カテゴリー「iPhone」の記事

2018年6月 2日

Skype for iOS の Skype Translator

iPhone で Skype を使っています。Skype では、翻訳ができるとのこと。iPhone の Skype でもできるのでしょうか?どうすると翻訳してもらえるのでしょう?

Skype の翻訳、Skype Translator に関しては、2018年1月11日に Skype for Windows 10 の Skype Translator で紹介しました。iPhone で利用できる Skype for iPhone でも、やり方は、変わりありません。チャットでの翻訳は、2018年6月現在、50以上の言語で翻訳可能です。

Skype で翻訳機能を使いたい場合は、次のようにします。

  1. Skype for iPhone を起動し、Microsoft アカウントもしくは、Skype ID でサインインします。
  2. 翻訳機能を使いたい相手を長押しします。
  3. 表示されたメニューの「プロフィールを表示」をタップします。
    翻訳機能を使いたい相手を長押しすると表示されるメニュー
  4. 相手のプロフィールが表示されます。その中にある「Translator を起動」をタップ。
    相手のプロフィール
  5. 自分と相手、そして、Skype Translator を含めたグループチャットの画面が表示されます。初めは、Skype Translator の紹介が出ます。
  6. Skype Translator の紹介が終わると、「設定」が表示されます。自分の表示名の設定で使う言語と通話中の声を女性にするか男性にするか確認します。
    image
  7. 設定が完了したら、チャットを開始します。Skype Translator が間に入って、翻訳してくれます。

引き続き、右上にある「通話」ボタンを押すと、通話も可能です。通話の翻訳は、2018年6月現在、下記の言語で可能です。

アラビア語
アラビア語 (Levantine)
中国語 (標準中国語)
英語
フランス語
ドイツ語
ヒンディー語
イタリア語
日本語
ポルトガル語 (ブラジル)
ロシア語
スペイン語

通話の場合も Skype Translator が間に入って、音声で翻訳してくれます。iPhone ですので、画面を見ながらの通話はしないことでしょうが、画面を見るとテキストでも通話内容が翻訳されて表示されます。

さて、Skype 同士であれば翻訳機能が利用可能ですが、Skype から固定電話や携帯電話へかける際の翻訳はどうなのでしょう?

Skype から固定電話や携帯電話へかけられるアカウントで確認してみました。すると、Skype for iOS だと、電話番号の相手のプロフィールにも下記のように「Translator を起動」が表示されました。

電話番号の相手のプロフィール

「Translator を起動」を実行すると、次は、Skype Translator を含めたグループチャットの画面が表示されます。しかし、Skypeが使えないスマホの電話や固定電話の場合は、チャットができません。相手の設定が確認されていないからか、通話での翻訳はしてくれませんでした。

Windows 10 for Skype では、電話番号の場合、そもそも「Translator を起動」が表示されません。もしかすると、Skype for iOSは、本当は使えない機能が表示されていて、何かおかしいのかもしれません。

参考:Skype翻訳を設定して使用する方法を教えてください。 | Skype サポート

2018年5月11日

Windows 10 Ver.1803:スマートフォンと連携する

Windows 10 Ver.1803 になって、iPhone で開いた Web ページをパソコンで見ようと「Continue on PC」を使ってみたら、何だかうまくいきません。

iPhone で「Continue on PC」を使ってみたらエラーになる

改めて確認してみたところ、仕様が変わっているのに気がつきました。

Windows 10 の「設定」にある「電話」という項目を使うのですが、下に「Android、iPhoneのリンク」とあるように、スマートフォンで利用できます。これは、設定をするとスマートフォンで閲覧している Web ページをPCに送って閲覧できるという機能です。

Windows 10 Ver.1803 の「設定」にある「電話」

この件は、Ver.1709 の際に、Windows 10:スマートフォンとリンクする で紹介しました。Ver.1709 では、iPhone に「Continue on PC」アプリをインストールしました。しかし、Ver.1803 では、違っていました。スマートフォン用の Microsoft Edge をインストールするよう促されました。

次のようにします。

  1. 「設定」を開き、「電話」を選択。
  2. 「電話の追加」を押す
    「設定」-「電話」
  3. 「電話と PC をリンクする」画面が表示される。日本の場合は、「JP (+81)」が選択されているのを確認。
    「電話と PC をリンクする」画面
    ※+81 というのは、国際電話をかける際の「日本」の国番号です。
  4. 次の欄に、ご自身のスマートフォンの電話番号を入力し「送信」ボタンを押します。
    ※一般的には、電話を国際電話でかける場合、市外局番の頭の「0」を取ります。今回、頭に「0」をつけて入力してみましたが、ちゃんとSMSが届きました。 SMSがうまく届かない場合は、下記から入手できます。
    iOS:「Microsoft Edge」をApp Store
    Android:Microsoft Edge - Google Play のアプリ
  5. 「電話と PC をリンクする」画面に「テキストが送信されました。電話を確認してください」と表示されます。
    テキストが送信されました。電話を確認してください
    ※スマートフォンにメッセージが届いているのを確認したら「閉じる」ボタンで閉じます。

続いて、スマートフォンの作業です。iPhone で紹介します。Android は、持っていないので、すみません。

  1. iPhoneの「メッセージ」アプリに SMS でメッセージが送信されてきます。「最初のアプリの準備ができました。このアプリをインストールしてサインインし、次の PC にリンクしてください」と表示されています。そして、すぐ下にある「タップしてプレビューを読み込む」をタップします。
    iPhoneの「メッセージ」アプリに届いたメッセージ
  2. インストールするアプリ「Microsoft Edge for iOS」が表示されるので、タップします。
    インストールするアプリ「Microsoft Edge for iOS」が表示
  3. 「このページを”App Store” で開きますか?」と表示されるので「開く」をタップ。
    このページを”App Store” で開きますか?
  4. 「Microsoft Edge for iOS」のインストール画面が開きますので、「入手」をタップして、インストールを開始します。
    ※iTunes では、「Microsoft Edge」をApp Storeで入手できます。
  5. インストール出来たら「開く」ボタンをタップ。
    「Microsoft Edge for iOS」のインストール画面
  6. 「Microsoft Edgeにサインイン」と表示されます。Windows 10 のサインインに使っている Microsoft アカウントでサインインし、指示通りに作業します。
    Microsoft Edgeにサインイン

iPhone で「Microsoft Edge for iOS」がインストールできたら、準備完了です。Windows 10 の「設定」-「電話」では、関連付けたスマートフォン名が「リンクされた電話」内に表示されます。

「設定」-「電話」では、関連付けたスマートフォン名が表示

なお、関連付けたスマートフォンを解除したい場合は、「設定」-「電話」で「この PC からリンクを解除する」を押します。

iPhone からWindows 10 PCへ共有する方法も変わっています。Web ページは、「Microsoft Edge for iOS」で開いてから、共有します。ほかのブラウザで開いている場合は、共有アイコンから「Microsoft Edge for iOS」を探してタップし、切り替えます。

  1. 「Microsoft Edge for iOS」でWeb ページを開く。
  2. 「共有」アイコンをタップ
    「Microsoft Edge for iOS」でWeb ページを開く
  3. Windows 10 PC名が表示されているので、タップします。なお、該当 Microsoft アカウントでサインインしている PC が複数ある場合、共有させたいPCを選択します。
    Windows 10 PC名が表示
    ※リンクさせた Windows 10 が起動していない場合は、「後で続行」をタップします。これで、PCが起動した際に「通知」でURLを知らせてくれます。
  4. Windows 10 PC では、既定のブラウザが起動し、iPhone で共有した Web ページが自動的に開きます。
    Windows 10 でiPhone から共有された Web ページが自動的に開いた

以前、「Continue on PC」をスマートフォンに入れてあった場合は、削除しても大丈夫です。

参考:Microsoft Edge App Download for Android and IOS | Microsoft Edge

    2018年3月17日

    米国はシアトルで Uber 体験!

    2018年3月4日から3月9日まで、シアトルへ渡米していました。最終日に、泊まっていたホテルから、最寄空港まで行く際に、Uber を使ってみました。その際の様子を忘備録として残しておきます。

    Uber とは、米国で始まった自動配車サービスです。日本でも一部の地域で利用できるとのこと。しかし、私の住んでいる地域では、利用できません。

    利用するには、スマートフォンに専用アプリをインストールします。

    Uber on the App Store

    Uber - Google Play のアプリ

    Get Uber - Microsoft Store

    アプリのインストールやセットアップは、日本で済ませておくといいようです。ログインアカウントを作成してセットアップします。渡米してからだと、本人確認でSMSが受信できないなどエラーになる場合があるとのことです。アプリのセットアップは、渡米前に済ませましょう。また、支払いは、アプリにクレジットカードを登録します。

    さて、私の行った米国シアトルのタコマ空港では、専用の「Rideshare」と呼ばれる乗り場があり、そこから、Uber アプリを起動して呼びます。

    シアトル タコマ空港の RideShare

    空港からホテルまでは、予習でほかの人のアプリで呼んで、乗せてもらいました。

    さて、帰りは、私が呼んでみることになりました。今回は専用の乗り場がない、ホテルのロビーから Uber を呼んでみました。

    まず、スマートフォンで位置情報を有効にし、Uber アプリを起動します。自分のいる位置周辺の地図とともに「行き先は?」の入力欄が表示されました。米国にいるわけですが、Uber アプリの画面表示が全部日本語なのが助かります。「行き先は?」欄をタップ。

    Uber アプリを起動

    行き先の検索画面に切り替わりました。来てもらう場所は、「現在の位置情報」でいいでしょう。「行き先は?」欄に行きたいところを入力します。

    行き先の検索画面

    今回は、シアトルのタコマ空港でしたので、履歴に残っていた情報を選択しました。行き先が決まると、どんな車を呼びたいのか選択できます。

    車種選択

    画像は、「エコノミー」ですが、このほかに「プレミアム」と「VAN タイプ」が選べました。この画面で、1台に何人ぐらい乗れるのか、そして、料金もわかります。なお、「POOL」というのは、相乗りタイプだそうです。目的地が近い人と相乗りすることで、通常料金よりも安くできるのだそうです。今回は、3人で乗車、スーツケースも3つ載せますので、エコノミーの「UBERX」で呼んでみました。

    しかし、今すぐ来てもらうのはちょっと早い。そこで、時間指定の予約をしてみました。右下にある「事前配車リクエスト」ボタンをタップ。「事前配車リクエスト」画面に切り替わりました。何時ごろ来て欲しいのか設定し「迎車時刻の設定」ボタンをタップします。

    事前配車リクエスト

    これだけで、予約完了です。アプリの下部に予約が完了し、「もうじき来るよ」という感じで表示されました。

    予約完了

    配車時間が近づいてくると、スマホに通知が来ました。アプリを見ると、どんな車が来るのか表示されるようになりました。

    どんな車が来るのか決まった

    今回は、「トヨタのプリウスが来る」と出ています。運転手さんの顔写真や名前、車のナンバープレートもわかりました。

    どんどん車が近づいてくるのがわかります。最後は、運転手さんの写真から、どんな車が来るのかの写真になりました。

    配車がまもなく到着

    車が来たら、運転手さんに挨拶をして荷物があることをアピール。トランクを開けてもらい、スーツケースを3つ載せてもらいました。これで、後は乗るだけです。運転手さんは気さくな方でした。フランクに話しかけてきます。なかなかいい感じの運転手さんです。アプリを見ると運転手さんの情報も確認できました。

    Uber に乗車中 

    車内の様子は、こんな風。運転手さんもスマホでアプリを起動しています。運転手さんの話では、アプリをカーナビの代わりにもしているとのことでした。

    車内の様子

    女性三人で、きゃはは、うふふで乗車。写真を撮っていると、運転手さんは「自分の写真が日本まで行くのか!?」とうれしそうでした。

    さて、アプリを地図に切り替えると、どこを走っていて、どんなルートで行く予定なのか、到着予定時間もわかります。

    現在地

    目的地に到着したら、降りるだけです。スーツケースを受け取り、にこやかに別れました。本当に気分よく乗っていられましたよ。

    アプリを見ると、運転手さんの評価をするよう促されました。

    運転手さんの評価をするよう促された

    評価をすると、特にどの部分でよかったのかと選択するよう促されました。また、運転手さんにチップを渡すことも可能でした。なお、チップは、金額を設定することも可能。

    運転手さんの評価とチップの画面

    「よそ様の車に乗せてもらうのはどうなんだろう?」と少々不安に思っていたのですが、すごく楽で快適でした。行き先の説明や料金交渉をする必要がないというのがいいですね。

    なお、後から、Uber の公式ページを調べてみましたら、手数料がかかりますが、乗車中に設定すれば同乗者と料金を割り勘にすることも可能なことがわかりました。

    ご友人と料金を割り勘にする | Uber 乗客向けヘルプ

    すごく楽しい体験でした。また、機会があったら、利用してみようと思います。

    2018年2月12日

    OneDrive で見知らぬ人からの共有を削除したい

    OneDrive を使っています。先日、スマホに OneDrive アプリをインストールしてみました。いろいろ見ているうちに「共有」というところに見知らぬ人からファイルが共有されていることに気がつきました。全く面識のない人なので、共有されているファイルを非表示にしたいのです。こんな場合、どうするといいのでしょう?

    iPhoneの OneDrive アプリでも、下部に「共有アイテム」が見つかります。それを開いてみて、見知らぬ人が表示されたのかと思います。

    iPhoneの OneDrive アプリの「共有」アイテム

    確かに、ここに見知らぬ人が表示されるというのは、何とも不気味です。

    OneDrive の共有方法には、共有したい相手のメールアドレスを入力して、お知らせするという方法があります。

    参考:OneDrive.com の「共有」が新システムに!

    一般的には、メールアドレスを入力すると、People などで登録されているメールアドレスかどうか確認してくれます。登録されていない場合は、登録名が表示されず、メールアドレスだけの表示になります。ここで、「おかしい」と感じたらメールアドレスを確認するはずなのですが、無視して共有してしまったのでしょう。

    しかし、見ず知らずの人に共有を解除してもらうよう連絡するもの難しいことです。こういう場合は、iPhoneの OneDrive アプリでは次のようにします。

    1. iPhoneの OneDrive アプリを起動し、「共有アイテム」を開きます。
    2. 共有を解除したい人を選択します。
    3. その人が共有しているフォルダーのすべてが表示されますので、右上にある縦の「・・・」ボタンをタップします。
    4. 表示されたメニューから「共有リストから削除」をタップします。
      該当者の共有フォルダーを開き縦の「・・・」ボタンをタップしたところ
    5. 確認のメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをタップします。
      image

    スマホではこんな感じで共有リストから削除できます。なお、PCを使ってWeb 上の OneDrive.com からでも作業可能です。

    1. PCのブラウザを使ってWeb上の OneDrive.com へアクセスし、左側にある「共有」を選択します。
    2. 共有を解除したフォルダー、もしくはファイルを選択します。
      マウスポインターを持っていくと、丸印が表示されますので、それをクリックすると、選択できます。
      OneDrive.comの「共有」
    3. 選択されると上部にコマンドバーが表示されますので、「・・・」をクリック
      フォルダーを選択してみた
    4. メニューが表示されるので、「共有リストから削除」をクリック
      コマンドバーの「・・・」を押してみた
    5. 確認のメッセージが表示されるので、「削除」ボタンを押します。
      フォルダーを削除してアクセスを拒否しますか?
      ※この確認メッセージには、「このフォルダーを迷惑フォルダーとして報告する」の項目があります。悪質な場合は、チェックをつけて「削除」ボタンを押してください。

    以上で共有リストから削除されたのを確認します。なお、こちらでできるのは、共有されたものをリストから削除することだけです。相手側の OneDrive からは削除されません。ただ、迷惑メールとして報告すると、相手側のMicrosoft アカウントが何らかのペナルティーを受けるかもしれません。

    さて、この記事を読んで、自分は適切に共有できているだろうか?と心配に思った場合、どのフォルダーをどなたと共有しているのか、確認してみましょう。

    1. PCのブラウザを使ってWeb上の OneDrive.com へアクセスし、左側にある「共有」を選択します。
    2. 誰かとOneDriveを共有した覚えがある場合、上部に「共有元:自分」が表示されていることでしょう。共有したフォルダーやファイルなどを選択。
      ※共有した覚えがない場合は、「共有元:自分」は表示されません。
    3. 右上にある丸印「i」を押します。
      右上にある丸印「i」
    4. 右端に情報が表示されます。「アクセス権を持つ」の部分に共有した相手が表示されます。適切に共有してあるかどうか確認します。

    2018年1月 7日

    Windows 10:パソコンを無線LANアクセスポイントにしたい

    Windows 10 のノートPCを自宅で使っています。インターネットは、有線LANで接続しています。この度、スマートフォンを購入しました。自宅のインターネットにつなぎたいのですが、我が家には、無線LANの設備がありません。パソコンを介して、スマートフォンでもインターネットができるようにはならないものでしょうか?

    Windows 10 Anniversary Update 以降に「モバイル ホットスポット」の機能が追加されました。無線LAN機能があるパソコンであれば利用可能です。次のようにします。

    1. 「設定」-「ネットワークとインターネット」で「モバイル ホットスポット」を選択
      1.「設定」-「ネットワークとインターネット」-「モバイル ホットスポット」
    2. 「インターネット接続を共有する」で利用するインターネット接続を選択
      ※複数のインターネット環境がある場合は、「インターネット接続を共有する」の下向き矢印で変更可能です。
    3. 「ネットワーク名」や「ネットワーク パスワード」などを変更したい場合は、「編集」ボタンを押します。
    4. 「ネットワーク情報の編集」で編集し、「保存」ボタンを押します
      ネットワーク情報の編集
    5. 「インターネット接続を他のデバイスと共有します」を「オン」にします。
      5.「インターネット接続を他のデバイスと共有します」を「オン」

    以上でパソコンの準備が整いました。スマートフォンの設定から Wi-Fi を確認すると、ネットワークの中にパソコンで設定したネットワーク名が表示されます。選択して、パスワードを入力すると接続されます。

    なお、Windows 10 パソコンに接続できるモバイルは、8台までです。「設定」-「ネットワークとインターネット」-「モバイル ホットスポット」の「接続されているデバイス」に「1/8」という感じで、接続数やデバイス名が表示されます。

    接続されているデバイス

    設定が完了すれば、モバイル ホットスポットのオン/オフは、アクションセンターのクイックアクションからでも可能です。

    アクションセンターのクイックアクション

    参考:PC をモバイル ホットスポットとして使う

    2017年12月21日

    Windows 10:スマートフォンとリンクする

    Windows 10 の「設定」に「電話」というのがあります。これは、どういうことができるのでしょう?また、どうやると利用できるようになるのでしょう?

    Windows 10 Fall Creators Update (Ver.1709)から「設定」に「電話」という項目ができました。

    Windows 10 Ver.1709の「設定」

    「電話」と書いてありますが、下に「Android、iPhoneのリンク」とあるように、スマートフォンで利用できます。設定をすると、スマートフォンで閲覧している Web ページをPCに送って閲覧できるという機能です。

    この件は、2017年7月29日に Windows 10 IP:スマートフォンとリンクする で紹介しました。まだ、Insider Preview版の頃のもので、翻訳ができておらず英語表記のもので紹介しました。この記事では、製品版 Windows 10 と iPhone で紹介します。次のようにします。

    1. 「設定」を開き、「電話」を選択。
      Windows 10 Ver.1709の「設定」
    2. 「電話の追加」を押す
      「設定」-「電話」
    3. 「電話と PC をリンクする」画面が表示される
      「電話と PC をリンクする」
    4. 「US (+1)」と表示されている部分は、国番号です。日本の場合は、「JP (+81)」を選択
    5. 次の欄に、ご自身のスマートフォンの電話番号を入力し「送信」ボタンを押します。
      「JP (+81)」を選択してiPhoneの電話番号を入力
      ※一般的には、電話を国際電話でかける場合、市外局番の頭の「0」を取ります。今回、頭に「0」をつけて入力してみましたが、ちゃんとSMSが届きました。
    6. 「電話と PC をリンクする」画面に「テキストが送信されました。電話を確認してください」と表示されます。
      送信後テキストが送信されました。電話を確認してください、と表示
      ※スマートフォンにメッセージが届いているのを確認したら「閉じる」ボタンで閉じます。
    7. iPhoneの「メッセージ」アプリに SMS でメッセージが送信されてきます。「初めてのアプリの準備ができました。アプリをインストールしてサインインし、PCにリンクしてください」と表示されています。そして、すぐ下にある「タップしてプレビューを読み込む」をタップします。
      iPhoneに届いたメッセージ  
    8. インストールするアプリ「Continue on PC」が表示されるので、タップします。
      プレビュー画面が表示
    9. 「”App Store” で開きますか?」と表示されるので「開く」をタップ。
      10.「”App Store” で開きますか?」
    10. 「Continue on PC」のインストール画面が開きますので、「入手」をタップして、インストールを開始します。
      ※iTunes では、 Continue on PC on the App Store です。
      「Continue on PC」のインストール画面
    11. インストールが完了したら、「開く」をタップして起動します。
      「Continue on PC」のインストール完了
    12. iPhone で「Continue on PC」を起動します。英語ですが、使い方の説明が表示されます。左へスワイプして、進みます。
      iPhone で「Continue on PC」が起動
    13. Windows 10 の「設定」-「電話」では、関連付けたスマートフォン名が「電話の管理」内に表示されます。
      Windows 10 の「設定」-「電話」

    これで、準備完了です。

    Continue on PC は、翻訳すると「続きは PC で」という感じでしょう。iPhone で実際に使ってみました。こんな感じです。

    1. iPhoneで「Safari」などブラウザを起動し、Web ページを開く。
    2. 「共有」アイコンをタップ
      Safari で Web ページを開く
    3. 「Continue on PC」アイコンを探します。見当たらない場合は、左へスワイプして、右端にある「その他」をタップします。
      共有画面
    4. 「アクティビティ」が表示されるので「Continue on PC」をオンにし、「完了」をタップ。
      アクティビティ
    5. 「共有」画面に戻るので「Continue on PC」をタップ
      「共有」画面
    6. Microsoftアカウントでサインインするよう促されます。「サインイン」ボタンを押します。
      Microsoftアカウントでサインインを促すメッセージ
    7. 「Microsoft アカウント」のサインイン画面が表示されるので、Windows 10 PC でサインインに使っている Microsoft アカウントを入力し、「次へ」ボタンを押して、パスワードを入力。「サインイン」ボタンを押す。
      「Microsoft アカウント」のサインイン画面パスワード入力画面
    8. Windows 10 PC名が表示されているので、タップします。なお、該当 Microsoft アカウントでサインインしている PC が複数ある場合、共有させたいPCを選択します。
      Windows 10 PC名が表示
      ※リンクさせた Windows 10 が起動していない場合は、「後で続行」をタップします。これで、PCが起動した際に「通知」でURLを知らせてくれます。
    9. Windows 10 PC では、既定のブラウザが起動し、iPhone で共有した Web ページが自動的に開きます。
      9.Windows 10 PC では、既定のブラウザが起動

    なお、Windows 10 で関連付けたスマートフォンを解除したい場合は、「設定」-「電話」で「この PC からリンクを解除する」を押します。

    「設定」-「電話」

    2018年5月11日 追記:
    Windows 10 Ver.1803 で、仕様が変わりました。「Continue on PC」で、エラーになります。Windows 10 Ver.1803:スマートフォンと連携する でどうぞ。

    2017年10月11日

    Windows 10:スマートフォンのデータ通信量を抑えたい

    Wi-Fi 接続ができる Windows 10 を使っています。外出時は、スマートフォンのテザリングを使ってインターネット接続をしています。ただ、このスマホであまり大きな容量を利用できるようにしてありません。Windows 10では、Windows Update や OneDrive の同期を一時的に抑制できるシステムがあると聞きました。どうするといいのでしょう?

    日本の一般的な携帯電話会社では、データ通信の容量に上限を設定している契約プランがあります。この契約プランで通信量の上限を超えてしまうと、通信速度が遅くなってしまいかなり不便になります。そこで、データ通信量が気になる場合、スマートフォンのテザリングでインターネットをする際は、「従量制課金接続」になるよう設定してみてください。次のようにします。

    1. 「設定」-「ネットワークとインターネット」で「Wi-Fi」を選択。
    2. 「既知のネットワークの管理」を押す。
      ※現在、スマートフォンで接続中であれば、Wi-Fi のアンテナの部分を押して、「4.」へ進みます
    3. 「従量制課金接続」にしたいスマートフォンのネットワークを選択して、「プロパティ」ボタンを押す。
    4. 「従量制課金接続として設定する」をオンにします。
      「従量制課金接続として設定する」

    以上で、「従量制課金接続」に設定したスマートフォンでのインターネットを使うと、下記のような通知が表示されます。

    「この PC は、従量制課金ネットワークに接続されています」の通知

    この PC は、従量制課金ネットワークに接続されています
    ネットワーク料金を抑えるには、OneDrive を一時停止します。

    なお、PC がどのくらいの通信を消費しているのか、確認したい場合は、「設定」-「ネットワークとインターネット」の「データ使用状況」を開きます。ここでは、過去30日間の Wi-Fi やイーサネット(有線LAN)での通信使用量が表示されます。

    「設定」-「ネットワークとインターネット」の「データ使用状況」

    「使用量の詳細の表示」を押せば、下記のように、どのアプリでどのくらい使っているかもわかります。

    使用状況の詳細

    2017年8月24日

    スマホの「Microsoft Translator」が機能を拡張

    スマートフォンの「Microsoft 翻訳」アプリが機能を拡張しました。

    私の iPhone では、2017年8月21日にアップデートされ、バージョンは 3.0.6 です。

    Microsoft 翻訳 App Store

    今回、更新されたのは次の通り。

    • 翻訳の発音がよりゆっくり
    • 異なるアプリからコピーされたテキストを翻訳する拡張機能
    • 異なるアプリからコピーされた画像を翻訳する拡張機能
    • フレーズブックに「緊急」カテゴリーを追加
    • 長い文字列の処理の向上
    • バグの修正

    特に「異なるアプリからコピーされたテキストを翻訳する拡張機能」が気になったので、実際に確認してみました。

    iPhone の「メール」アプリ

    1. iPhone の「メール」アプリで受信した英文メールを開く
    2. 本文中を長押しして、翻訳したい部分を選択。
    3. 「共有」をタップ
      文字列を選択すると表示されるメニュー
    4. 「Translator」ボタンが見当たらない場合は「その他」をタップ
      「Translator」ボタンが見当たらない
    5. 「Translator」を「オン」に切り替え、「完了」をタップ
      「Translator」を「オン」
    6. 「Translator」をタップ
      「共有」に「Translator」が表示された
    7. 翻訳された画面が表示される
      選択した部分が翻訳された

    ブラウザ「Safari」

    1. 「Microsoft Translator」を起動し、右下の歯車マークをタップ
      「Microsoft Translator」起動画面
    2. 「設定」が開くので「Safari 翻訳言語」を開く
      「Microsoft Translator」の「設定」画面
    3. 「翻訳語のウェブページ表示言語を選択してください」で「日本語」を選択。チェックがついたのを確認したら、左上の「左向き矢印」で戻る
      「翻訳語のウェブページ表示言語を選択してください」
    4. 左上の「完了」をタップ
    5. Safari を起動し、翻訳して欲しいWebページを開く
    6. 下部の「共有」ボタンをタップ
      英文ページ
    7. 「Translator」ボタンが見当たらない場合は「その他」をタップ
    8. 「Translator」を「オン」に切り替え、「完了」をタップ
    9. 「Translator」をタップ
    10. Webページ全体が翻訳される
      Webページ全体が翻訳

    iPhone でのメールやWebページの翻訳は、諦めていたのですが、一挙に便利になりました。

    参考:「Microsoft 翻訳」がアップデートで別アプリでコピーしたテキストや画像を翻訳する拡張機能を追加  面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

    2017年8月 2日

    Insta360 Nano を使ってみた

    2017年6月23日に Windows 10:「映画&テレビ」で360度動画対応 で紹介した360度カメラの Insta360 Nano。あれから、いろいろ使ってみています。

    iPhoneに接続して、専用のアプリを起動。プレビュー画面から、FacebookやTwitter などのSNSに簡単に投稿できます。

    Insta360 nano のプレビュー画面

    では、たくさん撮ったデータを一度にFacebookのアルバムへ投稿できないものでしょうか?その場合は、次のようにして、一度、iPhoneへデータを移行させます。

    1. Insta360 nano アプリを起動し「アルバム」を表示。左上にある複数選択ボタンをタップ。
      Insta360 nano で「アルバム」を表示
    2. 複数選択画面が開くので、iPhoneへ移動させたい写真や動画をタップして選択。選択できると黄色い枠で囲まれます。
    3. 選択で来たら、上部にある「ダウンロード」ボタンをタップ
      複数選択できた
    4. エクスポートが始まるので、しばらく待ちます。
      エクスポート中
    5. 以上でiPhoneの「写真」フォルダーに Insta360 Nano で撮った写真がダウンロードされます。

    後は、iPhoneで撮った写真のように利用可能です。

    なお、Insta360 nano のアプリからもアルバムを「iPhone & カメラ」や「iPhone」だけ、そして「カメラ」だけを表示させるよう変更することも可能です。

    Insta360 nano のアプリからアルバムを変更

    思い出として取っておきたい写真や動画は、microSD カードがいっぱいになる前に、しかるべき場所へ保存しておきましょう。

    2017年7月29日

    Windows 10 IP:スマートフォンとリンクする

    Windows 10 Insider Preview の First リングで Build 16251 が公開されました。

    Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16251 for PC & Build 15235 for Mobile - Windows Experience Blog

    このビルドで面白そうな機能が、PCとスマートフォンがリンクできるようになったとのこと。スマートフォンで閲覧している Web ページをPCでも開けるようにしてくれる機能だそうです。

    ただ Android はできるとのことですが、iPhone は、まだとのこと。しかし、ちょっと試しにやってみたところ、英語表示ですが利用できるようになっていました。

    次のようにします。

    1. 「設定」を開き、「電話」を選択
      Windows 10 Insider Preview Build 16251 の「設定」
    2. 「電話の追加」を押す
      「設定」-「電話」
    3. 「電話と PC をリンクする」画面が表示される
      「電話と PC をリンクする」画面
    4. 「US (+1)」と表示されている部分は、国番号です。日本の場合は、「JP (+81)」を選択
    5. 次の欄に、ご自身のスマートフォンの電話番号を入力し「Send」(訳:送信)ボタンを押します。
      image
      ※日本の電話番号を国際電話でかける場合、頭の「0」を取ります。今回、頭に「0」をつけて入力してみましたが、ちゃんとSMSが届きました。  
    6. iPhoneの「メッセージ」アプリに SMS でメッセージが送信されてきます。「Install this Microsoft app to test the magic of linking. More apps coming soon!」(訳:)と表示されてしまいました。しかし、すぐ下にあるリンク先をダウンロードして開きます。
      iPhoneの「メッセージ」アプリに送られてきたメッセージ
    7. iPhoneにメッセージが送信されてきたら、PCの「電話と PC をリンクする」画面を「閉じる」ボタンで閉じます。
    8. iPhoneでは、「”App Store” でひらきますか?」と表示されるので「開く」をタップ。
      「”App Store” でひらきますか?」
    9. 「Continue on PC」のインストール画面が開きますので、「入手」をタップして、インストールを開始します。
      ※iTunes では、 Continue on PC on the App Store です。
      「Continue on PC」のインストール画面
    10. iPhoneに「Continue on PC」の起動アイコンができました。
      「Continue on PC」の起動アイコン
    11. PCで「設定」の「電話」にお使いのスマートフォンが追加されているのを確認したら、「設定」画面を閉じます。
      image
      ※この画面を閉じないと、うまく認識できません。

    Continue on PC は、翻訳すると「続きは PC で」という感じでしょうか。

    iPhone で「Continue on PC」を起動します。英語ですが、使い方の説明が表示されます。左へスワイプして、進みます。

    iPhone で「Continue on PC」を起動

    さて、iPhone で実際に使ってみました。こんな感じです。

    1. iPhoneで「Safari」を起動し、Web ページを開く。
    2. 下部の「共有」をタップ
      image
    3. 左へスワイプして、右端にある「その他」をタップ
      「共有」メニュー
    4. 「アクティビティ」が表示されるので「Continue on PC」をオンにし、「完了」をタップ。
      「アクティビティ」
    5. 元の「共有」画面に戻るので「Continue on PC」をタップ
      image
    6. 「Continue now」と「Continue later」と表示されました。「Continue now」を選択。
      image
    7. 「Microsoft アカウント」のサインイン画面が表示されるので、Windows 10 PC でサインインに使っている Microsoft アカウントを入力し、「次へ」ボタンを押して、パスワードを入力。「サインイン」ボタンを押す。
      「Microsoft アカウント」のサインイン画面パスワード入力画面
    8. 該当 Microsoft アカウントでサインインしている PC が複数ある場合、一覧表示されるので、共有させたいPCを選択
    9. PCでは、Edge が起動してiPhoneで共有した Web ページが開きます。
      PCでは、Edge が起動

    少々、不安定なことがあり、「見つけられない」とか「後でやってみて」という感じのメッセージが表示されます。また、「Continue later」の方が確認できませんでした。Fall Creators Update が楽しみです。

    2017年12月21日 追記:
    Windows 10 Ver.1709 での方法は、Windows 10:スマートフォンとリンクする でどうぞ。

    2018年5月11日 追記:
    Windows 10 Ver.1803 で、仕様が変わりました。「Continue on PC」では、エラーになります。Windows 10 Ver.1803:スマートフォンと連携する でどうぞ。

    より以前の記事一覧

    Translator


    2018年11月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

    スポンサード リンク



    Twitter


    Facebook Like Box


    最近のトラックバック

    ツール


    • 私を登録 by BlogPeople

    • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

    無料ブログはココログ