カテゴリー「MS Office」の記事

2018年12月27日

Word で「はがき印刷」が使えない

Windows 10 パソコンを購入しました。これには、Office Home and Business 2016 がついていました。Office のセットアップも完了しています。Word の「はがき印刷」を使おうと思ったのですがグレー表示になっていて押せません。アドインで無効化されていないか確認をしてみましたが、その項目には何も表示されません。これは、どういうことなのでしょう?

広告

2018年12月現在、最新の Word で「はがき印刷」をしたい場合は、「差し込み文書」タブを使います。通常は、こんな感じで「はがき印刷」が利用できるようになっています。

image

ところが、Word で「差し込み印刷」タブを開いても、「はがき印刷」がこんな感じのグレー表示で利用できない場合があります。

image

この現象は、ストアアプリ版の Office 製品で起こります。

見分け方は、「ファイル」-「アカウント」の「バージョン情報」でできます。下記の画像のように「クイック実行」とあった場合は、デスクトップ版で、「はがき印刷」も利用可能です。

デスクトップ版の「Word のバージョン情報」

しかし、「Microsoft Store」とあったら、ストアアプリ版です。この場合は、「はがき印刷」が利用できません。

ストアアプリ版の「Word のバージョン情報」

この現象については、2018年1月 5日に Surface Laptop の Word で「はがき印刷」が使えない で Windows 10 S の場合で紹介しました。Windows 10 S では、ストアアプリ版しかインストールできません。Office 製品もストアアプリ版でインストールされるため、こういった現象が起きます。

ところが最近のWindows 10 パソコンは、一般的な Windows 10 でも、ストアアプリ版の Office 製品がインストールされています。そのため、こういった現象が起きます。そこで、ストアプリ版の Office 製品からデスクトップ版の Office 製品へ切り替えます。

まずは、ストアプリ版の Office 製品をアンインストールします。次のようにしてみてください。

  1. 「設定」- 「アプリ」-「アプリと機能」を開く
  2. 「Microsoft Office Desktop Apps」を選択し、表示された「アンインストール」ボタンを押す
    image
  3. 確認のメッセージが表示されたら、「アンインストール」ボタンを押す
  4. 「Microsoft Office Desktop Apps」がアプリ一覧から消えたら、アンインストール完了です。

次に、デスクトップ版 Office 製品をインストールします。次のようにしてみてください。

  1. サービスとサブスクリプション」に初回 Office 製品をセットアップした際に使った Microsoft アカウントでサインインします。
  2. サインインしたアカウントで利用できる Office 製品が表示されますので「インストールする」を押します。
    ※インストールできる Office 製品が表示されない場合は、初回使った Microsoft アカウントとは違うものでサインインしています。別の Microsoft アカウントでサインインし直して確認します。
  3. 「ダウンロードとインストール」の画面がポップアップで表示されます。「インストールする」ボタンを押します。
  4. ブラウザの下部に通知バーが表示されたら、「保存」ボタンを押します。
  5. ダウンロードが完了すると、通知バーのボタンが「実行」に変わるので、「実行」ボタンを押します。
  6. インストール作業が始まるので、インターネットの回線を切らずに、そのまま待ちます。
  7. 「Office はインストールされました」と表示されたら、インストール完了です。「閉じる」ボタンを押します。
  8. スタートメニューから「Word」を起動します。
  9. 「使用許諾条件承諾」画面が表示されたら、「同意して Word を開始する」を押します。

以上で、「はがき印刷」が利用できるかどうか確認します。

参考:ストアアプリ版 Office の再インストール方法 – Sway

2019年1月5日 追記:
この件をフィードバックしてみたところ、間もなく修正され、利用できるようになるとのことです。
ストアアプリ版 Word では「はがき印刷」が利用できない - Microsoft Tech Community

広告

2018年12月24日

Office Premium の「Office 365 サービス」と Office 365 Solo の違い

Office Premium の「Office 365 サービス」と Office 365 Solo には、次のサービスが利用可能です。

  • 1 TB の OneDrive オンライン ストレージ
  • Skype から固定電話や携帯電話への通話が毎月 60 分間無料
  • Microsoft のサポート担当者による 1 対 1 のサポート
  • 2 台のタブレット (iPad、Android、Windows)、2 台のスマートフォンで、Office Mobile アプリのすべての機能が利用可能

広告

ところが、1つ、Office 365 Solo にはありますが、Office Premium の「Office 365 サービス」にはないサービスがあるのに気がつきました。

それが、これ!

  • Outlook.com の高度なセキュリティ、広告なし、50 GB のメールボックス (1 ユーザー)

Office Premium の「Office 365 サービス」で使っている Microsoft アカウントで Outlook.com へアクセスすると、右端に広告が表示されます。しかし、Office 365 Solo の Microsoft アカウントで Outlook.com へアクセスしても広告が表示されません。

メールボックスの容量を確認してみたところ、Office Premium の Microsoft アカウントでは、Outlook.com の無料版と同じ「15GB」でした。

Office Premium の Microsoft アカウントでの Outlook.com のストレージ容量

これが、Office 365 Solo の Microsoft アカウントでは、「プレミアム」という項目があり、容量が「50GB」まで利用可能。

Office 365 Soloの Microsoft アカウントでの Outlook.com のストレージ容量

このほか、Office 365 Solo の Outlook.com では、高度なセキュリティもついています。

Office 365 Soloの Microsoft アカウントでの Outlook.com のセキュリティ

「1 TB の OneDrive オンライン ストレージ」の方ばかり注目していましたが、Outlook.com につく特典も考慮すると、Office 365 Solo の方がいいですねぇ。

参考:Outlook.com のストレージ制限 - Outlook

2018年12月15日

「サービスとサブスクリプション」にどんな表示になるのか?

その昔、Office Premium 搭載機を購入し、セットアップしました。この度、パソコンの調子が悪くなったので、初期化しました。そうしたところ、Word や Excel が利用できなくなりました。再インストールしようと、パソコン購入時に付いてきた、Office Premium のプロダクトキーを入力してみたのですが、エラーコード:2042 「申し訳ございません。このプロダクトキーは既に使用済みか、または別のMicrosoftアカウントで一部が使用されています。以前に使ったMicrosoftアカウントでやり直しか、カスタマーサポートに問い合わせてください。」と表示されてしまいました。「サービスとサブスクリプション」にアクセスしてインストールするよう、教えてもらったのですが、私の Microsoft アカウントではうまくいきません。「サービスとサブスクリプション」にどういう風に表示されると再インストールできるのでしょうか?

Office Premium の再インストールは、「サービスとサブスクリプション」へアクセスして行います。さて、サインイン時に使う Microsoft アカウントは、初回セットアップしたものでなければなりません。

Office Premium の初回セットアップに使った Microsoft アカウントとは違うもので、「サービスとサブスクリプション」にアクセスすると、下記のような感じの表示になります。

Office 製品が再インストールできない「サービスとサブスクリプション」

「その他のサービス」の中に「Office 365」が見つかりますが、これを開くと Office 365 Solo を購入できるページが開きます。

初回、Office Premium をセットアップする際に使った Microsoft アカウントで「サービスとサブスクリプション」にサインインすると、下記のような感じの表示です。Office Premium 製品の再インストールは、「インストールする」を押すとできるようになっています。

Office Premium と Office 365 サービスが利用できる「サービスとサブスクリプション」

さて、Office Premium でも、Office 365 サービスを更新していない場合は、「Office 365 サービス」は、「キャンセルしたサブスクリプション」内に移動しています。しかし、それでも、Office Premium の再インストールは可能です。「インストールする」を押すとできるようになっています。また、「Office 365 サービス」を再度利用したい場合は、「更新」を押すと、購入ページへ移動できます。

Office Premium が利用できる「サービスとサブスクリプション」

「サービスとサブスクリプション」のページで、「Office Premium」の項目が見つからない場合は、Microsoft アカウントが違っています。違う Microsoft アカウントでサインインして確認してみてください。

ただ、Microsoft アカウントを1年間利用していなかった場合は、データが削除されてしまっている恐れがあります。そういう場合は、Microsoft サポートを受けてみるといいでしょう。

おまけに、Office 365 Solo が利用できる場合の「サービスとサブスクリプション」は、下記のような感じです。

image

2018年12月13日

Office 365 Solo や Office 365 サービスの Skype アクティブ化の仕方

Office 365 Solo を使っています。これには、Skype から固定電話や携帯電話への発信が毎月 60 分間無料できるとのこと。調べると「アクティブ化ページが表示される」とのことなのですが、どうするといいのでしょう?

Office 365 Solo や Office Premium で「Office 365 サービス」を利用している場合、Skype で毎月60分間、固定電話や携帯電話に無料で通話できるサービスを利用することができます。

公式では、「Office 365 のSkype 通話プランを有効にする方法を教えてください。 | Skype サポート」に次のように書いてあります。

    1. Microsoft アカウントから Office にサインインします。
    2. [サービスとサブスクリプション] セクションで、[概要] を選択します。
    3. [Skype 通話プランを取得] を選択します。 アクティブ化ページが表示されます。
    4. アクティブ化ページで、[アクティブ化] を選択します。
    5. Office 365 の Skype 通話プランを有効にするには数分間かかります。 アクティブ化が完了したら、[マイアカウント] の上部に 「Skype 通話プランを使い始めることができます」というメッセージが表示されます。

ところが、実際にやってみたところ、少々違っていました。Office 365 Solo だけでなく Office Premium の「Office 365 サービス」でも同様でした。2018年12月現在、Skype のアクティブ化は、次のようにします。

  1. Office をセットアップした際に使った Microsoft アカウントで「サービスとサブスクリプション」にサインインします。
  2. 「Office 365 Solo」もしくは、「Office 365 サービス」の「概要」を選択します。
  3. 「概要」のページが開きます。「Skype」の「SKYPE の通話時間を入手」を押します。
    「概要」のページにある「Skype」
  4. 「個人用 Office アカウント」ページが開きます。内容をよく読み、下部にある「アクティブ化」ボタンを押します。
    Office 365 Solo の「個人用 Office アカウント」ページ Office 365 サービスの「個人用 Office アカウント」ページ
    ※「個人用 Office アカウント」ページには、「Skype アカウントを既にお持ちの場合は、最初にそれを Office 365 サブスクリプションで使用する Microsoft アカウントとリンクさせます。」として、自分の Skype アカウントを使用して Microsoft Office アカウントをリンクする方法 を参照するよう書いてあります。しかし、実際には、Office 365 のSkype 通話プランを有効にする方法を教えてください。 | Skype サポート へリンクが張られており、「Office 365 の Skype 通話プランを別の Skype アカウントに移動することはできますか? いいえ、ご利用中の月額プランを別の Skype アカウントに移動することはできません。 Skype 月額プランは Office 365 を購入したアカウントに関連付けされます。」となっていて、既に持っている Skype アカウントをサインイン中の Microsoft アカウントに紐づけることはできません。
  5. 「サインイン」ページが開きますので、Microsoft アカウントでサインインします。
  6. アクティブ化が実行されるので、しばらく待ちます。
  7. 「概要」のページに戻ります。「Skype」のリンク部分が「SKYPE に移動」に変わります。「SKYPE に移動」を押します。
    「概要」のページの「Skype」
  8. 左側に「1件の月額プラン」が表示され、「携帯電話や固定電話と 60 分の無料世界通話 - Office 365 で1ヶ月」として、今月は後何分通話できるのか表示されていれば、Skype のアクティブ化が完了です。
  9. 「1件の月額プラン」

2018年12月11日

Office Premium の「Office 365 サービス」と「Office 365 Solo」の併用はできません

Office Premium 搭載機を使っています。別PCでは、Office 365 Solo も使っています。全部同じ Microsoft アカウントでサインインして使っていました。この度、Office Premium の Office 365 サービスをまた利用しようと思い、料金を払い設定しました。そうしたところ、「サービスとサブスクリプション」に「Office 365 サービス」が表示されるようになりました。ところが、「Office 365 サービス」のセットアップをする前は表示されていた「Office 365 Solo」がなくなってしまいました。こんな場合は、どうするといいのでしょう?

これは、私がやってしまいました。

2018年1月 3日に Office 365 Solo と Office Premium を同じ Microsoft アカウントで使うとどうなる?で紹介しました。試みに、Office 365 Solo を紐づけてあった Microsoft アカウントで Office Premium 搭載機をセットアップしています。この時は、両方ともうまく利用できるようになったかのように思えていました。実際には、少々おかしいのです。Office Premium に付いていた「Office 365 サービス」が利用できるようになっていなかったのです。

さて、今回、Office Premium の方の Office 365 サービスを利用できるようにしようと、料金を支払ってみました。そうしたところ、今まで利用できていた Office 365 Solo がなくなってしまいました。「サービスとサブスクリプション」には、「Office Home and Business Premium」と「Office 365 サービス」しかありません。

Microsoft アカウント | サービスとサブスクリプション

こうなってしまった場合は、日本マイクロソフトの電話サポート(0120-54-2244)を早急に受けましょう。

サポートを受けまして、Office 365 Solo の利用権利を復活させることができました。しかし、今まで使っていた Microsoft アカウントに紐づけることはできませんでした。Office Premium に紐づけた Microsoft アカウントは変更できません。そこで、Office 365 Solo に紐づけるための Microsoft アカウントを別途用意し、そこへ紐づけてもらいました。

今回、サポートからは、Office Premium の Office 365 サービスと Office 365 Solo は、同じ Microsoft アカウントで利用できないことを教わりました。2018年1月 3日に Office Premium をセットアップした際に、Office Premium の Office 365 サービスが利用できないのを変に思うべきだったのです。それを今回、うっかり Office 365 サービスの方を料金を払って再有効させてしまったものですから、Office 365 Solo が利用できなくなってしまいました。

Office Premium と Office 365 Solo だけでなく、複数の Office Premium を一つの Microsoft アカウントで紐づけると、どれがどのパソコンで利用しているのかわからなくなります。ということで、複数の Office 製品を一つの Microsoft アカウントに紐づけるのは、止めましょう。

2018年11月24日

Office 2016 搭載機なのに日本語フォントが少ない

Windows 10 で Office 2016 搭載機を買いました。Word を使おうと思ったら、使いたい日本語フォントがみあたらないことに気がつきました。今まで使っていた Office 2016 搭載機にはある日本語フォントです。これは、いったいどうなっているのでしょう?

日本語版 Windows 10 で標準にインストールされているフォントは、下記の通りです。

  • UDデジタル教科書体
  • Yu Gothic UI
  • 游ゴシック・游明朝
  • Meiryo UI
  • メイリオ
  • MSゴシック・MS明朝
  • MSPゴシック・MSP明朝
  • MS UI Gothic

これ以外は、アプリをインストールした際に、おまけで付いてきます。おまけで付いてくるアプリとしてよくあるのは、「年賀状作成」ソフト、そして、日本語版 Microsoft Office 製品です。

以前使っていたPCで「年賀状作成」ソフトがインストールしてあった場合は、同じタイプの「年賀状作成」ソフトをインストールすればいいでしょう。しかし、以前のPC でも Office しかインストールしていなかった場合は?

そこで、年賀状作成ソフトがインストールされていない Windows 10 の Office 365 Solo がインストールしてあるタイプで確認してみました。

Windows 10 でデスクトップ版 Office 365 Solo をインストールしてあるタイプでは、日本語フォントが Windows 10  の標準フォント以外にもインストールされています。コントロール パネルの「フォント」で「日本語」で検索してみると、下記のように見つかりました。

Windows 10 でデスクトップ版 Office 365 Solo での日本語フォント
※このほか、「UDデジタル教科書体」もあるのですが、「デザイン対象」が「日本語」に設定されていないので、フォント内を「日本語」で検索しても表示されません。

ところが、同じ Windows 10 でも Office 製品がストアアプリ版の場合は、Windows 10 の標準フォントしかありません。

Windows 10で Office 製品がストアアプリ版の場合のフォント
※このほか、「UDデジタル教科書体」もあります。

Office 製品がストアアプリ版の場合は、日本語版 Office であっても、Office についてくる日本語フォントがインストールされない模様です。

搭載されているOffice 製品がデスクトップ版かストアアプリ版かは、Word などを起動して、「ファイル」-「アカウント」で「製品情報」を確認するとわかります。「○○ のバージョン情報」のところに「クイック実行」とあればデスクトップ版です。

デスクトップ版 Office 365 Solo の「製品情報」

しかし、「○○ のバージョン情報」のところに「Microsoft Store」とある場合は、ストアアプリ版です。

ストアアプリ版 Office 365 Solo の「製品情報」

とはいえ、足りないフォントは追加インストールできます。「ホーム」タブの「フォント」を開くと、雲マークの下矢印がついた印が見つかります。これを押すことで、フォントがダウンロード可能です。しかし、デスクトップ版でインストールされるはずの日本語フォントで見つからないものもあります。

image

どうしても、日本語フォントを追加したい場合は、デスクトップ版 Office 製品をインストールします。Windows 10 Pro や Windows 10 Home の場合は、「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「Microsoft Office」をアンインストール後、「サービスとサブスクリプション」ページにサインインし、「インストールする」を押して作業します。なお、Surface Laptop や Surface Go といった Windows 10 in S mode の場合は、Windows 10 Pro や Windows 10 Home へ切り替えれば、デスクトップ版がインストールできるようになります。

Surface Laptop の Word で「はがき印刷」が使えない でストアアプリ版だと Word のはがき印刷が利用できないことを紹介しました。どうも、日本語版でもストアアプリ版 Office は、いろいろ問題がありますね。

2018年11月12日

プレインストール版 Office 製品が搭載されているPCを譲渡する場合(2018年11月編)

Microsoft Office Premium が搭載されているパソコンを譲渡することにしました。パソコンを初期化して譲渡したわけですが、譲渡先では、どのようにして Office Premium をセットアップしたらいいのでしょうか?

Office Home and Business 2016 が搭載されているパソコンを譲渡することにしました。パソコンを初期化して譲渡したわけですが、譲渡先では、どのようにして Office Home and Business 2016 をセットアップしたらいいのでしょうか?

過去に何度か、このブログでもその方法を紹介しました。しかし、私自身は、まだ、プレインストール版 Office 製品搭載機を実際に譲渡したことがありませんでした。そこで、「再インストール用プロダクトキー」を入手して、譲渡先に教える方法を紹介していました。

しかし、この方法では、元のユーザーのアカウントに利用権利が残ってしまいます。譲渡されている製品なのに、実際には、元のユーザーの Microsoft アカウントに利用権利が紐づけだれたままになっているわけです。譲渡の場合は、元のユーザーの利用権利を解除してもらう必要があることがわかりました。

なお、Office Premium の場合、付属していた「Office 365 サービス」の利用権利は、元ユーザーに残ります。譲渡先で解除できるのは、パソコンに紐づけられている Office Premium の利用権利だけです。

参考:Office Home and Business 2016 プレインストール版PCを譲渡した場合 - マイクロソフト コミュニティ

「元のユーザーの利用権利を解除」の作業は、元ユーザーではなく、譲渡先で行います。

元ユーザーから譲渡先に渡す物:

  • PC本体
  • 付属していたOffice製品のカード
    ※付属していたOffice製品のカードが譲渡先にない場合は、プレインストール版 Office 製品を使う権利がありません。Office 製品を新規購入する必要が出てきまので、必ず渡しましょう。
    ※元ユーザーの Microsoft アカウントなどがメモ書きをしてある場合は、消しておいてください。譲渡先に、元ユーザーの Microsoft アカウントを知らせないようにしてください。


譲渡先ですること:

  1. 「マイクロソフト サポート 窓口」へ連絡します。この問い合わせ先は、プレインストール版 Office 製品の「FAQ よく寄せられる質問」ページの下部に記載されています。
  2. 「マイクロソフト サポート 窓口」へは、PCを譲渡してもらったことを伝え、有償(2,000円程度)で新しいプロダクトキーと Office 製品をインストールするためのDVDを購入します。なお、Surface など、DVD ドライブが付属していないタイプのPCは、どうやってインストール作業をするのか聞いてみてください。
  3. 元の持ち主のアカウントから該当 Office のライセンスを解除してもらえば、譲渡完了です。

Office Premium の起動画面が新しくなった

Windows 10 で使っている Office Home and Business Premium の起動画面が新しいものになっているのに気がつきました。

以前は、こんな感じでした。

従来の起動画面

それが、こんな風になりました。

新起動画面

起動画面から「アカウント」や「オプション」に入れるのがいいですね。「アカウント」からバージョンを確認すると、「バージョン 1810 (ビルド 11001.20074)」でした。

バージョン 1810 (ビルド 11001.20074)

なお、新表示から元の表示に戻すことはできません。

また、Office 2019 もバージョン 1810 になりましたが、表示は、従来のままで変わっていません。

Office 2019 の「アカウント」画像

2018年11月 4日

Office 2019 言語パックの使い方

Office 2019 を英語版にしたい の続き。

言語パックのインストールが済んだら、「Microsoft Office  言語設定」が追加した言語での表記になりますので(英語版なら「Office Language Preferences」と表記)開いてみましょう。

image

「表示言語とヘルプ言語の選択」にある一覧に、言語パックで追加した言語が表示されていることでしょう。

初期設定では、「表示言語」の設定が「Microsoft Windows と同じにする <規定>」になっているはずです。この設定の場合は、OS の言語に合わせて Office 製品の言語も変わります。 Windows が英語表示になれば、Office製品も英語表示になるわけです。

image

もし、現在の OS の言語とは違う表示言語にしたい場合は、その言語を選択して「規定に設定」ボタンをクリックします。例えば、OS は、日本語表示なのだが、Office は英語表示にしたい場合、「英語 [English]」を選択し「規定に設定」ボタンをクリックします。

image

これで、指定した言語が「既定」になりました。なお、「ヘルプ言語」は「表示言語と同じ設定にする」になっていますので、自動的に切り替わります。

image

「OK」ボタンクリックすると「Officeを再起動して、言語の変更を有効にしてください。」とメッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

Officeを再起動して、言語の変更を有効にしてください。

Office 2019 製品が起動している場合は、いったん終了させましょう。 Office 2019 製品のWordやExcelを起動すると、日本語の Windows 10 上でも英語表示されたものになりました。

「ごみ箱」は日本語で PowerPoint とExcel は英語表記

Office 2019 を英語版にしたい

日本語版の Windows 10 を使っています。このパソコンに、Office 2019 をインストールしました。Windows 10は、他国の言語パックをインストールすると他の言語表記にできました。Office 2019 も、別の言語にできませんか?

Microsoft Office 製品は、独自の言語パックを持っています。よって、Windows 10  の表示言語にかかわらず、Office 製品は、インストールした言語版で表示されます。

やり方に関しては、Office 2016 のころと変わりありません。

参考:Office 2016 の言語パックについて

ただ、2018年11月現在、Office 製品の言語パックインストールページが追い付いておらず、「Office 2019」でも利用可能なのかわかりづらい状態でした。そこで、Office Professional Plus 2019 で確認してみましたら、うまくできました。

なお、法人用 Office 365 の場合は、IT管理者に問い合わせてください。また、ボリューム ライセンス版の場合は、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードできます。

さて、一般的には、次のようにします。

  1. Word や Excel といったOffice 製品が起動している場合は、すべて閉じます。
  2. 「すべてのアプリ」から「Microsoft Office ツール」内にある「Office 言語設定」を開きます。 
    2.「すべてのアプリ」の「Microsoft Office ツール」内にある「Office 言語設定」
  3. 「Microsoft Office の言語設定」が開きます。
    Microsoft Office の言語設定
  4. 一番下にある「Office.com からインターフェースおよびヘルプの言語を取得」をクリックします。
    「Office.com からインターフェースおよびヘルプの言語を取得」
  5. ブラウザが起動して、「Office の言語アクセサリ パック - Office サポート」のダウンロードページが開きます。
    「手順1」のタブで「新しいバージョン」が選択されているんを確認し、「必要な言語」のプルダウンを開いて利用したい言語を選択します。
  6. 表示された「リンク」のシステムにあった「ダウンロード」を押してファイルを「保存」します。
    image
    今回は「英語」版をダウンロードしてみます。
    ご注意
    言語パックをダウンロードする際は、お使いのOfficeのシステムに合っているタイプを選択する必要があります。確認方法は、ExcelやWordを起動して、「ファイル」-「アカウント」の「バージョン情報」ボタンを押すと確認できます。
    「32 ビット」だった場合:「ダウンロード (x86)」を選択
    「64 ビット」だった場合:「ダウンロード (x64)」を選択
  7. ブラウザの下部に表示される「保存」ボタンを押します。
  8. ダウンロードが完了したら、「Microsoft Office 言語設定」をいったん閉じます。
  9. ブラウザの下部に表示されている「実行」ボタンを押して、インストール作業を開始します。
    image
  10. 「ユーザーアカウント制御」が開いた場合は、「はい」を押します。
  11. インストール作業が始まるので、しばらく待ちます。
    インストール作業は、バックグラウンドで行われます。通知領域に「Office」のアイコンが表示されています。これが消えるまでしばらく待ちます。
    image

通知領域から「Office」のアイコンが消えたら、言語パックのインストールが完了します。

Office の「言語パック」が追加できない場合は、ストアアプリ版の Office 製品です。Office 2019 でストアアプリ版は確認できていませんが、将来的には、出てくることでしょう。ストアアプリ版の場合は、下記ページを参考にしてみてください。

Office 2016で1つの製品だけ日本語にならない

さて、追加した言語パックの利用方法については、Office 2019 言語パックの使い方 を参照ください。

より以前の記事一覧

Translator


2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ