お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« PowerPoint のリアルタイム字幕機能 | トップページ | OneDrive.com の「共有」が変わりました »

2019年6月12日

iPhone の OneNote アプリで日本語入力ができない

iPhone で OneNote を使っています。日本語入力しようとすると、キーボードが引っ込んでしまって入力できなくなってしまいます。こんな場合、どうするといいのでしょう?

iPhone の OneNote アプリは、2019年6月12日現在、バージョン 16.26 (190604) です。この現象は、こんな感じで再現できました。

20190612_a01

iPhone でOneNote を起動します。iPhone を縦にして操作する際には、特に問題ありません。

20190612_a02

縦の状態から、横にします。横にしたとたんは、キーボードが表示されています。

20190612_a03

ところが、入力を開始した途端にキーボードが引っ込んでしまいました。そして、横のままでは、画面上をタップしてもキーボードが出てきません。

20190612_a04

縦にすると、またキーボードが出て来て、入力できるようになります。

この現象は、iPhone のキーボード「日本語 - かな」で起こります。キーボードを英語キーボードに切り替えると入力可能になりました。ただし、日本語入力ができません。

20190612_a05

そこで、横にしても日本語入力したい場合は、「かな入力」から「ローマ字入力」に切り替えます。

  1. iPhone の「設定」-「一般」-「キーボード」と進みます。
  2. 「キーボード」を開きます。
  3. 「新しいキーボードを追加」をタップ
  4. 推奨キーボードから「日本語」をタップ
  5. 「ローマ字」をタップして有効にし、「完了」をタップ

これで、日本語入力にローマ字入力が利用可能になります。「地球」マークのキーボード選択ボタンを長押しして、「日本語 - ローマ字」を選択します。

20190612_a06

これで、iPhone を横にしても日本語入力可能になりました。

20190612_a07

この現象を OneNote チームさんへフィードバックしてみたところ、再現できたとのことです。修正してくださるとのことですので、しばらく「かな入力」ではなく、「ローマ字入力」で使ってみてください。

« PowerPoint のリアルタイム字幕機能 | トップページ | OneDrive.com の「共有」が変わりました »

iPhone」カテゴリの記事

OneNote」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PowerPoint のリアルタイム字幕機能 | トップページ | OneDrive.com の「共有」が変わりました »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ