カテゴリー「Xbox」の記事

2015年11月27日

Windows 10:Xbox アプリでサインインアカウントを切り替える

Windows 10:Xbox アプリを使ってみた の続き。

Xbox のアカウントを複数持っている場合やすでに持っている Microsoft アカウントを Xbox 用のアカウントにしたい場合、Xbox アプリでアカウントを切り替えるとできました。次のようにします。

  1. ナビゲーションメニューの「設定」を選択して、「一般」内にある「アカウント」のサインアウトを押す
    Xbox アプリ 「設定」の「一般」内
  2. Xbox アプリがサインアウトして、終了します。
  3. Xbox アプリを再起動します。
  4. 「○○さん、それでは始めましょう!」と表示されます。
    「○○さん、それでは始めましょう!」
    引き続いて、「Xbox Live では次のように表示されます」の画面になり、現在、Windows 10にサインイン中の Microsoft アカウントでサインインしようとします。そこで「他のアカウントを使う」の「他のMicrosoft アカウントでサインインしてください」を押します。
    Xbox Live では次のように表示されます
  5. 「アカウントの選択」画面が表示されます。これには、「メール」アプリで追加してある Microsoft アカウントも表示されました。この一覧にXbox のアカウントがある場合は、それを選択。新規に追加登録したい場合は、一番下の「Microsoft アカウント」を選択。
    「アカウントの選択」画面
    ここでは、「Microsoft アカウント」を選択します。
  6. 「Microsoft アカウントを追加」画面が表示されるので、「メールアドレスまたは電話番号」欄にMicrosoft アカウント、パスワード欄にそのパスワードを入力。
    「Microsoft アカウントを追加」画面
    ※2段階認証を設定してある場合は、設定した方法でコードを入力します。
  7. さて、ここで「Xbox Live にサインインできませんでした」と表示されました。「もう一度試す」ボタンを押してみますが、ダメでした。そこで、「他のMicrosoft アカウントでサインインしてください」を押します。
    image
  8. 「アカウントの選択」画面が表示されます。先ほど、追加登録したアカウントがありますので、選択します。
    追加したアカウントが表示されている「アカウントの選択」画面
  9. 「ユーザーを確認しています」画面が表示されます。「PIN」欄に、お使いの Windows 10にサインインする際に登録した「PIN(暗証番号)」を入力します。
    「ユーザーを確認しています」画面

以上で新しいアカウントでサインインできました。

Windows 10:Xbox アプリを使ってみた

Windows 10のXbox アプリ。これは、Windows 10で Xbox Oneのゲームをする でも少し紹介しました。

「Xbox」アプリのタイル

Microsoftの Xbox ゲーム本体がないと使えないアプリなのかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。Windows 10に標準搭載されているゲームの「Microsoft Solitaire Collection」や「Microsoft Mahjong」などにも対応しています。

Xbox アプリを起動させると、まずアカウントの確認が行われます。現在、Windows 10にサインインしている Microsoft アカウントで自動的にサインインします。

Xbox Liveで使えるもう一人のあなたを作りましょう(ゲーマータグと呼びます)

「次」ボタンを押すと、自動的に自分のゲーマータグが出来上がりました。なお、ここで「ゲーマータグの変更」を押すと、1回だけ無料で変更できます。

紹介します

「始めましょう」を押して起動すると、こんな感じ。私のXboxは、すでに友達がいるので、一般的には、右下の「フレンド」の部分は空欄でしょう。

Xbox アプリ起動

まずは、ユーザー検索でお友達を見つけてみましょう。Windows 10でゲームをよくやっていそうな人に連絡して、ゲーマータグを教えてもらいます。なお、ゲーマータグは、画面の左上にある自分のアイコンの右に表示されています。もしくは、ナビゲーションバーの上部にある自分のアイコンを押すと、右側に自分自身の情報が表示されます。そこにも表示されています。

ナビゲーションバーの上部にある自分のアイコンを押してみた

後は、右上の検索ボックスに、入力。「虫メガネ」ボタンを押して、Xbox全体を検索して見つけます。友達が見つかったら、「フレンドを追加」を押して、Xbox アプリでの友達になってもらいましょう。追加した友達は、右下の「フレンド」に表示されます。

ちょっと面白いのがメッセージの交換です。これで、「フレンド」に登録した人と、チャットができます。

Xbox アプリの「メッセージ」

また、Xbox アプリが起動していないときにメッセージが届くと、通知で表示されました。

Xbox アプリからの「メッセージ」が来た通知

この通知は、「Xbox から返信する」の欄がチャットボックスになっています。文字入力して、送信ボタンを押すと、Xbox アプリが起動していなくてもメッセージが送信できました。ゲームをしていて、情報交換する場合に便利そうです。

引き続き、Windows 10:Xbox アプリでサインインアカウントを切り替える もどうぞ。

2015年11月23日

Windows 10で Xbox Oneのゲームをする

Windows 10で Xbox Oneのゲームができるようになったとのこと。早速、確認してみました。

必要なもの

Xbox One 本体の設定

  1. Xbox OneにWindows 10で使っている Microsoft アカウントでサインインします。
  2. 「設定」-「プレイ環境」-「ゲーム録画とストリーミング」 と進みます。
    XboxOneの「設定」-「プレイ環境」
  3. 「他のデバイスへのゲーム ストリーミングを許可」にチェックを付けます。
    XboxOneの「設定」-「プレイ環境」-「ゲーム録画とストリーミング」

Windows 10

  1. 「Xbox」アプリを起動します。
    「Xbox」アプリのタイル
  2. 左側のナビゲーションメニューから「接続」を選択。XboxOne を選んで接続します。
    ※以降は、XboxOne の電源が入っていれば、「Xbox」アプリが Xbox One に自動的に接続します。
    「Xbox」アプリで「接続」でXboxOneが認識された
  3. 「ストリーミング」を押します。
    XboxOneに接続の画面
  4. XboxOneからのストリーミング映像がWindows 10の画面に表示されます。
    XboxOneからのストリーミング映像がWindows 10で表示

後は、Xbox Oneのコントローラーでプレイします。

私はゲームができない人なので、代わりに家族にやってもらいました。我が家の Xbox Oneのコントローラーは、ワイヤレスなのですが何の設定もなしで操作できました。なぜだろう?と思ったら、パソコンを操作しているのではなく、別室の Xbox One を操作してい他のでした。しかし、割とスムーズにプレイできるとのことです。これで、リビングに置いてあるXbox Oneだけど、テレビは家族が見ている・・・という場合でも自室でゲームができるようになりますね。

参考:Xbox からゲームをストリーミングする - Windows ヘルプ

Xbox on Windows 10

2015年9月18日

Windows 10:ゲームバーを使った画面キャプチャー

Windows 10でパソコンの画面をキャプチャーする方法として、Snipping Toolを紹介しました。

Windows 10の Snipping Tool

この他にもWindows 10には、「ゲームバー」という新しい機能で、パソコンの画面をキャプチャーすることができます。しかも、静止画像だけでなく、動画での撮影も可能です。ただし、パソコン全体の画面は撮れません。選択中のアプリの画面だけです。

まず、画面をキャプチャーしたいアプリを起動し、Win+G キーを押します。すると、「ゲーム バーを開きますか?」というメッセージが表示されます。

ゲーム バーを開きますか?

下部にある「はい、これをゲームとして記憶します」にチェックをつけます。これで、次のようなゲームバーが開きます。

image

  • XBox:XBoxアプリの起動
  • 録画:ゲームをバックグラウンドで録画する (Win+Alt+G)
    上記画像のようにグレー表示になっている場合は、「設定」で「ゲームをバックグラウンドで録画」にチェックをつると利用できるようになります。
    その際に、どういう設定で録画を開始するのかも確認しておきましょう。
  • スクリーンショット:静止画像での撮影(Win+Alt+PrintScreen)
  • 録画開始:動画での撮影開始/終了(Win+Alt+R)
    録画タイマーの表示/非表示(Win+Alt+T)
  • 設定:ゲームバーの設定
  • 移動:ゲームバーを移動する場合、ここをつかむ

ゲームバーの「設定」は次の通り。

ゲームバーの「設定」

より詳細な設定は、「Xbox」アプリの「設定」-「ゲーム録画」で確認できます。

「Xbox」アプリの「設定」-「ゲーム録画」

初期設定のままだと、キャプチャーされたファイルは「ビデオ」-「キャプチャー」フォルダー内に保存されます。

両手が離せない作業中の様子をとりあえず動画で撮影して、欲しい部分を静止画にして使うことができそうです。

参考:ゲーム バー用のキーボード ショートカット - Windows ヘルプ -

Windows 10 のゲーム録画に関するハードウェア要件

ゲーム録画に関する問題解決の方法 | Windows 10 ゲーム

2013年2月 5日

Xbox から SkyDrive にアクセスしてみた

Xbox 360 から SkyDrive が利用できるようになった!ということで、早速試してみました。

SkyDrive は、「アプリ」にありました。
Xbox の「アプリ」

最初に、ダウンロードして、インストールします。後は、パソコンと一緒です。Microsoft アカウントを求められたら、サインインします。SkyDrive にアクセスし、閲覧したいフォルダーを開きます。
Xbox から SkyDrive へアクセス

閲覧できるのは、写真や動画だけのもよう。ドキュメントファイルなどは、「ある」という確認ができるだけでした。

テレビの大きな画面で、SkyDrive上の写真をスライドショーにして、鑑賞するという感じですね。

2013年1月 2日

Windows 8のアカウント名とゲームアプリのアカウント名

Windows 8をMicrosoft アカウントでサインインして使っています。スタート画面に「XBOX」と記載されているゲームがあったので開いてみました。起動すると右上に「○○としてサインイン」と表示されました。
Xbox ゲームアプリ起動
○○の部分は、アルファベットと数字で、Windows 8のアカウント名とは違い、見覚えのない文字列です。「ゲーム」アプリのところでも、同じ見覚えのない文字列が表示されました。これは、どういうことなのでしょう?

Windows 8の Xboxゲームアプリで、右上に表示されているアルファベットと数字で表示される文字列は、「Xbox LIVE ゲーマータグ」といいます。
Xbox Microsoft Mahjong ゲーム起動

Xbox Microsoft Mahjong ゲームの右上
※キャプチャー画面中に表示されている「Xbox LIVE ゲーマータグ」は、架空のもので、実際のゲーマータグではありません。

Xbox は、Microsoft アカウントを利用して世界中の人とオンライン対戦をすることも可能です。その際に同じゲーマータグにならないよう Xbox LIVE への加入手続き中、ランダムで世界に1つだけのゲーム用の名前が自動生成されるようになっています。

この自動的に作成されたゲーマータグが気に入らない場合、初回のみ無料で変更できます。Xbox 360 本体を持っている場合は、「ソーシャル」で変更可能です。Windows 8の場合は次のようにします。

  1. Windows 8 パソコンをインターネットに接続しておきます。
  2. スタート画面で「ゲーム」を選択します。
    スタート画面の「ゲーム」
  3. 右上に「サインイン済み」と表示されているのを確認して、左端にスクロールします。
    「ゲーム」アプリを左端にスクロール
    自分のアカウント情報が表示されていますので、その中の「プロフィールの編集」を選択します。
    自分のアカウント情報
  4. 「プロフィールの編集」が開きますので、「Xbox.comでゲーマータグを変更」を選択。
    「プロフィールの編集」
  5. ブラウザが起動して、Xbox.com に移動します。「ゲーマータグの変更」ページが開きますので、新しいゲーマータグを入力します。
    Xbox.com の「ゲーマータグの変更」ページ
    ※ゲーマータグは、最大15文字まで入力できます。入力したゲーマータグが既に使用されている場合は、別のゲーマータグを試すように求められます。
    「使用できるか確認」ボタンを押して、新しいゲーマータグを取得します。

新しいゲーマータグに変更できたら、程なく Xbox LIVE に反映されます。フレンド リストは自動的に更新されるようになっていますので、ゲーマータグを変更したことをXboxに登録している友達へ通知する必要はありません。。

なお、変更したゲーマータグを再度変更したい場合は、新しいゲーマータグを800 マイクロソフト ポイントで購入する必要があります。

参考:Xbox サポート:Microsoft アカウントまたはゲーマータグに関する質問

Xbox LIVE ゲーマータグを変更する方法

2012年11月23日

Xbox 360 Nike+Kinect Training

2012年11月15日に発売されたXbox 360 の Kinect 専用フィットネスプログラム「Nike+Kinect Training」。

Xbox 360 Nike+Kinect Training

公式ホームページ:NIKE+ Kinect Training - Xbox.com

【送料無料】【Xbox360 15倍対象】Nike+Kinect Training

実際にやってみています。

初日は、私の体の動きを見る評価だけでヘトヘト。週3回の自分専用のプログラムを作成したら、4週間のトレーニング開始です。私は、脂肪燃焼を目的とする「GET LEAN」を選択してみました。トレーナーは、女性のマリー パーヴィスさん。

動きは、Kinectでしっかり認識しているようです。「足をもっと上げて!」「腰はもっと下げて!」と厳しい厳しい。しかし、「もうちょっとよ、がんばって!」と励ましてくれて、何とかこなしています。

Nike+ のアカウントが作成できたら、専用サイトを利用してみましょう。

Nike+ Kinect Training. Nike.com (JP)

自分のアカウントやプロフィールの設定変更、Facebook や Twitter との連携も、このサイトを使うと簡単でした。

また、英語版ですが iPhone や Windows Phone用のアプリもありますよ。

iPhone用 Nike+ Kinect Training アプリ

Windows Phone用 Nike+ Kinect Training

何とか、1ヶ月は続けてみたいと思っていますが、どうなることやら!?

2012年10月23日

Dance Central 3

今年もダンスの季節がやってきました!2012年10月18日に発売されたXbox 360 の Kinect 専用ゲーム Dance Central 3。

Dance Central 3

公式サイト:Dance Central 3 - Xbox.com

【送料無料】Dance Central 3

既に「Dance Central」や「Dance Central 2」を持っている方は、400ポイントで Dance Central 3 へ移行できますよ。なお、「Dance Central 2」で「Dance Central」を移行させている場合は、自動的に「Dance Central」が「Dance Central 3」へ移行されていました。後は、「Dance Central 2」を移行させればOKです。

今回の難易度には、これまでのハード、ノーマル、そして、イージーの3段階の下にビギナーが追加されていました。Dance Centralが初めての方でも、ビギナーから始めれば入りやすいでしょう。しかし、全体のレベルは上がっているように思えました。比較的低いレベルの曲でも、かなり難しい。練習せねば!

また、今までのゲーム以外にも、タイトル画面で「パーティーをスタート」というコマンドが見つかります。一人で体験してみたので、よくわからなかったのですが、どうも大勢で遊べるモードのようです。

参考:遊び方 第2回より|Dance Central 3 - Xbox.com

そして、ストーリーモードは!
Dance Central 2でも登場した「タン博士」との対決です。

今回は、対決方法が斬新!何と、秘密組織 Dance Central Intelligence (DCI)のエージェントになってのダンスゲームです。しかも、エージェントになるための試験もあります。とりあえず、イージーで挑戦してみました。いかん!すごい楽しい。

Xbox & Kinect を持っている方は、Dance Central 3 体験版も公開されています。購入前からぜひ、体験してみてくださいね。

2012年10月17日

2012年秋のXbox LIVE アップデートが配信されました

XBox 360がアップデートしました。起動時に表示されるタイルの配置や数が変わっています。2012年10月16日より全世界の Xbox LIVE ユーザーに向けて、システムのアップデートがあったとのことです。

参考:2012 年秋のXbox LIVE アップデートのご案内 - Xbox.com

【Xbox 360 本体のシステムアップデート機能一覧】

  • Xbox UIデザインの変更: タイルの数や配置の変更。統合された「映画とテレビ」メニューなど。
    Xbox 起動時の画面
  • Internet Explorer for Xbox: ご自宅の大画面テレビでインターネット コンテンツを簡単に検索、閲覧が可能。HTML5 ビデオにも対応。(Xbox LIVE ゴールド メンバーシップ対象)
    「アプリ」にある「Internet Explorer」
    Xbox でYahoo!Janan を閲覧
  • おすすめ/星付け: 「おすすめ」は過去の閲覧結果や、他のユーザーが購入したコンテンツ、人気のコンテンツなどの情報を元に、各ユーザーにおすすめのコンテンツを表示します。「星付け」は旧“おすすめ度”で、各コンテンツに1つ星~5つ星をつけられる機能です。
  • ピン留め: お好みの映画、テレビ番組、ゲーム、ビデオ、Web サイトなどを“ホーム”画面にまとめて保存する機能。各コンテンツの画面で“ホームにピン留め”を選択するだけで、ホームの“マイ ピン”に保存し、お気に入りコンテンツをまとめて表示する事が可能。
  • Xbox Video: 数千種類の映画、テレビ番組をレンタルまたは購入方式 (セル方式) で、フルハイビジョン画質で瞬時に再生可能。
  • Bing検索: Bing の検索エンジンにより、ゲームや映画などのエンターテイメント コンテンツを様々なカテゴリーで検索が可能。文字入力と Kinect による音声検索 (アップデート時はベータ版)も対応。本アップデートで新たに Bing 検索が追加されたのは計 12 か国。(フランス、ドイツ、日本、オーストラリア、ブラジル、メキシコ、イタリア、スペイン、オーストリア、ニュージーランド、スイス、アイルランド)
    Bing
  • 新しくなった日本語入力機能: 携帯電話やスマートフォンのような文字入力が可能になりました。先読み変換候補も表示され、入力の手間を減らします。[システム設定] 画面の [本体の設定]、[言語/国や地域]、[言語] メニューから、[日本語 (スマート フォン式入力)] を選んで、お使いください。日本語ならではの特別な機能です。
    携帯電話やスマートフォンのような文字入力
    通常に切り替えるとこんな感じ。
    通常の日本語入力
    しかし、Bing だけのようで、Internet Explorerでは、こんな感じのキーボードが表示されました。
    Internet Explorerでの文字入力

アップデートの配信は、今後数週間にかけて行われるとのこと。まだ、アップデートの知らせが出ていない場合はしばらくお待ちください。

2012年6月16日

Windows 8 RP の Xbox コンパニオンを使ってみた

Windows 8 Release Preview の「Xbox LIVE ゲーム」を見ていて、「Xbox でプレイ」と言う部分をクリックしてみたところ、「Xbox コンパニオン」を取得するよう促されました。そう言えば、Windows 8 Consumer Preview の際は、標準でついていましたけど、見当たりません。

「Xbox LIVE ゲーム」で「Xbox でプレイ」をクリックしたところ

image

「Xbox コンパニオン」を使う場合の制限事項

  • Xbox 360 本体を持っている
  • Xbox 360 本体の電源が入っている
  • PCで利用している Microsoft アカウントがXbox LiveにサインインしているIDと同じ
  • Xbox 360本体で「Xbox コンパニオン」を「使う」に設定済み
  • Xbox 360本体に「Xbox コンパニオン」が接続されているデバイスが3台以下

Xbox コンパニオンは、Xbox 本体をインストールされたPCをリモコンとして使い、操作するものでした。

Windows 8 RP からXbox を操作中 Xbox コントローラー表示

Xbox に Kinect があれば、要らないかなぁ・・・

でも、これで、キーボード操作もできると良いですね。

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ