お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Windows 10 Ver.1903 の「カーソルとポインターのサイズ」 | トップページ | Office 製品のアイコンが新しくなりました »

2019年5月 1日

Windows 10 Ver.1809 : クリップボードが利用できなくなる

Windows 10  Ver.1809 を使っています。ウインドウを複数出している場合、マウスカーソルを移動すると現在利用していないウインドウが自動的に選択されてしまう現象が発生しています。そして、クリップボードを表示させ、コピーした項目をマウスで選択しようとすると、クリップボード自体が消えてしまいます。こんな場合、どうするといいのでしょうか?

Windows 10 Ver.1809 からは、Win+V キーを押すと、コピーした項目の履歴が表示される「クリップボード」が利用できるようになりました。

参考:「クリップボード」の使い方:Windows 10 Ver.1809

テキストや画像などが貼り付けられるアプリを起動し、Win+V キーを押します。すると、「クリップボード」が表示されます。

Win+V キーを押すと「クリップボード」起動

クリップボードの中には、コピーした履歴が表示されています。なお、テキストだけではく、画像も表示されます。アプリ内に貼り付けたいものを選択すると、アプリに貼り付けることができます。

ところが、このクリップボード内の項目を選択しようと思うのですが、マウスポインターをクリップボード内に置くとクリップボードが消えてしまう場合があります。

この現象は、コントロールパネルの「コンピューターの簡単操作センター」-「マウスを使いやすくします」で「ウィンドウの管理を簡単にします」内にある「マウス ポインターをウィンドウ上に合わせたときにウィンドウを選択します」にチェックがついていると起こります。

20190501_a01

クリップボードが非表示にされないようにしたい場合は、「マウス ポインターをウィンドウ上に合わせたときにウィンドウを選択します」のチェックを外します。

なお、この現象は、Windows 10 Ver.1903 では、修正されています。Ver.1809 のみの現象の模様です。

« Windows 10 Ver.1903 の「カーソルとポインターのサイズ」 | トップページ | Office 製品のアイコンが新しくなりました »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 Ver.1903 の「カーソルとポインターのサイズ」 | トップページ | Office 製品のアイコンが新しくなりました »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ