« 「クリップボード」の使い方:Windows 10 Ver.1809 | トップページ | Microsoft Edge の「設定など」が変更:Windows 10 Ver.1809 »

2018年10月27日

切り取り領域とスケッチ:Windows 10 Ver.1809

従来、Windows では、画面の領域を切り取りたい場合、「Snipping Tool」を使いました。ところが、Ver.1809 で「Snipping Tool」を起動すると、こんな表示になります。

Windows 10 Ver.1809 の「Snipping Tool」

Snipping Tool が進化します…
Snipping Tool は今後のアップデートで新しいツールに進化します。機能が向上した切り取り & スケッチの画面切り取りを試してみてください。

そこで、こんな風にします。

  1. Win+Shift+S キーを押します。
    もしくは、アクションセンターの「クイック アクション」内にある「画面領域切り取り」を押します。
    アクションセンターの「クイック アクション」
  2. 画面全体が薄暗くなり、上部にツールバーが表示されます。このツールバーは、左から「四角形クリップ」「フリーフォームクリップ」「全画面表示クリップ」「閉じる」です。
    画面全体が薄暗くなり、上部にツールバーが表示
  3. 「四角形クリップ」を選択して、必要な部分をドラッグしてみました。
  4. マウスのボタンから指を離すと、「切り取り領域がクリップボードに保存されました」という通知が表示されますので、この通知を押します。
    「切り取り領域がクリップボードに保存されました」
  5. 「切り取り領域とスケッチ」が起動し、ドラッグした部分が張り付いた状態で開きます。
    「切り取り領域とスケッチ」が起動
  6. ペンや蛍光ペンで必要に応じて書き込みます。定規も使えますので、直線も引けます。
    「切り取り領域とスケッチ」で描画
  7. 描画できたら、必要に応じて、名前を付けて保存したり、コピーして他のアプリに貼り付けて使います。
    右上にある「保存」「コピー」「共有」

« 「クリップボード」の使い方:Windows 10 Ver.1809 | トップページ | Microsoft Edge の「設定など」が変更:Windows 10 Ver.1809 »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/67318810

この記事へのトラックバック一覧です: 切り取り領域とスケッチ:Windows 10 Ver.1809:

« 「クリップボード」の使い方:Windows 10 Ver.1809 | トップページ | Microsoft Edge の「設定など」が変更:Windows 10 Ver.1809 »

Translator


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ