« Office 2019 言語パックの使い方 | トップページ | Office Premium の起動画面が新しくなった »

2018年11月10日

PowerPoint の「オンライン 3D モデル」にアニメーション モデルが利用可能

新機能が追加できるタイプの Office 365 の PowerPoint に「アニメーション モデル」が利用できる「オンライン 3D モデル」が利用可能になりました。

※ 新機能が追加できない、PowerPoint 2016 や PowerPoint 2019 では、利用できません。新機能が追加できるタイプは、「ファイル」-「アカウント」の右側、製品情報の下部に「新機能」というボタンが表示されます。

従来の 3D モデルをスライドショー中に動かす場合は、複数枚のスライドで動かしたい方向を向かせ、「画面切り替え」タブにある「変形」を使って動かしました。

参考:PowerPoint に挿入した 3Dファイルをスライドショー中に動かしたい

それが、1枚のスライド内で動かせるようです。

Office Home and Business Premium の バージョン 1810 (ビルド 11001.20074 クイック実行)で確認できました。

PowerPoint のバージョン情報

次のようにします。

  1. PowerPoint を起動しの「3D モデル」を挿入したいスライドを選択
  2. 「挿入」タブから「3D モデル」-「オンライン ソースから…」を選択
    1.PowerPoint の「挿入」タブから「3D モデル」-「オンライン ソースから…」
  3. 「オンライン 3D モデル」が表示されます。上部に3つ、「アニメーション」と付いた枠が見つかります。その中から、選択します。
    image
  4. 挿入したいモデルを選択し、「挿入」ボタンを押します。
    image
  5. スライド内に 3D モデルが挿入されました。
    image
  6. 「3D モデル ビュー」を使って、好みの位置に変更。(手動で変更してみてもいいでしょう)
    image
  7. 「アニメーション」タブに切り替えます。すると「アニメーションン」内に「シーン」がいくつか表示されます。「シーン」の数は、挿入したモデルによって違います。
    image
  8. 「シーン」を選択すると、スライド内でプレビューされました。
    image

自分の好きな風には動かせませんが、楽しく使ってみると面白いことでしょう。

« Office 2019 言語パックの使い方 | トップページ | Office Premium の起動画面が新しくなった »

Office 365」カテゴリの記事

PowerPoint」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/67365213

この記事へのトラックバック一覧です: PowerPoint の「オンライン 3D モデル」にアニメーション モデルが利用可能:

« Office 2019 言語パックの使い方 | トップページ | Office Premium の起動画面が新しくなった »

Translator


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ