Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows 10 の「付箋」の使い方【2019年12月版】 | トップページ | Word の段落や改行記号のサイズが変わる(その3) »

2019年12月 8日

Windows 10 の Windows Defender はどこ?

この度、Windows 10 パソコンを購入しました。Windows 10 には、Windows Defender が搭載されているので、「別途ウイルス対策ソフトは購入不要」と聞きました。ところが、購入したパソコンでいくら探しても、Windows Defender が見つかりません。現在の Windows 10 には、Windows Defender が搭載されていないのでしょうか?

  Windows 10 にも、ウイルス対策ソフトとしてセキュリティアプリが搭載されています。しかし、Windows Defender ではありません。名称が変更され、Ver.1909 では、「Windows セキュリティ」と言います。

Windows 10 公開当初(Ver.1507)は、「Windows Defender」と言いました。これが、Windows 10 Creators Update(Ver.1703)で「Windows Defender セキュリティセンター」になりました。

Windows 10 IP:Windows Defender セキュリティセンター

そして、Ver.1809 以降からは、シンプルに「Windows セキュリティ」になりました。(これを紹介するのを忘れていました!)

「Windows セキュリティ」は、「設定」-「更新とセキュリティ」で見つかります。「Windows セキュリティを開く」ボタンを押すと、「セキュリティの概要」が確認できます。通知領域にも「盾」 のマークで見つかることでしょう。

「Windows セキュリティ」

「Windows セキュリティ」からの通知や「Windows セキュリティ」の「ウイルスと脅威の防止」で「スキャンのオプション」を開くと、「Windows Defender」の名称が見つかります。Ver.1909 では、それぐらいになりました。

「Windows セキュリティ」からの通知

「Windows セキュリティ」の「ウイルスと脅威の防止」で「スキャンのオプション」を開く

参考:激動(?)のWindows Defender史──「Windows Defenderセキュリティセンター」が「Windowsセキュリティ」になったワケ:その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(147) - @IT

« Windows 10 の「付箋」の使い方【2019年12月版】 | トップページ | Word の段落や改行記号のサイズが変わる(その3) »

セキュリティ」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 の「付箋」の使い方【2019年12月版】 | トップページ | Word の段落や改行記号のサイズが変わる(その3) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ