カテゴリー「Word」の記事

2018年1月13日

Word で「数式エディター」が削除されました

Windows 10 で Word 2016 を使っています。今まで、「数式エディター」を使っていました。本日、使おうと思ったら、いきなりエラーメッセージが表示され使えなくなりました。これは、どうなってしまったのでしょう?

「数式エディター」を使いたい場合は、Word の「挿入」タブで「オブジェクト」を選択。

Word の「挿入」タブで「オブジェクト」を選択
※画像は、Word 2016 のものです。

表示された「オブジェクトの挿入」の「新規作成」タブで「Microsoft 数式 3.0」を選択して、「OK」を押します。

「オブジェクトの挿入」の「新規作成」タブ

これで、「数式エディター」が起動します。

「数式エディター」が起動

さて、このようにして、「数式エディター」を使ったWordの文書ファイルを開き、再度「数式エディター」を使おうと、数式の部分をダブルクリックします。すると、Word から「Microsoft 数式エディターが見つからないため」というエラーメッセージが表示されます。

Microsoft 数式エディターが見つからないため

「ヘルプ」ボタンを押すと、下記ページが開きます。

Error when editing an equation in Office

英語ページでしたので、日本語版のページにしてみましたら、Office 内の数式を編集するときのエラー でした。どうやら、「数式エディター」に脆弱性が見つかったので、削除されてしまったもようです。

参考:【セキュリティ ニュース】MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を(2ページ目 / 全3ページ):Security NEXT

しかし、「昨日まで、使っていたのよ?」と慌てて、「オブジェクトの挿入」の「新規作成」タブを確認してみると、確かに「Microsoft 数式 3.0」が見つかりません。

、「オブジェクトの挿入」の「新規作成」タブに「Microsoft 数式 3.0」が見当たらない

これは、最新の Office 更新プログラムがインストールされた際に、「Microsoft 数式 3.0」が削除されたものと考えられます。

Microsoft としては、数式を入力する際、「挿入」タブの「記号と特殊文字」にある「数式」から「数式ツール」を用意したので、古い「数式エディター」は、脆弱性の問題もあり「もう、使わないでください」ということにしたらしいです。

image

参考:数式を入力、挿入、または変更する - Office サポート

確かに、「脆弱性」と言われてしまうと、つらいものがあります。そうはいっても、この時期、学生さんは、いきなり削除されてしまうと、いろいろ問題があることでしょう。

どうしても、何とかしたい場合。確認してみたところ、この現象が起きる前のバージョンまで戻せば、復活します。この現象が起きるのは、Office 2016の場合、2018年1月9日に配信されたバージョン 1711 ビルド 8730.2175 です。これをひとつ前のバージョン 1711 ビルド 8730.2165 に戻します。

しかし、脆弱性の問題ですので、バージョンを戻して復活させることは、お勧めできません。自己責任の下、下記ページを参考にして作業してください。

参考:以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法

Version and build numbers of update channel releases - Office Support : Office 2016 (英語版)

更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号 - Office サポート : Office 2016(日本語版)

Word 2013 の場合は、下記ページを参考にしてください。

Update history for Office 2013 - Microsoft Office(英語版)

Office 2013 の更新履歴 - Microsoft Office(日本語版)

そして、「数式エディター」を使い終わるまで、しばらく自動更新を止めておきましょう。「ファイル」-「アカウント」と開いて、右側に表示される「製品情報」の下の「Office 更新プログラム」にある「更新オプション」ボタンを押します。表示されたメニューから「更新を無効にする」を選択。

「更新オプション」ボタンを押したところ

「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」を押します。これで、「Office 更新プログラム」が「この製品は更新されません」の表示に変わります。

この製品は更新されません

脆弱性に問題がありますので、「数式エディター」を使う作業が終わり次第、Office 更新プログラムがインストールされるよう設定を変更してください。以降は、「挿入」タブの「記号と特殊文字」にある「数式」を利用してください。

2018年1月13日 15:33 追記:
脆弱性は気になる。でも、Microsoft Equation 3.0 を利用したい場合。サードパーティーの「MathType Lite」(無料)や「MathType」(有料)があるとのことです

MathType desktop for Equation Editor users | WIRIS | math & science

引き続き、数式エディターを利用したい場合は、「MathType」をご利用ください。

2018年1月17日 追記:
日本のOffice support チームから情報が出ました。
数式エディター 3.0 の機能削除について – Office Support Team Blog JAPAN

2018年1月 5日

Surface Laptop の Word で「原稿用紙設定」が使えない

Surface Laptop を購入しました。Surface Laptop に附属していた Office Home and Business 2016 もインストールが完了しました。Word の「原稿用紙設定」を使おうと思ったのですが「レイアウト」タブにボタンが表示されていません。アドインで無効化されていないか確認をしてみましたが、その項目には何も表示されません。これは、どういうことなのでしょう?

Word 2016 で「原稿用紙設定」をしたい場合は、「レイアウト」タブを使います。通常は、こんな感じで「原稿用紙設定」が利用できるようになっています。

Word 2016 の「レイアウト」タブ

ところが、Surface Laptop の Word は、こんな感じの表示になります。

image

Surface Laptop の Word では、「レイアウト」タブに「原稿用紙設定」が見当たりません。一般的に「原稿用紙設定」のアドインが無効化されていると「原稿用紙設定」ボタンが表示されない状態になります。そこで、「ファイル」-「オプション」と進んで、「Word のオプション」の「アドイン」を開きます。

Surface Laptop の「Word のオプション」の「アドイン」

「アドイン」欄に「Microsoft Word 原稿用紙アドイン」が見当たらないのを確認します。下部の「管理」欄を開いて「COM アドイン」を選択し、「設定」ボタンを押します。

image

「COM アドイン」の画面が表示されるのですが、「使用できるアドイン」欄は、空っぽです。

「COM アドイン」

さて、この件は、Surface Laptop の Word で「はがき印刷」が使えない でも紹介しました。Surface Laptop で Office Home and Business 2016 をインストールした際、「Microsoft Store」アプリを使ってインストールしたことでしょう。

「Microsoft Store」アプリの「Office Home and Business 2016」インストール画面

参考:Windows 10 S 搭載 PC 向け Office Home & Business 2016 プレビュー セットアップ – Office

一般的な Office Home and Business 2016 は、「Microsoft Store」アプリを使わず、Web ページからダウンロードしてインストールする「デスクトップ版」です。

ところが、Surface Laptop の Office Home and Business 2016 は、「Microsoft Store」アプリからインストールするストアアプリ版です。このため、一般的なアドインは、追加インストールできないようになっています。

ということで、Surface Laptop の Word では、日本語の編集機能が利用できてもアドインがいっさい利用できないので、「原稿用紙設定」も利用できません。

ただ、「Office ストア」で似たような機能が使えるアプリがありました。「挿入」タブで「ストア」を選択します。

image

「Office アドイン」画面が表示されるので、「原稿用紙」で検索します。すると、「ノート挿入ツール」が見つかります。これを追加してみてください。

image

「ホーム」タブに追加した「ノート挿入ツール」ボタンがが表示されますので、押します。右側に「ノート挿入ツール」が表示されます。

image

「国語」のところで「原稿用紙」が見つかります。選択すると、原稿用紙が表示されました。

image

ただ、デスクトップ版の原稿用紙設定のように、1マスに一文字入力するようにななっていませんでした。

ストアアプリ版 Microsoft Office 製品は、「Office ストア」からしかアドインもインストールできませんので、ご留意ください。

2018年1月6日 追記:
Windows 10 Pro へ移行させると、デスクトップ版 Office Home and Business 2016 がインストールできるとのことです。Surface Laptop でデスクトップ版の Office Home & Business 2016 をインストールしたい を参考にしてみてください。

Surface Laptop の Word で「はがき印刷」が使えない

Surface Laptop を購入しました。Surface Laptop に附属していた Office Home and Business 2016 もインストールが完了しました。Word の「はがき印刷」を使おうと思ったのですがグレー表示になっていて押せません。アドインで無効化されていないか確認をしてみましたが、その項目には何も表示されません。これは、どういうことなのでしょう?

Word 2016 で「はがき印刷」をしたい場合は、「差し込み文書」タブを使います。通常は、こんな感じで「はがき印刷」が利用できるようになっています。

一般的な Word 2016 の「差し込み文書」タブ

ところが、Surface Laptop の Word は、こんな感じの表示になります。

Surface Laptop の Word の「差し込む文書」タブ

「はがき印刷」の部分が、グレー表示になっていて利用できません。

一般的には、「はがき印刷」のアドインが無効化されているとこの「グレー表示」の状態になります。そこで、「ファイル」-「オプション」と進んで、「Word のオプション」の「アドイン」を開きます。

Surface Laptop の「Word のオプション」の「アドイン」

「アドイン」欄に「日本語はがき宛名面印刷ウィザード」と「日本語はがき文面印刷ウィザード」が見当たらないのを確認します。下部の「管理」欄を開いて「使用できないアイテム」を選択し、「設定」ボタンを押します。

「管理」欄を開いて「使用できないアイテム」を選択し、「設定」ボタンを押す

「使用できないアイテム」が表示されます。日本語の編集機能が利用できる Word であれば、ここに「アドイン:wordjpostcardwizard20.connect(mscoree.dll)」が表示されるはずなのですが、Surface Laptop の Word 場合は、何も表示されません。

「アドイン」欄に「日本語はがき宛名面印刷ウィザード」と「日本語はがき文面印刷ウィザード」が見当たらないのに「使用できないアイテム」は空っぽ

念のため「COM アドイン」で「設定」を押してみたのですが、「使用できるアドイン」欄は、やはり空っぽです。

「COM アドイン」

さて、Surface Laptop で Office Home and Business 2016 をインストールした際、「Microsoft Store」アプリを使ってインストールしたことでしょう。

「Microsoft Store」アプリの「Office Home and Business 2016」インストール画面

参考:Windows 10 S 搭載 PC 向け Office Home & Business 2016 プレビュー セットアップ – Office

一般的な Office Home and Business 2016 は、「Microsoft Store」アプリを使わず、Web ページからダウンロードしてインストールする「デスクトップ版」です。

ところが、Surface Laptop の Office Home and Business 2016 は、「Microsoft Store」アプリからインストールするストアアプリ版です。このため、一般的なアドインは、追加インストールできないようになっています。

ということで、Surface Laptop の Word では、日本語の編集機能が利用できてもアドインがいっさい利用できないので、「はがき印刷」も利用できません。「Office ストア」で似たような機能が使えるアプリがあるといいのですが、2018年1月5日現在は、そういったアプリは見つかりませんでした。

Surface Laptop でハガキ印刷をしたい場合、Windows 10S のままでは、「Microsoft Store」アプリからのアプリしかインストールできませんのでまず、Windows 10S から Windows 10 Pro へ移行します。その後、市販の年賀はがき作成ソフトをインストールした方がいいでしょう。Windows 10 Pro への無料切り替え期間は、2018年3月31日までですので、ご留意ください。

参考:Windows 10 S について【Surface Laptop】

2018年1月5日 21:05 追記:
Surface Laptop の Word で「原稿用紙設定」が使えない もどうぞ。

2018年1月6日 追記:
Windows 10 Pro へ移行させると、デスクトップ版 Office Home and Business 2016 がインストールできるとのことです。Surface Laptop でデスクトップ版の Office Home & Business 2016 をインストールしたい を参考にしてみてください。

2017年11月20日

Word 2016 の新機能「学習ツール」が追加されました

Word 2016の「表示」タブに「学習ツール」が追加されています。

Word 2016の「表示」タブ

Word 2016 「表示」タブに「学習ツール」 は、Office Premium や Office 365 Solo といった新機能が追加される「サブスクリプション」タイプで2017年7月に配信されたOffice の更新プログラムで「バージョン 1707 ビルド 8326.2058」から利用可能です。

「学習ツール」を押すと、新しく「イマーシブ」の「学習ツール」タブが追加されます。

image

イマーシブは、Immersive のことで「没入」という意味。学習に没入(「没入」というよりも「集中」かな)できるよう表示などを変更できる機能が組み込まれています。

image

例えば、「列幅」は、4種類の幅を選択できます。

image

目をあまり動かしたくない場合は、「非常に狭い」を選択。

image

広い幅が好みなら、「広い」を選択します。

image

「ページの色」も「セピア」や「反転」と選択可能。

「ページの色」-「セピア」「ページの色」-「反転」

テキストの間隔も広めにできます。なお、「音節」は、日本語に対応していないので利用できません。

さて、「読み上げる」も追加されています。このブログでも何度か Office 製品で音声合成(Text-to-speech :TTS)エンジンを使った読み上げ機能の追加方法を紹介しました。

Office 2010 で読み上げ機能を追加する

Windows 8 のOffice 2013に読み上げ機能を追加してみた

Office 2016 でのやり方は、公式で次のように紹介されています。

複数言語の TTS で読み上げ機能を使用する - Office サポート

しかし、Speech Platform を追加インストールしたり、「読み上げ」コマンドをリボン内などに追加する作業をしたりと面倒でした。しかし、これが、「学習ツール」タブに標準で利用可能になりました。なお、「読み上げる」ボタンは、「学習ツール」だけでなく「校閲」タブ内にも見つかります。

Word 2016の「校閲」タブ

「読み上げる」を押すと、右側に読み上げを制御できるボタンが表示されます。これで、読み上げを止めることや再開、次の段落へ飛ばすことも前の段落に戻すこともできます。そして、現在どこを読み上げているのか、協調表示されます。

image

「設定」を押すと「読み上げ速度」が調整できますし、音声エンジンが複数使える言語の場合は、「音声の選択」で切り替え可能でした。日本語の場合は、1つしか表示されないようです。

image

ただ、日本語で読み上げる場合、少々癖があります。文頭に半角英数字が含まれていると、その段落を英文とみなし、読まずに次の段落に飛んでしまいました。文中に半角英数字が入るように書いてあるといいようです。しかし、段落ごとに、英文と日本文を分けて書いてある場合、音声エンジンが自動的に切り替わりました。英語の部分は英語の音声エンジン、日本語の部分は日本の音声エンジンで読み上げます。英文読み上げ中の音声エンジンは、2種類ありました。

image

また、「閲覧モード」でも、学習ツールが利用できます。

image

「閲覧モード」に切り替えたら、上部の「表示」を押してみてください。メニュー内に「学習ツール」のコマンドが用意されています。

image

参考:What's new in Word 2016 for Windows – Word

Word の学習ツール - Word

2017年11月17日

Word 2016 で「翻訳」が新しくなりました

Word 2016の「校閲」タブにある「翻訳」が新しくなりました。

Word 2016の「校閲」タブにある「翻訳」

表示されるアイコンから「Bing Translator」を使っていることがわかります。

さて、Word 2016 の新しい「翻訳」 は、Office Premium や Office 365 Solo といった新機能が追加される「サブスクリプション」タイプで「バージョン 1710 (ビルド 8625.2121)」になっていると確認できます。

Office Premium の Word 2016 製品情報 バージョン 1710 (ビルド 8625.2121)

利用方法は、こんな感じです。

翻訳して欲しい文書ファイルを開き、「校閲」タブの「翻訳」ボタンを押し、「ドキュメントの翻訳」を選択します。

「校閲」タブの「翻訳」ボタンを押し、「ドキュメントの翻訳」を選択

「インテリジェント サービスを使用しますか?」と表示されます。「オンにする」ボタンを押します。

「インテリジェント サービスを使用しますか?」

右側に「トランスレーター」が表示されます。

image

※テキスト部分は、Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17040 for PC - Windows Experience Blog より

翻訳が完了すると、新しい Word が開いて、翻訳された文書で表示されます。

image

従来の「翻訳」は、翻訳して欲しい部分を選択し、右側に「リサーチ」枠が表示され、翻訳結果が出ます。Word の文書ファイル内に残したい場合は、コピーして挿入する必要がありました。また、これは、長い文章の翻訳はできませんでした。これが、一挙に翻訳できて別ファイルとして保存可能です。

なお、これに伴ってか、従来の「翻訳」にあった「ミニ翻訳ツール」は、Word だけ非表示になっている模様。

他の製品でも確認してみたところ、Outlook では「メッセージ」タブにある「編集」の方の「翻訳」ではなく、「メッセージを翻訳」の方を使うとできました。

Outlook 2016の「メッセージ」タブ右端

右側に「トランスレーター」が表示されメッセージを一挙に翻訳してくれました。

image

しかし、OneNote や PowerPoint、Excel でも確認してみましたが、仕様が違っています。

OneNote 2016 で「校閲」-「翻訳」

PowerPoint 2016で「校閲」-「翻訳」

翻訳して欲しい部分を選択して、「選択した文字列の翻訳」を実行すると、下記のような確認メッセージが表示されます。

image

「はい」を押すと、右側に「リサーチ」が表示され、従来通りの翻訳結果が表示されます。

image

参考:Translate words and documents to another language within Word – Word

別の言語でテキストを翻訳する - Office サポート

2017年9月 9日

入力した半角英数字が見た目と実際で違う :Word / PowerPoint / Excel

Windows 10で Office 2016 搭載機を使っています。Word で資料を作っています。出来上がった資料は、印刷して渡します。Web 上のサイトを見て欲しいところがあるので、資料中にURLを入力しました。念のために、記載されている通りにキーボードで入力してみました。ところが、「リンクが間違っています」と表示されてしまいました。資料のURLを選択し、コピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けると正しく開きます。自分で入力したURLをWordに貼り付けて正しい URL と見比べてみたのですが、どこが間違っているのかわかりません。これは、いったいどうなっているのでしょう?

どんな風になっているのか、実際にその資料を見せてもらいました。細かく見てみましたら、記載されている通りにキーボードで入力したURLには入力ミスがありました。このため、正しいURLではないのでエラーになってしまう現象でした。

でも、どうして正しく入力できないのでしょう?

ということで、Word 2016でその文字を入力してみました。フォント「MS 明朝」、フォントサイズ「20」で同じ文字を6文字ずつ入力しています。上の行と下の行、それぞれ、何を入力したかわかりますか?

フォント「MS 明朝」 フォントサイズ「20」

正解は、上の行が数字の「1」で、下の行が小文字の「l」(エル)でした。しかし、こうやって並べてみても、ちょっと違うけど、下の行も数字の「1」に見えます。

数字の「1」と小文字の「l」(エル)

これは、フォントの問題です。半角英数字に「MS 明朝」を使っていると、こんな風に見えてしまいます。

そこで、フォントを「Calibri」に変更してみました。これで、数字の1と小文字のL(エル)の違いがはっきりしました。

フォント「Calibri」

しかし、小文字の L(エル)ではなく、今度は、大文字の I(アイ)のようにも見えます。そこで、その下に、大文字の I (アイ)を入力したら、やはり見分けがつきません。

小文字の L(エル)と大文字の I(アイ)

またフォントを変えて、今度は「Verdana」にしてみました。すると、3つとも違いがはっきりしました。

image

この現象は、Word だけでなく、PowerPoint や Excel でも同様に起こります。

こんな風に、フォントによって、文字の見た目が変わります。資料をファイルで渡す場合は、URLの文字列からそのままリンク先に飛べることでしょう。しかし、印刷して渡す場合は、見た目が違ってしまうと正しいURLを入力することが困難になります。その文字だけをわかりやすいフォントに変えるといった工夫が必要です。

もしくは、URLをQRコードにしてWordファイルの中に挿入しておくといいでしょう。

2017年5月16日

Word で文書中の全角数字を一括で半角に変換したい

Word 2016で日本語に英単語と数字を入れ混ぜて文書を書いています。「英単語は全角で、数字は半角で入力」というルールがあるのですが、うっかり数字を全角で書いてしまいました。全角数字を半角数字にしたいのですが、どうするといいのでしょう?

例えば、こんな文書をWordで書いたとします。

日本語で英単語と数字も全角の文書

日本語入力の文書で、英単語と数字が全角入力されています。この文書の数字だけを半角入力に変更したいとします。

まず、こういった場合は、Wordの「ホーム」タブ、「フォント」内にある「文字種の変換」機能を使います。

Wordの「ホーム」タブ、「フォント」内にある「文字種の変換」

「文字種の変換」では、選択した文字列を指定した文字種に変換することができます。

「文字種の変換」を開いてみた

しかし、今回の質問の場合、文書中の数字すべてが対象です。全文選択して、「文字種の変換」の「半角」を選択すると、数字だけでなく英字やカタカナまでも半角になってしまいます。

全文選択して、「文字種の変換」の「半角」を選択した場合

そこで、「高度な検索」機能を使って数字だけを選択するよう、指定します。次のようにしてみてください。

  1. Wordを起動します。
  2. 「ホーム」タブにある「編集」で「検索」の右にある▼ボタンを押して「高度な検索」を選択します。
  3. 「検索と置換」が開きます。「オプション」ボタンを押します。
    「検索と置換」
  4. 「あいまい検索(日)」についているチェックを外し、「検索方向」を「文書全体」にします。
    「検索オプション」
  5. 「特殊文字」ボタンを押して、「任意の数字」 を選択します。
    「特殊文字」ボタンを押すと表示されるメニュー
  6. 「検索する文字列(N)」に「^#」と入力されます。
    ※小数点などを含む場合は [^#.^# ] のように、任意の数字と小数点を指定して検索するようにします。
  7.   「検索する場所」ボタン を押して、「メイン文書」を選択します。
    image
  8. 「この条件に合う項目が *** 個あります。」と表示され、文書中の「数字」のみが選択された状態になります。「閉じる」ボタンを押して「検索と置換」を閉じます。
    image
  9. 「文字種の変換」を押して、「半角」を選択します。
    「文字種の変換」を押したところ
  10. 数字だけが「半角」に一括変換されます。
    数字だけが「半角」に一括変換

応用すれば、「検索する文字列」として「任意の英字」(この場合は、「^$」と入力されます) にすることや「半角」になっている英字や数字を「全角」に一括変換することも可能です。

私も「高度な検索」で、検索して選択でができることを知らなかったので、かなり役にたつ方法かと思います。

参考:文章中の全角数字を一括で半角に変換できますか?

2017年4月24日

Word 2016で日本語でも文章校正ができるようになった

2016年12月に Word 2016 で文章校正がうまくできない を紹介しました。2016年12月の頃は、青い二重線のついた部分を右クリックしても文章校正に関する項目が表示されませんでした。

文章校正が表示されない

2017年4月24日に更新プログラムを確認。Office 製品のバージョンは、1703 ビルド 16.0.7927.1020。

Office 製品のバージョン 1703 ビルド 16.0.7927.1020

そして、Word 2016 のバージョンは、16.0.7927.1020 です。
Word 2016 バージョン情報 16.0.7927.1020

この現象を同じ単語で再度確認してみたところ、「揺らぎ」として文章校正してくれるようになりました。

image

文章校正がうまくいかない場合は、Wordを起動して、「ファイル」-「アカウント」の「製品情報」内にある「更新オプション」-「今すぐ更新」を押し、最新バージョンになっているかどうか確認してみてください。

2017年4月13日

Microsoft Office Ver.1702での「名前を付けて保存」

このたび、Office Home and Business Premium 搭載機パソコンを購入しました。Word や Excel、PowerPoint で出来上がったファイルを保存しようと思うのです。「ファイル」から「名前を付けて保存」を開いてみたのですが、ここからどうするといいのかよくわかりません。バージョンは、1702 ビルド 7870.2038 となっています。

Surface Pro3 の Office Home and Business Premium で確認してみました。質問者さんから「バージョン 1702 ビルド 7870.2038」とありましたが、Office 2016 のバージョンが 1700番代になって、「Office 2016」ということがわかりづらくなっています。

さて、「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択するとこんな風に表示されました。なお、画像は、PowerPoint で説明しますが、Word や Excel も似たような感じです。

PowerPointで「ファイル」から「名前を付けて保存」を開いた

「ファイル」から「名前を付けて保存」を開くと、「最近使ったアイテム」が選択されていて、最近その製品で使ったファイルが保存されているフォルダーが見えます。確かに、ここからどうするのだろう?という感じです。そこで、見えているフォルダーをクリックしてみました。

すると、別ウィンドウで「名前を付けて保存」の画面が表示されました。

別ウィンドウで「名前を付けて保存」の画面が表示

この画面を使えば、名前を付けて保存できます。

次に「最近使ったアイテム」の下にある「OneDrive - 個人用」を選択してみました。すると、右側上部に「ここにファイル名を入力してください」欄が表示されました。

「OneDrive - 個人用」を選択した場合

また、この表示は、「このPC」を選択しても同じでした。

「このPC」を選択した場合

「ここにファイル名を入力してください」欄が表示された場合は、その下に利用できるフォルダーが見えます。保存したいフォルダーを選択し、入っていきます。なお、一つ上のフォルダーに戻りたい場合は、「ここにファイル名を入力してください」欄欄の上にある「上矢印」を押すと戻れます。ファイル名を入力して、「保存」ボタンを押すと保存できます。

「ここにファイル名を入力してください」欄

もっと別の場所に保存したい場合は、「参照」ボタンを押します。すると、別ウィンドウで「名前を付けて保存」の画面が表示されます。

「参照」ボタンを押した場合

左側のツリービューやアドレスバーなどを使って、保存したい場所へ移動し、保存します。

なお、「場所の追加」は、デスクトップ版の場合、個人用の OneDrive と 法人用の SharePoint しか利用できません。

なお、「保存」のショートカットキーである Ctrl + S キーは、「ファイル」-「名前を付けて保存」が表示されます。ショートカットキーで別ウィンドウの「名前を付けて保存」を表示させたい場合は、F12 キーを押してみてください。

参考:[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] を使用する - Office サポート

2017年4月 1日

Microsoft Office:「図形」の色や塗りつぶしをよく使うものにしたい

Office 2016を使っています。PowerPoint や Word などで図形を挿入すると、「青」で表示されます。そこで、毎回、自分の好みの色と塗りつぶしに変更しています。これは面倒です。そこで、最初から自分の設定した色や塗りつぶしで図形を挿入することができないものでしょうか?

Microsoft Office 製品では、PowerPoint や Word や Excelでも図形を挿入すると規定に設定されている「色」と「塗りつぶし」で挿入されます。この色が「青」に設定されているので、青で挿入されます。画像は、PowerPoint 2016ですが、Word や Excel も似たような感じです。

デフォルトテンプレートで図形を挿入すると「青」で挿入される

そこで、「色」や「塗りつぶし」などを自分の好みのものに変更します。

図形の塗りつぶしを「なし」、枠を「赤」、太さを「6pt」に変更

しかし、次に図形を挿入すると、既定の色で挿入されてしまいます。

次に図形を挿入すると、既定の色で挿入される

毎回、挿入後に自分の好みの「色」や「塗りつぶし」などに変更するのが面倒です。そこで、変更後の図形で右クリックし、表示されたメニューから「既定の図形に設定」を選択します。

色などを変更した図形で右クリック

これで、以降は、既定にした「色」と「塗りつぶし」などで挿入できます。

既定を変更した後の図形

なお、この設定は、「図形」で有効なので、設定に使った図形だけでなく、他の図形にも引き継がれます。

他の図形を挿入しても規定は引き継がれる

ただし、線は、別です。

「線」を挿入したら、別の色だった

線は、色や太さを変更後、右クリックして「既定の図形に設定」を選択します。 これで、以降は線も設定が引き継がれます。
「線」も規定の色を変更した

しかし、この規定が有効なのは、設定したファイルだけです。新たなファイルの場合は、また、元の既定の色と塗りつぶしで挿入されます。そこで、自分の好みの「色」や「塗りつぶし」などで、ファイルを最初から利用したい場合、オリジナルのテンプレートを作成し、それを使います。次のようにしてみてください。

  1. 挿入した図形をすべて削除します。
    PowerPoint の場合は、スライドの2枚目で「既定の図形に設定」をし、設定完了後、2枚目を削除するといいでしょう。
  2. 「ファイル」-「名前を付けて保存」と進み、保存場所として「参照」を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが開きます。「ファイルの種類」を「PowerPoint テンプレート(*.potx)」に切り替えます。
  4. 保存場所が既定のところへ切り替わります。通常は、PC内のユーザーの「Documents」-「Office のカスタム テンプレート」になるかと思います。
  5. 「ファイル名」欄に、わかりやすい名前を付け、「保存」ボタンを押します。

以降は、新規作成時の画面で「お勧めのテンプレート」から「ユーザー設定」に切り替えます。ご自身の作ったテンプレートを選択して「作成」ボタンを押して、作成を開始します。

Translator


2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ