お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« 使用しなくなった OneDrive for Business を削除したい | トップページ | PowerPoint のリアルタイム字幕機能 »

2019年6月 4日

プレインストール版 Office 2019 から Office 365 に切り替えた場合

この度、Office 2019 が搭載されている Windows 10 を購入しました。Office セットアップしていて、最後に Office 365 を購入するよう勧められました。最近の プレインストール版 Office は、ストアアプリ版だと聞いています。もし、この切り替えに応じて、Office 365 を購入した場合、どんなエディションになるのでしょう?また、デスクトップ版になるのでしょうか?それとも、ストアアプリ版なのでしょうか?

プレインストール版 Office 2019 のセットアップ方法に関する、公式ページがないか探してみました。

新しいデバイスに Office 2019 または Office 2016 をセットアップする - Office サポート

プレインストール版 Office 製品は、日本独自の物で、少々特殊です。見つけた上記ページを確認してみましたが、実際の画像がなく文字だけでした。

下記ページは、プレインストール版 Office 2016 のページですが、Office 2019 も似たような感じだと思います。

セットアップ方法 - プレインストール版 Office 2016 セットアップ - Microsoft Office

さて、プレインストール版 Office 2019 のセットアップ完了間近のところで「Office を最大限に活用しませんか?」と表示され、「Office 365」を購入するよう勧められたのでしょう。

Office を最大限に活用しませんか?

この画面で「Office 365 を購入」ボタンを押すと、どうなるのかは、下記ページで解説されています。

Office 365 Solo に切り替える - Office サポート

日本のプレインストール版 Office 2016 と Office 2019 の場合、「Office 365 を購入」ボタンを押すと「Office 365 Solo」へ切り替わります。

Web 上の「Microsoft Store」から、Office 365 Solo の利用権利を購入します。その際、必ず、Office 2019 をセットアップした Microsoft アカウントで「Microsoft Store」にサインインして購入してください。Office 2019 をセットアップした ものと違う Microsoft アカウントでサインインして、Office 365 Solo の利用権利を購入してしまうと、紐づけができず、Office 2019 から切り替えられません。

Office 365 Solo の購入が完了し、指示に従って利用するよう設定します。これで、「サービスとサブスクリプション」へサインインすると、プレインストール版 Office 製品と Office 365 Solo が表示されていることでしょう。

サービスとサブスクリプション ページ
※プレインストール版 Office 2019は持っていないので、別エディションですが。

しかし、このページでは、Office 365 Solo が追加されたことを確認するだけです。実際の切り替えは、セットアップ中の Office アプリから行います。追加された「Microsoft Office 365」を選択して、ライセンス認証を完了させます。

このようにして、Office 365 Solo への切り替えを行った場合は、ストアアプリ版の Office 365 Solo でインストールが完了します。

Office 製品にどのエディションがインストールされたのかを確認するには、Office 製品を起動し、左側下部にある「アカウント」を選択します。右側に「製品情報」が表示されるので、「サブスクリプション製品」として「Microsoft  Office 365」と表示されていたら、日本語版の場合、「Office 365 Solo」が搭載されていることになります。

Office 365 Solo の Excel で「アカウント」を開いた場合

「アカウント」では、デスクトップ版でインストールされたのか、ストアアプリ版でインストールされたのかも確認できます。バージョン情報のところに、ビルド番号が記載されています。ここが「クイック実行」と記載されていたら「デスクトップ版」です。「Microsoft Store」と記載されていたら「ストアアプリ版」です。

image

参考:使用している Office のバージョンを確認する方法 - Office サポート

ただ、ストアアプリ版の Office 製品には、2019年6月現在、下記のような機能制限があります。

コントロールパネルに「Mail」がない

ストアアプリ版 Office 製品では日本語入力時の「予測候補」を非表示にできない

Word で「はがき印刷」が使えない

徐々にこの機能制限は、解除されてきていますが、デスクトップ版で使える機能がストアアプリ版では利用できないので、不都合です。

もし、デスクトップ版で Office 365 Solo をインストールしたい場合は、ストアアプリ版 Office 365 Solo をアンインストールします。「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」で「Microsoft Office Desktop Apps」を選択し、表示された「アンインストール」ボタンを押すとアンインストールできます。その後、「サービスとサブスクリプション」へサインインして、Office 365 Solo をインストールします。

なお、Office 365 Solo は、「ストアアプリ版」でも「デスクトップ版」でも「デスクトップ アプリ」です。「デスクトップ アプリ」は、デスクトップタイプのPCやノートパソコンにインストールできるタイプで Office 2013 や Office 2016、Office 2019 もそうです。この「デスクトップ アプリ」に対して「Excel Mobile」とか「Word Mobile」「PowerPoint Mobile」と呼ばれる「Office Mobile(モバイル)」もあります。

Office Mobile アプリのダウンロード - Office 365 サービス - 楽しもう Office

Office Mobile は、画面サイズが10.1 インチ未満(公式では「10.1以下」となっていますが、「10.1未満」の間違えでは?と思っています)のスマートフォンやタブレット向けに作られています。しかし、Windows 10 でもインストール可能です。ただし、画面サイズ10.1インチ以上のタブレットや PC にインストールして編集したい場合は、Office 365 サービスを取得している必要があります。

この「Office 365 サービス」は、Office 365 Solo にももちろんついています。Office 365 Solo の利用権利を持っている Microsoft アカウントで「Office Mobile」製品にサインインして利用すれば、大丈夫です。

« 使用しなくなった OneDrive for Business を削除したい | トップページ | PowerPoint のリアルタイム字幕機能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 使用しなくなった OneDrive for Business を削除したい | トップページ | PowerPoint のリアルタイム字幕機能 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ