« Windows 10 Ver.1803:タイムライン | トップページ | Surface Pro4 の画面が揺れる、ちらつく場合 »

2018年5月11日

Windows 10 Ver.1803:スマートフォンと連携する

Windows 10 Ver.1803 になって、iPhone で開いた Web ページをパソコンで見ようと「Continue on PC」を使ってみたら、何だかうまくいきません。

iPhone で「Continue on PC」を使ってみたらエラーになる

改めて確認してみたところ、仕様が変わっているのに気がつきました。

Windows 10 の「設定」にある「電話」という項目を使うのですが、下に「Android、iPhoneのリンク」とあるように、スマートフォンで利用できます。これは、設定をするとスマートフォンで閲覧している Web ページをPCに送って閲覧できるという機能です。

Windows 10 Ver.1803 の「設定」にある「電話」

この件は、Ver.1709 の際に、Windows 10:スマートフォンとリンクする で紹介しました。Ver.1709 では、iPhone に「Continue on PC」アプリをインストールしました。しかし、Ver.1803 では、違っていました。スマートフォン用の Microsoft Edge をインストールするよう促されました。

次のようにします。

  1. 「設定」を開き、「電話」を選択。
  2. 「電話の追加」を押す
    「設定」-「電話」
  3. 「電話と PC をリンクする」画面が表示される。日本の場合は、「JP (+81)」が選択されているのを確認。
    「電話と PC をリンクする」画面
    ※+81 というのは、国際電話をかける際の「日本」の国番号です。
  4. 次の欄に、ご自身のスマートフォンの電話番号を入力し「送信」ボタンを押します。
    ※一般的には、電話を国際電話でかける場合、市外局番の頭の「0」を取ります。今回、頭に「0」をつけて入力してみましたが、ちゃんとSMSが届きました。 SMSがうまく届かない場合は、下記から入手できます。
    iOS:「Microsoft Edge」をApp Store
    Android:Microsoft Edge - Google Play のアプリ
  5. 「電話と PC をリンクする」画面に「テキストが送信されました。電話を確認してください」と表示されます。
    テキストが送信されました。電話を確認してください
    ※スマートフォンにメッセージが届いているのを確認したら「閉じる」ボタンで閉じます。

続いて、スマートフォンの作業です。iPhone で紹介します。Android は、持っていないので、すみません。

  1. iPhoneの「メッセージ」アプリに SMS でメッセージが送信されてきます。「最初のアプリの準備ができました。このアプリをインストールしてサインインし、次の PC にリンクしてください」と表示されています。そして、すぐ下にある「タップしてプレビューを読み込む」をタップします。
    iPhoneの「メッセージ」アプリに届いたメッセージ
  2. インストールするアプリ「Microsoft Edge for iOS」が表示されるので、タップします。
    インストールするアプリ「Microsoft Edge for iOS」が表示
  3. 「このページを”App Store” で開きますか?」と表示されるので「開く」をタップ。
    このページを”App Store” で開きますか?
  4. 「Microsoft Edge for iOS」のインストール画面が開きますので、「入手」をタップして、インストールを開始します。
    ※iTunes では、「Microsoft Edge」をApp Storeで入手できます。
  5. インストール出来たら「開く」ボタンをタップ。
    「Microsoft Edge for iOS」のインストール画面
  6. 「Microsoft Edgeにサインイン」と表示されます。Windows 10 のサインインに使っている Microsoft アカウントでサインインし、指示通りに作業します。
    Microsoft Edgeにサインイン

iPhone で「Microsoft Edge for iOS」がインストールできたら、準備完了です。Windows 10 の「設定」-「電話」では、関連付けたスマートフォン名が「リンクされた電話」内に表示されます。

「設定」-「電話」では、関連付けたスマートフォン名が表示

なお、関連付けたスマートフォンを解除したい場合は、「設定」-「電話」で「この PC からリンクを解除する」を押します。

iPhone からWindows 10 PCへ共有する方法も変わっています。Web ページは、「Microsoft Edge for iOS」で開いてから、共有します。ほかのブラウザで開いている場合は、共有アイコンから「Microsoft Edge for iOS」を探してタップし、切り替えます。

  1. 「Microsoft Edge for iOS」でWeb ページを開く。
  2. 「共有」アイコンをタップ
    「Microsoft Edge for iOS」でWeb ページを開く
  3. Windows 10 PC名が表示されているので、タップします。なお、該当 Microsoft アカウントでサインインしている PC が複数ある場合、共有させたいPCを選択します。
    Windows 10 PC名が表示
    ※リンクさせた Windows 10 が起動していない場合は、「後で続行」をタップします。これで、PCが起動した際に「通知」でURLを知らせてくれます。
  4. Windows 10 PC では、既定のブラウザが起動し、iPhone で共有した Web ページが自動的に開きます。
    Windows 10 でiPhone から共有された Web ページが自動的に開いた

以前、「Continue on PC」をスマートフォンに入れてあった場合は、削除しても大丈夫です。

参考:Microsoft Edge App Download for Android and IOS | Microsoft Edge

    « Windows 10 Ver.1803:タイムライン | トップページ | Surface Pro4 の画面が揺れる、ちらつく場合 »

    iPhone」カテゴリの記事

    Windows 10」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66709512

    この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Ver.1803:スマートフォンと連携する:

    « Windows 10 Ver.1803:タイムライン | トップページ | Surface Pro4 の画面が揺れる、ちらつく場合 »

    Translator


    2018年11月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

    スポンサード リンク



    Twitter


    Facebook Like Box


    最近のトラックバック

    ツール


    • 私を登録 by BlogPeople

    • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

    無料ブログはココログ