お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Windows 10:右クリックしたらメニューが左側に出る | トップページ | Surface ペンの電池残量確認方法 »

2017年9月13日

Surface Pro3 用ペンの電池交換

今頃ですが、Surface Pro3 のお尻のボタンを押して(ノックして)も、「Windows Ink ワークスペース」が開かなくなりました。

参考:Windows 10 Anniversary UpdateでSurface ペンの仕様変更

電池が切れたのね!?ということで、早速、ペンを開けてみました。電池は、単6 とボタン電池が2個入っているようです。

さて、ここまでは、簡単に開けられて、単6 の電池が出てきました。

ペンを開けたら 単6電池が出てきた

単6 の電池は、ペン先の方で使っています。Bluetooth は、ボタン電池を使っている模様。さて、そのボタン電池は、どうやって出すのでしょう?

開けるとボタン電池の交換方法が下記画像のようにあるわけですが…。

Surface Pro3 用ペンの電池交換方法

どこを回せばよいのやら?

コメントをいただきましたので、やり方を修正しました。

バネの奥を見ますと、回せるようになっています。ここにプラスドライバーがささるようです。

バネの奥

しかし、これに差し込めるプラスドライバーとは?精密ドライバーの #00 を用意。

精密ドライバーの #00

こんな感じで、精密ドライバーをバネの奥に差し込み、回します。

精密ドライバーをバネの奥に差し込む

やっとこさ、分解。

Surface Pro3 用ペン 分解完了

出てきたボタン電池は、これまた小さい!型番は、肉眼では見えません。カメラで撮って、なんとか判断。

ボタン電池 Energizer 319

どうやら、「319」というが2個必要なもよう。しかし、調べてみると、そのままの型番のボタン電池はなく、「相当品」というのを買ってくるといいとのこと。

近所の家電量販店を数軒回って、やっと見つけました。パナソニック 【酸化銀電池】 SR527SW

なお、新しい Surface Pro (2017)用に買ったペンの電池交換は、簡単でした。お尻の部分を引っ張って抜くだけです。

新しい Surface Pro 用に買ったペン

また、Surface Pro4 用のペン(細長いボタンが1つだけ)のタイプは、お尻の部分を少しだけねじってから、引っ張って抜きます。回し過ぎると壊れます。

新しい Surface Pro 用ペンと Surfcae Pro4 用ペン

新しいタイプのペンは、いずれも単6 電池が1個だけでした。磁石が入っているので、電池がくっつきます。単6 電池も以前に比べると、売っているようになりましたね。

さて、Surface Pro3 でも、ペンのノックで「Windows Ink ワークスペース」が開くようになりました。

ペンのノックで「Windows Ink ワークスペース」が開く

参考:Microsoft Surface ペンのトラブルシューティング

« Windows 10:右クリックしたらメニューが左側に出る | トップページ | Surface ペンの電池残量確認方法 »

Surface」カテゴリの記事

コメント

今さらなのでどうでもいいかもですが、他の方の記事を見てて

ボタン電池外すときに小さい窪みにマイナスドライバーとありますが
バネの奥にプラスドライバーがささるみたい?です

ご指摘、恐れ入ります。
確かに、バネの奥にプラスドライバーを刺すと回せました。
やり方を修正いたしました。
情報をありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Surface Pro3 用ペンの電池交換:

« Windows 10:右クリックしたらメニューが左側に出る | トップページ | Surface ペンの電池残量確認方法 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ