Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« 「Windows Live ID」が「Microsoft アカウント」に変更! | トップページ | OneNote で ¥(半角円マーク)が \(半角バックスラッシュ)になってしまう »

2012年7月27日

Windows Live Messenger で相手が「オンライン」表示にならない

Windows 7で Windows Live Messenger 2011 (以降「Messenger」)を使っています。相手もMessengerを起動させて「オンライン」にしているにもかかわらず、私のMessengerでは、その人が「オフライン」と表示されています。どうなってしまったのでしょう?

原因は、いろいろあります。相手がそのように設定している場合は、下記のようにして相手に確認してもらいます。

  1. [Ctrl] + [Alt] + [Delete] キーを押し、[タスクマネージャーの起動]をクリックします。
  2. [プロセス] タブをクリックし、「msnmsgr.exe」と「wlcomm.exe」を探します。
  3. 一覧に表示されている場合は、その上で右クリックし、[プロセスの終了]をクリックします。
    ※ 一覧に表示されていない場合は、そのままタスクマネージャーの画面を閉じてください。

Windows Explorerの設定を変更します。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロールパネル] - [デスクトップのカスタマイズ] - [フォルダー オプション] の順にクリックします。
  2. [表示] タブをクリックします。
  3. 「詳細設定」項目の [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する](Vistaの場合:[すべてのファイルとフォルダを表示する])にチェックを入れます。
  4. [登録されている拡張子は表示しない] のチェックを外します。
  5. [適用]、[OK] の順にクリックします。

コンタクトキャッシュフォルダーを削除します。

  1. [スタート] をクリックします。
  2. [プログラムとファイルの検索] (Vistaの場合:[検索の開始])欄に以下の文字列を入力し、[Enter] キーを押します。
    %LocalAppData%\Microsoft\Windows Live\Contacts
  3. 見つかった「Contacts」フォルダーを開きます。
  4. 一覧から、Live Messenger にサインインしているアカウントが記載されたフォルダーを探します。
    (例: ****@hotmail.com など)
    フォルダーが見つかったら、フォルダーの上で右クリックし、[削除]をクリックします。
     ご注意
    フォルダーを削除する際は、Live Messenger でサインインしているアカウントが記載されたフォルダーであることを確認してください。その他のフォルダーを削除した場合、そのフォルダーは復元することができません。
  5. パソコンを再起動し、Live Messenger にサインインします。
    サインインすると、新しいコンタクトキャッシュフォルダーが作成されます。

参考:オンライン状態が正常に反映されない - Microsoft Answers

この後も、「オンライン」表示にならない場合は、お互い一度「知り合いの削除」をクリックして、「友だちリスト」から削除します。
「友だちリスト」で右クリック

その後、改めて、お互いのMessengerで「友だちの追加」をしてみてください。

« 「Windows Live ID」が「Microsoft アカウント」に変更! | トップページ | OneNote で ¥(半角円マーク)が \(半角バックスラッシュ)になってしまう »

Windows Live」カテゴリの記事

コメント

初にお目にかかります。

Windowsは不思議なことだらけで、システムを担当している私としては

いつもramu様のこのブログとTwitterに助けられてます! 感謝><

で、今回のこの現象、WindowsLive2009→2011移行あたりからもうずっと私も何度も遭遇していて、

MicrosoftのサポートやAnswersなど、何度も問合せ・書き込みしているのですが、

まったく状況かわってませんね(;´ロ`)

特に2009と2011での複数ログインの時や、片側が2009を使っている時によく問題になります。

私の場合は大体が最初に書かれたよう、「相手がMessenger 2009:禁止リストに登録している」

という現象がほとんどで、ただ、そこで問題なのは「した覚えがない」にも関わらず、

勝手に禁止リストに入っている事です。

何人もの人からこの現象を問い合わされる事を考えると、どう考えても自動的に禁止になってしまっている

と仮定した上で、その部分も指摘してMicrosoftに問合せするのですが、

毎度の返事が「キャッシュリストが破損しているかもです」と行った定型文を返答してきて、

「そんなに私の回りの何人ものPCが破損すること自体おかしいのでは?」

と返しても、最終的には「担当に報告しておきます」の一点張り(;´ロ`)

まったく拉致があかないので、もう放置してますが。。。

とりあえず経験上、2009と2011の間で結構問題が出ていますので、コレを見て問題解決出来る人が

一人でも多くなるといいですね。

まぁ半分愚痴になりつつでコメント汚し、申し訳ございませんでした。


夏も本番になってきました。

お体大切に頑張って下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live Messenger で相手が「オンライン」表示にならない:

« 「Windows Live ID」が「Microsoft アカウント」に変更! | トップページ | OneNote で ¥(半角円マーク)が \(半角バックスラッシュ)になってしまう »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ