Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Office Premium の起動画面が新しくなった | トップページ | Skype for Windows が自動的に起動する »

2018年11月12日

プレインストール版 Office 製品が搭載されているPCを譲渡する場合(2018年11月編)

Microsoft Office Premium が搭載されているパソコンを譲渡することにしました。パソコンを初期化して譲渡したわけですが、譲渡先では、どのようにして Office Premium をセットアップしたらいいのでしょうか?

Office Home and Business 2016/2019 が搭載されているパソコンを譲ってもらいました。パソコンが初期化がされて届いています。この場合、どのようにして Office 製品をセットアップしたらいいのでしょうか?

過去に何度か、このブログでもその方法を紹介しました。しかし、私自身は、まだ、プレインストール版 Office 製品搭載機を実際に譲渡したことがありませんでした。そこで、「再インストール用プロダクトキー」を入手して、譲渡先に教える方法を紹介していました。

しかし、この方法では、元のユーザーのアカウントに利用権利が残っています。譲渡されている製品なのに、実際には、元のユーザーの Microsoft アカウントに利用権利が紐づけられたままになっているわけです。譲渡の場合は、元のユーザーの利用権利をマイクロソフト サポート窓口で解除してもらう必要があることがわかりました。

ただし、Office Premium の場合、付属していた「Office 365 サービス」の利用権利は、元ユーザーに残ります。譲渡先で解除できるのは、パソコンに紐づけられている Office Premium の利用権利だけです。Office 2016 や Office 2019 には、「Office 365 サービス」が付いていません。

「元のユーザーの利用権利を解除」の作業は、元ユーザーではなく、譲渡先で行います。

元ユーザーから譲渡先に渡す物:

  • PC本体
  • 付属していたOffice製品のカード
    ※付属していたOffice製品のカードが譲渡先にない場合は、プレインストール版 Office 製品を使う権利がありません。Office 製品を新規購入する必要が出てきますので、必ず渡しましょう。
    ※元ユーザーの Microsoft アカウントなどがメモ書きをしてある場合は、消しておいてください。譲渡先に、元ユーザーの Microsoft アカウントを知らせないでください。


譲渡先ですること:

  1. マイクロソフト サポート 窓口」へ連絡します。
  2. 「マイクロソフト サポート 窓口」では、PCを譲渡してもらったことを伝えます。有償(2,000円程度)で新しいプロダクトキーを取得します。なお、どうやってインストール作業をするのか、ここで紹介する方法から変わっている場合もありますので、聞いておいてください。
  3. 元の持ち主のアカウントから該当 Office のライセンスを解除してもらえば、譲渡完了です。
  4. Office セットアップページへアクセスし、自分の Microsoft アカウントでサインイン。取得したプロダクトキーを入力すれば、Office 製品がインストールできます。なお、取得したプロダクトキーは、Microsoft アカウントに紐づけられません。プロダクトキーを紛失してしまうと、再インストールできなくなります。
  5. PCに付属していたOffice製品のカードと共に、取得したプロダクトキーもメモ書きし大事に保管します。

« Office Premium の起動画面が新しくなった | トップページ | Skype for Windows が自動的に起動する »

MS Office」カテゴリの記事

Office 365」カテゴリの記事

Office Premium」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Office Premium の起動画面が新しくなった | トップページ | Skype for Windows が自動的に起動する »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ