Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« Windows 7 Beta の拡大鏡 | トップページ | WHSの問題を Connect で報告する方法 »

2009年1月17日

Windows 7 のスクリーンキーボード

今日は、Windows 7 のスクリーンキーボードがどうなったのかを紹介しましょう。

Windows 7のスクリーンキーボードも Win+U キーで起動する「コンピューターの簡単操作センター」で開始することができます。

まずは、Vista のスクリーンキーボードがどんななのか?の画像から。

Vista のスクリーンキーボード

そして、Windows 7のスクリーンキーボード。

Windows 7のスクリーンキーボード

何だか、見やすくなった!と思いませんか?

なお、画像は、両方ともブログ掲載用に縮小してあります。実際の大きさは、Windows 7の方がかなり大きいです。

変わったのは、スクリーンキーボードのデザインだけではありませんでした。機能もかなり充実しています。まずは、スクリーンキーボードが縦にも横にもサイズが大きくなります。メニューバーが無くなってしまいましたが、設定は「Options」ボタンでできるようになっています。また、IME の設定で他国のキーボードを追加すれば、言語バーでその国のスクリーンキーボードへ変更することも可能でした。

スクリーンキーボードを実際に操作している様子のビデオを作ってみました。なお、音声はありません。

« Windows 7 Beta の拡大鏡 | トップページ | WHSの問題を Connect で報告する方法 »

アクセシビリティ」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 のスクリーンキーボード:

« Windows 7 Beta の拡大鏡 | トップページ | WHSの問題を Connect で報告する方法 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ