お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Windows 10 Ver.1903 の「画面領域切り取り」 | トップページ | Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た »

2019年7月 9日

切り取り & スケッチ:Windows 10 【2019年7月】

「切り取り & スケッチ」アプリは、Windows 10 Ver.1809 から追加されたアプリです。

切り取り&スケッチ:Windows 10 Ver.1809

起動は、スタートメニューの「か」の項目で見つかります。

20190709_c01

※ Windows 10 Ver.1903 Build 18362.239 でスタートメニューの「漢字」のところに入っているのに気がつきました。

20190711

2019年7月になりまして、「切り取り&スケッチ」アプリも少し仕様が変わりました。画像は、Ver.1903 ですが、Ver.1809 でも似たような感じです。

20190709_c02

「新規」の右側にある三角ボタンを押すと、時間差でキャプチャーできます。

20190709_c02a

画面のキャプチャーは、タスクバーのアイコンを右クリックしての「タスク」からでも実行できます。

20190709_c02b

なお、「切り取り&スケッチ」で「新規」を押して、「画面領域切り取り」のバーを表示させると、Ver.1809 は、古い Ver.1809 用のバーで表示されます。

Ver.1809 「画面領域切り取り」のバー

Ver.1903 は、新しくなったバーで表示されます。

Ver.1903 「画面領域切り取り」のバー

アプリが Windows 10 の「画面領域切り取り」の機能を利用しているのでしょう。

「・・・」を押すと表示されるメニュー内にある「設定」に、Ver.1903 では「切り取り領域のアウトライン」が追加されています。

20190709_c03

これを有効にすると、切り取り領域に色の枠を付けられます。

20190709_c04

この「切り取り領域のアウトライン」は、「切り取り&スケッチ」アプリのバージョンが「10.1901.10521.0」でも、Windows 10 Ver.1809 にはありません。

ただし、「切り取り領域のアウトライン」を有効にしても「切り取り&スケッチ」を使わずに Win+Shift+Sキーで「画面領域切り取り」を行い、他のアプリにキャプチャー画面を貼り付けたのでは、色の枠がつきません。「切り取り&スケッチ」内に撮りこんだ際に、色枠がつきます。

20190709_c05

「切り取り&スケッチ」アプリが起動中に、Win+Shift+S キーを押すと Windows 10 の「画面領域切り取り」が実行されます。「画面領域切り取り」アプリの「画面領域切り取り」をショートカットキーで実行したい場合は、Ctrl+N キーを押します。

手軽に切り取り領域の枠をつけるのは、Snipping Tool の方が楽ですね。

« Windows 10 Ver.1903 の「画面領域切り取り」 | トップページ | Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 Ver.1903 の「画面領域切り取り」 | トップページ | Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ