« PowerPoint 2016 でスライドショーにビデオナレーションと切り替えのタイミングまで記録させる | トップページ | Windows 10 Ver.1803 をクリーンインストールして Microsoft アカウントでセットアップしてみた »

2018年5月 1日

Windows 10 : 5月ですが「4月の更新プログラム」配信開始

Windows 10 の大型アップグレード、バージョン 1803の機能更新プログラムの配信が始まりました。自動配信は、5月8日(米国時間)から始まります。手動では、「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」で「更新プログラムのチェック」ボタンを押すと受信できると思います。

Windows 10 バージョン 1803の機能更新プログラムを受信

Windows Update でインストールまで完了すると、下記のような表示になりました。

image

メッセージには、次のように書いてあります。

保留中の重要な更新プログラム

保留中の重要な更新プログラム
最新の Windows 機能更新プログラムをインストールできる状態になりましたので、勝利を開始してください。新しい機能やアプリが含まれているため、他の更新プログラムより、所要時間がやや長くなる可能性があります。
準備できている場合は、今すぐ再起動してください。準備できていない場合は、ご都合の良い時刻を指定してください。

さっそく、「今すぐ再起動」ボタンを押してみました。我が家の環境(Surface Pro)では、30分ぐらいで再起動しました。

起動すると、Microsoft Edge が開いて、「4月の更新プログラムへようこそ」と表示されています。

4月の更新プログラムへようこそ

日本は、もう、5月1日なのですけどね。まぁ、そこは、置いといて。

バージョン情報を確認すると、「バージョン 1803 (OS ビルド 17134.1)」となっていました。

バージョン情報 「バージョン 1803 (OS ビルド 17134.1)」

なお、Windows 10 Insider Preview 版には、4月28日に KB4135051 が配信されており、Build 17134.5 になっています。そこで、再度、「更新プログラムのチェック」をしてみました。しかし、製品版では、KB4135051 が来ませんでした。

このバージョンの新機能は、Edge の新機能紹介から確認できるのですが、うっかり消してしまった場合は「ヒント」アプリで確認できます。

「ヒント」アプリ

いろいろ確認してみましょうね。

参考:How to get the Windows 10 April 2018 Update - Windows Experience Blog

« PowerPoint 2016 でスライドショーにビデオナレーションと切り替えのタイミングまで記録させる | トップページ | Windows 10 Ver.1803 をクリーンインストールして Microsoft アカウントでセットアップしてみた »

Windows 10」カテゴリの記事

Windows Update」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66670888

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 : 5月ですが「4月の更新プログラム」配信開始:

« PowerPoint 2016 でスライドショーにビデオナレーションと切り替えのタイミングまで記録させる | トップページ | Windows 10 Ver.1803 をクリーンインストールして Microsoft アカウントでセットアップしてみた »

Translator


2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ