Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« ウィルコムの料金 | トップページ | 答えは湯あか »

2006年12月24日

冬眠中の・・・

12月24日、クリスマスイブですが天気がよくって、ホワイトクリスマスは無理みたいです。

さて、今日は、家族全員いろいろバタバタしています。
午前中、私は、クリスマスケーキ作り。子供たちは、年賀状を作っているようですし、夫は、外で雪囲いをしているようです。

そんな中、外から「ウワ~!」という夫の叫び声。その次に、娘が「カメラ!カメラ!」と大騒ぎ。「どうしたの?何?」と見に行くと・・・冬眠中のガマガエル

雪囲い用の木材が積んであったところに、大きなガマガエルがいたのです。最初の「ウワ~!」は、それを見つけて驚いた夫の声でした。

しかし、並みの大きさじゃありません。10×15cmぐらいでしょうか?私の手をパッと開いたぐらいあります。

でも、まるで置物のようにジッとして動きません。写真を撮るために、上に乗っていた笹の葉をどかしたのですが、全く動かず。目も固く閉じて、完全に冬眠しているようです。目を固く閉じて眠るガマガエル

しかし、夏の間はどこにいたのでしょう?何食べたら、こんなに大きくなれるのでしょう?

撮影後は、また元通り、笹の葉っぱをたっぷりかけてあげました。

ま~た、不思議なことに出会ってしまった。(^^♪

« ウィルコムの料金 | トップページ | 答えは湯あか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬眠中の・・・:

» 京都・鈴虫の寺 [店長のひとりごと]
前回、紹介しました松室川の桜並木。 その少し奥に《 鈴虫の寺 》があります。 季節を問わず、一年中リーン・リーンと鈴虫の羽音を 聞くことのできる境内。 この寺には、3000匹以上の鈴虫を飼育されているようです。 正式名は、「妙徳山・華厳寺」。 江戸時代の享保8年(1723年)に創建されたとか。 境内には「わらじを履いた幸福地蔵」が建てられており、一つだけ 願いが叶う地蔵とか? また、境内には、めずらしい黒竹を始め、矢竹、業平竹、金明竹 布袋竹、四方竹、亀甲竹など、いろ... [続きを読む]

« ウィルコムの料金 | トップページ | 答えは湯あか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ