能に! | トップページ | Windows 10 の「メール」アプリで Gmail が文字化け »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OneDrive の「個人用 Vault」で自動ロックされるまでの時間が変更可能に! | トップページ | Windows 10 の「メール」アプリで Gmail が文字化け »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ