カテゴリー「Home Server」の記事

2013年1月 8日

初代 Windows Home Server ライフサポート終了

2013年1月8日、「ママにもできる!?」と言うことで私も使っている初代の Windows Home Server のライフサポートが終了しました。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル検索:製品名 Windows Home Server

「このサーバーなら私にも使えるかもしれない!」ということで、無謀な挑戦をさせてくれたサーバーした。

サーバーに関する知識は全くなく、何がどうなっているのか全く分からない状態で、さまざまな方にお世話になって使っておりました。おかげで、ほんの少しですが、サーバーのことが分かるようになりました。

Windows Home Server のMVPの皆さんも終了を惜しんでいらっしゃいます。

WHS-V1のライフサポート終了の日(2013/01/08)に思うこと。 « 鳩の谷の街へ ようこそ

「Windows Home Server サポート終了」その日がもうすぐやってくる|薩摩藩中仙道蕨宿別邸

Windows Home Server 2011が出て、我が家のサーバーも Windows Home Server 2011へ移行しました。しかし、初代 Windows Home Server も時々起こして使っています。そろそろ、Windows Home Server 2011 だけにしないといけませんね。

ありがとう!忘れないわ。weep>Windows Home Server

2012年7月 6日

さようなら Windows Home Server

「ママにもできる!?」と言うことで、私も使っていた Windows Home Server がなくなるという知らせが入りました。

参考:Windows Server 2012 をベースとしたSBSE後継製品、Windows Server 2012 Essentials | 薩摩藩中仙道蕨宿別邸

「Windows Home Server」は終了:Microsoft、「Windows Server 2012」のエディションを発表 - ITmedia ニュース

OEM版の Windows Home Server は2025年12月31日まで存続し、店頭で購入できるバージョンは2013年12月31日まで販売するとのことですが、かなりショックです。

2012年2月 3日

WHS 2011 で使っているリモート Web アクセスのドメイン名を変更したい

Windows Home Server 2011を利用しています。現在利用している、Windows Home Server のドメイン名、○○○.homeserver.com の○○○の部分を変えたいと思っています。しかし、ドメイン名を取得する際に使った Windows Live IDは、変更したくありません。こういった場合、どうすると良いのでしょう?

現在使っているリモート Web アクセスのドメイン名は、Windows Live ID を変更しなくても下記のように作業すると、変更することが可能です。

  1. Windows Home Server 2011 のダッシュボードを開きます。
  2. 右側にある「サーバーの設定」をクリック。
    Windows Home Server 2011 ダッシュボードの「サーバーの設定」
  3. 「サーバーの設定」が開いたら、左側の欄より「リモート Web アクセス」をクリックします。
    「サーバーの設定」の左側
  4. 「リモート Web アクセス」が開きます。私は、既に「ramu-mystery」というドメイン名で利用しています。これを変更します。
    「サーバーの設定」の「リモート Web アクセス」
    「ドメイン名」欄にある「セットアップ」ボタンをクリックします。
  5. 「ドメイン名のセットアップ」が開きますので、内容をよく確認し、「次へ」をクリック。
    「ドメイン名のセットアップ」の「作業の開始」
  6. 「ドメイン名の変更」が表示されます。「ドメイン名の変更方法」として「別のドメイン名またはドメインネーム サービス プロバイダーを使用する」と「このサーバーから現在のドメイン名を開放する」の2つが選択できます。今回は、「別のドメイン名またはドメインネーム サービス プロバイダーを使用する」にチェックを付けます。
    「ドメイン名のセットアップ」の「ドメイン名の変更」
  7. 「次へ」ボタンをクリック
  8. 「新しいドメイン名をセットアップしますか?」が表示されます。「新しいドメイン名をセットアップする」にチェックがついていることを確認し、「次へ」をクリック。
    「ドメイン名のセットアップ」の「新しいドメイン名をセットアップしますか?」
  9. ちょっと待ちます。
  10. しばらくすると、「必要なドメイン名の種類について」が表示されます。今回は、Windows Live ID を使って取得したいので「Microsoft から個人用ドメイン名を取得する」にチェックがついていることを確認し、「次へ」をクリック
    「ドメイン名のセットアップ」の「必要なドメイン名の種類について」
  11. 「Windows Live にサインイン」が開きますので、この Windows Home Server に使っている Windows Live ID とパスワードを入力してサインインします。
    「ドメイン名のセットアップ」の「Windows Live にサインイン」
  12. 「ドメイン名の選択」が表示されます。使用した Windows Live ID が間違いないことと「新しいドメイン名を作成する」にチェックがついているのを確認し、「次へ」をクリック。
    「ドメイン名のセットアップ」の「ドメイン名の選択」
    ※「登録済みのドメイン名を選択する」には、サインインで使った Windows Live ID で、過去に取得したドメイン名が登録されています。ここを選択すると、過去のドメイン名に戻すことも可能です。
  13. 「ドメイン名の作成」が表示されます。新しく利用したい Web サイト名を「ドメイン名」欄に入力し、「利用可能かどうかをチェック」をクリックし確認します。
    「ドメイン名のセットアップ」の「ドメイン名の作成」
    入力できる文字数は、最大63文字。使用できるのは、半角英数字と - (ハイフン)。最初と最後は、半角英数字を使ってください。
    ※説明には「ドメイン名の2番目の部分をドロップダウン リスト メニューから選択します」とありますが、日本語版の場合は「homeserver.com」しか選択できないもようです。
  14. 「利用可能かどうかをチェック」をクリックして「利用可能です」と表示されたら「セットアップ」ボタンをクリック。
  15. 「ドメイン名を登録しています」と表示され、ドメイン名の登録とセットアップが始まりますから、しばらく待ちます。
    ドメイン名を登録しています
  16. 新しいドメイン名で「サーバー上でドメイン名がセットアップされました」と表示されたら完了です。
    サーバーでドメイン名がセットアップされました

しばらく待ってから、新しく登録したリモート Web アクセスページにアクセスしてみましょう。
Windows Home Server 2011のリモート Web アクセス サインインページ

2011年8月 5日

Windows Home Server 2011 を Windows 7 の「ホーム グループ」に参加させる

Windows Home Server 2011をWindows 7と利用していまして、ちょっと気に入っているのがWindows 7の「ホームグループ」に対応しているという点です。

参考:Windows 7 のホームグループについて

Windows 7の既に作成済みのホームグループに参加させることもできますし、Windows Home Server 2011で新しくホームグループを作成して他のWindows 7を参加させることもできます。ホームグループによって、Windows 7 と Windows Home Server 2011間でのファイルの共有が簡単にできるようになります。

Windows 7のエクスプローラーの「ホームグループ」に我が家のサーバーの「共有フォルダー」が表示された

※Windows Vista や Windows XPは、「ホームグループ」に対応していませんので、従来通りのユーザーアカウントを作ってサインインしてから「共有フォルダー」を使うという方法になります。
参考:Windows Home Server 2011のダッシュボード (2) 「ユーザー」タブ

我が家のWindows 7には、既に「ホームグループ」を作ってあります。
参考:Windows 7 のホームグループを作成する

この「ホームグループ」に、Windows Home Server 2011を参加させてみましょう。

  1. Windows Home Server 2011 のダッシュボードを開き、「サーバーの設定」をクリックします。
    Windows Home Server 2011 ダッシュボードの「サーバーの設定」
  2. 「サーバーの設定」の左側にある「ホームグループ」をクリックします。
    「サーバーの設定」の左側
  3. 「ホームグループ」が開きます。まだ、Windows Home Server がホームグループに参加していない場合は、「ホームグループに参加しますか?」と表示されていることでしょう。「今すぐ参加」ボタンをクリックします。
    「サーバーの設定」の「ホームグループ」で「ホームグループに参加しますか?」と表示された
    なお、既にWindows Home Server が「ホームグループ」に参加している場合は「ホームグループ設定の変更」と表示され「このサーバーはホームグループに参加しました」となっていることでしょう。既に参加済みですので、「キャンセル」をクリックして抜けましょう。
    「サーバーの設定」の「ホームグループ」
  4. 「今すぐ参加」をクリックすると「ホームグループへの参加」が開きます。「ホームグループ パスワードの入力」欄に、参加させたいホームグループのパスワードを入力し「今すぐ参加」ボタンをクリックします。
    「ホームグループへの参加」
    ※ホームグループ のパスワードは、既にホームグループに参加している Windows 7 パソコンの「コントロール パネル」から「ホームグループ」を開き、「その他のホームグループ アクション」内にある「ホームグループ パスワードを表示または印刷する」をクリックするとわかるようになっています。
    参考:2台目以降の Windows 7 をホームグループに参加させる
  5. しばらく待ちます。
  6. しばらくすると「ホームグループに含める共有フォルダーを選択」が表示されます。各共有フォルダーの「アクセス レベル」を決めます。
    ホームグループに含める共有フォルダーを選択
    ※ここの項目は「アクセス レベル」のはずですが、「アクセス レベ」と表示されていますよ。> WHS チームさん
    アクセス レベルは、「フルアクセス」「読み取り専用」「アクセスなし」の3つの選択が可能です。都合のいいものを選択します。
    「アクセス レベル」を変更
  7. 「アクセス レベル」の設定変更が終わったら「今すぐ共有」ボタンをクリックします。
  8. 「サーバーフォルダーを共有しています」と表示され、作業が始まりますので、しばらく待ちます。
  9. 「ホームグループに正常に参加しました」と表示されたら、完了です。「閉じる」ボタンをクリックします。
    「ホームグループに正常に参加しました」
  10. 「サーバーの設定」に戻ります。「このサーバーはホームグループに参加しました」となったことでしょう。「サーバーの設定」の「ホームグループ」で「このサーバーはホームグループに参加しました」と表示された
    「OK」ボタンを押して「サーバーの設定」を閉じます。

以上で、Windows Home Server 2011 が、ホームグループに参加できました。後は、エクスプローラーで他のWindows 7を使うようにしてアクセスできることでしょう。
参考:Windows 7 でホームグループを利用する

2011年5月21日

Windows Home Server 2011 発売開始

2011年5月21日、Windows Home Server 2011が発売されました!

秋葉原 クレバリー1号店では、5月20日24時に深夜販売もあったようで、かなり盛り上がった模様。

Windows Home Server 2011 深夜販売イベントっ!@秋葉原 クレバリー1号店 « (仮)徒然 PM weblog (a.k.a 徒然SBS)

WHS2011 の深夜販売と今日のラウンチイベントの案内 « 鳩の谷の街へ ようこそ

Windows Home Server 2011 DSP is now on sale - 薩摩藩中仙道蕨宿別邸

掲載されている写真を見ますと、夜中にも関わらず、皆さん元気ですねぇ!(しかも、もうブログで報告してるし!

さて、本日(5月21日)13時からは、カフェソラーレリナックスカフェ秋葉原店で発売記念のWindows Home Server 2011 ラウンチ イベントが開催されます。

遂に登場 Windows Home Server 2011 ラウンチ イベント : Windows Home Server

Windows Home Server の MVP (Microsoft Most Valuable Professional)の皆さんや有名 PC ライターに加え、購入者向けに豪華なプレゼントのあたる抽選会を実施するとのこと。興味のある方は、ぜひ出かけてみてくださいね。

なお、地方在住でどうしても出向けない!と言う方には、Ustream での中継もあるとのことですよ。私も、出向けないので中継でイベントの様子を見てみようと思っています。

2011年5月18日

Windows Home Server 2011 へ iPhone からリモート Web アクセス

Windows Home Server 2011 では、何ができるのかなぁ・・・と見ていましたら、いつもお世話になっている清水理史さんが面白いそうなことを紹介している記事を見つけました。

【清水理史の「イニシャルB」】 第436回:ついにRTMとなった「Windows Home Server 2011」~2TB越えのRAID環境での動作を検証する -INTERNET Watch

リモートアクセスに関しては、スマートフォン向けのUIも用意されており、やはり単純なファイルサーバーから一歩脱却したという印象だ。

それは、面白そうですね!ということで、iPhone から我が家の Windows Home Server 2011へリモート Web アクセスしてみました。

  1. iPhoneのメールアドレス宛にメールを作成、我が家の Windows Home Server 2011 のURLを入力したメッセージを送信。
  2. iPhoneに届いたメールのURLの部分をタップする。
  3. Safariが起動し、Windows Home Server 2011の「ようこそ」画面が開く。「ユーザー名」と「パスワード」を入力し「→」をタッチ
    iPhone で WHS2011の「ようこそ」画面が見えた
    ※使っているルーターによっては、家庭内LANから Windows Home Server へアクセスできない場合があります。そんな場合は、家庭内LANからのアクセスではなく、iPhoneの3G回線を使ってみてください。
  4. サインインできると「共有フォルダー」が見えました。
    iPhoneでのWHS2011の共有フォルダー
  5. 「ピクチャー」フォルダー内を開いてみたところ。
    iPhone で WHS2011の「ピクチャー」フォルダーを開いた
    ファイル名をタッチすると、画像ファイルが閲覧できました。
    画像データの閲覧中
    また、ファイル名の下向きの▼をタッチすると、そのファイルの「詳細」が表示されました。
    ファイルのプロパティ
  6. 「ドキュメント」フォルダーで Word ファイルを開いてみました。
    iPhone でWordファイルの閲覧

こんな感じで、閲覧のみができるようです。

2011年5月 9日

Windows Home Server 2011 のライセンス認証

久しぶりに WHS2011 を起動させまして。ダッシュボードを開いてみましたら、3つの警告があるのに気がつきました。

Windows Home Server 2011 のアラートに警告マークが

何でしょう?と「アラート ビューアー」を開いてみましたら、「ライセンス認証」の期限が迫っているとのこと。

アラートビューアー

それでは、さっそく、ライセンス認証をしてみましょう!ということで「アラート ビューアー」内の「タスク」にある「サーバーのライセンス認証」をクリックしてみるのですが、何も起きません。

どうも、Windows Home Server 2011のライセンス認証は下記のようにして行うようです。

WHS2011 のライセンス認証の仕方

  1. 「サーバーの設定」をクリック
    WHS2011の「サーバーの設定」
  2. 「サーバーの設定」の「全般」内にライセンス認証に関する項目があることでしょう。下記の画像の場合は「ライセンス認証の手続きを行うことができる期限は残り2日です。今すぐ」の部分をクリック。
    「サーバーの設定」の「全般」
  3. 「システム」が開きますので、スクロールさせて一番下を見ます。
    WHS2011のシステム
    「Windows ライセンス認証」がありますので、「今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。」をクリック
    「システム」内にある「Windows ライセンス認証」
  4. 「Windows ライセンス認証」のウィザードが開きますので、「Windows ライセンス認証の手続きを今すぐオンラインで行います」をクリック
    「Windows ライセンス認証」のウィザード
  5. しばらく待ちます。
    Windows のライセンス認証の手続き中
  6. 「ライセンス認証に成功しました」と表示されたら完了です。「閉じる」ボタンをクリック。
    image

以上でWHS2011のライセンス認証が完了しました。「システム」の「Windows ライセンス認証」で「Windows はライセンス認証されています」と表示されていることでしょう。
「システム」の「Windows ライセンス認証」では、「Windows はライセンス認証されています」と表示される

2011年4月13日

Windows Home Server 2011 ダッシュボード (5) 「サーバーの設定」

Windows Home Server 2011 ダッシュボード (4) 「サーバー フォルダーとハード ドライブ」タブ の続き。

Windows Home Server 2011 ダッシュボードにある「サーバーの設定」を紹介しましょう。「サーバーの設定」は、ダッシュボードの右側の方にあります。

Windows Home Server 2011 ダッシュボードの「サーバーの設定」

中を開くと、「全般」、「メディア」、「ホームグループ」そして「リモート Web アクセス」の4つの項目があります。

全般

「サーバーの設定」の「全般」

メディア

「サーバーの設定」の「メディア」

ホームグループ

「サーバーの設定」の「ホームグループ」

リモート Web アクセス

「サーバーの設定」の「リモート Web アクセス」

なお、Windows Home Server をシャットダウンしたいときは、「サーバーの設定」にある「シャットダウン」のボタンを使います。また、右向き▼ボタンをクリックすると、「シャットダウン」だけでなく「再起動」をすることも可能です。

「サーバーの設定」にある「シャットダウン」のボタン

2011年4月12日

Windows Home Server 2011 リモート Web アクセスのセットアップ

Windows Home Server 2011 でも リモート Web アクセスができます。リモート Web アクセスとは、外出先からでもご自身のファイル、および家庭内のコンピュータに安全かつ簡単にアクセスできるという機能です。

さて、リモート Web アクセスを使うには、まずセットアップをする必要があります。それでは、リモート Web アクセスのセットアップの方法を紹介しましょう。

  1. ダッシュボードを開き、「ホーム」タブの作業開始タスクにある「リモート Web アクセスのセットアップ」をクリック
    ダッシュボードの「ホーム」タブにある作業開始タスク 
  2. 「リモート Web アクセスの有効化」の「作業の開始」画面が開く。
    image
    ルーターを手動でセットアップする場合は、「ルーターのセットアップをスキップする。ルーターを手動でセットアップします。」にチェックを付けますが、今回は、チェックを付けずに進んでみます。
  3. 「次へ」ボタンをクリック。
  4. リモート Web アクセスを有効にする間、しばらく待つ。
    リモート Web アクセスを有効にしている間、お待ちください。
  5. 「ルーターは正常にセットアップされました」と表示されたら、引き続いて、「ドメイン名のセットアップ」をクリック。
    image
    ※ここで閉じてしまった場合は、ダッシュボードの「サーバーの設定」をクリックして、「リモート Web アクセス」をクリック。「ドメイン名」の「セットアップ」ボタンをクリックしてください。
  6. 「ドメイン名のセットアップ」が開くので「次へ」をクリック。
    「ドメイン名のセットアップ」の「作業の開始」画面
  7. 「新しいドメイン名をセットアップしますか?」が開くので、「新しいドメイン名をセットアップする」か「すでに所有しているドメイン名を使用する」のどちらかを選択。今回は、「新しいドメイン名をセットアップする」を選択。
    「新しいドメイン名をセットアップしますか?」の画面
  8. 「次へ」ボタンをクリックし、しばらく待つ。
  9. 「必要なドメイン名の種類について」が表示される。ここでは、「Microsoft から個人ドメイン名を取得する」と「サポートされるプロバイダーから仕事用ドメイン名を購入する」の2つが選択できる。
    「必要なドメイン名の種類について」
    Windows Live ID があれば「Microsoft から個人ドメイン名を取得する」を選択すると、無償で「○○.homeserver.com」といった個人ドメイン名を取得できます。今回は、「Microsoft から個人ドメイン名を取得する」を選択します。
  10. 「Windows Live にサインイン」画面が表示されます。ご自身の Windows Live IDを使ってサインインします。
    image
    過去に Windows Home Server を使っていて、それで使っていたドメイン名と同じものを使いたい場合は過去に使ったWindows Live IDでサインインします。サインインが完了すると「登録済みのドメイン名を選択する」が表示されますので、それを選択します。全く新しいドメイン名を取得したい場合は、「新しいドメイン名を作成する」を選択するか、過去に使っていない Windows Live ID でサインインします。
    なお、Windows Live ID を持っていない場合は、サインインの画面で「新しい Windows Live アカウントのセットアップ」をクリックして取得します。
    今回は、まだ Windows Home Server で使っていない Windows Live ID でサインインします。
  11. 「プライバシーに関する声明および契約書」が表示されます。
    image
    「承諾」ボタンをクリックするわけですが、その前に「Windows Service domain name サービス補遺」をクリックし、ファイルをダウンロードします。(rtf ファイルです。Word で読めることでしょう)ダウンロードした「Windows Server Solutions Custom Domains サービス」に関する契約をよく読んでからにしましょう。
  12. 「ドメイン名の作成」が表示されます。利用したい Web サイト名を入力し、「利用可能かどうかをチェック」をクリックし確認します。
    「ドメイン名の作成」
    入力できる文字数は、最大63文字。使用できるのは、半角英数字と - (ハイフン)。最初と最後は、半角英数字を使ってください。
    ※「ドメイン名の2番目の部分をドロップダウン リスト メニューから選択します」とありますが、日本語版の場合は「homeserver.com」しか選択できないもようです。
  13. 「利用可能かどうかをチェック」をクリックして「利用可能です」と表示されたら「セットアップ」ボタンをクリック。
  14. 「ドメイン名を登録しています」と表示され、ドメイン名の登録とセットアップが始まりますから、しばらく待ちます。
    ドメイン名を登録しています
  15. 「サーバー上でドメイン名がセットアップされました」と表示されたら完了です。
    image

しばらく待ってから、登録したリモート Web アクセスページにアクセスしてみましょう。

Windows Home Server 2011のリモート Web アクセスページ

ただし、使っているルーターによっては、設定を変更しないと家庭内LANからはアクセスできない場合もあります。

2011年4月11日

Windows Home Server 2011のスタート パッド

Windows Home Server 2011に接続できたパソコンを再起動させてみたところ、スタート パッドが自動的に起動しました。

Windows Home Server 2011のスタート パッド

各パソコンから Windows Home Server 2011を操作する場合は、このスタート パッドを利用します。

用意されている項目は下記の4つ。

  • バックアップ
  • リモート Web アクセス
  • 共有フォルダー
  • ダッシュボード

各項目をクリックすると下記のようになります。

バックアップ

「バックアップ プロパティ」が開きます。

image
「バックアップの状態」にある「バックアップの開始」ボタンをクリックすると、手動でのバックアップを開始することができます。

リモート Web アクセス

ブラウザが起動し、Windows Home Server 2011のリモート Web アクセスページが開きます。
Windows Home Server 2011のリモート Web アクセスページ

※事前にリモート Web アクセスのセットアップを済ませておく必要があります。また、使っているルーターによっては、設定を変更しないと家庭内LANからはアクセスできない場合もあります。

共有フォルダー

アクセスしたユーザー アカウントに応じたWindows Home Server 2011の共有フォルダーへアクセスできます。

Windows Home Server 2011の共有フォルダー

ダッシュボード

Windows Home Server 2011のダッシュボード サインイン画面が表示されます。

Windows Home Server 2011のダッシュボード サインイン画面

また、スタート パッドの右上には小さなコマンドが3つ用意されています。

スタート パッドの右上にある小さなコマンド

×ボタン:「スタート パッド」の画面を閉じることができます。ただし、スタート パッドは裏で常駐しているため、通知領域のアイコンから開くことができました。
Windows 7 の通知領域にあるスタート パッドのアイコン

_ ボタン:スタート パッドの画面を最小化できる。

▼ボタン:クリックするとメニューが表示されました。
スタート パッドの▼ボタンをクリックしたところ
設定:「スタート パッド設定」が開きます。
「スタート パッド設定」画面

「関連オプション」にある「Windows のログオン時に自動的に[スタート]パッドを起動する」のチェックを外すと、スタート パッドを自動的に起動することが止められます

バージョン情報:スタート パッドのバージョン情報を確認できます。
スタート パッドでのバージョン情報

より以前の記事一覧

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ