Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows Live Essentials 2011 正規版公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 正規版について »

2010年10月 1日

Windows Live Essentials 2011 をインストール

正規版になった Windows Live Essentials 2011 をインストールしてみました。

システム要件は下記の通り

インストールできるOS: Windows Vista SP2(Windows Vista プラットフォーム更新プログラム適用済み)
Windows 7
CPU 1.6 GHz 以上
メモリ 1 GB 以上
解像度 1024 × 576 以上
グラフィック カード または
ビデオ カード
Windows Live ムービー メーカーを利用するには、DirectX 9 以降および Shader Model 2 以降をサポートするビデオ カードが必要

Windows Live Essentials 2011からは、Windows XP で使えなくなりました。Windows XP には、インストールできませんのでご留意ください。

また、Windows Vista SP2の場合は、「Windows Vista プラットフォーム更新プログラム」がインストールされている必要があります。Vista で Windows Live Essentials 2011のインストールができない場合は、Windows Update で「更新プログラムの確認」を何回か行って、表示されたすべての更新プログラムをインストールしてみてください。

さて、私も Windows 7 32bit の IE9 Beta版にインストールしてみました。

  1. パソコンに管理者のアカウントでログインします。
  2. ダウンロードページへアクセスし、言語が通常使う国のものになっているのを確認し「今すぐダウンロード」をクリック。
    言語を変更したい場合は「変更」をクリックして、好みの国を選択してみてください。
  3. 「wl.dlservice.microsoft.com から wlseup-web.exe(1.22 MB)を実行または保存しますか?」と聞かれるので「保存」の▼ボタンをクリックして「保存して実行」をクリック
    IE9 Beta で「今すぐダウンロード」をクリックすると表示される通知バー 
    保存は、ユーザーの「ダウンロード」フォルダー内にされることでしょう。
    IE9 Beta 以外のブラウザでダウンロードする場合は、「保存」を選択すると良いでしょう。もし、インストールに失敗したら、そのダウンロードファイルを使って再インストールできます。
  4. ダウンロードが完了すると、自動的にインストールが始まりました。
    ユーザーアカウント制御(UAC)が開くので「はい」をクリック。
  5. 「インストールの準備をしています」の画面が表示されるので、しばらく待ちます。
    「インストールの準備をしています」の画面
  6. 「インストールするプログラムの選択」が表示されました。すべてインストールしてしまいたい場合は「Windows Live Essentials をすべてインストール(推奨)」をクリック。どんな製品がインストールされるのか確認したい場合は「インストールする製品の選択」をクリック。
    「インストールするプログラムの選択」画面
    今回は、「インストールする製品の選択」をクリックしてみました。
  7. 「インストールするプログラムの選択」画面が表示されました。
    「インストールするプログラムの選択」画面
    現在インストールされていない製品は、「これらのプログラムがインストールされます」内に表示されています。インストールするかどうか考えてインストールする場合はチェックを付けましょう。インストールしたくない場合は、チェックを外します。
    現在インストールされている製品は、「これらのプログラムが更新されます」内に表示されています。これらは、旧バージョンのままにしておくことはできません。なお、Beta 版が既にインストールされていても、そのまま上書きインストールされました。アンインストールしなくても大丈夫でした。
    今回、私は、「ファミリー セーフティ」をインストールしないことにしてみました。
  8. 確認できたら「インストール」ボタンをクリック。
  9. 「Windows Live Essentials 2011 をインストールしています」と表示されるので、しばらく待ちます。
    「Windows Live Essentials 2011 をインストールしています」の画面
  10. 「完了しました」と表示されると再起動を促されます。起動しているアプリケーションを終了し「今すぐ再起動」をクリック。
    「完了しました」の画面

さて、パソコン再起動後、Windows Live Writer でバージョン情報を確認してみると、Version 2011 (Build 15.4.3502.922) になっていました。
Windows Live Writer 2011 のバージョン情報 Version 2011 (Build 15.4.3502.922)

どんな風になったでしょうね。

« Windows Live Essentials 2011 正規版公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 正規版について »

Windows Live」カテゴリの記事

コメント

受信メールを削除する場合の「すべてを選択する」がどこにあるか分かりません。

クロタロー64さん、いらっしゃいませ!

そういえば、Windows Live メール 2011で「すべて選択」といったメニューは見当たりませんね。
「メッセージ一覧」内で任意のメールを選択後、Ctrl+A キーを押してみてください。
「メッセージ一覧」に表示されているメールのすべてが選択できることでしょう。

お礼が遅くなり申し訳ありません。
質問したURLが分からなくなり探していましたが
直ぐに教えていただけて感謝します。
それにしてもこの操作だけCtrl+A キーに
されるのは戸惑いますよね!

はじめまして。。。本日、Windows Updateで2011に更新されました。今までは編修のタブに「すべて選択する」があったと思いますが、なくなってます。Ctrl+A キーで選択できますがワイヤレスキーボード、マウスを使用しているのでキーボーに手が届かないときがあるので不便してます。

すべて選択がなく、悩んでました。

問題解決してすっきりしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live Essentials 2011 をインストール:

« Windows Live Essentials 2011 正規版公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 正規版について »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ