Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Burikaigi 2020 が開催されました | トップページ | Open Live Writer を日本語化 »

2020年2月 7日

新しい Microsoft Edge で別のアカウントを追加する

Google Chrome には、Google アカウントでサインインして使うと、自分の情報を別のデバイスでも共有することができます。また、1台のデバイスで Chrome を使う際、個人用と仕事用などアカウントを切り替えて利用することも可能です。これにより、ブックマークや履歴、パスワードなどがサインインしたアカウントで別々に保持することが可能です。

参考:Chrome を他のユーザーと共有する - パソコン - Google Chrome ヘルプ

この仕組み、Chromium ベースの新しい Microsoft Edge でも似たような感じで利用できます。Edge に Microsoft アカウントでサインインしてあると「お気に入り」や履歴、設定、パスワードなどが同期され、他のデバイスでも利用かのになりますし、別のアカウントでサインインすることも可能です。

まずは、新しい Edge を起動し、アドレスバーの右側にあるアイコンを押すとMicrosoft アカウントが表示されて「同期が有効になっています」と表示されることを確認します。

アドレスバーの右側にあるアイコンを押してみた

これは、新しい Edge を初めて起動した際に「すべてのデバイスでお気に入りやパスワードを表示する」で「はい」にして、そのまま進んでいれば、大丈夫です。

すべてのデバイスでお気に入りやパスワードを表示する

別アカウントを追加登録したい場合は、下部にある「プロファイルの追加」を押して、表示される画面の「追加」ボタンを押します。

プロファイルの追加

Edge が別ウィンドウで開きます。内容を確認し、「サインインしてデータを同期」ボタンを押します。

別ウインドウで「すべてのデバイスでお気に入りやパスワードを表示する」が開く

なお、「サインインする方法」画面が表示されたら、法人用 Office 365 でサインインしたい場合は「職場または学校のアカウント」を選択します。別の Microsoft アカウントでサインインしたい場合は、「Microsoft アカウント」を選択し、「続行」ボタンを押しサインインします。

「サインインする方法」画面

設定が完了すると別のアカウントで Edge が開きます。これで、違うアカウントでの「お気に入り」などが利用可能になりました。

別のアカウントで Edge が開いた

Edge で別アカウントを使いた場合は、InPrivate で起動させていたのですが、この方法の方が便利ですね。

なお、登録したアカウントを削除したい場合は、次のようにします。

  1. 削除したいアカウントでサインインしている Edge を起動
  2. アドレスバーの右側にあるアイコンを押して表示される画面の「プロファイルの設定を管理」を押す
  3. 「設定」-「プロファイル」画面が表示されるのでサインイン中のアカウントの「・・・(その他のアクション)を押して、表示されるメニューの「削除」を押す
    新しい Edge の「設定」-「プロファイル」画面

« Burikaigi 2020 が開催されました | トップページ | Open Live Writer を日本語化 »

Microsoft Edge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Burikaigi 2020 が開催されました | トップページ | Open Live Writer を日本語化 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ