カテゴリー「Windows 10」の記事

2019年1月11日

Windows 10 Insider Preview Build 18312 の Microsoft IME

Microsoft IME の仕様変更があった Windows 10 Insider Preview Build 18305 でしたが、まだ翻訳が済んでいませんでした。2018年1月10日に公開された Build 18312 で翻訳され、日本語表示になりました。

Build 18312 の 「設定」-「Microsoft IME」

広告

「キーの割り当て」の部分も翻訳されています。

「キーとタッチのカスタマイズ」-「キーの割り当て」

次期アップデートでは、日本語入力のオン/オフに Ctrl+space キーが利用可能になります。「無変換キー」でオフと「変換キー」でオンは、慣れるまでちょっと混乱するかもしれませんが。もちろん、「テンプレートに準拠」と設定すれば従来の設定にすることも可能です。

まだまだ、フィードバックを募集しています。フィードバックHubを使って、要望を伝えてみましょう。

広告

2018年12月27日

Windows 10 Ver.1809:英語キーボードから日本語キーボードへの切り替え

新しく Windows 10 PC を購入しました。「@」 を入力したいのですが、「[」と入力されてしまいます。こんな場合、どうするといいのでしょう?

広告

この現象は、日本語キーボードを使っているはずなのに、英語キーボードとして認識されていると起こります。

日本語キーボードでは、「@」 を入力したい場合、「P」キーの右にあるキーを使います。ところが、英語キーボードでは、位置が違い、Shift + 2 キーを押すと「@」が入力できます。

この現象、以前は、レジストリをいじる必要があり面倒でした。しかし、Ver.1709 から「設定」で変更可能になりました。

Surface Pro:日本語キーボードなのに一部のアプリで英語キーボードと認識される【その2】

Windows 10 Ver.1809 で変更方法が少し変わりました。次のようにして設定を変更します。

  1. Windows 10 に「管理者」のアカウントでサインインします。
  2. 起動しているアプリがある場合は、ファイルを保存し、すべて終了させます。
  3. 「設定」-「時刻と言語」-「言語」を選択
  4. 「優先する言語」にある「日本語」を選択
  5. 選択すると表示される「オプション」ボタンを押す
    「設定」-「時刻と言語」-「言語」で「日本語」を選択
  6. 「ハードウェア キーボード レイアウト」が「英語キーボード(101/102 キー)」となっていたら、「レイアウトを変更する」ボタンを押す
    5.「ハードウェア キーボード レイアウト」が「英語キーボード(101/102 キー)」
    ※「標準ユーザー」のアカウントでは、「ハードウェア キーボード レイアウト」が表示されません。
  7. 「ハードウェア キーボード レイアウトの変更」が表示されるので、「英語キーボード(101/102 キー)」を押して、「日本語キーボード(106/109 キー)」に切り替える
    image
  8. 「今すぐ再起動」ボタンを押します。
    image

パソコンの再起動後、現象がどうなったか確認します。

広告

Word で「はがき印刷」が使えない

Windows 10 パソコンを購入しました。これには、Office Home and Business 2016 がついていました。Office のセットアップも完了しています。Word の「はがき印刷」を使おうと思ったのですがグレー表示になっていて押せません。アドインで無効化されていないか確認をしてみましたが、その項目には何も表示されません。これは、どういうことなのでしょう?

広告

2018年12月現在、最新の Word で「はがき印刷」をしたい場合は、「差し込み文書」タブを使います。通常は、こんな感じで「はがき印刷」が利用できるようになっています。

image

ところが、Word で「差し込み印刷」タブを開いても、「はがき印刷」がこんな感じのグレー表示で利用できない場合があります。

image

この現象は、ストアアプリ版の Office 製品で起こります。

見分け方は、「ファイル」-「アカウント」の「バージョン情報」でできます。下記の画像のように「クイック実行」とあった場合は、デスクトップ版で、「はがき印刷」も利用可能です。

デスクトップ版の「Word のバージョン情報」

しかし、「Microsoft Store」とあったら、ストアアプリ版です。この場合は、「はがき印刷」が利用できません。

ストアアプリ版の「Word のバージョン情報」

この現象については、2018年1月 5日に Surface Laptop の Word で「はがき印刷」が使えない で Windows 10 S の場合で紹介しました。Windows 10 S では、ストアアプリ版しかインストールできません。Office 製品もストアアプリ版でインストールされるため、こういった現象が起きます。

ところが最近のWindows 10 パソコンは、一般的な Windows 10 でも、ストアアプリ版の Office 製品がインストールされています。そのため、こういった現象が起きます。そこで、ストアプリ版の Office 製品からデスクトップ版の Office 製品へ切り替えます。

まずは、ストアプリ版の Office 製品をアンインストールします。次のようにしてみてください。

  1. 「設定」- 「アプリ」-「アプリと機能」を開く
  2. 「Microsoft Office Desktop Apps」を選択し、表示された「アンインストール」ボタンを押す
    image
  3. 確認のメッセージが表示されたら、「アンインストール」ボタンを押す
  4. 「Microsoft Office Desktop Apps」がアプリ一覧から消えたら、アンインストール完了です。

次に、デスクトップ版 Office 製品をインストールします。次のようにしてみてください。

  1. サービスとサブスクリプション」に初回 Office 製品をセットアップした際に使った Microsoft アカウントでサインインします。
  2. サインインしたアカウントで利用できる Office 製品が表示されますので「インストールする」を押します。
    ※インストールできる Office 製品が表示されない場合は、初回使った Microsoft アカウントとは違うものでサインインしています。別の Microsoft アカウントでサインインし直して確認します。
  3. 「ダウンロードとインストール」の画面がポップアップで表示されます。「インストールする」ボタンを押します。
  4. ブラウザの下部に通知バーが表示されたら、「保存」ボタンを押します。
  5. ダウンロードが完了すると、通知バーのボタンが「実行」に変わるので、「実行」ボタンを押します。
  6. インストール作業が始まるので、インターネットの回線を切らずに、そのまま待ちます。
  7. 「Office はインストールされました」と表示されたら、インストール完了です。「閉じる」ボタンを押します。
  8. スタートメニューから「Word」を起動します。
  9. 「使用許諾条件承諾」画面が表示されたら、「同意して Word を開始する」を押します。

以上で、「はがき印刷」が利用できるかどうか確認します。

参考:ストアアプリ版 Office の再インストール方法 – Sway

2019年1月5日 追記:
この件をフィードバックしてみたところ、間もなく修正され、利用できるようになるとのことです。
ストアアプリ版 Word では「はがき印刷」が利用できない - Microsoft Tech Community

広告

2018年12月22日

Windows 10 Insider Preview Build 18305 の Microsoft IME

Windows 10 Insider Preview Build 18305 で Microsoft IME の仕様変更がありました。

Windows 10 Insider Preview ビルド 18305 でお試しいただける日本語入力に関する改善点

Build 18305 が配信された2018年12月20日の時点では、まだ古い Microsoft IME だったのですが、12月22日に「品質更新プログラム」(KB4483214)のインストール後、新しくなっているのを確認できました。

通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニューから「設定」を選択。

通知領域の「あ」や「A」を右クリックした際のメニュー

「設定」アプリが起動し、「Microsoft IME」で開きました。まだ、一部日本語化されていませんが、Build 18272 の時と少し変更があります。

「設定」の「Microsoft IME」

各項目はこんな感じです。

  • 「全般」
    全般
    「全般」にあった「キーテンプレート」が次の「Key & Touch Customization」へ移動しています。
  • 「Key & Touch Customization」
    Key & Touch Customization
    なお、「Key & Touch Customization」で「Key assignment」を「オン」にすると、「変換」キーや「無変換」キーなどの変更が可能になりました。
    「Key assignment」を「オン」
  • 「Learning & Dictionary」
    Learning & Dictionary
  • 「デザイン」
    デザイン
  • 「使用状況データの収集」
    使用状況データの収集

「IME ツールバー」は、変更がないようです。

「IME ツールバー」

「全般」内の項目が減りましたが、まだ多いように思えます。来年春の大型アップグレードで、採用されることでしょうから、今のうちに、「フィードバックHub」を使って要望を出してみましょうね!

2018年12月17日

スマホで撮った写真をパソコンに送りたい

スマートフォンで写真をよく撮ります。このスマートフォンで撮った写真を共有したいので Windows 10 パソコンに取り込みたいのです。スマホとパソコンを有線でつないで作業するのでしょうか?それとも、無線でできるのでしょうか?こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 に、Microsoft アカウントでサインインしている場合、OneDrive を利用していることと思います。そこで、お使いのスマートフォンにもOneDrive アプリをインストールしてみてください。

Microsoft OneDrive - Google Play のアプリ

‎Microsoft OneDrive - App Store

これによって、スマートフォンで撮った写真が OneDrive 上にバックアップできます。

設定は次のようにします。

  1. スマートフォンに OneDrive アプリをインストールする。
  2. インストールできた OneDrive アプリに、パソコンで使っている Microsoft アカウントでサインインする。
  3. 左上の 「メニューアイコン」(人型)をタップし、表示されたメニューから「設定」(歯車マーク)をタップ。
  4. 「オプション」の「カメラのアップロード」が「オフ」になっていたら、タップして開く。
  5. 「カメラのアップロード」を「オン」に切り替える。
    その他「動画」を含めてアップロードするのか、アップロード後「年別」にするのか「月別」にするのかも設定できます。

以上で、スマートフォンの「カメラロール」にある写真が Wi-Fi を通じて自動的に OneDrive の「ピクチャ」-「カメラロール」内にアップロードされます。これは、同期ではなく、アップロードなので、完了後にスマートフォンから写真を削除しても、OneDrive からは削除されません。また、同様に OneDrive から削除しても スマートフォンからは削除されません。

自宅で Wi-Fi を使っている場合は、外出から帰ってくると、自動的にOneDriveへアップロードされるので、便利です。

参考:OneDrive に大切な写真や動画を自動でバックアップ - Office 365 サービス - 楽しもう Office

2018年12月 1日

Windows 10 で「ファイル暗号化の証明書とキーをバックアップしてください」と表示された

Windows 10 を使っています。通知が表示されたので開いてみると、「ファイル暗号化の証明キーをバックアップしてください」のことでした。どんなファイルのバックアップなのかを調べてみたところ、Microsoft IME の Outlook に関するシステム辞書でした。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 で Office Outlook 2013/2016/2019/365 を使っていると、こんな感じの「暗号化ファイル システム」が開くとのことです。

「暗号化ファイル システム」

これが何なのかを調べるには、コマンドプロンプトを使います。

参考:"ファイル暗号化の証明書とキーをバックアップしてください" と表示される: パソコンのツボ ~Office のTIP

調べてみると、「Microsoft IME の詳細設定」-「辞書/学習」の「システム辞書」に Outlook 関係の辞書が追加されていることがわかりました。

、「Microsoft IME の詳細設定」-「辞書/学習」の「システム辞書」に Outlook 関係の辞書

これらの Outlook 関係のシステム辞書のバックアップを取っておく必要があるかどうかですが、必要ありません。こういった IME のシステム辞書は、バージョンが違うと利用できないことがあります。

「暗号化ファイル システム」では、「キーをバックアップしない」を選択してください。

利用している Outlook の「連絡先」を参照しているシステム辞書です。システム辞書のバックアップを取ってあっても、Outlook の連絡先が更新されてしまえば、古くなってしまいます。Outlook の連絡先が Outlook.com といったクラウド上に保存されているのでしたら、バックアップを取る必要はなく、再セットアップすれば自動的に同期されます。どうしてもバックアップを取っておきたいのでしたら、IME のシステム辞書の方ではなく、Outlook の「連絡先」の方でしょう。

参考:連絡先をバックアップする - Outlook

2018年11月26日

Surface GO などで Windows 10 Sモードを解除できない

Surface Go を購入しました。Windows 10 S モードをオフにしようと、「Microsoft Store」アプリを開いて「入手」→「インストール」進みました。しかし、「問題が発生し、アップグレードを開始できませんでした。」というメッセージが表示されてしまいできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 Sモードに関しては、私のブログでも Windows 10 Sモードについて(Ver.1803) で紹介しました。Windows 10  in S mode から Windows 10 Pro もしくは、Home への移行はいつでも無料です。「設定」-「更新とセキュリティ」-「ライセンス認証」で切り替えることができます。

「Microsoft Store」アプリの「S モードをオフにする」で、「入手」ボタンを押して、「インストール」と進むわけですが、2018年11月24日ごろから下記のように「再実行してください」と表示されてしまいます。

「Microsoft Store」アプリの「S モードをオフにする」で「再実行してください」と表示される

この現象は、世界的に発生しており、Surface GO だけでなく Surface Laptop でも同様です。

Surface Go s mode - Microsoft Community (英語圏)
SurefaceGOのSモードがオフにしようとするとインストールで失敗する - マイクロソフト コミュニティ

Microsoft のサーバーの問題です。しばらく待ってみてください。

2018年11月27日 追記:
Windows 10 Sモードの解除ができるようになったという情報が入りました。
SurefaceGOのSモードがオフにしようとするとインストールで失敗する - マイクロソフト コミュニティ
ご確認ください。

2018年11月23日

Skype のチャット画面だけ文字を大きくしたい

2018年10月27日に Skype のチャットで文字を大きくしたい を紹介しました。

Skype のバージョン 8.33.0.55 では、デスクトップ版であればショートカットキーで、Skype 全体のテキストサイズが変更できました。しかし、ストアアプリ版では、ショートカットキーでのテキストサイズの変更はできませんでした。

さて、Skype のバージョンが 8.34.0.81 になりましてSkype でチャット画面だけのテキストサイズだけが変更できるようになりました。

Skype のバージョン 8.34.0.81

これは、デスクトップ版とストアアプリ版の両方でできます。次のようにします。

  1. 「・・・」-「設定」を選択
  2. 「メッセージング」を選択。
  3. 「テキストのサイズ」が見つかります。
    「設定」-「メッセージング」
  4. 下向き矢印を押して「標準」から「大」や「大きい」などに切り替えます。
    「テキストのサイズ」の下向き矢印を押してみた

2018年11月18日

「メール/カレンダー」と「To-Do」が連携!

Windows 10 の「メール」アプリを起動したら、下部に見慣れぬアイコンがあるのに気がつきました。いつの間にか「To-Do」アプリと連携しているようです。

「メール」アプリの左下

To-Do は、https://to-do.microsoft.com/ にサインインすると利用可能です。毎日の予定を立てて、把握し、優先順位をつけて完了するのに役立ちます。

To-Do アプリ起動

「To-Do」アプリを持っていない場合は、「メール/カレンダー」アプリの「To-Do」アイコンを押すと入手可能です。

Microsoft To-Do を入手 - Microsoft Store ja-JP

Microsoft To-Do 入手画面

スマホ用のアプリもありますから、出先からでも確認することができますよ。

‎Microsoft To-Do on the App Store

Microsoft To-Do: リスト、タスク、アラーム - Google Play のアプリ

参考:Microsoft の To Do リスト アプリ | Office 365

2018年11月14日

Windows 10 の LINE アプリが自動的に起動する

Windows 10 を使っています。パソコンを再起動すると、LINE アプリの「ログイン」画面が起動するようになりました。これは、どういうことなのでしょう?どうすると、この画面が自動起動しないようにできるのでしょうか?

LINE アプリのこういう画面が起動してくるのだと思います。

LINE アプリの「ログイン」画面

2018年11月10日頃から、この現象が起きているとのことです。

参考:【Windows 10】「勝手にLINEがインストールされていた」の声が増加中(2018年11月11日) | LINEの仕組み

LINE を使っていない方のPCでも現象が起きているとのこと。「Microsoft Store」アプリでの自動インストールされたものか、「お勧め機能」からきているものか?はっきりしないのですが、いきなり「ログイン」画面が表示されるのは、困ります。

LINE を使っていない場合は、「アンインストール」してしまってもいいでしょう。「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「LINE」を選択すると表示される「アンインストール」を押します。

「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」の「LINE」

LINE アプリを使っていて、このいちいち起動する「ログイン」画面を止めたい場合は、次のようにします。

  1. 「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「LINE」を選択し、「詳細オプション」を押す。
  2. 「ログイン時に実行する」が「オフ」にできるようなら、切り替える。
    できない場合は、「スタートアップ タスクを構成する」を押す。
    「ログイン時に実行する」
  3. 「設定」-「アプリ」-「スタートアップ」が開くので「スタートアップ アプリ」の「LINE」を「オフ」にする
    「設定」-「アプリ」-「スタートアップ」

以上で、パソコンを再起動し、現象がどうなるか確認します。(はぁ。やれやれ、収まりました。

2018年11月29日 追記:
この現象は、Microsoft がユーザーのニーズなどに合わせて選んだお勧めアプリを自動でインストールする Windows 10 の機能であり、仕様ということがわかりました。

参考:いつの間にか「LINE」アプリがインストールされる現象はWindows 10の仕様だった - やじうまの杜 - 窓の杜 より

お勧めアプリの自動インストールを防ぎたい場合は、「ストア」アプリの設定画面を開き、[アプリを自動的に更新]スイッチを“オフ”にする必要があります。ただし、このスイッチを“オフ”にすると他のインストール済みアプリの自動更新が行われなくなるため、アプリを常に最新の状態に保つことができなくなってしまいます。

参考:「LINEが勝手にインストールされた」Windows 10の“おせっかい機能”不評 - ITmedia NEWS

秋のおすすめアプリにLINEが選ばれたのはあくまでマイクロソフトの判断で、LINEは無関係だ。LINEは「当社でも状況は把握しているが、LINEとしては対応策はない」と話している。

より以前の記事一覧

Translator


2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ