カテゴリー「iPhone」の記事

2016年3月 3日

日本語版 iPhone用 Cortana 公開!

日本語版 iPhone用 Cortana が正式に公開されました。

Cortana 日本語版 成長の足跡 -Cortana の iPhone アプリが登場 | Windows Blog for Japan

このブログでも Cortana に関しては、下記のように紹介しました。

Windows 10 Ver.1511 日本語版 Cortana を使ってみた

Windows 10 Mobile:Cortanaのリマインダー

また、富山合同勉強会2016 ~ぶりしゃぶ会~Japan ComCamp 2016 powered by MVPs 北陸会場でも紹介しています。この登壇の際に、「iPhone用 Cortanaもそろそろ公開でしょう」と話しましたが、意外と早かったです。

さて、待ちに待った iPhone用の Cortana です。早速正式版をインストールしてみました。

Cortana App Store

セットアップは次のように進みます。

  1. Cortana アイコンをタップ
    Cortana アイコン
  2. 情報提供することに同意するために「同意する」ボタンを押します。
    情報提供することに同意
  3. 「次へ」ボタンを押します。
    Microsoft アカウントでサインインしてください。
  4. Windows 10で使っている Microsoft アカウントでサインインします。
    Microsoft アカウントのサインイン画面
  5. Cortanaが位置情報を利用することを許可します。
    "Cortana"を使用していないときでも位置情報の利用を許可しますか?

以上で準備完了です。

Cortana 準備完了

Windows 10のカレンダーアプリと連動しているので、今晩、会議があることがわかります。(おぉ!忘れてたわ
Cortanaの「今日のカレンダー」

早速、リマインダーを登録してみましょう。Cortanaのマイクボタンを押して、「リマインダー 5時半になったらご飯を作る」と言ってみました。

Cortana 聞き取りモード

Cortana が認識すると、自動的にリマインダーが作成されます。「OK」ボタンをタップ。

リマインダーの詳細

これで、リマインダーとして、登録されました。

リマインダー登録完了

時間になると、iPhoneのロック画面に表示され、知らせてくれました。

時間が来るとリマインダーがロック画面に表示

いろいろ使ってみましょうね。

2015年12月24日

NORAD サンタ追跡サイト 2015

よい子の皆さん!今年も12月24日の晩にNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が、サンタさんの追跡を開始しますよ。うっかりしていましたが、もう今晩です。

Official NORAD Santa Tracker

image

右側に「Microsoft Edge」というのが見ます。何でしょう?開いてみるとこんなメッセージが表示されました。

「Microsoft Edge」を押すとメッセージが出た

Microsoft and NORAD have teamed up again to track Santa on his magical journey!
Check out all the fun throughout the month of December including the Microsoft Edge
coloring book.

訳:マイクロソフトと NORAD がある場合、彼の魔法の旅にサンタを追跡する再に提携している!
Microsoft Edge の塗り絵で12 月の全体のすべての楽しさをチェックしてください。

Windows 10に搭載されているブラウザ Microsoft Edge で塗り絵ができるとのこと。Microsoft Edgeの右側にある「Web ノートの作成」を押します。

 Microsoft Edge の右上

好きなペンを使って、ページ内を描画してみましょう。

「Web ノートの作成」の左上にあるツール

こんな風に遊べますよ。

迷路で遊んでみた

今回もサンタ追跡用のアプリが用意されています。

NORAD Tracks Santa - Google Play の Android アプリ

NORAD Tracks Santa on the App Store

Windows 10 APP

英語版のみですが、これで外出中でも、スマートフォンやタブレットPCからサンタさんを追跡できますよ。

このページでも追跡できるようにしておきますね。

さぁ、今晩は、よい子にしてサンタさんが来るのを待ちましょうね。そして、12月25日の朝、枕元に素敵なプレゼントが置いてありますよ~に!

2015年12月22日

Microsoft アカウントのコードを取得するメールアドレスに @i.softbank.jp を登録

Windows 10でユーザーアカウントを追加しようと思っています。新しい Microsoft アカウントを取得しようと思い、「セキュリティ情報の追加」で「連絡用メール アドレス」としてiPhoneのメールである@i.softbank.jp を入力しました。しかし、「someone@example.com の形式でメールアドレスを入力してください」と表示されてしまい、次へ進めません。これは、どうなっているのでしょう?

ソフトバンク iPhoneの電子メールのドメインは、@i.softbank.jp です。私も、iPhoneで使っています。@i.softbank.jp は、下記アイコンの「メール」アプリを使って送受信します。

image

Microsoft アカウントを取得する際の「セキュリティ情報の追加」に、@i.softbank.jp のメールアドレスを入力すると、赤文字で「someone@example.com の形式でメール アドレスを入力してください」と表示されます。

aifonnMail

「セキュリティ情報の追加」に入力したメールアドレスは、後々、本人確認をするために、コードと呼ばれる「セキュリティ コード」を送ってもらうために使われます。「すぐにみられる携帯のメールアドレスがいいだろう」ということで、iPhoneの電子メールのアカウントを登録してみたのですが、確かに通りません。

実は、その昔、通ったのです。現在、そのアカウントで本人確認をするために、コードを送る作業をすると、「SMSを送信」と表示されます。

aifone01

iPhoneで「SMS」が送受信できるアプリは、下記の「メッセージ」アプリです。

image

@i.softbank.jp は、電子メールのアドレスなので、SMSで送られても、受信できません。

これは、一体どういうことなのか、Microsoft アカウントのサポートに問い合わせてみました。

※このサポートを受けるのに、ちょっとしたコツがあります。参考:このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

返事は下記の通りです。

-----
「@i.softbank.jp」 の携帯電話のメールアドレスにてコードをお受け取りしようとすると、「SMS を送信」 になっているため、コードのお受け取りをすることができない状況ですね。
以前、セキュリティ情報を登録いただく際、携帯電話会社から提供しているメールアドレスの登録も可能でありました。
しかしながら、「SMS を送信」 で登録されている原因については、こちらでもお調べすることが難しい状況でございます。
現在、携帯電話会社から提供しているメールアドレスは、セキュリティ情報として、また Microsoft アカウントとして登録できない仕様になっております。
お手数ではございますが、携帯電話番号で SMS にてコードのお受け取りいただく方法か、PC でご利用可能なメールアドレスでメールでお受け取りいただく方法などを、改めて追加していただきますよう、お願い申し上げます。

<現在ご利用可能なセキュリティ情報が登録されている場合>
セキュリティ情報とセキュリティ コード

<現在ご利用可能なセキュリティ情報が一つも登録されていない場合>
セキュリティコードの送付先を新しい連絡先に変更 (更新) したい。どうしたらいいですか。
-----

ということで、現在は、「@i.softbank.jp」 といった携帯電話のメールアドレスを「セキュリティ情報の追加」の「連絡用メール アドレス」として登録することができません。携帯電話へコードを送ってもらいたい場合は、「セキュリティ情報の追加」を「電話番号」にして登録してください。

「セキュリティ情報の追加」を「電話番号」

2015年4月 8日

iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真がアップロード可能に!

2015年2月20日に紹介した iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真をアップロードできるか?。この現象を再確認してみたところ、修正されているのを確認しました。

iPhoneの OneDrive アプリを起動して、下部の「共有アイテム」をタップ。共有してくれたユーザーを選択します。
下部の「共有アイテム」をタップして共有してくれたユーザーを選択

共有されているフォルダーは「編集可能」の文字が見えます。このフォルダーを開きます。右上の「・・・」をタップすると、メニューが開きました。「アイテムの追加」も表示されています。
右上の「・・・」をタップ

「アイテムの追加」をタップすると、「フォルダーの作成」や「写真や動画の撮影」、そして「既存フォルダーからの選択」メニューも表示されました。
「アイテムの追加」をタップしたところ

「既存フォルダーからの選択」をタップすると、iPhoneの「アルバム」が開き、写真をアップロードすることができました。ただ、反映に問題があるようです。右上の「戻る」で一度フォルダーから出て入り直すとアップロードした写真が表示されました。

iPhoneの App storeで OneDrive の「アップデート履歴」を確認すると、2015年3月12日と2015年4月2日にアップデートされていました。
OneDrive の「アップデート履歴」

このいずれかで修正されたのだと考えられます。

I cannot upload files to the folder was shared in the iOS App OneDrive – Feature Suggestions for Microsoft OneDrive でも「Votes」が「13」になっています。フィードバックが効いたのでしょうかね。投票してくださった皆さん、ご協力、ありがとうございました。

2015年3月19日

Skype クレジットが使えない

iPhoneで Skype を使っています。コンビニでSkype クレジットを購入して、Skype で使っていました。しばらく、利用していなかったのですが、久々に使おうと思ったのですが、Skype クレジットが使えません。iPhoneのアプリで見ると、残金があるようなのです。こういう場合、どうするといいのでしょう?

iPhoneの Skype アプリで「Skype クレジット」の残金を確認するには、右上にある自分のアイコンをタップします。すると、自分の状態が表示されます。

Skype アプリでの自分自身の状態

上記の画像の場合、「Skype クレジット」には、1,000円分の残金があるようです。もうちょっと詳しく見るために、「Skype クレジット」の部分をタップして開いてみます。

11067968_897731343622476_592735390_o

残金の他には、「\500クレジットを追加」ボタンしか見当たりませんでした。1,000円分使えるように思えるのですが、固定電話や携帯電話への通話やメッセージ送信ができません。

実は、Skype クレジットは、しばらく連続して使わないでいると、無効になってしまうのです。

Skype利用規約 の「お支払い」より

9.2 不使用のSkypeクレジット。 Skypeクレジット(Skype Manager管理者(お客様がマネージドアカウントユーザの場合(この場合には第21条をご覧ください)を除きます)または他のSkypeユーザによってお客様に割り当てられたSkypeクレジットを含む)を連続する180日間にわたって使用しなかった場合、Skypeは、お客様のSkypeクレジットを無効にします。 Skypeクレジットを再び有効にするには、https://secure.skype.com/account/credit-reactivateの「マイアカウント」で再有効化リンクをクリックします。 再有効化されたSkypeクレジットは、払い戻しできません。 日本にいるお客様がSkype WebサイトからSkypeクレジットを購入した場合は、この段落は適用されず、Skypeクレジットは購入日から6ヶ月後に失効します。 Skypeクレジットを失効日以後に使用することは許可されていません。

幸いにも、質問者さんは、Webサイト上からではなく、コンビニでSkype クレジットを購入しています。再有効化すると、また利用できるようになります。しかし、再有効かは、iPhoneの Skype アプリからはできません。パソコンを使って作業します。

参考:Skypeクレジットが無効になった場合にはどうすればよいでしょうか?

Skypeクレジットを再び有効にするには:

  1. Skypeアカウント にサインインします。
  2. Skypeクレジットが無効になっている場合は、ページにクレジットの再有効化リンクが表示されます。「クレジットの再有効化」をクリックします。
    Skype クレジットの再有効化
  3. 表示されるクレジットを選択して、「クレジットの再有効化」をクリックします。

クレジットが再び有効になるのを待ちます。しばらく、経ってから Skype クレジットが利用できるようになったかどうか確認します。

11065369_897733570288920_973436789_o

再有効化した際も、残高の有効期間は、Skype から固定電話または携帯電話に通話、テキストメッセージを最後に発信した日から180日間です。180日間全く使わずにいると、無効になってしまいますので留意してください。

2015年2月22日

Windows 8.1の「メール」アプリに iPhoneの i.softbank.jp アカウントを設定

Windows 8.1を使っています。スタート画面の「メール」に iPhone のメールアドレス(i.softbank.jp)を設定したいのです。どうするといいのでしょう?

Softbank の iPhone 「メール」では、Eメール(i)という「@i.softbank.jp」のメールアドレスが利用できます。このメールアドレスは、送受信サーバーとして、SMTP に IMAP を使っています。2014年5月7日に Office Outlook 2013に iPhoneの i.softbank.jp アカウントを設定したい を紹介しました。Windows 8.1の「メール」アプリも、「IMAP」に対応していますので、応用すれば、「メール」アプリに設定可能です。次のようにしてみてください。

  1. Windows 8.1のスタート画面で「メール」タイルを押す
    「メール」アプリのタイル
  2. 「設定」チャームを開き、「アカウント」-「アカウントの追加」-「その他のアカウント」を選択
    「メール」アプリの「設定」チャーム 「アカウント」-「アカウントの追加」
  3. 「メール アカウントの追加」が開くので「IMAP」にチェックをつけて「接続」を押す
    「メール アカウントの追加」
  4. 「その他のアカウントの追加」が開く。メールアドレスとそのパスワードを入力。「詳細を表示」を押す。
    「その他のアカウントの追加」
  5. 「その他のアカウントの追加」の詳細画面になる。 未入力の各項目へは次のように入力し、設定する。

    ユーザー名:メールアドレスの@マークの前の部分
    受信(IMAP)メールサーバー :imap.softbank.jp
    IMAPポート:143
    受信サーバーは SSL が必要:チェックなし
    送信(SMTP)メールサーバー :smtp.softbank.jp
    SMTPポート :587
    送信サーバーはSSLが必要: チェックなし
    送信サーバーは認証が必要: チェックあり
    メールの送信t受信で同じユーザー名とパスワードを使う: チェックあり 

    「その他のアカウントの追加」の詳細画面 
    ※画像のメールアドレスは、一例です。
  6. 「接続」ボタンを押す

以上で「メール」アプリにiPhoneのメールアドレスが追加されました。

2015年2月20日

iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真をアップロードできるか?

iPhoneで OneDrive アプリを使っています。先日、仲の良い友人たちと旅行へ行きました。その際に、iPhoneで撮った写真をOneDrive 上にアップしました。知人にも見てもらい、追加写真もアップロードできるよう、「共有」もし「編集可能」の設定にしてあります。ところが、友人のiPhone の OneDrive アプリからは、私の OneDrive フォルダーに写真がアップロードできないと連絡がありました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

実際に、iPhoneで確認してみました。

iPhoneの OneDrive アプリを起動して、下部の「共有アイテム」をタップ。共有してくれたユーザーを選択します。

下部の「共有アイテム」をタップして共有してくれたユーザーを選択

共有されているフォルダーは「編集可能」の文字が見えます。このフォルダーを開きます。右上の「・・・」をタップすると、メニューが開きました。「アイテムの追加」も表示されています。

右上の「・・・」をタップ

「アイテムの追加」をタップすると、「フォルダーの作成」や「写真や動画の撮影」、そして「既存フォルダーからの選択」というメニューが表示されるはずなのです。しかし、ここでは、先のメニューが閉じるだけで、何も表示されませんでした。

そこで、iPhone、iPod touch、iPad 用 OneDrive ダウンロードページを確認してみました。

すると、次のように書いてあります。

• 自分の OneDrive ファイルと共有ファイルを閲覧

もしかすると「共有ファイル」は「閲覧」が主なのかもしれません。

また、iPhoneからの「編集」は何ができるのか確認してみました。同じく右上の「・・・」をタップして、メニューから「アイテムの選択」をタップ。すると、選択したファイルやフォルダーの削除ができました。また、WordやExcelといった Microsoft Office 製品のファイルが共有されている場合は、関連アプリがあれば編集が可能です

しかし、OneDrive アプリを使って。共有されたフォルダーにiPhoneからファイルをアップロードすることができませんでした。

なお、iPhoneのサファリからOneDrive.com へサインインして、「共有」を開いてみたのですが、「編集可能」と表示されているフォルダーを開いても、できるのは閲覧だけでした。サファリでは、パソコンのブラウザからでは上部に表示されるはずのコマンドが表示されません。削除すらもできませんでした。

iPhoneは、そういう仕様なのだと考えられます。

もちろん、自分自身のフォルダー内であれば、写真のアップロードは、「・・・」をタップして「アイテムの追加」から「既存フォルダーからの選択」と進み、写真を選択すれば可能でした。そこで、ご自身のフォルダー内は、閲覧だけにします。友人、知人の方も、次のようにしてOneDriveに共有フォルダーを作ってもらい、写真を保存してもらいます。そこを閲覧するという方法がいいでしょう。

右上の「・・・」をタップして「共有とアクセスの許可」をタップ。

自分のフォルダーで右上の「・・・」をタップ

「知り合いの追加」をタップ。

「共有とアクセスの許可」をタップすると表示されるメニュー

後は、共有する相手を指定し、編集を許可するかどうか、アクセスにMicrosoft アカウントでのサインインを求めるかどうか指定します。

「知り合いを追加」の画面

2015年2月23日 追記:
OneDrive の機能の提案サイトでフィードバックしてみました。

I cannot upload files to the folder was shared in the iOS App OneDrive – Feature Suggestions for Microsoft OneDrive

変な英語ですが、「Vote」の部分をクリックすると、同意されたとみなされ、要望率が上がります。

2015年4月8日 追記:
この現象が修正されているのを確認しました。iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真がアップロード可能に!

2015年2月14日

海外で Outlook.com を使う場合

Outlook.com ヘアクセスしてメールの送受信をしています。先日から日本を離れ、海外に来ています。現地のホテルでパソコンを借りて、Outlook.com を開いたのですが、アクセスできませんでした。何かコードを携帯電話へ送るようなことも表示されましたが、私の携帯は海外で使えません。海外で Outlook.com を使いたい場合は、どうするといいのでしょう?

通常とは違うパソコンや通常とは違う地域から Outlook.com といった Microsoft のオンラインサービスにアクセスすると、本人確認を求められます。その際には、Microsoft アカウントを作成した際に登録した電話番号やメールアドレス宛にコードを送ってもらい、本人であることを証明します。

参考:Microsoft アカウント – 連絡先情報の本人確認のお願い|Microsoft アカウント

もうすでに海外に行っていて、今すぐ Microsoft のWebメールである Hotmail や Outlook.com へアクセスしたい場合は、下記の専用フォームを使って問い合わせてみてください。

Microsoft アカウント サポート - Windows ヘルプ

上記ページの「サインインできない」を選択して問い合わせます。個別に対応してもらえますので、本人だと確認できればアクセスできるようになります。

ただし、問い合わせ用の Microsoft アカウントが必要です。これは、海外で新規に作らないといけないでしょう。また、速攻で対応されないので、それなりの時間(半日以上)待たされることでしょう。そして、このサポートを受けるのに、ちょっとしたコツがあります。参考:このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

さて、私も時々、海外へ行きます。現地のパソコンを借りて、Microsoft のサービスにサインインしないといけないこともあります。その際に、私が使うのは、スマートフォンの認証アプリです。

2段階認証した Microsoft アカウントでの「認証アプリ」のセットアップ

なお、この認証アプリは、スマートフォンだけでなくWindows 8.1のアプリにもあります。

Microsoft アカウント 2段階認証の Windows 8.1用「認証アプリ」

認証アプリを使う際、スマートフォンが現地の通信回線やWi-Fiにつながっている必要はありません。コード入力欄に認証アプリで生成されたコードを入力するだけです。ただ、そのためには、海外へ行く前に、認証アプリのセットアップをしておく必要があります。

でも、一番簡単なのは、日本で使っているノートパソコンなどを「信頼済みパソコン」にして、海外に持って行って使うことでしょう。

2015年1月23日

Microsoft アカウント 2段階認証の Windows 8.1用「認証アプリ」

Windows 8.1を使っています。海外によく行くのですが、海外から Microsoft のサービスを受けるためにサインインしようとするとセキュリティ コードの入力を求められます。日本にいる際は、携帯電話へコードを送ってもらえるのです。しかし、私の携帯電話は海外で使えません。セキュリティ コードの送信先をパソコンのメールアドレスにすればいいのでしょう。しかし、面倒なのでどうにかならないものでしょうか。

Microsoft アカウントで2段階認証を有効にすると、信頼されていないデバイスからサインインするたびに、セキュリティ コードを入力するように求められます。信頼済みデバイスに設定すれば、セキュリティ コードの入力は求められません。しかし、借り物のパソコンなどの場合は、信頼済みデバイスにできませんので、セキュリティ コードを使ってサインインします。

セキュリティ コードとは、1回だけ使えるもので、携帯電話やパソコンの連絡用メール アドレス宛に送るよう設定します。しかし、自分の携帯電話などが通信圏外にいる場合はメールを受け取れないことがあります。そんな場合は、スマートフォン用の認証アプリから手に入れることもできます。

このスマートフォン用の認証アプリに関しては、Microsoft アカウント 2段階認証の「認証アプリ」について で紹介しました。

さて、この認証アプリは、Windows 8.1のストアアプリにもあります。本人確認アプリ: FAQ - Microsoft Windows には、こんな風に書いてあります。

その他のデバイスの場合
認証アプリをインストールして、本人確認に使用できるセキュリティ コードを取得してください。このアプリは、デバイスがオフラインでも利用できます。アプリ ストアで「認証」を検索してください。

しかし、Windows 8.1のストアアプリで「認証」と検索しても、該当するものが見つかりません。どうも、この部分、翻訳しすぎているようです。そこで、「認証」を英語で訳して「Authentication」で検索してみたところいくつか見つかりました。

Windows ストア の Windows 用 Google Authenticator アプリ もその1つです。

Windows ストア の Windows 用 Google Authenticator アプリ

試しに使ってみました。次のようにして設定します。

※認証アプリは、複数のスマートフォンやパソコンで設定できません。スマートフォンで既に認証アプリを使っている場合は、パソコンのアプリで設定するとスマートフォンの設定が解除されますのでご留意ください。

  1. Google Authenticator アプリをインストールして起動します。
  2. 右上の「+」をタップすると「Add Account」(アカウント追加)欄が開きます。
    Google Authenticator の「Add Account」
  3. https://account.live.com/proofs/Manage にMicrosoft アカウントでサインインして、「認証アプリ」の「セットアップ」をクリック。
    認証アプリ
  4. 「アプリをインストールするモバイルデバイス」で「その他」を選択して「次へ」ボタンを押します。
    アプリをインストールするモバイルデバイス
  5. QRコードが表示されるのですが、スキャンできないようなので使えません。そこで「QR コードをスキャンできない場合」をクリック。
    認証アプリのQRコード
  6. 「アカウント名」と「秘密鍵」が表示されます。
    「アカウント名」と「秘密鍵」が表示
  7. Google Authenticator アプリに戻り「Account name」欄に「アカウント名」で表示されている文字列、「Security Key」欄に「秘密鍵」で表示された文字列をコピーして貼り付けます。
  8. 「Add Account」ボタンを押します。
  9. Microsoft アカウントが登録され、上にコードが生成されます。
    Google Authenticator アプリでコードが生成された
  10. 生成されたコードを「認証アプリの設定」の「アプリによって生成されたコード」欄に入力して「次へ」ボタンを押します。

以上で、Windows 8.1のGoogle Authenticator アプリの登録が完了です。コードを求められたときに、このアプリでコードを生成して入力します。

参考:2 段階認証: FAQ - Windows ヘルプ

2014年12月20日

NORAD サンタ追跡サイト 2014

よい子の皆さん!今年も12月24日の晩にNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が、サンタさんの追跡を開始します。

Official NORAD Santa Tracker

Official NORAD Santa Tracker

Official NORAD Santa Tracker

開いてみたら英語のページだった場合は、ページの右上で言語を選択できるようになっています。「English」の部分をクリックして「日本語」を選択します。

言語の変更メニュー

今回は、自分のブログでもサンタを追跡できるようになりました。

カウントダウン クロックが開始時間を示したら、追跡できるようです。

また、今回もサンタ追跡用のアプリが用意されています。

iOS: NORAD Tracks Santa on the App Store on iTunes

Android:NORAD Tracks Santa - Google Play の Android アプリ

Windows Phone:Norad Tracks Santa Phone App | Windows Phone Apps+Games Store (United States)

Windows 8:NORAD Tracks Santa app for Windows in the Windows Store

生憎と英語版のみですが、これで外出中でも、スマートフォンやタブレットPCからサンタさんを追跡できますよ。

さぁ、12月24日は、よい子にしてサンタさんが来るのを待ちましょうね。12月25日の朝、枕元に素敵なプレゼントが置いてありますよ~に!

より以前の記事一覧

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ