お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月29日

Office 2016/2019 のタブ表示が元に戻った

2019年7月7日 に紹介した Office のタブ表示が変わりました!の続き。

Excel や Word で、画像を挿入した際、タブの表示が「図の形式」と表示される件。あれから、再情報が入りました。

 

早速、我が家の環境でも確認してみたのですが、その時点ではまだでした。

2019年8月29日、再度確認してみたところ、Office 2016 や Office 2019 では、表示が戻っていました。画像を挿入すると「図の形式」ではなく、「図ツール」-「書式」に戻りました。

20190829_a01

バージョンは、1907 Build 11901.20218 です。(この後、Ver.1908 Build 11929.20254 にもできましたが、変わりありません)

Office Premium の「Office 365」では、画像を挿入すると「図の形式」タブのままでした。

20190829_a02

2019年8月17日

Office Premium のバージョン情報に「2016」と表示される

プレインストール版の Office Premium を使っています。Word や Excel などを起動させる際のスプレッドシートには、「Office 365」と表示されます。ところが、Word や Excel などのバージョン情報を開くと、「2016」と表示されるのに気がつきました。Office Premium は、「Office 2016」なのでしょうか?

2019年8月17日現在、Office Premium で各製品を起動し、「アカウント」でバージョン情報を確認してみました。「バージョン 1907 (ビルド 11901.20218 クイック実行)」です。

Office Premium の Word で「アカウント」にあるバージョン情報

「バージョン情報」のボタンを押して各製品のバージョンを確認すると「Microsoft Word 2016 MSO (16.0.11901.20204) 64 ビット」という感じで確かに「2016」と表示されました。

Wordの「バージョン情報」を押すと「Word 2016」と表示

しかし、以前は、「2016」ではなく、「for Office 365」と表示されていました。そこで、バージョンを戻していつ表示が変わったのか確認してみました。

参考:Office 365(2016)をロールバックする

2019 年の毎月のチャネル リリースのリリース ノート | Microsoft Docs

バージョン 1907 (ビルド 11901.20218)は、2019年8月13日に配信されています。2019年7月9日に配信されたバージョン 1906 (ビルド 11727.20244)まで戻したところで、「for Office 365」と表示されるようになりました。

Wordの「バージョン情報」を押すと「Word for Office 365」と表示

Office Premium は、Office 2016 や Office 2019 でもなく、Office 365 です。

Office Premium

Office 365 Solo と似ています。(私の Office 365 Solo は、Office Insider のため少し表示が違っています)

Office 365 Solo

画面の表示をOffice 2016 や Office 2019 と比べるとまったく違っていることがわかります。

Office 2016

Office 2019 

この表示は、変ですのでフィードバックしてみました。

Office Premium のバージョン情報に「2016」と表示されるようになった

ご賛同くださいましたら、「Upvote」ボタンを押して、投票数をあげてくださいませ。

2019年8月15日

Skype for Windows 10 でボリュームボタンを押すと「ハードウェア メディア キー」が表示

Windows 10 を使っています。Skype でビデオ通話中にPCのボリュームボタンを押すと、早送りや巻き戻しのボタンが表示されます。この画面が邪魔なので、表示されないようにしたいのです。どうするといいのでしょう?

Skype for Windows 10 でビデオ通話時と Skype の「・・・(その他)」-「設定」-「音声/ビデオ」の画面表示時に、PCのボリューム(音量を上げるもしくは音量を下げるボタン)を押すと下記のような画面が表示されました。

「音量ゲージ」と「ハードウェア メディア キー」

右側のスライダーは、ボリュームボタンを押すと表示される音量が表示される画面(音量ゲージ)です。そして、その左に表示されたのは「ハードウェア メディア キー」といいます。 表示されても、ボリュームボタンをおさえるのを辞めれば、しばらくすると消えます。

「ハードウェア メディア キー」は、Google Chrome や現在開発中の「Chromium ベースの Edge」で動画や楽曲を再生する際の制御を可能にしたものです。ブラウザーの場合は、表示させない方法があります。

参考:音量ゲージの隣に再生ボタンが表示される

しかし、Skype for Windows 10 では、表示させない方法がわかりませんでした。そこで、フィードバックHub で提案をしておきました。

Skype for Windows 10 でボリュームボタンを押すと「ハードウェア メディア キー」が表示される

どうしても表示したくない場合は、デスクトップ版 Skype for Windows を使ってみてください。Skype の場合は、ストアアプリ版とデスクトップ版の両方がインストール可能です。

デスクトップ用 Skype のダウンロード

デスクトップ版 Skype for Windows は、上記ページで「Skype for Windows 10 をダウンロード」の青いボタンの右端にある下向き三角ボタンを押すと表示されるメニューの「Skype for Windows をダウンロード」を選択すると可能です。

2019年8月13日

Skype 名の「live:」の後を好きな文字列にできない

Skype 名を「live:」と覚えやすい文字列にしたいのです。 ところが、現在は、Microsoft アカウントのアカウント名の部分が「live:」の後にはつかなくなっているのに気がつきました。ランダムな英数字がついてしまいます。こんな場合、どうするといいのでしょう?

「Skype名」は、以前「Skype ID」とも呼ばれ、Skype で個人を特定するためのものです。「Skype 表示名」は、後から自分の好きな文字列に変更可能です。しかし、「Skype名」の変更はできません。

まず、自分の Skype名の調べ方ですが、次のようにします。

ストアアプリ版 Skype for Windows 10 (Skype のバージョン 8.50.0.38 アプリケーションのバージョン 14.50.38.0)
デスクトップ版 Skype for Windows  (Skype のバージョン 8.51.0.72)

  1. Skype を起動し、左側の「・・・」(その他)を押します。
  2. 表示されたメニューの「設定」を選択
    20190624_a01
  3. 「設定」画面が開きます。「アカウント & プロフィール」の「Skype 名」欄で確認します。
    20190624_a02

※このほか、左上にあるご自身の表示名を押すと表示される画面の「Skype のプロフィール」からでも確認可能です。

20190624_a03

iPhone の Skype for iOS (Skype のバージョン 8.50.0.38)

  1. Skype を起動し、上部中央にある自分のアイコンをタップします。
  2. 「管理」にある「Skype のプロフィール」をタップします。
  3. 自分のプロフィール画面が表示されますので「Skype名」欄で確認します。
    20190624_a04

Web 上で確認する

Skype for Web で確認します。これは、Skype が Web 上から利用できるサイトです。Skype for Web でもPCのアプリと似たような感じになりました。

  1. ブラウザで Skype for Web へ、Microsoft アカウントでサインインします。
    Skype から入る場合は、右上の「サインイン」もしくは、表示名を開いて「Skype をオンラインで使用する」を選択します。
  2. 左側の「・・・」(その他)を押します。
  3. 表示されたメニューの「設定」を選択
    20190624_a05
  4. 「設定」画面が開きます。「アカウント & プロフィール」の「Skype 名」欄で確認します。
    20190624_a02

もしくは

  1. 画面左上に表示されている自分の名前(Skype 表示名)をクリックします。
  2. 「管理」にある「Skype のプロフィール」を押します。
  3. 「プロフィール」のご自身の名前(Skype 表示名)の下に 「Skype名」が表示されます。

さて、Skype が Microsoft に統合される前から利用している場合の Skype名は、自分の好きな文字列で作成したものです。しかし、Microsoft に統合後、Microsoft アカウントでサインインしている場合の Skype名は電話番号でサインインしている場合は、「live:<英数字の羅列>」(live: も含む)となります。

そして、Microsoft アカウントをメールアドレスにしている場合は、「live:<Microsoft アカウントのアカウント名>」といった感じで出来上がるはずでした。ところが、2019年8月現在、新規でメールアドレスによる Microsoft アカウントを取得して、Skype名を確認すると、「live:cid.ランダムな英数字」といった感じで出来上がります。

これは、Microsoft での仕様の変更のためです。Skype名がわかれば、ドメイン名を予測して、メールアドレスがわかってしまう危険性がありました。これを避けるために、ランダムな英数字で生成されるようになったようです。

2019年8月現在は、Skype 名をユーザーの好きな文字列にすることができなくなりました。

2019年8月 8日

一度切れた Office Premium の Office 365 サービスは再更新できなくなりました

その昔、Office Premium 搭載機を購入しました。付属していた Office 365 サービスは、更新しませんでした。Office 365 サービスを再度利用できるようにしたいのですが、どうするといいのでしょう?

私も Office Premium の Office 365 サービスの利用権限があるアカウントを持っています。その昔は、更新が切れてもいつでも復活させることが可能だったとありました。しかし、FAQ よく寄せられる質問 - Office Premium には、そのような質問と回答がもう見つかりません。

そこで 「Office 365 サービス」購入ページへアクセスして確認してみました。

まず、現在、Office 365 サービスの更新を止めているアカウントでは下記のように表示され、購入することができませんでした。

20190808_b02

「利用資格を確認」ボタンを押すと、「Office Mobile プラス Office 365 サービスを設定する」が開きました。しかし、このページの説明は、Office Premium の「Office 365 サービス」とは違うようで、実際に購入できるようにはなりませんでした。

しかし、現在も Office 365 サービスを継続して利用しているアカウントでならば、下記のように表示されて購入可能でした。

20190808_b03

そこで、Microsoft ストアの「Office 365 サービス」購入ページの「お問い合わせはこちらから」を使ってサポートを受けてみました。そうしたところ、一度、利用期限が切れてしまった「Office 365 サービス」の場合、再度利用できるようにすることができなくなったとのことでした。

ということで、質問者さんのように一度切ってしまっている場合は、もう再度使えるようにはできません。

Office 365 サービスを使い続けたい場合、うっかり更新し忘れると大変です。Office Premium についている「Office 365 サービス」の店頭販売は、既に終了していますので、Microsoft ストアの「Office 365 サービス」購入ページからでしか購入できません。更新の時期が来たらこのページから購入していた場合は、利用期限が切れる前に購入手続きを取る必要があります。

もしくは、定期請求に切り替えてしまうといいでしょう。これで、Microsoft ストアの「Office 365 サービス」購入ページには、「年次請求のメンバーシップ」と表示されるようになります。

20190808_b01

2019年11月25日 追記:
Office Premium用 Office 365 の更新を止めてしまったアカウントで再確認してみました。すると、下部に注意書きが表示されるようになっていました。

Office Premium用 Office 365 購入ページ

注意書きには、次のように書かれています。

*本製品は Office 365サービス契約中の Office Premium 搭載 Windows PC または Office Mobile プラス Office 365 サービス搭載のタブレット/スマートフォンからご購入可能です。新規および契約終了後の再購入はできません。更新はサービスご利用期間中可能です。購入・購入資格の確認は、 Office 365 サービスをご契約の Microsoft アカウントでサインインをして ページに ”カートに追加” ボタンが表示されましたらご購入いただけます

一本化したいのでしょう。Office Premium用 Office 365 から Office 365 Solo への乗り換えも検討した方がいいかもしれません。

2019年8月 5日

Office 2016 のバージョン情報に「Office 365」と表示される現象が修正

Office 2016 のバージョン情報に「Office 365」と表示される (その2)の続き。

やっとこの問題が修正されました。製品情報の「ライセンス認証された製品」でエディションとしては、Office 2016 と表示されている製品。

20190805_a01

Office 2016 のバージョン 1907 (ビルド 11901.20176) バージョン情報を確認すると、「for Office 365」ではなく「2016」と表示されるようになりました。

20190805_a02

やっぱり、何か間違っていたようですね。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ