« Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 | トップページ | エクスプローラーのナビゲーションウインドウにOneDrive の同期の状態を示すチェックマークがない »

2018年4月11日

Windows 10 Ver.1803 のスタートメニュー

Windows 10 Ver.1803 のスタートメニューが少々変わりました。

Windows 10 Ver.1803 のスタートメニュー

左端のナビゲーションバーに、私の Ver.1709 の環境にはなかったアイコンが表示されています。

Windows 10 Ver.1803 のスタートメニューのナビゲーションバー

Ver.1709 の際にも「設定」-「個人用設定」-「スタート」内にある「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」で「オン」にすれば、表示されるようにできるのですが、これが初期設定で「ドキュメント」と「ピクチャ」を表示されています。

Ver.1709 と違うのが、設定されているアイコンを右クリックできるようになったこと。右クリックすると「この一覧のパーソナル設定を行う」が表示されます。

ナビゲーションバーのフォルダーで右クリック

「この一覧のパーソナル設定を行う」をクリックすると、「設定」-「個人用設定」-「スタート」内にある「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」が表示されました。少々、奥の方にありますから、近道ができました。

「設定」-「個人用設定」-「スタート」内にある「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」

スタートメニューの各タイルにも「設定」への近道ができています。スタートメニューのタイルで右クリックしてメニュー内の「その他」を開くと、「アプリの設定」が見つかります。

「ペイント3D」で右クリック

「アプリの設定」を選択すると「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」にあるそのアプリの「詳細オプション」が開きます。

「ペイント3D」の「詳細オプション」

また、日本語版では、「すべてのアプリ」でグループ項目の頭文字を押した際の見出し表示に変更があります。

「すべてのアプリ」でグループ項目の頭文字を押してみた

Ver.1709 までは、Z以降にひらがな50音が全部あったのですが、Ver.1803 からは、「あ、か、さ、た、な、は、ま、や、ら、わ、漢字」になりました。

すべてのアプリ「見出し」表示のZ以降

おかげで、日本語表記のアプリが探しやすくなりました。

« Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 | トップページ | エクスプローラーのナビゲーションウインドウにOneDrive の同期の状態を示すチェックマークがない »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66600490

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Ver.1803 のスタートメニュー:

« Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 | トップページ | エクスプローラーのナビゲーションウインドウにOneDrive の同期の状態を示すチェックマークがない »

Translator


2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ