カテゴリー「Windows 10」の記事

2018年12月 1日

Windows 10 で「ファイル暗号化の証明書とキーをバックアップしてください」と表示された

Windows 10 を使っています。通知が表示されたので開いてみると、「ファイル暗号化の証明キーをバックアップしてください」のことでした。どんなファイルのバックアップなのかを調べてみたところ、Microsoft IME の Outlook に関するシステム辞書でした。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 で Office Outlook 2013/2016/2019/365 を使っていると、こんな感じの「暗号化ファイル システム」が開くとのことです。

「暗号化ファイル システム」

これが何なのかを調べるには、コマンドプロンプトを使います。

参考:"ファイル暗号化の証明書とキーをバックアップしてください" と表示される: パソコンのツボ ~Office のTIP

調べてみると、「Microsoft IME の詳細設定」-「辞書/学習」の「システム辞書」に Outlook 関係の辞書が追加されていることがわかりました。

、「Microsoft IME の詳細設定」-「辞書/学習」の「システム辞書」に Outlook 関係の辞書

これらの Outlook 関係のシステム辞書のバックアップを取っておく必要があるかどうかですが、必要ありません。こういった IME のシステム辞書は、バージョンが違うと利用できないことがあります。

「暗号化ファイル システム」では、「キーをバックアップしない」を選択してください。

利用している Outlook の「連絡先」を参照しているシステム辞書です。システム辞書のバックアップを取ってあっても、Outlook の連絡先が更新されてしまえば、古くなってしまいます。Outlook の連絡先が Outlook.com といったクラウド上に保存されているのでしたら、バックアップを取る必要はなく、再セットアップすれば自動的に同期されます。どうしてもバックアップを取っておきたいのでしたら、IME のシステム辞書の方ではなく、Outlook の「連絡先」の方でしょう。

参考:連絡先をバックアップする - Outlook

2018年11月26日

Surface GO などで Windows 10 Sモードを解除できない

Surface Go を購入しました。Windows 10 S モードをオフにしようと、「Microsoft Store」アプリを開いて「入手」→「インストール」進みました。しかし、「問題が発生し、アップグレードを開始できませんでした。」というメッセージが表示されてしまいできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 Sモードに関しては、私のブログでも Windows 10 Sモードについて(Ver.1803) で紹介しました。Windows 10  in S mode から Windows 10 Pro もしくは、Home への移行はいつでも無料です。「設定」-「更新とセキュリティ」-「ライセンス認証」で切り替えることができます。

「Microsoft Store」アプリの「S モードをオフにする」で、「入手」ボタンを押して、「インストール」と進むわけですが、2018年11月24日ごろから下記のように「再実行してください」と表示されてしまいます。

「Microsoft Store」アプリの「S モードをオフにする」で「再実行してください」と表示される

この現象は、世界的に発生しており、Surface GO だけでなく Surface Laptop でも同様です。

Surface Go s mode - Microsoft Community (英語圏)
SurefaceGOのSモードがオフにしようとするとインストールで失敗する - マイクロソフト コミュニティ

Microsoft のサーバーの問題です。しばらく待ってみてください。

2018年11月27日 追記:
Windows 10 Sモードの解除ができるようになったという情報が入りました。
SurefaceGOのSモードがオフにしようとするとインストールで失敗する - マイクロソフト コミュニティ
ご確認ください。

2018年11月23日

Skype のチャット画面だけ文字を大きくしたい

2018年10月27日に Skype のチャットで文字を大きくしたい を紹介しました。

Skype のバージョン 8.33.0.55 では、デスクトップ版であればショートカットキーで、Skype 全体のテキストサイズが変更できました。しかし、ストアアプリ版では、ショートカットキーでのテキストサイズの変更はできませんでした。

さて、Skype のバージョンが 8.34.0.81 になりましてSkype でチャット画面だけのテキストサイズだけが変更できるようになりました。

Skype のバージョン 8.34.0.81

これは、デスクトップ版とストアアプリ版の両方でできます。次のようにします。

  1. 「・・・」-「設定」を選択
  2. 「メッセージング」を選択。
  3. 「テキストのサイズ」が見つかります。
    「設定」-「メッセージング」
  4. 下向き矢印を押して「標準」から「大」や「大きい」などに切り替えます。
    「テキストのサイズ」の下向き矢印を押してみた

2018年11月18日

「メール/カレンダー」と「To-Do」が連携!

Windows 10 の「メール」アプリを起動したら、下部に見慣れぬアイコンがあるのに気がつきました。いつの間にか「To-Do」アプリと連携しているようです。

「メール」アプリの左下

To-Do は、https://to-do.microsoft.com/ にサインインすると利用可能です。毎日の予定を立てて、把握し、優先順位をつけて完了するのに役立ちます。

To-Do アプリ起動

「To-Do」アプリを持っていない場合は、「メール/カレンダー」アプリの「To-Do」アイコンを押すと入手可能です。

Microsoft To-Do を入手 - Microsoft Store ja-JP

Microsoft To-Do 入手画面

スマホ用のアプリもありますから、出先からでも確認することができますよ。

‎Microsoft To-Do on the App Store

Microsoft To-Do: リスト、タスク、アラーム - Google Play のアプリ

参考:Microsoft の To Do リスト アプリ | Office 365

2018年11月14日

Windows 10 の LINE アプリが自動的に起動する

Windows 10 を使っています。パソコンを再起動すると、LINE アプリの「ログイン」画面が起動するようになりました。これは、どういうことなのでしょう?どうすると、この画面が自動起動しないようにできるのでしょうか?

LINE アプリのこういう画面が起動してくるのだと思います。

LINE アプリの「ログイン」画面

2018年11月10日頃から、この現象が起きているとのことです。

参考:【Windows 10】「勝手にLINEがインストールされていた」の声が増加中(2018年11月11日) | LINEの仕組み

LINE を使っていない方のPCでも現象が起きているとのこと。「Microsoft Store」アプリでの自動インストールされたものか、「お勧め機能」からきているものか?はっきりしないのですが、いきなり「ログイン」画面が表示されるのは、困ります。

LINE を使っていない場合は、「アンインストール」してしまってもいいでしょう。「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「LINE」を選択すると表示される「アンインストール」を押します。

「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」の「LINE」

LINE アプリを使っていて、このいちいち起動する「ログイン」画面を止めたい場合は、次のようにします。

  1. 「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「LINE」を選択し、「詳細オプション」を押す。
  2. 「ログイン時に実行する」が「オフ」にできるようなら、切り替える。
    できない場合は、「スタートアップ タスクを構成する」を押す。
    「ログイン時に実行する」
  3. 「設定」-「アプリ」-「スタートアップ」が開くので「スタートアップ アプリ」の「LINE」を「オフ」にする
    「設定」-「アプリ」-「スタートアップ」

以上で、パソコンを再起動し、現象がどうなるか確認します。(はぁ。やれやれ、収まりました。

2018年11月29日 追記:
この現象は、Microsoft がユーザーのニーズなどに合わせて選んだお勧めアプリを自動でインストールする Windows 10 の機能であり、仕様ということがわかりました。

参考:いつの間にか「LINE」アプリがインストールされる現象はWindows 10の仕様だった - やじうまの杜 - 窓の杜 より

お勧めアプリの自動インストールを防ぎたい場合は、「ストア」アプリの設定画面を開き、[アプリを自動的に更新]スイッチを“オフ”にする必要があります。ただし、このスイッチを“オフ”にすると他のインストール済みアプリの自動更新が行われなくなるため、アプリを常に最新の状態に保つことができなくなってしまいます。

参考:「LINEが勝手にインストールされた」Windows 10の“おせっかい機能”不評 - ITmedia NEWS

秋のおすすめアプリにLINEが選ばれたのはあくまでマイクロソフトの判断で、LINEは無関係だ。LINEは「当社でも状況は把握しているが、LINEとしては対応策はない」と話している。

2018年11月12日

Office Premium の起動画面が新しくなった

Windows 10 で使っている Office Home and Business Premium の起動画面が新しいものになっているのに気がつきました。

以前は、こんな感じでした。

従来の起動画面

それが、こんな風になりました。

新起動画面

起動画面から「アカウント」や「オプション」に入れるのがいいですね。「アカウント」からバージョンを確認すると、「バージョン 1810 (ビルド 11001.20074)」でした。

バージョン 1810 (ビルド 11001.20074)

なお、新表示から元の表示に戻すことはできません。

また、Office 2019 もバージョン 1810 になりましたが、表示は、従来のままで変わっていません。

Office 2019 の「アカウント」画像

2018年11月 3日

Windows 10 Insider Preview Build 18272 の Microsoft IME

Windows 10 Insider Preview Build 18272 で Microsoft IME を確認してみましたら、かなり変わっているのに気がつきました。

これは、公式ブログ Windows 10 Insider Preview ビルド 18262 の日本語入力に関する改善点 - Windows Blog for Japan で Build 18262 からと紹介されていますが、私の環境では、Build 18272 で確認できました。

まず、通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニューが変わっています。こういう表示です。

通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニュー

従来の「プロパティ」がありません。そこで、「設定」を押してみました。

すると、「設定」アプリが起動し、「Microsoft IME」で開きました。

「設定」アプリの「Microsoft IME」

どうやら、従来の「Microsoft IME の設定」や「Microsoft IME の詳細設定」はなくなるようです。各項目はこんな感じです。

「全般」

「全般」

「学習と辞書」

「学習と辞書」

「デザイン」

image

「タッチキーボード」

image

「使用状況データの収集」

image

また、「IME のツール バーの表示/非表示」でこんな感じの言語バーが表示されます。

「IME のツール バー」を表示させてみた

これを利用して、入力切り替えや、IME パッドの表示、辞書、「ローマ字/ かな」の変更ができます。

「あ」で入力の切り替え

IME パッドの表示

「辞書」から「ユーザー辞書」を開いてみた

「かな」と「ローマ字」入力の切り替え

「歯車マーク」を押してみた

来年春の大型アップグレードでは、Microsoft IME も大幅に変わります。今のうちに、「フィードバックHub」を使って要望を出してみましょう!

2018年11月8日 追記:
公式の案内が出ました。
Windows 10 Insider Preview ビルド 18277 でお試しいただける日本語入力に関する改善点 - Windows Blog for Japan

新しい Microsoft IME の使い方は、下記ページも参考にしてみてください。

Microsoft日本語IMEの使い方・設定方法

2018年11月9日 追記:
Build 18277 からは、Tab や 下矢印キーで予測候補を選択すると、左端に番号が付くようになります。
Tab や 下矢印キーで予測候補を選択すると左端に番号が付く

2018年11月27日 追記:
Build 18282 になりまして、通知領域の IME を右クリックすると、従来のメニューが表示されるようになりました。
メニューが従来のもの

@Windows_japan さんの ツイートによると、IME を従来のものに戻しているとのことです。

Ver.8.3x Skype の「プライバシー設定」は?

Windows 10 で Skype を使っています。更新するよう促されたので、Skype をアップグレードしました。そうしたところ Skype の画面がすっかり変わってしまいました。以前は、「ツール」-「設定」-「プライバシー」で「プライバシー設定」が開けました。今は、「・・・」-「設定」で開いても「プライバシー」が見当たりません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Skype の「プライバシー設定」とは、この画面のことかと思います。

Skype の「プライバシー設定」

Skype の「プライバシー設定」が表示できるのは、デスクトップ版 Skype の Ver.7.4 までです。

お使いの Skype のバージョンを確認してみてください。「・・・」ボタンを押して開くメニューから「ヘルプとフィードバック」を選択すると表示されます。

「・・・」ボタンを押して開くメニューから「ヘルプとフィードバック」を選択
2018年11月現在、デスクトップ版 Skype の最新バージョンは 8.33.0.50 です。こんな感じで Skype のバージョン 8 になっていた場合、「設定」に「プライバシー」はありません。

Skype のバージョン8 でプライバシーに関する設定変更をしたい場合、似たような感じとすれば、「・・・」-「設定」-「連絡先」の「Skype でユーザーを検索する方法を管理します」ぐらいです。

「・・・」-「設定」-「連絡先」

「候補および検索」内にある「候補に表示する」や「検索結果に表示する」が初期設定では「オン」になっていますので、「オフ」にしてみるといいでしょう。

Skype でユーザーを検索する方法を管理します

2018年10月31日

Skype 名の調べ方 (2018年10月)

2018年8月26日に Skype名の調べ方(2018年8月) で Skype に Microsoft アカウントでサインインしている場合の Skype名(Skype ID)の調べ方をデスクトップ版の Skype for Windows (Ver.8)と iPhone の Skype for iOS で紹介しました。

あれから、バージョンが上がりまして画面の表示が少々修正されています。

Microsoft アカウントでサインインしている場合の Skype名は、「live:<Microsoft アカウントのアカウント名>」、電話番号でサインインしている場合は、「live:<英数字の羅列>」(live: も含む)です。ただし、Microsoft アカウントでは、違うドメインで同じアカウント名がある場合、アカウント名の後に「_1」といった具合で数字が付与されます。

さて、Microsoft アカウントでサインインしている場合の Skype ID こと Skype名の調べ方は、次のようにします。

ストアアプリ版 Skype for Windows 10 (Skype のバージョン 8.33.0.41 アプリケーションのバージョン 14.33.41.0)
デスクトップ版 Skype for Windows  (Skype のバージョン 8.33.0.50)

  1. Skype を起動し、左側の「・・・」(その他)を押します。
  2. 表示されたメニューの「設定」を選択
    image
  3. 「設定」画面が開きます。「アカウント & プロフィール」の「Skype 名」欄で確認します。
    「設定」-「アカウント & プロフィール」

※このほか、左上にあるご自身のアイコンを押すと表示される画面の「プロフィール」でも確認可能です。
左上にあるご自身のアイコンを押すと表示される画面

iPhone の Skype for iOS (Skype のバージョン 8.33.0.41)

  1. Skype を起動し、上部中央にある自分のアイコンをタップします。
  2. 自分のプロフィール画面が表示されます。「Skype 名」欄で確認します。
    image

なお、「アプリでは表示されない」という場合は、次のように確認します。

  1. ブラウザで Skype for Web へ、Microsoft アカウントでサインインします。
    Skype for Web は、Skype が Web 上から利用できるサイトです。Skype から入る場合は、右上の「サインイン」もしくは、表示名を開いて「Skype をオンラインで使用する」を選択します。
  2. 画面左上に表示されている自分の名前(Skype 表示名)をクリックします。
  3. 「プロフィール」のご自身の名前(Skype 表示名)の下に 「Skype名」が表示されます。
    自分の「プロフィール」画面

日本語 キーボードでもショートカットキーで絵文字パネル表示可能:Windows 10 Ver.1809

Windows 10 Ver.1809 からは、日本語キーボードでもショートカットキーで絵文字パネルが表示できるようになりました。

英語キーボードであれば、Ver.1803 でも Win+. (ピリオド)キーで表示できる絵文字パネル。

英語キーボードであれば、Ver.1803 でも Win+. (ピリオド)キーで表示できる絵文字パネル

しかも、「絵文字」は、英語でも「Emoji」と音が日本語の名前がそのまま付いています。それなのに、Ver.1803 では、日本語キーボードでは、ショートカットキー Win+. (ピリオド)キーで絵文字パネルが表示できませんでした。

それが Ver.1809 からやっと日本語キーボードでも Win+. (ピリオド)キーで表示できるようになりました。

Ver.1809 からやっと日本語キーボードでも Win+. (ピリオド)キーで絵文字パネルが表示可能

しかも、Ver.1809 からの絵文字は、調整されていて、よりいい感じの絵文字が利用可能とのことです。

参考:Find out what’s new in Windows and Office in October - Windows Experience Blog

日本語の「絵文字」がそのままの音で海外でも採用されている「Emoji」!絵文字パネルで、楽しんで使ってみてください。

より以前の記事一覧

Translator


2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク

  • キャンペーン


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ