カテゴリー「Skype For Business」の記事

2017年4月29日

Skype For Business にサインインできません

Skype For Business を利用しようと思っています。サインインしてみると、「Skype for Business は "ドメイン名" の Skype for Business サーバを見つけられませんでした。」というメッセージが表示され、利用できません。こういう場合は、どうするといいのでしょう?

Skype For Business を始めて起動させると、こんな感じです。

Skype For Business 初めての起動

「サインイン アドレス」入力欄の下に「Skype 名や Microsoft アカウントではなく、組織のサインイン アドレスをお使いください」と書いてあります。これを無視して、Microsoft アカウントでサインインしようとすると、こんなメッセージが表示されます。

Microsoft アカウントでサインインしようとした場合

Skype for Business は "Microsoft アカウントのドメイン名" の Skype for Business サーバを見つけられませんでした。お使いのドメイン ネームシステム (DNS) の構成に問題がある可能性があります。サポート情報 KB2566790 で詳細を確認後、システム管理者にお問い合わせください。

また、一般的な Skype名でサインインしようとすると、こんなメッセージが表示されました。

Skype名でサインインした場合

サーバーは、一時的に使用できなくなっています。問題が解決しない場合は、サポート チームにお問い合わせください。

Skype For Business を利用するには、Microsoft アカウントや Skype 名ではなく、法人用のアカウントが必要です。法人用のアカウントが現在も利用可能かどうかは、Office 365 へアクセスして、サインインできるかどうか確認します。

Office 365  にサインインできる法人用のアカウントで、Skype For Businessにサインインしているにも関わらず、「Skype For Business にサインインできません」と表示される場合は、Office 365を管理している管理者に問い合わせてみてください。

例えば、法人用アカウントを Microsoft アカウントで作ってしまった場合、Office 365 にはサインインできますが、Skype For Business にサインインできないという現象が発生します。2016年9月15日以降からは、Microsoft アカウントを法人用アカウントにしたり、その逆の法人用アカウントをMicrosoft アカウントにしたりできなくなりました。Skype For Business では、Microsoft アカウントだと「法人用アカウントではない」とみなされ、サインインできない模様です。

参考:Skype for Business のサインインのヘルプ - Office サポート

#AzureAD と Microsoft アカウントの重複問題に対する取り組み ? Cloud and Server Product Japan Blog

2017年2月22日

法人用 Office 365:社外のオンライン会議に参加したい

某社からオンライン会議の招待を受けました。Skype For Business というアプリから参加できるのだそうです。招待 URL をもらったのですが、どういう風に使うのでしょう?

Skype For Business は、以前、Lync と呼ばれていた法人用のコミュニケーションツールです。チャットや音声通話、ビデオ通話ができますし、ご質問のように複数の人が同時に参加しての会議も可能です。

Skype for Business – あらゆるデバイスで、あらゆる人とコラボレーション

招待URLへアクセスするだけで、オンライン会議に参加できるシステムになっています。ただし、お使いのPCの環境によって、参加方法が変わります。

Skype For Business アプリがインストール済みの場合

URL へアクセスすると自動的に Skype For Business アプリが起動します。日頃から、Skype For Business をご利用の場合は、見慣れた感じで参加できることでしょう。

ただし、法人用 Office 365の管理者が「Skype For Business 管理センター」-「組織」で「外部アクセス」を「完全にオフにする」で禁止している場合は、社外会議に参加できません。

「Skype For Business 管理センター」-「組織」

この設定変更は、法人用 Office 365のIT管理者に依頼してください。なお、設定を変更してもすぐには反映されません。反映までに最大24時間ほどかかります。

参考:ユーザーが外部の Skype for Business ユーザーに連絡できるようにする - サポート - Office.com

Skype For Business アプリからでは、参加できない場合、招待 URL の末尾に「?sl=1」をつけてアクセスします。これで、次の「Skype For Business Web App」での参加が可能になります。

なお、Skype For Business アプリは、一般的な Skype とは違い、サインインに法人用の Office 365アカウントが必要です。Skype名や Microsoft アカウントでは、サインインできません。

Skype For Business アプリがインストールされていない場合

最新バージョンのブラウザでURL へアクセスすると下記のような「Skype For Business Web App」というページが開きます。

Skype For Business Web App のWeb ページ

推奨するブラウザは、Internet Explorer です。Firefox や Safari、Google Chrome でも利用可能ですが、まれにプライグインが未対応で音声が出ない場合があります。なお、Windows 10 の場合、Microsoft Edgeは使わないでください。Edge では、アプリを使って参加するよう促されます。

「ゲストとして以下に名前を入力する」欄に参加者として表示して欲しい名前を入力して「会議へ参加する」ボタンを押します。

「Skype For Business Web App プラグイン」の読み込みをするよう促されます。「許可」ボタンを押します。

「Skype For Business Web App プラグイン」のメッセージ

なお、このプラグインをインストールするのに時間がかかる場合があります。会議が始まる時間ぎりぎりだと間に合わず、遅れてしまうことがありますので、事前にテストアクセスしてプラグインだけインストールしておくとスムーズです。

2015年4月15日

Skype for Business 公開

とうとう、Lync が Skype for Business に変わりました!

Skype for Business is here!

※Skype for Business は、所属している企業や学校、NPOなどからもらった専用のアカウントが必要です。個人向けの Office 365の Microsoft アカウントや Skype IDでは利用できません。

今まで、Lync 2013を使っていた方は、管理者が制御していなければ、Office 2013の更新プログラムがインストールされると利用可能です。私のWindows 8.1のスタート画面の「Lync 2013」タイルも「Skype for Business 2015」に変わりました。
「Skype for Business 2015」タイル

早速、起動してみると「多くのユーザーが求める7つの簡単なヒント」が表示されて説明してくれました。
多くのユーザーが求める7つの簡単なヒント

起動画面は、こんな感じ。

image

使い方は、Lync 2013の時とそんなに変わっていないよに思えます。また、法人用 Office 365 の「外部共有」-「Skype For Business」で「Skype for Business を使って Skype と通信できるようにします。」にチェックが入っていれば、一般的な Skype とも通信可能です。

いろいろ確認してみましょうね。

参考:Skype for Business のプランを比較する | Skype for Business

Skype for Business のよく寄せられる質問

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ