カテゴリー「Vista」の記事

2014年8月28日

KB2982791 の問題を解決するKB2993651公開

2014年8月13日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある で紹介しました問題のある更新プログラム KB2982791 の問題を解決する KB2993651 が配信されました。

我が家の Windows 8.1 にも「再起動を保留」で見つかりました。

更新履歴で見つかった KB2993651

我が家では、再起動後も特に問題ありませんでした。

操作方法は、下記ページの「ユーザーが必要なアクション」でも紹介されています。Windows Update を「自動更新」にして、インストールを完了させます。

[MS14-045] 更新プログラム 2982791 の問題を解決する更新プログラム 2993651 を公開 - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

上記ページで最新情報が更新されています。よく確認の上、対応してください。

なお、問題のあった更新プログラム KB2982791は、アンインストールしなくてもいいとのことです。

2014年8月17日

2014年8月13日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

2014年8月13日に August Updates for Windows 8.1 配信 を紹介しました。さて、この中の一部の更新プログラムを適用するとパソコンのタイプによっては問題が発生することがある、とのことです。

参考:MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014 (英語版)

[MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日) (日本語版)

問題が起きるという更新プログラムは下記の通りです。  

  • KB2982791
  • KB2970228
  • KB2975719
  • KB2975331

どうやら、「既定のフォント」がディレクトリ (%windir%\fonts\) 以外の場所にインストールされていると、今回の現象が起きる模様です。

我が家のパソコンの中では、今回の不具合が起きたタイプはありませんでしたが、もし、問題が起きてしまった場合は、下記ページを参考に作業してみてください。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

なお、2014年8月17日現在、問題の起きる更新プログラムの配信は止まっています。

2014年8月18日 追記:
特に問題が起きていなくても、問題のある更新プログラムは、参考ページを参照してアンインストールするよう推奨されました。
参考:2014年8月13日 更新プログラムの削除方法

2014年8月28日 追記:
解決できる更新プログラムが配信されました。 KB2982791 の問題を解決するKB2993651公開 でご確認ください。

2013年5月23日

Windows 7 や Vista のガジェットを無効にする

Windows Vista や Windows 7 の Windows サイドバー、そしてガジェットを無効にする Microsoft Fix it ソリューションが Microsoft より公開されています。

信頼できないところから配信されたガジェットの中には、パソコンに害をもたらすものがあります。こういったガジェットをうっかりインストールすると、ご自身のファイルに勝手にアクセスされたり、不快なコンテンツを表示されたりと思いもよらない動作が起こることがあります。そこで、この Microsoft Fix it ソリューションを使って Windows サイドバーやガジェットを無効にすると、安全でないガジェットを実行した際に任意のコードが実行されるという脆弱性から回避することができます。

Windows サイドバーやガジェットを無効にしたい場合

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: ガジェットの脆弱性により、リモートでコードが実行されるより「無効にする」の「Disable Windows Sidebar and GadgetsMicrosoft Fix it 50906」をクリックして実行します。

Microsoft Fix it ソリューション

後は、指示に従って作業します。

作業完了後は、デスクトップに配置してあったWindows サイドバーやガジェットはすべてなくなります。また、デスクトップ上で右クリックして「ガジェット」を選択します。

デスクトップ上で右クリック

しかし、下記のように「デスクトップ ガジェット」のメッセージが表示されて、ガジェットは全く利用できなくなります。

デスクトップ ガジェットはシステム管理者によって管理されています。

再び、Windows サイドバーやガジェットを利用したい場合は、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: ガジェットの脆弱性により、リモートでコードが実行されるより「有効にする」の「Enable Windows Sidebar and Gadgets Microsoft Fix it 50907」をクリックして実行します。

Microsoft Fix it ソリューション

参考:マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2719662): ガジェットの脆弱性により、リモートでコードが実行される

2013年4月26日

更新プログラム「MS13-036」(KB2823324)その後

Microsoft Windows 更新プログラム KB2823324 に不具合 の続き。

対応した更新プログラムが配信されました。

MS13-036 2823324 適用後の問題について (2) – 再提供の開始

自動更新されるよう設定されている場合は、もうインストールされているかと思います。KB2840149 がそうです。

Windows Update の KB2840149

Windows Vista や Windows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2をお使いの場合は、次のように対応ください。

  • 元のセキュリティ更新プログラム 2823324 をアンインストールしたお客様は、再提供されたセキュリティ更新プログラム 2840149 をインストールしてください。
  • セキュリティ更新プログラム 2823324 をインストールしていて問題が発生していない場合も、再提供されたセキュリティ更新プログラム 2840149 をインストールする必要があります。セキュリティ更新プログラム 2840149 を適用する前に、提供を停止したセキュリティ更新プログラム 2823324 をアンインストールする必要はありません。しかし、できれば セキュリティ更新プログラム 2823324 はアンインストールしておくことをお勧めします。

なお、Windows XP や Windows 8、Windows Server 2003、Windows Server 2012、そして、Windows RT をお使いの場合は、元々セキュリティ更新プログラム 2823324 が提供されていないので、何もする必要はないとのことでした。

2013年4月13日

Microsoft Windows 更新プログラム KB2823324 に不具合

2013年4月9日(日本時間4月10日)、Microsoft より配信された月例セキュリティ更新プログラム「MS13-036」(KB2823324)を適用した Kaspersky のウイルス対策製品搭載 Windows を再起動すると、STOP エラーが発生し Windows が正常に起動しない、あるいはKasperskyが正しく動作しない現象が発生するとのことです。

影響を受けるOS

  • Windows Vista (x86/x64)
  • Windows Server 2008 (x86/x64/ia64)
  • Windows 7 (x86/x64)
  • Windows Server 2008 R2 (x64/ia64)

2013年4月13日現在、「MS13-036」(KB2823324)の配信やダウンロードセンターの公開は停止しているとのことですが、既に適用済みの場合は、本現象の発生有無にかかわらず、セキュリティ更新プログラム KB2823324 をアンインストールしてください。

※Windows XP や Windows Server 2003、Windows 8、Windows Server 2012 および Windows RTには、KB2823324 が元々配信されていませんので、この作業をする必要ありません。

アンインストールする方法

  1. コントロール パネルの「プログラムと機能」を開き、左側の「インストールされた更新プログラムの表示」 をクリック。
  2. 一覧から「Microsoft Windows (KB2823324)のセキュリティ更新プログラム」を選択し、「アンインストール」をクリック。
    インストールされた更新プログラム

Windowsが正常に起動しない場合

更新プログラム適用後、再起動を行ってしまい Windowsが正常に起動しない場合は、下記ページの「解決方法 シナリオb」を参考にしてみてください。

2823324 のセキュリティ更新プログラムをインストールした後 Windows 7 では、イベント ID 55 または Stop 0xc000021a エラーが表示します。

参考:日本のセキュリティチーム MS13-036 2823324 適用後の問題について

Windows Update (KB2823324) の適用後、カスペルスキー製品のライセンスが無効となる事象について

Windows Update (KB2823324) の適用後、コンピュータの再起動時にチェックディスクが動作する事象について

2013年4月15日:追記
以下のソフトウェアがインストールされた環境でも問題が発生する事が報告されています。

2013年4月26日:追記
KB2823324 に対応した更新プログラムが配信されました。更新プログラム「MS13-036」(KB2823324)その後

2013年1月 7日

よく使うパソコンをMicrosoft アカウントで「信頼済み PC」として登録する

Microsoft アカウントは、アカウントの設定を変更する際に、セキュリティ コードを入力するよう促されます。

セキュリティ コードは、Microsoft アカウントを取得する際に「パスワードをなくされた場合のリセット方法を指定してください」で登録した「携帯電話のメール アドレスまたは電話番号」と「連絡用メール アドレス」に送信されます。
Microsoft アカウントを取得する際の「パスワードをなくされた場合のリセット方法を指定してください」

いちいち、セキュリティ コードを入力するのが面倒な場合は、よく使うパソコンを「信頼済み PC」として登録してしまいましょう。

参考:信頼済み PC とは - Microsoft Windows

これで、いちいち、セキュリティ コードをもらって入力する手間が省けます。よく使うパソコンを「信頼済み PC」として登録するには、次のようにします。

Windows 8 または Windows RT の場合:

  1. Windows 8のブラウザを起動して、Microsoft アカウントにサインインします。
  2. 「信頼済み PC」の「使用している PC を信頼済み PC として追加する」をタップまたはクリックします。
    「信頼済み PC」の「使用している PC を信頼済み PC として追加する」
  3. 「この PC の名前」欄に、今使っているパソコンがわかる名前を入力して、「保存」をクリックします。
  4. 携帯電話かパソコンに確認のメールが届きます。
  5. 「確認」をクリックして、メールで届いた「セキュリティ コード」を入力して、「送信」ボタンを押します。
  6. 「セキュリティ コード」が正しいと「OK」が表示されますので、「OK」を押します。
  7. 「信頼済み PC」内に、追加したパソコンの名前が表示されているのを確認して「OK」を押せば完了です。

Windows 7 以前のOSの場合:

  1. パソコンにWindows Essentials をインストールします。
  2. Internet Explorer を開きます。
  3. 「ツール」アイコン(歯車マーク)をクリックし、「アドオンの管理」を選択します。
  4. 「Microsoft Corporation」の「Windows Live ID サインイン ヘルパー」が有効になっていることを確認します。
    「アドオンの管理」の「Microsoft Corporation」
  5. Microsoft アカウントにサインインします。
  6. 「信頼済み PC」の 「使用している PC を信頼済み PC として追加する」をクリックします。
    image
  7. 「この PC の名前」欄に、今使っているパソコンがわかる名前を入力して、「保存」をクリックします。
  8. 携帯電話かパソコンに確認のメールが届きます。
  9. 「確認」をクリックして、メールで届いた「セキュリティ コード」を入力して、「送信」ボタンを押します。
  10. 「セキュリティ コード」が正しいと「OK」が表示されますので、「OK」を押します。
  11. 「信頼済み PC」内に、追加したパソコンの名前が表示されているのを確認して「OK」を押せば完了です。

2012年6月21日

Windows Live Messenger 2009を起動したら新しいバージョンをインストールするよう促された

Windows 7 で Windows Live Messenger 2009を使っています。サインインしようと起動させたところ「新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。」というメッセージが出ました。アップデートしたくなかったので、「いいえ」を選択して「OK」をクリックしました。しかし、Windows Live Messengerにサインインできず、メッセージが延々表示されます。どうするといいのでしょう?

Windows 7や Vista で、Windows Live Messenger 2009を起動し、サインインしようとすると下記のようなメッセージが表示されます。

Windows Live Messenger 「新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。」

新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。このプログラムの使用を続行するには、新しいバージョンをインストールする必要があります。インストールしますか?

対処方法は、このメッセージに書いてある通りです。Windows Live Messenger をこれからも使い続けたい場合、アップデートの拒否はできません。「はい」を選択して、「OK」ボタンをクリックしてください。

これもWindows Live Essentials の更新をキャンセルすると!と同様です。

Microsoftでは、2012年3月より、Windows Vistaや Windows 7 で Windows Live おすすめパック 2009 を利用中のユーザーへ最新版となる Windows Live Essentials 2011 への任意のアップグレードを勧めてきました。さて、この方針が2012年6月15日より変わりました。Windows Vista、および Windows 7へのWindows Live おすすめパック 2009 の提供を終了することとなりました。引き続き利用するためには、Windows Live Essentials 2011 へのアップグレードが必要となります。

また、Windows Live Messenger 2011でも古いバージョンである場合は、同様のメッセージが表示されアップデートを促されます。これも、アップデートを拒否すると Windows Live Messengerがサインインできなくなります。

Windows XP は、Windows Live Essentials 2011に対応していませんので、引き続きWindows Live おすすめパック 2009 を利用します。

参考:Windows Live Essentials 2011 へアップグレードが必須となります - Microsoft Answers

2013年12月28日 追記
2013年4月8日より Windows Live Messenger は、利用できなくなりました。Messenger に代わり、Skype がその役目を果たします。なお、Windows Vista 以降のOSで、Windows Live Essentials のバージョンが2009の方は、早急に最新の Windows Essentials - Windows Live Essentials へ乗り換えてください。

2012年6月20日

Windows Live メール にサインインしたら「アドレス帳」が空っぽになった

この度、Windows Live メール を2011にしました。それまでも、Windows Live メールを使っていたのですが、旧バージョンではサインインせずに使っていました。2011になって、サインインするよう促されたのです。ところが、アドレス帳が空っぽになってしまいました。今まで使っていたアドレス帳は、どこにあるのでしょう?

まずは、パソコンを再起動させてみましょう。これだけで、アドレス帳が表示されるようになったという報告がありました。

それでも表示されない場合。Windows Live メール ではサインインするIDによって、「アドレス帳」がそのID専用のもので開きます。サインインせずに使っていた場合の「アドレス帳」は、C:\Users\<User name> にあります。

Windows 7の C:\Users\<User name> 内

Windows Live  IDでサインインすると空っぽになってしまうアドレス帳は、次のようにして、サインインせずに使っていたアドレス帳から取り込み(インポート)ます。

  1. Windows Live メール 2011にサインインして起動します。
    ※サインインする際の Windows Live ID は、Hotmail(@hotmail.co.jp や @live.jp など)をお使いください。
  2. 左下にある「ショートカット」欄から「アドレス帳」をクリックします。
    左下にある「ショートカット」欄
  3. 「ホーム」タブの「ツール」にある「インポート」をクリック。
    アドレス帳の「ホーム」タブにある「ツール」
  4. メニューが開くの「現在の Windows ユーザーのアドレス帳」をクリック
    「インポート」をクリックしたところ
  5. インポートが始まりますので、しばらく待ちます。
    アドレス帳のインポート中
  6. 「インポートが完了しました」と表示されたら「OK」ボタンをクリック。
    「インポートが完了しました」
  7. 今まで使っていたアドレス帳の中身がインポートされたことを確認します。

以降、同じ Windows Live ID で Windows Live メール にサインインすれば、アドレス帳は同じ情報で表示されるようになります。

Windows Live Essentials の更新をキャンセルすると!

Windows7 で Windows Live メール 2009 を利用しています。Windows Live メールを起動すると Windows Live Essentials の更新画面が表示され、インストールとキャンセルが選択できます。更新したくないので、キャンセルを選択しました。すると、Windows Live メールが起動しません。こんな場合、どうするといいのでしょう。

Microsoftでは、2012年3月より、Windows Vistaや Windows 7 で Windows Live おすすめパック 2009 を利用中のユーザーへ最新版となる Windows Live Essentials 2011 への任意のアップグレードを勧めてきました。さて、この方針が2012年6月15日より変わりました。Windows Vista、および Windows 7へのWindows Live おすすめパック 2009 の提供を終了することとなりました。引き続き利用するためには、Windows Live Essentials 2011 へのアップグレードが必要となります。

よって、Windows 7 や Windows Vista で、Windows Live Essentials の更新をキャンセルすると、Windows Live おすすめパック 2009 製品は利用できなくなります。

Windows 7 や Windows Vista で Windows Live おすすめパック 2009 を使っている場合は、Windows Live Essentials の更新をキャンセルしないでください。「インストール」をクリックして、Windows Live Essentials 2011へ移行してください。

また、Windows Live メール 2011でも古いバージョンである場合は、同様のメッセージが表示されアップデートを促されます。これも、アップデートを拒否すると Windows Live メールが起動できなくなります。

Windows Live Essentials:ダウンロードページ

なお、Windows XP は、Windows Live Essentials 2011に対応していませんので、引き続きWindows Live おすすめパック 2009 を利用します。

参考:Windows Live Essentials 2011 へアップグレードが必須となります - Microsoft Answers
Windows Live メールのアップデートを促すメッセージが表示され起動できない。 - Microsoft Answers

2012年4月23日

Windows マウス キー機能の使い方

Windows 8 Consumer Preview の検証に使っていた HP TouchSmart Notebook PC tx2/CT を修理に出しました。HP リペアセンタさんのオペレータさんからは、10日程かかるとのこと。その間、Windows 8 CP の検証は、お休み・・・てなこともできないので、デスクトップ パソコンにインストールしたものでやって行こうと思っています。

デスクトップパソコンは家族の自作機で、環境は下記の通り。

プロセッサ:AMD Athlon 7750 Dual-Core Processor 2.71GHz
メモリ:4.00GB
HDD : 320GB

さて、ちょっとした問題も実はあります。BIOS で、USB を無効にしないとなりません。何故か、USB が有効のままだと、インストールできない、起動しないというタイプです。

起動後は、キーボード操作のみですが、十分使えます。とは言え、どうしても、マウスを使わないと面倒なことも・・・

と言うことで、マウス キーで対応させることに。マウス キーとは、キーボードのテンキーを使ってマウスポインターを画面上で操作し、クリックしたり、ドラッグしたりできる機能です。これを使えば、マウスが使えない人でもキーボードだけで対応できるという機能です。

さて、実際どうやって使うのでしょう?

Windows Vista ステップ バイ ステップ ガイド : マウス キー
マウスキー機能の使用方法<Windows Vista(R)>: dynabook.comサポート情報

見つけたのは、Vista でのものでしたが、確認してみたところ、Windows 7 や Windows 8 CP も同じでした。私の覚書も兼ねて紹介します。

マウス キー開始ショートカット キー:Alt(左)+Shift(左)+NumLock キー

マウスポインタの移動
テンキーの[5] キーを除く、[1]~[4] と [6]~[9]のキーを押すことで、マウスポインタを移動させることが可能。
[1]:左下へ移動
[2]:真下へ移動
[3]:右下移動
[4]:左へ移動
[6]:右へ移動
[7]:左上へ移動
[8]:真上へ移動
[9]:右上へ移動

テンキーでのマウスポインター移動方向

操作キー

[/] : 左ボタン

[-] : 右ボタン

[5] : クリック

[+] : ダブルクリック

[0] : ドラッグ開始

[. ] : ドロップ

マウスの左ボタン操作

  1. [/]キーを押す。
  2. クリックする場合:[5]キーを押す。
    ダブルクリックする場合:[+]キーを押す。(または[5]キーを2回押す。)

マウスの右ボタン操作

  1. [-]キーを押す。
  2. クリックする場合:[5]キーを押す。
    ダブルクリックする場合:[+]キーを押す。(または[5]キーを2回押す。)

ドラッグ&ドロップ

  1. [/]キーを押す。
  2. ドラッグの開始位置で[0]キーを押す。
  3. [1]~[4]、[6]~[9]のキーを使って終了位置までマウスポインタを移動し、[.]キーを押すとドロップされる。

マウス キーの設定

  1. Win+U キーを押す。
  2. 「コンピューターの簡単操作センター」が開くので、「キーボードを使いやすくします」を選択。
  3. 「キーボードを使いやすくします」画面が表示されます。「マウスをキーボードで操作します」内の[マウスキー機能をセットアップします(Y)]をクリック。
    「マウスをキーボードで操作します」内
  4. 「マウスキー機能を設定します」画面が表示されるので、都合に合わせて調整する。

より以前の記事一覧

Translator


2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ