お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た | トップページ | Microsoft からの「Updates to our terms of use」や「利用規約の更新」をサンドボックスで確認してみた »

2019年7月13日

「フィードバック Hub」アプリを使ってみよう

Windows 10 を使っています。時々、アップデートされますが、もうちょっとこうなって欲しいと思うことがあります。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10で何か不都合を見つけたり、要望を Microsoft に伝えたい場合は、Windows 10に標準搭載されている「フィードバック Hub」を使います。

「フィードバック Hub」アプリのタイル

この件は、以前に下記でも紹介しました。

Windows 10 Ver.1607 のフィードバック Hub

Windows 10:「フィードバック Hub」で使える機能

しかし、Ver.1903 では、いろいろ変わってきているので、改めて紹介しましょう。

「フィードバック Hub」アプリを始めて起動させるとこんな感じ。

サインインしていない 「フィードバック Hub」アプリ

Microsoft アカウントでサインインすると、いろいろ利用できるようになりますので、まずは、サインインします。ただし、Windows Insider Program に参加しているかどうかで、利用できる機能が違います。

一般

Insider Program

一般ユーザーの「ナビゲーションメニュー」

Insider Preview ユーザーの「ナビゲーションメニュー」

現在の 「フィードバック Hub」は、「ランゲージ コミュニティ」アプリも組み込まれています。

一般ユーザーと Insider Program 参加者の「フィーバック Hub」違いは、閲覧できるフィードバックの内容と「お知らせ」、「クエスト」そして「プロフィール」です。

なお、Insider Program は、今からでも参加可能です。よく Windows 10 Insider Preview 版を使っていないと参加できないのでは?と思われがちですが、Windows 10 製品版を使っていても参加できます。Windows Insider Program ページで「Insider になる」から入って、サインインして参加することを承認すれば完了です。

まずは、「Windows の機能向上のため、フィードバックをお送りください」欄に、気になることを入力してみましょう。

「開始」画面

すると、検索が始まり、過去に寄せられたフィードバックが表示されます。まずは、この中に、似たような要望がないかどうか確認します。上部に「コレクションの紹介」が表示されていることでしょう。重複した内容が投稿された場合は、「コレクション」としてまとめられるようになっています。重複した内容を数多く寄せるより、似たような要望のものを見つけて、自分もそう思うとして「賛成票を投じる」を押しておいた方が、いいようです。

フィードバックの詳細

過去のフィードバックに、自分の要望と似たようなものがない場合は、「+ 新しいフィードバックの追加」を押して、フィードバック新規作成画面を表示させます。

「フィードバックの要約」欄には、検索に使った内容が入力済みになっています。これを内容が端的にわかるような「タイトル」的なものに書き替えます。

フィードバック作成画面

「より詳細な説明」欄に、要望を書き込みます。どのような問題が起きているのか、再現方法、それがどうなるといいのかを書き込みます。

「次へ」を押して、進みます。スクリーンショットやログファイルをつけることも可能です。

なお、フィードバックは、Microsoft アカウントの「名」欄が表示される仕組みになっています。また、内容は、公開されますので、個人を特定するような電話番号とか住所といった個人情報は、書き込まないようにしてください。

「送信」でずに途中でやめた場合は、「フィードバック」の「下書き」に保存されます。

「フィードバック」の上部

「下書き」から、編集して書き直すことも可能。

公開されたフィードバックの内容を友人知人に知らせたい場合は、「共有」を使います。

公開されたフィードバックを開けてみた

「共有」を押すと、「フィードバック Hub」のそのフィードバックが直接開ける URL が自動生成されます。

「共有」を押したところ

「リンクのコピー」を押せば、URL の部分をコピーできます。また。「リンクのコピー」の右にある「共有」を押すと、「共有」画面が表示され、アプリやメールなどで共有することも可能。

気になることがあったら、どんどん「フィードバック Hub」アプリを使ってみましょう。

参考:

Windows 10 とフィードバック (1)  Windows 10 は日本の皆さまからのフィードバックを必要としています!  Windows Blog for Japan

Windows 10 とフィードバック (2)  より多くのフィードバックが反映されるためにお願いしたいこと  Windows Blog for Japan

« Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た | トップページ | Microsoft からの「Updates to our terms of use」や「利用規約の更新」をサンドボックスで確認してみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Microsoft から「利用規約の更新」というメールが来た | トップページ | Microsoft からの「Updates to our terms of use」や「利用規約の更新」をサンドボックスで確認してみた »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ