« Skype ID と Microsoft アカウントを統合したい | トップページ | Windows 10 Ver.1803:ローカル エクスペリエンス パック »

2018年5月 7日

Windows 10 Ver.1803: Microsoft Edge の最新機能(2)

Windows 10 Ver.1803:Microsoft Edge の最新機能 の続き。Windows 10 Ver.1803 で Microsoft Edge に追加された新しい機能は、まだあります。このページでは、「書籍の文章校正ツール」と「フォームへ簡単に入力」を紹介します。

書籍の文章校正ツール

Web 記事を「読み取りビュー」で閲覧した場合や EPUB の書籍を閲覧する際に、文法ツールを使用して読み書きのスキルを向上させることができます。

例えば、Edge のアドレスバーのところに「書籍」のアイコン(読み取りビュー)がある英文ページで、これを押します。

Edgeのアドレスバーにある「読み取りビュー」

「読み取りビュー」のページになると、上部にバーが表示されますので、素早く「文書校正ツール」ボタンを押します。すると、「読みやすく表示する」という項目が表示されます。

「文書校正ツール」ボタンを押してみた

「入手」ボタンを押して「文法ツール」をダウンロードし、インストールします。

image

インストールできると、こんな表示になりました。

「文法ツール」インストール完了

日本語には対応していないのですが、英語ページでこんな風に使えます。「文節に単語を分割」を「オン」にすると、英単語の文節で分割してくれます。

「文節に単語を分割」を「オン」

「品詞」では、「名刺」「助詞」「形容詞」を色分けして表示してくれました。

「品詞」を色分け

フォームへ簡単に入力

名前やメールアドレスを入力しないといけないページで、入力を完了します。以降は、似たような感じのフォームページで入力開始すると、入力補助が表示されます。

フォームに入力開始

補助の項目を選択すると、該当するすべての項目の入力が完了します。

入力がすべて完了

この情報は、Edgeの「・・・」ボタンをして、「設定」-「詳細設定の表示」の「オートフィルの設定」にある「フォームへの入力を管理する」で確認できます。

「設定」-「詳細設定の表示」の「オートフィルの設定」

フォームへの入力時に使われる情報が登録されていました。

「フォームへの入力を管理する」

「新規追加」を使うと、複数登録できます、いちいち確認しながら入力するのは面倒という方は、仕事用やプライベート用などの情報を登録しておくと便利でしょう。

« Skype ID と Microsoft アカウントを統合したい | トップページ | Windows 10 Ver.1803:ローカル エクスペリエンス パック »

Microsoft Edge」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66695253

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Ver.1803: Microsoft Edge の最新機能(2):

« Skype ID と Microsoft アカウントを統合したい | トップページ | Windows 10 Ver.1803:ローカル エクスペリエンス パック »

Translator


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ