カテゴリー「Windows 8」の記事

2017年12月 8日

デスクトップ版 Skype for Windows Ver.8 をインストールしてみた

デスクトップ版の Skype for Windows に Ver.8 が出ているとのこと。これは、Windows 7 と Windows 8/8.1 で利用可能です。Windows 10 では、利用できないとのことなので、Windows 7 でインストールしてみました。

Skype をダウンロード 

Windows 7やWindows 8.1でアクセスした場合のSkype for Desktop ダウンロードページ

インストールが完了して、サインイン画面から確認してみました。「Skype へようこそ」画面はこんな感じ。従来のデスクトップ版 Skype とは全然違います。「Microsoft アカウントでサインイン」を押します。

Skype for Windows Ver.8 「Skype へようこそ」画面

「サインイン」画面が表示されます。入力欄には「メール、電話、またはSkype」とあります。この入力欄には、Microsoft アカウントにしたメールアドレス、Microsoft アカウントにした電話番号、そして、Skype IDを入力します。先のようこそ画面に「Microsoft アカウントでサインイン」とありましたが、Microsoft アカウントと連携させていない Skype ID でもサインインできました。

Skype for Windows Ver.8 「サインイン」画面

初めてサインインした場合の設定確認画面はこんな感じ。

Skype for Windows Ver.8 セットアップ画面

起動すると、こんな感じ。まるで Windows 10 ストアアプリ版の Skype のようです。

Skype for Windows Ver.8 起動

デスクトップ版なのに、メニューバーがありません。しかし、Alt キーを押すとこんな感じで表示されます。

Alt キーを押したらメニューバーが表示

「ツール」から「設定」を開くとこんな感じ。かなり違っています。

「ツール」から「設定」上部「ツール」から「設定」下部

その他のメニューバー内の項目も、従来の Skype とは全く違っていました。まるで、ストアアプリ版のSkypeのような感じです。

どうしても、使いづらいと感じる場合は、従来の Skype に戻すことも可能です。Skype をダウンロード ページにアクセスします。

Windows 7やWindows 8.1でアクセスした場合のSkype for Desktop ダウンロードページ

「Skype for Windows をダウンロード」の右にある下向き三角ボタンを押すと開きます。「従来の Skype をダウンロード」を選択してダウンロードし、上書きインストールしてみてください。

「Skype for Windows をダウンロード」を開いたところ

2017年4月29日

Surface 2:LINE アプリがインストールできません

Surface 2 の Windows 8.1 RT を使っています。LINE アプリを使おうと思い、ストアで「インストール」ボタンを押しました。そうしたところ、「このアイテムは利用できなくなりました。」と表示され、インストールできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

我が家の Surface 2で現象を確認してみました。既に、LINE アプリがインストール済みの場合は、利用可能でした。

しかし、Surface 2 にもう一つアカウントを増やして確認してみたところ、LINE アプリがインストールされていませんでした。「ストア」アプリで確認すると、「LINE」は見つかるのですが、「インストール」ボタンを押すと、確かに「このアイテムは利用できなくなりました。このアイテムは削除されたため、Windows ストアから購入できなくなりました」と表示されました。

「LINE」で「インストール」ボタンを押してみた

このアイテムは利用できなくなりました。このアイテムは削除されたため、Windows ストアから購入できなくなりました

そこで、LINE のヘルプでWindows 8の項目を確認してみたところ、こんなお知らせが見つかりました。

【重要】サービス終了のご案内

2017年7月3日(月)から以下のOSにおけるサービス提供を終了することとなりましたのでお知らせいたします。
※新規登録につきましては2017年4月27日(木)から中止させていただきます。

対象OS

- BlackBerry
- Firefox
- NokiaAsha
- Windows 8 Metro

iOS、Android、PCでご利用頂く場合は、以下のリンク先からLINEをダウンロードしてください。
※Windows 8は除く
ダウンロードはこちら

なお、iOSやAndroidなど、別のOSで引き続きLINEをご利用される場合は、事前にアカウント引き継ぎ設定が必要となります。
アカウント引き継ぎ設定方法はこちら

また、同時に、スマートフォンの LINE アプリにもLINE公式からこんなメッセージが届いていました。

お知らせ
Windows 8 Store版LINEサービスの終了
いつもLINEをご利用いただきありがとうございます。
この度、Windows 8版LINEは、2017年7月3日をもってサービスを終了することになりました。
引き続きLINEをご利用いただくには、Windows版LINEのインストールが必要です。
これまでWindows 8版LINEをご利用いただきありがとうございました。
今後もLINEをよろしくお願いいたします。
[Windows版LINEのインストール]
ブラウザのアドレスバーに「https://lin.ee/1Jvn9WJ」を入力するか、
「http://line.me/download」にアクセスして、Windows版LINEの最新バージョンをインストールしてください。

確認してみたところ、ストアアプリ版は、Windows 10 用のみの配信になっています。Web ページのお知らせにも「2017年4月27日(木)から中止」とあるように、もう、Windows 8/8.1用は「ストア」アプリから削除されていて、ありません。

そして、Windows では、デスクトップ版のLINEアプリも使えます。しかし、Surface 2は、デスクトップ版がインストールできないので、ファイルをダウンロード後、インストールしようとすると「このアプリはお使いの PC では実行できません この PC で使用できるアプリを Windows ストアで探してください。」というメッセージが表示されます。

Surface 2でデスクトップ版の LINE アプリをインストールしてみた場合

このアプリはお使いの PC では実行できません この PC で使用できるアプリを Windows ストアで探してください。

Surface 2 で、LINE アプリのインストールは、できません。現在、ご利用中の場合も2017年7月3日(月)以降から、利用できなくなることでしょう。どうしても LINE を利用したい場合は、デスクトップ版がインストール可能な Windows 搭載機に乗り換えるか、対応しているスマートフォンでご利用ください。

2016年3月 4日

画面上に青い枠が表示される

Windows 10を使っています。いつのころからか、画面に青い枠が表示されるようになりました。これは、いったい何が起きているのでしょう?

「青い枠」というのは、こんな感じかと思います。

画面に表示される青い枠

これは、コンピューターの簡単操作センターにある「ナレーター」が有効になっている場合に表示されます。現在、選択中の部分を青い枠で囲み、該当部分を音声ガイドします。しかし、スピーカーがミュートになっていると、音声ガイドしていることに気づかず、「何かモニターの不具合?」と思う方が多いようです。

「ナレーター」は、Windows 8以降から Win+Enter キーを押すと起動します。終了したい場合は、Ctrl + Alt + Esc キーか Win+Enter キーを押してみてください。

2015年12月15日

Windows 8.1/RT 8.1で OneDrive の容量を軽くしたい

Windows 8.1を使っています。Cドライブの容量が小さいので空き容量を確保したいと思い、何に使っているのか調べてみました。すると、かなりの容量を OneDrive で使っていることがわかりました。Windows 7の OneDrive アプリでは、利用できるフォルダーを選択できました。Windows 8.1でも、そのような感じで、OneDriveで使っている容量を少なくすることはできませんか?

通知領域にある「OneDrive」アイコンを右クリックして、「設定」を選択します。Windows 7 や Windows 8の場合は、「アカウント」タブがあり、「このデバイスで同期するフォルダを選択」の「フォルダーの選択」ボタンを押すと、OneDrive上のフォルダーと利用中のパソコンで同期するフォルダーを選択することができます。

Windows 7の OneDrive アプリの設定

しかし、同じようにして、Windows 8.1で、OneDriveの「設定」を選択しても、「アカウント」タブがありません。なお、これは、Windows RT 8.1でも同様です。

Windows 8.1の OneDriveの設定

ただし、この設定は、Windows 10で復活しています。Windows 10であれば、パソコンと同期したい OneDrive上のフォルダーを選択できます。

image

さて、Windows 8.1 や Windows RT 8.1では、OneDrive がシステムに組み込まれているので、アンインストールしてから、Windows 7の OneDrive アプリをインストールすることはできません。

そこで、Windows RT 8.1 のOneDriveでは、OneDrive 上に保存されているすべてのファイルを完全にダウンロードするのではなく、必要な時にダウンロードして使うということもできます。なお、この件は、Windows 8.1でも同様です。

Windows 8.1の OneDriveの「設定」からする方法と OneDreive アプリから設定する方法、そして、エクスプローラーから設定する方法の3通りあります。どれか1つで設定してみてください。次のようにします。

OneDriveの「設定」から設定

  1. 通知領域の「OneDrive」アイコンを右クリックして、表示されたメニューから「設定」を選択します。
    通知領域に「OneDrive」アイコンが見当たらない場合は、「隠れているインジケーターを表示します」を押します。
  2. 「設定」タブの「ファイルをオンラインのみで使う」ボタンを押します。
    「設定」タブ

OneDreive アプリから設定

  1. OneDrive アプリを起動します。
    インターネットにつながっていなくても利用できるフォルダーやファイルには、「パソコンと雲」の印がついています。これが、容量を取っています。
    パソコン内に保存されていることを示す「パソコンと雲」の印がついたフォルダー パソコン内に保存されていることを示す「パソコンと雲」の印がついたファイル例
  2. 「設定」-「オプション」と進みます。
  3. 「すべての OneDrive ファイルにオフラインでアクセスする」が「オフ」になっているのを確認し、「ディスクの空き容量を増やす」の「ファイルをオンラインでのみ使う」ボタンを押します。
    OneDrive アプリの「設定」-「オプション」

エクスプローラーから設定

  1. エクスプローラーを起動します。
    エクスプローラーでインターネットにつながっていなくても利用できるフォルダーやファイルは、「表示」タブで「詳細表示」にすると「利用可能性」で「オフラインで利用可能」と表示されます。これが、容量を取っています。
  2. 「OneDrive」を右クリックして「オンラインでのみ使用する」を押します。
    「OneDrive」を右クリック

以上で、OneDrive 上のファイルは、OneDrive アプリやエクスプローラーで表示されますが、実体はパソコン内にありません。容量の軽いアクセスするためのファイルだけになります。利用する場合は、その都度、パソコンをインターネットに接続し、オンライン上で閲覧するか、使いたいファイルを右クリックして「オフラインで使う」もしくは「オフラインで使用する」を選択、ダウンロードしてから使います。使い終わったら、また「オンラインでのみ使う」もしくは「オンラインでのみ使用する」をしておくといいでしょう。

もしくは、もっと徹底的に OneDriveを利用できないようにしたい場合は、下記 Web ページを参考にしてみてください。

参考:OneDrive をオフにするかアンインストールする - Office のサポート

2015年12月13日

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き)

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」 の続き。

まだ、米国も日本の日曜日で休みなのでしょう。Microsoft からのWeb上でのお知らせは見つかりません。唯一、マイクロソフト コミュニティでフォーラムモデレーターさんからの見解が上がったのみです。

マイクロソフト コミュニティ: "メール サービスに関する重要なお知らせ" というメールが着信しました。これは正規のメールでしょうか?

これで、本当に正式な Microsoft からのメールであることはわかりました。また、先のお知らせメールと総合して考えると、次のような感じになるでしょう。

  • 影響するのは、@outlook.com、@hotmail、@live、@msn といった MicrosoftのWebメール
  • Windows Live Essentials 2009 および Windows Live Essentials 2011 はサポート終了。Windows Live メール 2012にアップグレードして KB3093594 をインストールする
  • Windows 10では、Windows Live メールが使えない(使えなくなる)。
  • Windows 8/8,1/10で、MicrosoftのWebメールを送受信したい場合は、ストアアプリ版の「メール」アプリを使うか、Outlook.com へアクセスする
  • Windows 7、Windows 8、および Windows 8.1は、Windows 10へアップグレードして欲しい

疑問点は、Windows 7や Windows 8/8.1で、Windows Live メール を使い続けてもいいかどうかです。使い続けたい場合は、メール本文中にもある Windows Live Essentials Mail 2012 用の更新プログラム (KB3093594) をインストールするとのことですが、Windows Live メール をアップデートすると不具合が発生したという報告が マイクロソフト コミュニティに報告されるようになりました。これらの報告をOSごとにまとめるとこんな感じです。

Windows 10

Windows 10にKB3093594を入れると不具合が発生します。KB3093594のシステム要件にもあるように、Windows 10はサポートされるオペレーティング システムに入っていません。この更新プログラムは、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1用とみた方がいいでしょう。

Windows 7

OS不明

また、この件は、日本だけでなく海外の マイクロソフト コミュニティ でも質問として挙がっていました。

Microsoft Community: Live Mail 2012

Windows 10は、Windows Live メールの利用をあきらめて他のメールソフトに乗り換えた方がいいでしょう。また、Windows 7 や Windows 8/8.1で、Windows Live メールに問題が発生していない場合は、しばらく様子を見た方がいいでしょう。

2015年12月19日 追記:
KB3093594 のサポート技術情報に更新プログラムの修正が入ったという情報が追加されています。しかし、まだ次のような既知の問題があります。

問題 1: (2015 年 12 月 17 日前にリリースされました) をこの更新プログラムをインストールした後開始後すぐにプログラムがクラッシュすることを見つける可能性があります。
ソリューション: マイクロソフトの原因を特定するには、適用可能なプラットフォーム上での影響を受けるユーザーの問題を修正する修正プログラムをリリースしました。この問題を解決するには、2015 年 12 月 17 日にリリースされているこの更新プログラムをインストールします。
問題 2: 2015 年 12 月 17 日にリリースされているこの更新プログラムをインストールした後メールの同期に関する問題が発生する可能性があります。
この問題は、サーバー側の問題のために発生します。マイクロソフトはこの問題を調査しては、詳細についてはこの資料の情報が使用可能になったとき。

2015年12月25日 追記:
もうちょっとわかったことがあります。Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き2)でどうぞ。

2016年5月22日 追記:
新たに「Windows Live メール 2012 ユーザーの方に必要な手続き」というメールが届きました。詳細は、Windows Live メール 2012 ユーザーの方に必要な手続き でどうぞ。

2016年8月10日 追記:
Windows Live メールで送受信できないという現象がある場合、新システムへ移行が完了しているアカウントです。詳細は、Windows Live メールで送受信できない でどうぞ。

2017年1月11日 追記:
Windows Live メールを含む、Windows Essentials 製品のサポートは、2017年1月10日で終了しました。何らかのトラブルが起こっても、どうすることもできません。まだ。お使いの場合は、早急にアンインストールすることをお勧めします。
Windows 10:Windows Essentials のアンインストール
  

2015年12月12日

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」

2015年12月12日、Windows Live メール 2012のサインインに使っている Microsoft アカウント宛に「メール サービスに関する重要なお知らせ」というメールが届きました。

メール サービスに関する重要なお知らせ

次のように書いてあります。なお、ハイパーリンクは、あえて外しました。

Windows Live メール 2012 をご利用いただいているお客様へ
今後数週間の間に、@outlook.com、@hotmail、@live、@msn メール アカウントに影響する可能性のある、メール サービスの更新作業を予定しております。 この変更により、お使いの Windows Live メール 2012 アプリケーションにメールが配信されなくなります。
Windows Live メール 2012 で引き続きお使いのアカウントのメールを送受信するには、こちらで公開されている最新のアップデートをインストールしていただく必要があります。
Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 で Windows Live メール 2012 をお使いの場合は、Windows に組み込みのメール アプリに切り替えて、Windows 8/8.1 と Windows 10 でつながりを保ち、最新機能を利用できるようにすることをお勧めします。
Windows Live Essentials 2009 および Windows Live Essentials 2011 はサポートされていないので、Windows 8/8.1 または Windows 10 にアップデートして、メール アプリまたは www.outlook.com をご利用いただく必要があります。 メール アプリの詳細については、こちらをクリックしてください。

また、Windows 7、Windows 8、および Windows 8.1 で Windows Live メール メールをお使いのすべての方には、Windows 10 にアップグレードし、組み込みのメール アプリを使用して、つながりを保って、最新機能を利用できるようにすることをお勧めします。
本メールは、後で参照できるように保管することをお勧めします。
今後とも Windows Live メールをご利用いただけますようお願い申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします
Outlook チーム

このメールは、outlook@communication.microsoft.com から届いています。Outlook.com で確認すると、緑の盾が表示されており「信頼された差出人」からのメールであることがわかります。

「信頼された差出人」からのメール

また、各ハイパーリンクは、http://communication.microsoft.com/Key-数字と文字列 という感じで、リンク先は公式のところへ飛びました。

しかし、お知らせは、このメールだけです。2015年12月12日 10時現在、Microsoft からの公式サイトでは、メールと同じ内容のお知らせ Web ページは見つかりませんでした。

とはいえ、最近の Windows Live メール 2012は、非常に不具合が多いです。OSがWindows 10になってなおさらひどくなっています。

私自身は、既に Windows Live メール でのメールの送受信は行っていません。RSS リーダとして使っているだけです。Windows 8.1のころから、もう限界だと思い使わなくなりました。

この件関しては、またわかり次第またお知らせいたしますが、まだ、Windows Live メール をお使いの方は、早急に他のメールソフトに乗り換えることをお勧めします。

2015年12月12日 17:50 追記:
「こちらで公開されている最新のアップデート」は、KB3093594 です。しかし、これをインストールすると Windows Live メール 2012が不都合を起こすという報告がいくつか上がっています。
マイクロソフト コミュニティ: Windows Live メール 2012更新プログラム (KB3093594) したら異常終了するようになった

マイクロソフト コミュニティ: 今朝、outlook.com から以下のメールが来たので

2015年12月12日 22:50 追記:
マイクロソフト コミュニティにこの件に関する情報が出ました。
マイクロソフト コミュニティ: "メール サービスに関する重要なお知らせ" というメールが着信しました。これは正規のメールでしょうか?
ただ、まだ正式な情報ではないようですが、メール本文中にある更新プログラムは、Windows 7,Windows 8,Wiindows 8.1用であり、Windows 10には入れない方がいいとのことです。

2015年12月13日 10:00 追記:
このメールは、Windows Live メールをご利用中の方全員に配布されているわけではないとのことです。Windows Live メールのサインインに使っている Microsoft アカウント宛に届いているとのことです。また、サインインして使っていても、その Microsoft アカウントがプロバイダーのメールアドレスや Microsoft 以外のWebメールの場合は、その Microsoft アカウントで Outlook.com にアクセスして確認してみてください。

2015年12月13日 16:30 追記:
この続きは、Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き) でどうぞ。

2015年6月19日

Windows 8.1の Skype for modern Windows がサインインできなくなる!

Skype から「お使いのコンピュータで Skype の優れた機能を使用する」というタイトルのメールが届きました。

Skype からの「お使いのコンピュータで Skype の優れた機能を使用する」というタイトルのメール

それには、こんな風に書いてあります。

現​在​お​使​い​の Windows 8 デ​バ​イ​ス​で、​Skype for Windows デ​ス​ク​ト​ッ​プ​と Skype for modern Windows の 2 つ​の Skype for Windows ア​プ​リ​に​サ​イ​ン​イ​ン​さ​れ​て​い​る​よ​う​で​す。​
今​後​お​使​い​い​た​だ​け​る​ア​プ​リ​は 1 つ​だ​け​に​な​り、​そ​れ​が​マ​ウ​ス​と​キ​ー​ボ​ー​ド​で​も、​タ​ッ​チ​操​作​で​も​使​用​で​き​る​よ​う​に​な​り​ま​す。 現​在​の Skype for Windows デ​ス​ク​ト​ッ​プ ア​プ​リを​そ​の​ま​ま​ご​利​用​く​だ​さ​い。 こ​の​ア​プ​リ​に​は、​画​面​共​有​や​グ​ル​ー​プ ビ​デ​オ​通​話​な​ど​の​コ​ミ​ュ​ニ​ケ​ー​シ​ョ​ン​に​役​立​つ​機​能​が​追​加​さ​れ​ま​し​た。 ま​た、​チ​ャ​ッ​ト​の​会​話 (30 日​以​内​の​履​歴​) や​連​絡​先​も​通​常​ど​お​り​表​示​さ​れ​ま​す。​
注​: 2015 年 7 月 7 日​以​降、​Skype for modern Windows ア​プ​リ​に​は​サ​イ​ン​イ​ン​で​き​な​く​な​り​ま​す。​

確かに、私のWindows 8.1には、Skype をデスクトップ版とストアアプリ版の両方をインストールしてあります。
ストアアプリ版とデスクトップ版のSkype タイル

ストアアプリ版 Skype

Windows 8の頃から、そういう風にしていましたが、Windows 8 にストアアプリ版とデスクトップ版の両方のSkypeを入れた場合 で紹介したように、両方を起動したままにすると問題があります。そこで、必要に応じて、ストアアプリ版、デスクトップ版と切り替えて使っていました。Windows 8.1になっても、この現象は修正されず、今後どうするのだろう?と思っていました。ここにきて、デスクトップ版の方を残すことにしましたか!

デスクトップ版 Skype 分割ウィンドウビュー

さて、Windows 8や Windows 8.1で、まだデスクトップ版のSkypeを持っていない場合は、Skype.com へアクセスして、「Skype をダウンロード」を押します。
日本語版 Skype.com

どのデバイスのSkypeをダウンロードするか選択できます。ここで「コンピューター」を選択して、「Skype for Windows デ​ス​ク​ト​ッ​プ​を​ダ​ウ​ン​ロ​ー​ド」を押して作業します。
Skype ダウンロードページ

デスクトップ版 Skype は、サインインに「Skype名」(Skype ID)や Microsoft アカウント、そして、Facebook アカウントでもサインイン可能です。

デスクトップ版 Skype のサインイン画面

都合に合わせてサインインを変更してみても、いいかもしれませんね。

なお、ストアアプリ版の Skypeをアンインストールするには、Skype アプリを閉じてから、タイルを右クリックして「アンインストール」を選択します。

Skype タイルを右クリックしたところ

なお、Surface RT/2といった、Windows RT 8.1の場合は、デスクトップ版がインストールできませんので、そのままストアアプリ版が利用可能とのことです。実際にどうなるのかは、また、7月7日に確認してみましょうね。

参考:Skype for modern WindowsからSkype for Windowsデスクトップにアップグレードする方法を教えてください。

2015年7月12日 追記:
7月7日を過ぎてしまいましたが、どうなるのか確認してみました。Windows 8.1の Skype for modern Windowsを起動してみたら! でどうぞ。

2015年5月 5日

Windows Media Center の今後について

2015年4月29日からサンフランシスコで開催された Build 2015で、Windows Media Center が Windows 10に搭載されないことが判明しました。

R.I.P., Windows Media Center | ZDNet

Windows 10 is going to kill off Media Center, Microsoft confirms | TechRadar

Windows 7/8/8.1 で Windows Media Center 搭載機をWindows 10へアップグレードすると、機能が削除されるようにもなっています。

Windows Media Centerは「Windows 10」で提供されず終了

Windows Media Center が利用できるのは、Windows 8.1 までです。

2015年3月25日

Win 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく現象の修正プログラムがWUで配信

Windows 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく現象の修正プログラム の続き。

Windows 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく現象の修正プログラムが Windows Update で配信されています。

3033889 の更新プログラムが Windows のエクスプ ローラーで、日本語または韓国語の IME を使用するシステムに応答を停止するには

Windows 8/8.1 の Windows Update で確認すると、「KB3048778」が「オプション」で見つかることでしょう。

コントロールパネルの「Windows Update」

PC設定の「Windows Update」

必要に応じて、インストールしてみてください。

2015年3月17日

Windows 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく

2015年3月の Windows Update 以降辺りから、Windows 8/8.1で次のような不都合が発生するという報告が入ってきました。

  • 日本語で文字入力すると、画面上ではキー入力から遅れて、一字一字順番にゆっくりと表示される
  • Windowsのタスクバーの辺りに触れるとフリーズする
  • エクスプローラー関連の機能を実行するとフリーズする

日本語版や韓国版、中国版といった2バイトの Windows で起きている現象らしく、英語版 Windowsでは起きていません。2015年3月に配信された KB3033889 が原因らしく、どうやら Windows 8/8.1 のMicrosoft IME と相性が悪くて不具合が起きている模様。

KB3033889 をアンインストールしてみた方の情報によると、現象が落ち着くそうですが。重要な更新プログラムなのでインストールを促されるとのことです。

そんな中、入力言語を「日本語」から、いったん「英語」に切り替えると、現象が修正できるという情報が入りました。早速、確認してみたところ、問題が起きていたパソコンがすんなり収まってしまいました。ただそのためには、事前にWindows 8.1の「言語」で「英語(米国)」を追加して、「英語(米国)」の言語パックがインストールされている必要があります。
参考:Windows 8.1で「言語」を追加して利用する
Windows 8の場合は、コントロールパネルの「言語」で「言語の追加」から「英語」の「英語(米国)」を追加し、言語パックもインストールします。

  1. Windows キーを押しながらSpace キーを押します。画面右側に下記のような切り替えメニューが表示されます。
    Win+Space キーを押したところ
  2. Windows キーを離さずにスペースキーをポンポン通すと言語が入れ替わりますので、「日本語」から「英語(米国)」に切り替えます。
  3. 文字入力できるアプリケーションを起動して、もたつくことなく文字入力(アルファベットと数字)できることを確認します。
  4. 再度、Windows +Space キーを押して、「英語(米国)」から「日本語」に戻します。

現象がどうなったか確認します。我が家では、これで、日本語入力しても、もたつかなくなりましたし、タスク バーやエクスプローラーのフリーズも起こっていません。

2015年3月17日 20:30 追記
現象を回避するために、KB3033889 のアンインストールを勧める情報もよく見かけます。しかし、KB3033889 は「最大深刻度」が「緊急」の更新プログラムで、「リモートでコードが実行される」という不具合から回避するものです。
参考:2015 年 3 月のセキュリティ情報 (月例) - MS15-018 ~ MS15-031 - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs
アインインストールは自己責任です。そして、アンインストール後は、不用意に不審なサイトやファイルを開かないという自己対策が必要です。

2015年3月18日 6:30 追記
紹介した方法では、現象が回避できないという報告をいただきました。私の環境では、「英語」の言語パックも入れています。「言語」に英語キーボードを追加しただけでは現象を回避できないのではないかと考えられます。言語パックもインストールするという情報も追加しました。

2015年3月18日 13:30 追記
この現象を修正するプログラムが公開されました。詳細は、Windows 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく現象の修正プログラム でどうぞ。

2015年3月25日 追記
この現象を修正する更新プログラムが Windows Update で配信されました。Win 8/8.1でタスク バーがフリーズする日本語入力がもたつく現象の修正プログラムがWUで配信

より以前の記事一覧

Translator


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ