Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


« 福祉情報技術コーディネーター認定試験 結果発表 | トップページ | FOMA らくらくホンIII »

2006年12月12日

「Office Live」日本語版のベータ・サービス

ITProの記事
マイクロソフト,「Office Live」日本語版のベータ・サービスを開始

「マイクロソフトは12月11日,従業員10人未満の企業を主な対象とした企業向けインターネット・サービス「Office Live」の無償試験運用(ベータ・サービス)を開始した。

より、Microsoft 「Office Live」を見てきました。

独自ドメインを使った電子メールやWebサイトが無償でつくれるという「Office Live Basics」を見てみたのですが、クレジットカードの登録を求められてしまいました。「無償なのに何故?」と思ったのですが、いたずら防止と後々有償版へ移行した際にスムーズに支払いが済むようにするためだそうです。

Webページ作成も特別な知識の必要もなく「Office Live Site Designer ツール」で自動的に出来上がってしまうもよう。ビジネス用電子メール アカウントが25アカウントにアカウントごとの電子メールの容量が2 GB。Web サイトのディスク容量も500 MBいただけるようなので企業の宣伝サイトを作るのに、十分じゃないでしょうか。

なお、有償版のOffice Live EssentialsやOffice Live Premiumもベータ期間中は、月額使用料が無料。

« 福祉情報技術コーディネーター認定試験 結果発表 | トップページ | FOMA らくらくホンIII »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

をを。工場サイトをこちらに移転させようかな?(^^♪
良い情報、ありがとうございます。
P.S. まだまだ忙しいです~。(汗)

POP3によるメール受信や、ftpによるサイト構築はダメなんですね。
工場の英語版サイトを作るときにでも利用してみます。(^^♪

Prowler7010さん、いらっしゃいませ!

Webページのレイアウトやアクセシビリティを考え始めると、なかなか構築できませんからね。それに、ドメイン名契約や更新もMicrosoftさんで代行してくださいますので、すごく助かると思いますよ。

さて、メールとFtpですが・・・
有償版(Office Live Essentials および Office Live Premium )ならば、できるみたいですが無償版(Office Live Basics)は、できないようですね。

まぁ、コンテンツで勝負!ということで、どうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Office Live」日本語版のベータ・サービス:

« 福祉情報技術コーディネーター認定試験 結果発表 | トップページ | FOMA らくらくホンIII »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ